国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3612号】 今日の香港、明日の台湾、明後日の日本  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)

2019/11/28

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 11月28日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3612]
1>> 今日の香港、明日の台湾、明後日の日本  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)
2>> 【祝】 東京大学と台湾積体電路製造が先進半導体の研究・開発で国際産学連携
3>> 中国軍の上級スパイと暴露された中国創新投資の向心CEO夫婦を桃園空港で水際拘束
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 「2020年 総統・立法委員選挙視察ツアー」のお申し込みは、締切日前ですが、定員に達しまし
  たのでお申し込みを締め切りました。ご了承のほどお願いします。(2019年11月28日)

● 11月30日、浅野和生氏を講師に「第51回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20191106/

● 沼田幹夫氏を講師に「令和元年 日台共栄の夕べ」(12月22日)お申し込み
  http://goo.gl/4LDSbD
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20191112/
 *参加費は前金制(締切:12月17日)です。着座形式で行います。

● 2019年・台湾向け「りんご」お申し込み【締切:12月15日(日)と 1月5日(日)】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2019ringo/

● 2019年・台湾ポンカンお申し込み【締切:12月5日(木)】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2019ponkan/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 今日の香港、明日の台湾、明後日の日本  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)

【台湾の声:2019年11月27日】

 香港の若者達が故郷の自由と尊厳を守るために立ち上がってから、まもなく半年になる。これ
は、もはや中国の「一地方」の動乱ではなく、人権や自由を尊重する派と独裁的強圧政治の闘いで
ある。

 11月24日に行われた区議会議員選挙の結果は、香港の民意が明らかに反中国独裁であることを示
した。区議会にどのような権限があるかは問題ではない。この選挙は史上初めて、香港住民が内外
に自らの意志を表明した行為なのである。「若者が暴動を起こして市民生活や経済活動に迷惑をか
けている」という見方をしていた日本のメディアの感覚も間違っていたことが明らかになった。

 「今日の香港、明日の台湾」とも言われている。台湾は香港から教訓を得て、決して中国共産党
政権の支配下に置かれないように全力を尽くすべきで、実際、台湾住民も気を引きしめ、それが蔡
英文再選への追い風となっている。

 しかし、実は、「今日の香港」の前に「昨日の台湾」もあったことを忘れてはならない。1947年の228事件のことである。

 戦後、中国国民党は台湾に乗り込んで来て、台湾人の権利を奪い、社会秩序を破壊して混乱に陥
れ、圧政を行った。その中国人に対し、偶発的な事件がきっかけで台湾人の暴動が全島で起きた。
しかし、わずか2日後には、台湾人は自ら暴動を治めて、「処理委員会」を開き、民主的な話し合
いの末、「32か条の要求」を草案して、行政長官に提出したのである。当時の台湾人は日本教育を
受けて、法治精神が身についていたから、この冷静沈着な行動ができたのである。

 行政長官は、その要求を受け入れるふりをして台湾人を安心させたが、それは大陸から蒋介石が
送る軍隊の到着を待つ時間稼ぎであった。まもなく、基隆と高雄から上陸した中国軍は、無差別な
殺戮を開始した。それから数週間の間に、3万人の有識者と青年が市民の目の前で殺されたのである。

 当時の台湾の人口は今の香港より少ない600万人だった。そのうちの3万人が殺されたのである。
蒋介石政権は戒厳令を敷き、この虐殺について語ることも報道することも許さなかったので、228
事件のことを知らない人も多い。相手は中国共産党政権ではなく、中国国民党政権であったが、や
り方は酷似している。香港にもこのような報復が行われないことを心から祈るばかりである。決し
て油断してはいけない。

 今の香港が228事件の時と明らかに違うのは、起きていることが瞬時に世界中に知れ渡ることで
ある。まさに香港の命綱は、インターネットやSNSなどを通じた世界の目である。

 しかし、見るだけで何も言わなければ、香港を見殺しにすることと同じである。自由と民主主義
の概念を共有する国々は、香港の人々の傷みを自らのものとし、人権弾圧に対しては、明らかに抗
議する姿勢を見せるべきであろう。日本では政府もだんまりを決め込み、野党もその姿勢を追求し
ない。これでは、いじめや虐待を無くすことなど無理だ。

 黙っていることが中国の為になると考えているなら、それは大きな間違いだ。中国共産党政権が
怒るかどうかで物事を判断する癖はもう終わりにするべき時が来ている。それを香港の若者が命が
けで私たちに教えてくれているのだ。

 「今日の香港、明日の台湾、明後日の日本」とも言われていることをつけ加えておきたい。

               ◇     ◇     ◇

王明理(おう・めいり)
東京都生まれ。台湾独立運動の先駆者で台湾語研究者だった王育徳・明治大学教授の次女。慶應義
塾大学文学部英文科卒。2011年9月、台湾独立建国聯盟日本本部委員長に就任し現在に至る。著書
に詩集『ひきだしが一杯』、詩集『故郷のひまわり』。訳書にジョン・J・タシク編『本当に「中
国は一つ」なのか』。編集担当書に『王育徳全集』、王育徳著『「昭和」を生きた台湾青年』、王
育徳著『台湾─苦悶するその歴史(Taiwan:A History of Agonies)』。解説担当書に王育徳著
『王育徳の台湾語講座』。日本李登輝友の会理事、在日台湾婦女会理事、日本詩人クラブ会員。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 東京大学と台湾積体電路製造が先進半導体の研究・開発で国際産学連携

 東京大学の五神真(ごのかみ・まこと)総長と台湾積体電路製造(TSMC:Taiwan Semiconductor 
Manufacturing Co., Ltd.、)の劉徳音・董事長(共同CEO)は11月27日、東大本郷キャンパス
の伊藤謝恩ホールにおいて共同記者発表会し、半導体技術の共同研究を世界に先駆けて全学・ 全
社レベルで行う国際産学連携を進めることを発表しました。

 東大によれば「(10月1日に開設した)東京大学大学院工学系研究科附属システムデザイン研究
センター(略称:ディーラボ、以下d.labと表記)において産学連携で設計したチップを TSMCの先
進プロセスで試作するとともに、未来のコンピュータに求められる半導体技術を共同で研究」を進
めてゆくそうです。

 また「東京大学のさまざまな分野の研究者が2019年11月1日にTSMCを訪問し、将来の半導体デバ
イス・プロセス・材料に関するシンポジウム」を実施したとのことです。

 いよいよ2020 年から高速・大容量、低遅延、多数端末との接続という5G(第5 世代移動通信シ
ステム)のサービス提供が始まります。

 このような時期に、東京大学と、新竹市サイエンスパークに世界最大手の半導体チップの生産工
場(ファウンドリー)を持つ台湾積体電路製造が全学・全社レベルで産学連携を進めるというので
すから、この日台の大型提携に大いに期待したいものです。

 東大は日本語で、TSMCは中国語と英語で、それぞれ記者会見の発表内容を紹介しています。下記
に紹介するとともに、中央通信社の記事も紹介します。

◆東京大学:東京大学・TSMC先進半導体アライアンス共同記者発表会[11月27日]
 https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z0801_00004.html

・東京大学:東京大学・TSMC 先進半導体アライアンスについて
 https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400127684.pdf

◆TSMC:東京大學與台積公司宣布於先進半導體技術進行組織性合作[11月27日]
 https://www.tsmc.com/tsmcdotcom/PRListingNewsAction.do?action=detail&language=C&newsid=THHITHPGTH

◆TSMC:University of Tokyo and TSMC Announce Organization-Wide Advanced Semiconductor  Technology Collaboration [2019/11/27]
 https://www.tsmc.com/tsmcdotcom/PRListingNewsAction.do?action=detail&language=E&newsid=THHITHPGTH

-----------------------------------------------------------------------------------------
TSMC、東大と産学連携 先進半導体の研究、開発へ
【中央通信社:2019年11月27日】

 (新竹中央社)半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC、新竹市)と東京大学
(東京都)が27日、東京都内で記者会見を開き、先進半導体技術の研究などにおいて全社、全学レ
ベルで提携すると発表した。 

 連携では、特定領域に特化して無駄な回路をそぎ落とし、従来型に比べてエネルギー効率が高い
専用半導体の開発などを目指す。東大は連携に向け、新たに研究センターを開設。産学連携で設計
した半導体をTSMCの製造技術で試作するほか、将来のニーズを見据えた半導体技術の研究にも共同
で取り組むとしている。 

 東大の五神真学長は「かつて類を見ない密度と深さで国際連携を進める決定をしたことをうれし
く思う」と喜びを示した。TSMCの劉徳音董事長(会長)は「多くの革新的なアイデアを製品化さ
せ、より豊かな社会を作り出すと確信する」と連携に期待を寄せた。 

                               (張建中/編集:塚越西穂)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 中国軍の上級スパイと暴露された中国創新投資の向心CEO夫婦を桃園空港で水際拘束

 中国のスパイ活動に従事した王立強と名乗る男性が、「蔡英文落選工作」など戦慄が走るような
陰謀工作に関する情報をオーストラリア政府に提供していた件を受け、台湾政府が素早く動いた。

 台湾政府は11月25日、桃園空港から出国しようとしていた、香港上場企業の中国創新投資の向
心・最高経営責任者(CEO)夫婦の身柄を水際で拘束したという。向夫婦は中国軍の上級スパイだ
とされ、中国当局の指令を受けた向氏は、香港と台湾でメディアの買収や設立を計画し、情報収集
と世論操作、また来年の台湾総統選挙への介入を企てていたという。

 台北地方検察署は26日未明、この2人を出国禁止とし、スパイ活動の関連捜査を行うという。大
紀元紙の記事を下記に紹介したい。台湾の総統選挙に中国がどのように介入しようとしてきたの
か、今後、向夫婦の陰謀工作が明らかになると思われる。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾、中国の諜報幹部を拘束 元中共スパイの暴露を受けて
【大紀元:2019年11月26日】
https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/49374.html

 台湾政府は11月25日、桃園空港で香港の上場企業である中国創新投資(China Innovation Investment 
Limited)の向心・最高経営責任者(CEO)夫婦の身柄を拘束した。オーストラリアに亡命した元中
国のスパイ・王立強氏は23日、豪メディアに対して、同社が中国軍総参謀部の管理下にあり、向氏
夫婦は中国軍の上級スパイだと暴露した。

◆妻の●青(キョウ セイ) ●=龍の下に共

 中国創新投資の25日の声明によると、向心CEO(56)と補欠取締役の●青氏(50)は台北市の桃
園国際空港で出国手続中、台湾の法務省調査局に、スパイ活動の関連捜査に協力するよう求められ
た。夫婦が台湾を訪ねた理由は不明だ。

 台湾メディア「中央社」25日付は、向、●の両氏は同日夜、台北地方検察署(地検)に移送され
たと報じた。地検は26日未明、両氏に対して台湾からの出国を禁止すると発表した。

 王立強氏の情報によると、中国当局の指令を受けた向氏は、香港と台湾でメディアの買収や設立
を計画し、情報収集と世論操作、また来年の台湾総統選挙への介入を企てているという。

 台湾の経済省投資審査委員会は、向氏らが台湾で不動産販売会社を設立しようと、2016年12月30
日付で経済省に申請書類を提出していたことを明かした。投資審査委員会は 国家安全上の理由
で、2017年4月20日に同申請を却下した。

 国立台湾大学の高成炎教授も台湾メディアに対して、自身の経営する地熱発電事業会社が2年
前、向氏側から投資の意向があると打診を受けたと話した。

 王立強氏に関する報道を受けて、台湾の著名時事評論家・汪浩氏は23日、「中国創新投資の会社
紹介では、同社は軍事と民間企業の合併に関わる投資に従事している。同社の補欠取締役の龔青氏
は以前、二つの政府機関で勤務したことがある。そのうちの一つは、中国軍の情報機関『中国国防
科技情報センター』だった」とフェイスブックに投稿した。

 汪氏は、同社の年度決算報告や株価を分析し、「過去2年間に10億香港ドルの収益を得たにもか
かわらず、株価が1株=0.016香港ドルという水準を維持している。会社はこんなに儲かっているの
に、なぜ株価相場がこれほど低いのか? 本当におかしい」と指摘した。

 いっぽう、蔡英文総統は23日、中国当局による台湾総統選挙への介入の意図が「はっきりしてい
る」と述べた。総統は、すでに政府職員をオーストラリアに派遣し、王立強氏が暴露した情報を調
査すると述べた。

                                   (翻訳編集・張哲)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*『パイナップルケーキ』は11月半ばの入荷予定でしたが、11月末に変更になりました。ご迷惑を
 お掛けします。(2019年11月7日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。