国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3563号】 【祝】 高校生の台湾修学旅行が5万人を超え米国などに大差の1位 台湾からも断トツの1位

2019/09/15

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 9月15日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3563]
1>> 【祝】 高校生の台湾修学旅行が5万人を超え米国などに大差の1位 台湾からも断トツの1位
2>> 呉外相、国交黄信号のソロモンに警告「中国はよく約束破る」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 9月21日、日本蔡英文総統後援会を設立した趙中正会長を講師に「台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190912/

● 第32回日本李登輝学校台湾研修団(10月12日〜16日)のお申し込み【締切:9月27日】
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190722/

● 日本語世代の本音が分かる松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190724/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 高校生の台湾修学旅行が5万人を超え米国などに大差の1位 台湾からも断トツの1位

 去る8月27日、文部科学省は平成29年度(2017年度)の「高等学校等における国際交流等の状況
について」を発表しました。これは、文部科学省が、高校生の海外留学生数や修学旅行先などの状
況等を把握するため、昭和61年(1986年)から隔年で行っている調査で、今回で16回となります。

 2017年度に修学旅行で外国を訪れた高校生は17万9,910 人(14,981 人増)で、実施校は延べ
1,337 校、行先は34 ヵ国・地域だったそうです。

 驚きました。日本から台湾への修学旅行生はなんと5万人を突破して5万3,603人、学校数も332校
でダントツの1位で、2位アメリカの2万8,335人(208校)のほぼ倍となっていました。

 2000年に中国への修学旅行が4万1,695人(213校)で、韓国への3万7,663人(241校)を抑えて
トップに立ち、4万人超えを達成しました。それを台湾が凌駕し、おそらく5万人超えは日本の修学
旅行史上初めてのことと思われます。

 前回(2015年度)はアメリカがトップで、台湾は2位でした。下記に上位5位までを前回(2015
年)調査を添えてご紹介します。

◆日本から海外への修学旅行(2017年度 ← 2015年度)

 1位:台湾  5万3,603人(332校) ← 3万5,775人(232校)
 2位:アメリカ  2万8,335人(208校) ← 3万8,453人(281校)
 3位:シンガポール  2万7,015人(192校) ← 2万3,034人(167校)
 4位:オーストラリア  2万2,028人(158校) ← 2万0,485人(154校)
 5位:マレーシア  1万2,975人(97校) ← 1万3,945人(99校)

 民間機関の公益財団法人全国修学旅行研究協会が同様の調査を実施していて、本年1月26日に発
表の「公私立高等学校の海外修学旅行・海外研修」において、台湾へはすでに5万6,401人(458
校)となっていて、2位アメリカの3万5,718人(615校)を大きく上回っていました。

 公的機関である文部科学省の調査も同じような結果となることは当然予想されたことですが、こ
のように具体的な数字を示されますと感激もひとしおです。

 さらに嬉しいことは、台湾からの修学旅行も日本がダントツの1位だったことです。台湾からは
2015年度も1位で、生徒数も学校数も確実に増えています。下記に上位5位までを前回(2015年)調
査を添えてご紹介します。

◆海外から日本への修学旅行(2017年度 ← 2015年度)

 1位:日本  1万3,392人(401校) ← 1万2,250人 (351校)
 2位:韓国  5,774人(237校) ← 3,785人(150校)
 3位:中国  4,127人(166校) ← 4,002人(160校)
 4位:アメリカ  3,844人(265校) ← 2,164人(187校)
 5位:オーストラリア  3,647人(215校) ← 3,143人(197校)

 本会では日台交流を進めるため、自治体同士による姉妹都市提携や高校生の台湾修学旅行が最適
と考え、平成22年(2010年)の総会において、本会の事業計画「日台相互交流の推進」に初めて修
学旅行を掲げ「修学旅行や日台留学生などの相互受け入れ、自治体や議会などによる姉妹提携や親
善交流をめざした活動の促進を図る」と定め、微力ながらもその推進に力を入れてきました。

 最近も、長野県や熊本県から台湾へ修学旅行を担当する旅行代理店や関係者から、訪問先の選定
などでご相談を受けています。

 それにしても不思議なことです。こういう調査結果が公的機関から出てくるのはとても嬉しいの
ですが、文部科学省が「報道発表」しているにもかかわらず、なぜかニュースとして報じられてい
ません。検索してみたのですが見当たりません。検索が足りないのかもしれませんが、全国修学旅
行研究協会の調査は報じられているのに、文部科学省の調査は報道が見当たりません。日台の交流
がいかに深化しているかを示すとてもいい調査だけに残念なことです。

◆文部科学省「報道発表」:平成29 年度 高等学校等における国際交流等の状況について【8月27日】
 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/koukousei/1323946.htm

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 呉外相、国交黄信号のソロモンに警告「中国はよく約束破る」

 台湾と国交を結んでいる南太平洋のソロモン諸島が、台湾と断交し、中国と国交を樹立する可能
性がある。

 ソロモン諸島は、ガダルカナル島やサンタクルーズ諸島など約1,000の島々よりなる島嶼国で、
人口は61万人ほど。ここに中国が触手を伸ばしている。

 日本は、米国、オーストラリア、ニュージーランドと提携しつつ「自由で開かれたインド太平
洋」政策を推進しており、ソロモン諸島の行方は、台湾だけでなく、米国、オーストラリア、
ニュージーランドにも少なからざる影響をもたらす。ソロモン諸島は民主主義陣営の生命線と言っ
てもよい。

 中央通信社は「米国のペンス副大統領が今月17日にニューヨークで開幕する国連総会の期間中ソ
ロモン諸島のソガバレ首相と会談する模様だ」と伝えるとともに、台湾の呉[金リ]燮・外交部長が
「中国は約束を守らないことが多く、守っても巨額の債務に苦しめられることになると警鐘を鳴ら
した」と報じている。

-----------------------------------------------------------------------------------------
呉外相、国交黄信号のソロモンに警告「中国はよく約束破る」
【中央通信社:2019年9月14日】
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201909140002.aspx

 (台北 14日 中央社)中華民国(台湾)と外交関係を結ぶソロモン諸島が中国との国交樹立を視
野に入れた外交政策の見直しをしている。呉ショウ燮外交部長(外相)は11日、中央社のインタ
ビューに応じ、中国がソロモンにどのような約束をしたかは知らないが、これまでの例から中国は
約束を守らないことが多く、守っても巨額の債務に苦しめられることになると警鐘を鳴らした。 

 ソロモンでは4月に発足したソガバレ政権が外交政策の転換による利害を調査する諮問委員会を
設置。今月21日までに台湾との国交を継続するか否かの決断を下すとしている。 

 呉氏によれば、中国は2016年に台湾と断交したサントメ・プリンシペに6億米ドル(約650億円)
規模の港湾建設を、18年に台湾と断交したブルキナファソに10億ドル(約1080億円)規模の高速道
路・鉄道建設を約束したが、いずれもまだ実現されていない。また、同様の事態となった「某国」
では当初台湾との断交を決めた大統領が後悔し、台湾との国交回復を打診し始めていると明かし、
この事例は中国に幻想を抱いている国にとっていい教訓になると強調した。消息筋によれば某国は
18年に台湾と断交したドミニカ共和国だという。 

 呉氏はまた、中国が約束を守ったとしてもインフラ整備の品質に問題があるとも指摘。エクアド
ルではダムに7000本余りの亀裂が見つかり、ケニアでも橋が完成後間もなく崩れ落ちた実例がある
とした上で、それでも両国に返済義務が残っていると説明。多くの国がこれらのケースを通じ、中
国が経済的な支援や投資をもたらしてくれるという幻想を抱かないよう願った。 

                               (侯姿瑩/編集:塚越西穂)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキは在庫がなくなりました。ご迷惑をお掛けしますが、入荷できるまでしばら
 くお待ちいただきますようお願いします。【2019年9月13日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。