国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:2018-01-23  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 下津井よいとこ2018-01-09 18:31:22

      神田明神だいこく祭……平成30年1月13日、14日

      五條天神社・鷽替えの神事……1月25日(上野恩賜公園内)

     

      ふるさと祭り東京 日本のまつり 故郷の味……1月12日から1月21日迄

      広井政昭 江戸独楽展……1月15日迄、深川東京モダン館にて

      神田小川町雪だるまフェア……1月20日、21日

      (子供は風の子。子供達が大好きな雪が群馬県嬬恋村から、神保町の隣、小川町に運び込まれます。)(本好きにもなって欲しいですね。)

      樋口一葉と博文館……1月28日迄、台東区立一葉記念館にて

     現代刀職展 今に伝わる「いにしえの技」……1月19日から3月25日迄、刀剣博物館にて(両国駅下車)

      



     十日戎……1月9日、10日、11日

     

     新春お国自慢各地のお雑煮食べ歩きと大鍋・お汁粉カフェ……平成30年1月13日、万博記念公園にて(吹田市)

     (とんど焼き、和太鼓、獅子舞の披露、宍粟市、吹田市、和歌山県有田の物産販売もあります。)

      「淡路島古代史の魅力を探る 海人と国生み神話 シンポジウム」……2月4日、淡路市立サンシャインホールにて(入場は先着順)

     神戸港コレクション よみがえった戦後風景……2月18日迄、神戸ゆかりの美術館にて



     (日時や開催期間などはホームページなどで再度御確認の上お出掛け下さるようお願いします。)

     

    このコメントのついた記事をみる
  • 下津井よいとこ2018-01-05 19:05:17

      先程、「比較的遠くからやって来る人もいたようで残念に思っている人が多くいるようですが、」で、「思っている」の「いる」を誤って二重に打っていました。お詫びして修正します。

     

     他にも誤りがありましたらお詫びします。

    このコメントのついた記事をみる
  • 下津井よいとこ2018-01-05 18:54:25

      金正恩の微笑は、欺騙外交に他なりません。絶対に騙されてはいけません。北朝鮮に対する圧力や制裁の強化をこそすれ、弱めることはあってはなりません。北朝鮮が対南赤化統一の方略として、在韓米軍の撤退などを含めて米韓同盟の弱体化そして解体を追及することを簡単にやめるとは考えられません。

     北朝鮮の核開発やミサイル配備に対しては十分な防衛や反撃の体制を構築することが必要ですが、同時に、徒に恐れてもいけません。また北朝鮮が何らかの譲歩の姿勢を見せても、西側諸国を騙して対北圧力の緩和を図ったり、経済的利得を引き出したりすることが目的です。罠に引っかかってはいけません。

     

    このコメントのついた記事をみる
  • 下津井よいとこ2018-01-05 18:51:16

    第2回菊坂かるた会……1月6日正午から午後4時迄、旧伊勢屋質店にて(参加、見学とも事前申込みが必要)

    尚、平成30年1月の旧伊勢屋質店の一般公開は、1月20日、27日、28日です。



     徳田秋声旧宅……隣が更地になっていて、ここ暫く外観がよく見えていましたが、1月第2週からその更地で工事が始まるようで、また元に戻るようです。

     徳田秋声旧宅の裏側にあるフジハウスと云う集合住宅も昭和8年頃の建造物で、過去に学者などが住んでいたようです。外壁がモルタルで出来た建物は、近年迄数多く存在しており、比較的新しいものもありますが、昭和一桁の頃に建てられたものもあるようです。何となく見過ごしている建物でも実は長く歴史を刻んでいると云うことがあるのかも知れません。昔の彩色絵葉書をみていますと、そのような建物が写っていることがあります。(例えば、肉弾三勇士の像が近くにあった愛宕山の麓、青松寺の近隣など)

     (本郷の辺りでは、近年昔ながらの建物が急激に減ってきています。著名人が関係する建物や注目されることの多い建物以外でも、例えば、今では希少となった外壁が木製の建物が点在しています。もうこれ以上減らないで欲しいと思います。)



    誠之小学校第二校舎……大正13年築で、都内に存在する現役の小学校校舎の中で最も古いそうですが、近々解体されると聞きました。個人的なことですが実は私は一度近く迄行ってみようと思いながら結局行きそびれてしまい、それにも拘らず言うのは妙かも知れませんが、そのような貴重な建物は何とか残せなかったのかと残念に思います。

     (現況を確認しておらず、現在歩道から見学出来る状態なのか分かりません。またこの小学校は崖の上にあると聞いたことがあります。もともと見通しがそれ程良くないのかも知れません。状況が分からないのですが参考情報として書いておきます。)

     (文京区では最近銭湯が減少しており、本郷では2年前に菊水湯が惜しまれながら閉店しました。比較的遠くからやって来る人もいたようで残念に思っているいる人が多くいるようですが、白山通りから少し路地に入ったところに富士見湯があります。誠之小学校は、この富士見湯から少し離れたところにあるようです。)



    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2017-12-30 18:43:35

    多くの日本の鉄道が台湾の鉄道と姉妹鉄道を結んだことは素晴らしいことである。

    都市でも日本と台湾の都市が姉妹都市を結んで、更に国でも日本は中国のパシりと化したチョン…韓国と国交断絶して、台湾と国交を結んで欲しいと思う。

    このコメントのついた記事をみる