国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3616号】 浅野和生・平成国際大学教授が蔡英文総統は99%の確率で再選と分析

2019/12/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 12月6日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3616]
1>> 浅野和生・平成国際大学教授が蔡英文総統は99%の確率で再選と分析
2>> 米中対立の”最前線”台湾で多国間サイバー演習  岡崎研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 沼田幹夫・前駐台湾大使を迎え「日台共栄の夕べ」(12月22日)お申し込み
  http://goo.gl/4LDSbD
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20191112/
 *参加費は前金制(締切:12月17日)です。着座形式で行います。

● 2019年・台湾向け「りんご」お申し込み【締切:12月15日(日)と 1月5日(日)】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2019ringo/

● 2019年・台湾ポンカンのお申し込みは予定どおり12月5日に締め切りました。今年も多くの方に
  ご愛顧いただき深く感謝申し上げます。(2019年12月6日)

● 「2020年 総統・立法委員選挙視察ツアー」は、締切日前ですが、定員に達しましたのでお申し
   込みを締め切りました。ご了承のほどお願いします。(2019年11月28日)

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 浅野和生・平成国際大学教授が蔡英文総統は99%の確率で再選と分析

 台湾の総統・立法委員選挙の投開票日の1月11日まで約1ヵ月に迫り、選挙戦は白熱している。果
たして蔡英文総統の再選はあるのだろうか。

 本会が11月30日に開催した台湾セミナーでは、講師に選挙分析では定評のある浅野和生・平成国
際大学教授を迎え「台湾総統・立法委員選挙のポイントと展望」と題し、約90分にわたって詳しく
解説いただいた。

 浅野教授は、台湾の総統選挙には「投票2ヵ月前の支持率は投票日まで不変」という法則がある
という独自の分析結果から、99%の確率で蔡英文総統は再選されると述べ、会場を驚かせた。

 また、台湾の統一地方選挙と総統選挙は米国の中間選挙と大統領選挙本選の関係とよく似ている
と指摘し、過去の統一地方選挙と総統選挙の関連性に言及、昨年11月の統一地方選挙で与党の民進
党が大敗したことは総統選挙や立法委員選挙には影響がないことを導き出し、当選者数を下記のよ
うに予測した。

 民進党は過半数の57議席に1議席及ばないが、民進党と考え方が近い政党と連立することで与党
勢力を維持できるだろうと指摘した。

 当選者数の幅、可能性が高い当選者数、選挙区事情等を加味した実際の当選者数
 
・民 進 党:40人〜61人 → 52人 → 56人
・中国国民党:41人〜62人 → 50人 → 46人
・台湾民衆党:3人〜5人 → 4人
・親 民 党:2人 → 2人
・時 代 力量:2人 → 2人
・無 党 派:3人〜4人 → 3人

 自由時報紙がさらに詳しく報じているので下記に紹介するとともに、両岸政策協会が11月26日に
発表した世論調査について台湾国際放送が報じているので紹介したい。

 ちなみに、両岸政策協会の世論調査結果と、蘋果日報が12月2日に発表した世論調査の結果は下
記のとおり。

・蔡英文・頼清徳:50.0% 韓國瑜・張善政:28.3% 宋楚瑜・余湘:7.8%

・蔡英文・頼清徳:51.0% 韓國瑜・張善政:19.0% 宋楚瑜・余湘:6.6%

◆自由時報:2020立委選戰倒數 日學者估:民進黨離過半只差1席[12月1日]
 https://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2995559

-----------------------------------------------------------------------------------------
総統選支持率調査:民進党50%、国民党28.3%
【台湾国際放送:2019年12月3日】

 台湾海峡両岸間の交流と両岸関係の平和的な発展を促すことを目標とする台湾のシンクタンク、
「両岸政策協会」が11月26日に「最近の両岸関係に関する議題と2020年次期総統選挙の投票意向」
に関する調査の調査結果を発表した。調査が示すところでは、蔡英文・総統の施政に対する満足度
は、これまで同協会が行った一連の調査の中で、初めて50%を上回った。次期総統選挙に立候補す
る与党・民進党、最大野党・国民党、野党・親民党の三組の候補者のうち、民進党の蔡英文・頼清
徳コンビが50%の支持を受け、国民党の韓国瑜・張善政コンビの28.3%を上回っている。

 「両岸政策協会」が先ごろ、香港の情勢、蔡英文・総統の施政に対する満足度、次期総統選の支
持傾向などについて調査を行い、11月26日に調査結果を発表しました。

 調査結果が示すところでは、調査を受けた人のうち、民進党の蔡・総統には台湾の主権を守る能
力があると答えた人は52.1%、国民党の韓国瑜氏は21.6%、親民党の宋楚瑜氏は7.2%でした。こ
の三組の正副総統候補のうち、民進党の支持率が50%、国民党が28.3%、親民党が7.8%です。こ
れまで同協会が行った一連の調査の中で、蔡・総統の支持率が50%を上回ったのは初めてです。民
進党の公認候補の支持率が50%を上回ったのも初めてです。

 しかし、この調査では香港の区議選の選挙結果や王立強氏の中国スパイ容疑について聞きません
でした。調査結果の発表記者会見に出席した、台湾国際法学会の林廷輝・副秘書長は、「民進党の
公認候補の蔡英文・総統と国民党の公認候補の韓国瑜・高雄市長の支持率の差は、20ポイントに達
している。もう政治的な手段によって選挙を操作する必要がなくなっている。向こう一ヶ月、外部
の力が選挙に介入することが発生する可能性が極めて低い」との見方を示しました。

 この調査では、比例代表に対する支持も聞かれました。その結果、民進党の支持率が最も高く
34.7%で、国民党が25.9%、台湾民衆党が6%、親民党が4.2%でした。林廷輝・副秘書長は、2016
年に比べて親民党の支持率が半減したため、親民党が国会での議席を伸ばすのが困難だとの見方も
示しました。

                                    (編集:王淑卿)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 米中対立の”最前線”台湾で多国間サイバー演習  岡崎研究所

【WEDGE infinity:2019年11月29日】

 11月4日から8日にかけて、台湾と米国の共催により、多国間サイバー演習が行われた。台湾では
2年に一回、サイバー攻撃に対する台湾の防衛力強化を目的にサイバー演習が行われているが、外
国のチームが招待されたのは今回が初めてである。

 主催者によれば、今回の演習では、日本、マレーシア、チェコ、米国の「赤チーム」が台湾政
府・軍当局と共にプレーし、台湾の金融セクターへの攻撃をシミュレートし、台湾人のみからなる
「青チーム」が防衛の役割を担ったとのことである。また、その他の6カ国のサイバー関連当局者
がオブザーバーとして訓練を視察した。

 台湾は中国のサイバー作戦の最前線にいる。台湾のサイバー安全保障局のハワード・ジャン事務
局長によると、台湾政府のネットワークは国境外から月平均2億回スキャンされ、月に約3000万回
の攻撃を受けており、その約半分は中国からのものと疑われる。2018年には、6件の深刻な侵入を
含む262件の侵入があった、という。AIT(在台湾協会、事実上の米大使館)は、今回の演習につい
て「対北朝鮮である」と言っているが、中国を対象としたものであることは明らかであろう。

 台湾において、国際的な参加も得て、米台共催でサイバーに関連した演習が行われたこと自体、
一つの大きなニュースである。これは、中国が躍起になって台湾の国際的生存空間を狭めようとし
ていることに対する一つの応答になると思われる。

 中国は、来年の1月11日の台湾総統選挙に向けて、種々の工作を行ってくると予想される。その
工作は色々な形態をとると思われるが、インターネットを通じた選挙介入がかなり大きな部分を占
めることが考えられる。2016年の米大統領選挙の際には、ロシアの介入があった。自由で民主主義
的な国は情報の流通が自由な開かれた社会を前提としているが、こういう社会は偽情報の拡散など
に対しての脆弱性を持っている。この脆弱性を中国などが悪用しないように、サイバーによる介入
を見つけ次第、暴露するなどの対応が必要になる。一方で、こちらの能力を秘匿しておく必要もあ
り、難しい判断もあろう。今回の演習で、台湾側の能力が向上したとしたら、良いことである。

 今回の演習は、米国が台湾のグローバル技術製造ハブに対するサイバースパイ活動を防ぐための
取り組みを強化する一環でもある。台湾は、半導体の委託生産受注で重要な位置を占めている。今
後の米中対立は5G技術をめぐる対立など技術覇権の争いの側面もある。台湾の技術はその中で重要
である。これがサイバーで窃取されないように防護する必要がある。

 日本からのこの演習への参加者が誰であったか、つまびらかにしないが、日本がこういうことで
台湾と協力することは推奨されるべきであろう。中国のサイバー攻撃は日本にも向けられ得るもの
である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*『パイナップルケーキ』は予定どおり11月末に入荷し、検疫通過後、12月9日の週から配送とな
 ります。(2019年12月2日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2019/12/08

     昭和16年12月8日は、大東亜戦争が勃発した日です。



     我が国と米国との国策が衝突して開戦に至ったのは大変不幸なことでした。

     不幸な戦争ですが、多くの陸海軍将兵が、国を守るために尊き命を捧げて戦ったことは決して忘れてはなりません。

     我が国陸海軍将兵の勇猛果敢なる奮戦と尊き犠牲を、開戦記念日に追憶したいと思います。

  • 下津井よいとこ2019/12/08

    根津メトロ文庫(地下鉄根津駅改札内、湯島側)……廃止が検討されていると云う話があります。

     地下鉄の駅で時折、学級文庫のような本を貸し出す小さな文庫が置いてあるのを見かけることがあります。根津駅の地下鉄文庫は、東京の地下鉄駅の文庫のなかで最も冊数が多いそうです。また書棚が電車の形であることも特徴です。特に注目していない人でも記憶に残っていて、そう言えばあるなと思い起こす人もいると思います。

     駅に本棚があって本が置いてあると、小学校や中学校の教室の後ろに学級文庫があったことを思い出して懐かしい気持ちにさせられる人もいると思います。また、以前は大きな駅の構内や駅の近くには書店があることがよくあったと思います。電車が発着する音が聞こえる書店で本を眺めた思い出のある人もいると思います。地下鉄の文庫を見ると、そのような記憶も甦ってきます。

     根津メトロ文庫は平成元年に設置されました。ネット情報によりますと、駅員さんが廃材を利用して電車型の書棚を作成したそうです。平成の30年間、根津駅を乗降する人を見守り続けてきました。根津駅の情景の一部として定着して、多くの人に親しまれてきた根津メトロ文庫が、若し撤去されるのだとすると大変残念なことです。

     (駅などの貸し出し文庫で本を借りた場合、必ず返却しましょう。また、遠方から訪れて、短期間で返却出来るの見込みのない人は借りないようにしましょう。)



     根津駅の周辺には、根津神社や谷中天王寺、七倉稲荷神社、渡辺綱の子孫が供養されているお寺、旧吉田屋酒店、等々色々あります。本の関係で云えば、小さな古本屋が何軒かあります。旧下谷区内には骨董や古物の店が所々にあり、これも下町らしい光景です。切手や古銭の店も以前のように多くはありませんが、数軒あります。

     実は、根津駅周辺では個人商店が次第に減少していて、少し寂しくなってきているのですが、例えば、「よみせ通り」では昔ながらの商店街の光景が見られ、今でも賑やかだと思います。



    ふれあい街めぐり(湯島駅、根津駅周辺)……12月7日、8日

     駅で配布されているパンフレットを参考に各自散策する催しです。スタンプラリーもあります。

    不忍ふれあい館では、地下鉄商品や灘の甘酒の販売などがあります。(灘の清酒ほろ酔いラリーは銀座線沿線です。)



    「ぶんきょう写真帖 時を感じる」……12月8日迄、文京ふるさと歴史館にて

    (明治から昭和戦前期の写真、そして、同一地点で撮影された、昭和40年頃、昭和50年代初頭、そして現在の写真の比較など)

     40年、50年前と現在との写真を比較しますと、現在は大型のビルが多くなり、余りに街並みが無機質になっていることが実感させられるのですね。東京に限ったことではないと思いますが、高度経済成長期が過ぎた後も、町の相貌が大きく変化しているのですね。昭和50年代ごろですと、商店街や住宅地の情景に、未だ情趣や懐かしさが感じられることが良くありました。その当時でも、そのように実感していました。町並みがどんどん無機質になっていくのは全く残念なことです。

     また、個人商店が少なくなっていることも写真の比較から読み取れます。例えば昭和50年代頃は、都会や地方都市、或いはそれ以外でも、商店が並んでいるところは、どこも賑やかだったと思います。今は、以前に比べると活気を失ってしまった町が多くなったのですね。

     子供が住宅地や公園、空き地、原っぱで遊んでいる光景、駄菓子屋のような店に群がっている光景も今では余り見かけなくなりました。

     高度成長期が過ぎた後も、技術の発展は進み世の中が便利になりました。その一方で、以前のような活気や賑やかさを感じる光景を目の当たりにすることが少なくなりました。