国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3597号】 【祝】 松山市と台湾のサッカー協会が連携協定を締結

2019/11/05

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 11月5日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3597]
1>> 【祝】 松山市と台湾のサッカー協会が連携協定を締結
2>> グローバリズム全盛時代が「終わりの始まり」を告げている  宮崎 正弘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2019年・台湾向け「りんご」お申し込み【締切:12月15日(日)と 1月5日(日)】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2019ringo/

● 2019年・台湾ポンカンお申し込み【締切:12月5日(木)】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2019ponkan/

● 2019年11月23日「台湾出身戦歿者慰霊祭」お申し込み *new
  https://goo.gl/YLbmyj
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20191029/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 松山市と台湾のサッカー協会が連携協定を締結

 ラグビー一色に染まった感のあるこの秋の日本ですが、サッカーの話題です。11月4日、愛媛県
松山市(野志克仁市長)と台湾のサッカー協会(邱義仁・理事長)が連携協定を結びました。今
後、2020年のオリンピックへの出場権獲得や選手の実力強化を目指して協力していくそうです。下
記に中央通信社の記事をご紹介します。

 なお、台湾のサッカー協会(中華民國足球協會、Chinese Taipei Football Association)は
2017年12月15日、日本サッカー協会と「パートナーシップ協定」を締結し、今年7月15日にはFC
琉球(琉球フットボールクラブ株式会社運営)と包括的パートナーシップ協定を締結していて、
サッカー界においても日台の絆は確実に深まっています。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾のサッカー協会、愛媛県松山市と協定 東京五輪出場目指し連携
【中央通信社:2019年11月4日】
http://japan.cna.com.tw/news/aart/201911040003.aspx
協定書を交わす中華民国サッカー協会の方靖仁秘書長(左)と野志克仁松山市長

 (台北中央社)中華民国サッカー協会は4日、愛媛県松山市と連携に向けた協定書を締結した。
東京五輪の出場権獲得や選手の実力強化を目指し、同市と協力していくとの方針を同協会は示して
いる。 

 協定締結は、今年から台湾女子代表チームの監督を務めている越後和男氏の仲立ちにより実現。
野志克仁松山市長は、台湾の女子代表が同市にトレーニングに訪れた際にはあらゆる面でサポート
するとの姿勢を示した。 

 台湾の女子代表は来年1月にも日本遠征で同市を訪れる。その際には愛媛県の女子サッカーチー
ム、愛媛FCレディースと交流試合を実施する予定。同2月には東京五輪の予選に臨む。 

                                (龍柏安/編集:楊千慧)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> グローバリズム全盛時代が「終わりの始まり」を告げている  宮崎 正弘

【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:令和元年(2019)11月4日】

 「国境をなくせ」というのはグローバリストたちの合い言葉、かれらの究極の狙いは国家の破壊
である。ビットコインやリブラという暗号通貨を叫ぶのも主として彼らグローバリストで、中央政
府の発行する通貨に併行して無国籍通貨の流通を主張するわけは国家の破壊が究極の目標にあるか
らだ。

 もともと中央銀行のほか、民間も通貨を発行すれば競合がおきて良貨が悪貨を駆逐すると、昔の
諺のあべこべを言い出したのはハイエクである。

 ハイエクを源流とするリバタリアン的な思潮はミルトンフリードマンに引き継がれ、一時期はマ
ネタリズムが欧米を蔽ったこともあった。

 だが、グローバリズムの頓挫は、難民問題から起きた。

 シリア難民がトルコへ押し寄せ、ついでトルコからバルカン半島やハンガリールートを経由して
数十万人がドイツへ押しかけた。

 ドイツでは移民排斥の運動が勃興し、議会で大きな勢力となって、フランスやイタリア、オース
トリアへと飛び火した。

 ハンガリーのオルバン首相はナショナリスト、国境のバリケードを高くした。セルビアやポーラ
ンドも続いた。イタリアは地中海からやってくるアフリカ難民に手を焼き、EUいずれの国も移民
問題が直接の動機となって、ナショナリズムの再活性化を見る。グローバリストたちの新聞は、こ
れを「極右の台頭」と書いた。あるいはネオナチとも。

 EUの団結は弛緩し、ユーロは通貨安の危機に瀕し、そしてスペインのバルセロナを中心とした
カタロニア独立運動が再燃した。

 激烈なデモ行進と抗議集会がバルセロナでは日常茶飯となった。警官隊と衝突を繰り返し、火焔
瓶が投げられ、政府や公共物の破壊が行われた。まさに香港で起きていることが伝播した。SNS
の呼びかけで忽ち参加者が膨らみ、激突も過激化する。

 バルセロナといえば、年間数千万の観光客が押し寄せる名勝でもあり、ヨットハーバーには世界
の金持ちの豪華ヨットが華を競っている。

 もともとカタルーニャ(カタロニア)州は、フランコ独裁時代に独立運動が封じ込められていた
が、強圧的統治が弛緩すれば地下のマグマが爆発する。カタロニア語は、スペイン語ではない。言
葉が違うという意味は、カタロニアの人々はスペインの首都マドリッドの支配など受けたくないと
いうことである。ちなみにスペイン「名物」の闘牛はバルセロナでは競技場さえない。

▲独立運動は地下のマグマが吹き上げたのだ

 独裁が緩むと一斉に不満が爆発して独立嗜好となるのはチトー亡き後のユーゴスラビアが証明し
た。スロベニア、ボスニア&ヘルツェゴビナ、クロアチア、セルビア、モンテネグロ、マケドニ
ア……そしてまぐれ当たりで「コソボ」までが独立を宣言し、欧米が支援した。

 それぞれ歴史、宗教、伝統、言語の違いから独立したのだが、きわめて速やかに国連は認めた。
その欧米が、チベット独立や台湾独立に沈黙しているのは明らかに矛盾している。

 コソボは独立の準備も国家としての準備もないままに、欧米が独立を唆したのもセルビアを困ら
せるためだった。コソボはいつのまにかアルバニア人が多数を占めていた。

 そして英国でも独立運動が顕在化するのはBREXITの余波、スコットランド最大の都市=グ
ラスゴーでは11月2日に「独立」派が大規模デモを組織化し、集会には「スコットランド民族党」
(SNP)党首のニコラ・スタージョン(スコットランド行政府首相)も登場して気勢を挙げた。ち
かく住民投票で独立の賛否を問うという。

 この独立運動が意味することは、世界を覆ったグローバリズムの思想的破産であり、つぎなる独
立運動の再燃は台湾、香港となるだろう。

 習近平は、憮然としているに違いない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*『パイナップルケーキ』は11月半ばの入荷予定です。(2019年10月31日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。