国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3578号】 台北市日本工商会が日本食品の輸入規制撤廃を求める政策提言「白書」を発表

2019/10/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 10月6日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3578]
1>> 台北市日本工商会が日本食品の輸入規制撤廃を求める政策提言「白書」を発表
2>> 笠間市の筑波海軍航空隊記念館で10月5日から「神様になった海軍パイロット─杉浦茂峰─飛虎将軍廟展」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 10月26日、柚原正敬氏を講師に「第50回台湾セミナー」お申し込み*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 台湾の日本語世代が語る日本の統治時代 松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190724/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台北市日本工商会が日本食品の輸入規制撤廃を求める政策提言「白書」を発表

 台北市日本工商会(石川剛・理事長)は10月4日、台湾政府に「日本産食品に対する輸入規制措
置の撤廃」など6項目の「主要なる政策提言」と「個別要望事項」からなる政策提言「2019年『白
書』」を提出した。

 この「白書」は、馬英九政権に提出した2009年10月以来、本年で11年目となるそうで、石川理事
長から行政院国家発展委員会の陳美伶・主任委員に手渡された。

 白書の日本産食品に対する輸入規制措置の撤廃では「科学的根拠に基づく規制撤廃の実現」を求
め、「台湾政府が実施している日本産食品の輸入時検査では、2011年3月15日から現在(2019年8月
1日)までの間、140,636件の検査が実施され、放射性物質基準値を超えた商品は1件も無い」こと
を挙げている。

 また、本誌9月4日号でも紹介した、本年8月1日に衛生福利部食品薬物管理署が公表した「日本産
食品のサンプリング調査及び調査研究の成果報告」を取り上げ、「調査が行われた被災地周辺5県
産食品の全てのサンプル(301サンプル)が台湾の放射性物質基準値をクリアしていたという結果
が得られている」ことを挙げ、併せて「日本国内において、継続的に食品のモニタリング検査が行
われており、放射性物質基準値を超えた食品は市場に流通することはなく、輸出も行われていな
い」と述べつつ、科学的な根拠に基づく輸入規制の撤廃を求めている。

 ちなみに、衛生福利部食品薬物管理署は2015年1月から2017年6月までに放射性物質検査を受けた
日本産食品約55万件のデータを検証する調査も実施している。

 本年8月1日に公表されたその結果は「台湾が全ての日本食品に対する輸入規制を撤廃したとして
も、台湾住民(97.5%)が1年間日本産食品を摂取することによって受ける追加線量は0.001〜
0.0001mSvにすぎず、これによって生じうる健康リスクは1千万分の1以下との評価」を得たという。

 人体は年間およそ2.4ミリシーベルト(2.4mSv:1シーベルトの1000分の1×2.4)の自然放射線に
常にさらされているというから、それよりもかなり低い数値で、台湾が全ての日本食品の輸入規制
を撤廃したとしてもまったく問題ない結果だった。

 つまり、台湾政府が東日本大震災直後の2011年3月26日からはじめた5県産品の輸入禁止措置や他
の都道府県に求めている産地証明や放射性物質検査証明の提出という規制措置を今も続けているこ
とはまったく意味がないことを、台湾政府自身が証明したことになる。

 問題は、調査が馬英九政権時代の2015年1月から蔡英文政権に交替した2017年6月まで行われ、そ
の結果が判明していたにもかかわらず、蔡英文政権は2019年11月の公民投票までに調査結果を発表
しなかったことだ。

 台北市日本工商会の「白書」もこの点を問題視し「本評価は2017年に実施されたものにもかかわ
らず、昨年の公民投票までに発表されなかったことも意図的であり大変遺憾である」と指摘してい
る。

 台湾政府はすみやかに台北市日本工商会の提言を受け入れ、5県産品の輸入禁止措置と他の都道
府県に求めている産地証明や放射性物質検査証明の提出という規制措置を撤廃すべきは当然である。

◆台北市日本工商会
 http://www.japan.org.tw/newsite/2010/koushoukai/

◆台北市日本工商会:2019年「白書」(日文版)
 http://www.japan.org.tw/newsite/2010/uploads/20191004_1703924224_白書(日文版).pdf

◆台北市日本工商会:2019年「白書」(中国語版)
 http://www.japan.org.tw/newsite/2010/uploads/20191004_1750069623_白書%20chinese.pdf

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾は日本食品の輸入規制撤廃を=台北市日本工商会
【中央通信社:2019年10月4日】
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201910040007.aspx

 (台北中央社)台北市や近郊に事務所を持つ日系企業や個人で構成される台北市日本工商会は4
日、蔡英文政権に対する政策提言「白書」を発表した。 

 白書では、経済連携協定へのスムーズな加入を行うために、国際慣行にそぐわない独自規制や
ルールの是正が求められるとした上で、日本食品への輸入規制も「正にその独自ルールの一例であ
ると認識している」との見方が示された。日本食品については、東日本大震災から既に8年が経過
している上、今年8月1日までの輸入時検査で放射性物質基準値を超えた商品は1件もないと強調。
昨年11月の国民投票で禁輸継続が成立した点に「在台日系企業は大きく失望している」と記された。 

 このほか、投資・事業推進における阻害要因の排除や新産業育成の加速と既存産業活性化、イン
フラ投資への民間資本参入促進などが提言された。石川剛理事長が同日、行政院国家発展委員会の
陳美伶主任委員(閣僚)に提出した。 

 同会は、これまでの要望に対する蔡政権の積極的な対応に感謝する一方で、政府機関が来年1月
に実施される総統選の影響を受けることへの憂慮を示し、政府運営や行政手続きが滞りなく行われ
るよう要請した。 

                               (潘姿羽/編集:塚越西穂)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 笠間市の筑波海軍航空隊記念館で10月5日から「神様になった海軍パイロット─杉浦茂峰─飛虎将軍廟展」

 台湾で「神様」として祀られている日本人は少なくない。富安宮の義愛公こと森川清治郎・巡査
(嘉義副瀬村)、獅頭山勧化堂の廣枝音右衛門・海軍巡査(猫栗県竹南鎮)、「もう一回さん」の
小林三武郎・巡査(宜蘭太和村)など。

 その中でも、飛虎将軍として杉浦茂峯・海軍兵曹長(戦死後に少尉)を祀る台南市の鎮安堂飛虎
将軍廟は日本でもよく知られるようになっている。

 昭和19年(1944年)10月12日、杉浦兵曹長は台南沖航空戦で零戦に搭乗して米軍機を迎え撃つも
被弾。集落への墜落を避けるため郊外まで操縦してから脱出したものの、落下傘で降下中に米軍機
の機銃掃射を浴び戦死した。集落では結婚式が行われていたという。

 身を捨てて住民の命を守ろうとした杉浦少尉を「神」と称えて奉斎したのが鎮安堂飛虎将軍廟だ。

 杉浦少尉の出身地は茨城県水戸市。同じ茨城県内の笠間市には筑波海軍航空隊記念館があり、10
月5日から来年3月30日まで「神様になった海軍パイロット─杉浦茂峰─飛虎将軍廟展」を開催して
いる。下記に産経新聞の記事をご紹介したい。

 なお、飛虎将軍廟や下記に紹介する産経新聞をはじめほとんどが杉浦少尉のお名前を「茂峰」と
記しているが、杉浦少尉をご祭神として祀る靖國神社の表記は「茂峯」であることを付記しておき
たい。

◆筑波海軍航空隊記念館:神様になった海軍パイロット─杉浦茂峰─飛虎将軍廟展開催
 https://p-ibaraki.com/

・展示期間:2019年10月5日(土)〜2020年3月30日(月) ※毎週火曜日休館
・料金:おとな500円、こども300円(常設展と合わせてご覧いただけます)
・場所:記念館1階展示室

筑波海軍航空隊記念館
笠間市旭町654 TEL/FAX:0296-73-5777
【交通】JR常磐線 友部駅 「こころの医療センター行き」路線バスにて10分

-----------------------------------------------------------------------------------------
「神」になった零戦パイロット・杉浦茂峰兵曹長 5日から茨城で企画展
【産経新聞:2019年10月4日】
https://www.sankei.com/life/news/191004/lif1910040050-n1.html
写真:台南市で「神」とたたえられている杉浦茂峰兵曹長(筑波海軍航空隊記念館提供)

 先の大戦末期に台湾南部の台南市で戦死し、現地で「神」と呼ばれる水戸市出身の零戦パイロッ
ト、杉浦茂峰兵曹長をテーマにした企画展が5日、茨城県笠間市の筑波海軍航空隊記念館で始まる。

 杉浦氏をまつっている台南市の「鎮安堂飛虎将軍廟(ちんあんどうひこしょうぐんびょう)」に
注目し、その生涯を紹介する。同館の担当者は「杉浦氏が現代まで残した台湾とのつながりを感じ
てほしい」と話している。

 台湾の人々が名づけた「飛虎将軍」という杉浦氏の呼び名は、その死にざまに由来する。

 1944(昭和19)年10月、杉浦氏は、零戦パイロットとして台南市上空で米軍機と交戦中に被弾し
た。集落への墜落を避けるため郊外まで操縦して脱出、落下傘で降下したところで米軍機の機銃掃
射を浴び、20歳の若さで戦死した。

 死が迫る中で住民の命を守ろうとした杉浦氏をたたえ、地元の有志らは71(昭和46)年にほこら
を建て、93(平成5)年に約160平方メートルの廟に建て直した。現在も「守り神」として手厚くま
つられ、旅行者も多く訪れているという。

 企画展では、台湾の廟文化にも触れながら、杉浦氏の生涯や、戦後の台南市と茨城県の交流の歩
みをパネルなどで伝える。杉浦氏について記述した台湾の教科書や、親族の協力を得て杉浦氏の軍
歴をまとめた一覧表なども展示する。

 笠間市は、県内の市町村で初めて「台湾交流事務所」を台北市に設置するなど、台湾との関係強
化に力を入れている。筑波海軍航空隊記念館の担当者は「企画展が、台湾との交流を深めるための
力添えになればうれしい」と期待している。

 来年3月30日まで。料金は大人500円、子供300円。問い合わせは同館(0296・73・5777)。(永
井大輔)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキは在庫がなくなりました。ご迷惑をお掛けしますが、入荷できるまでしばら
 くお待ちいただきますようお願いします。【2019年9月13日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。