国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3531号】 柯文哲・台北市長が8月6日に新たに「台湾民衆党」を結党

2019/08/03

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 8月3日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3531]
1>> 柯文哲・台北市長が8月6日に新たに「台湾民衆党」を結党
2>> 9月1日「日本蔡英文総統後援会」成立大会のご案内─台湾の自由と民主主義を守ろう!
3>> 台湾の将来は「2300万人の台湾人が決める」88% これが「台湾の共通認識」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第32回日本李登輝学校台湾研修団(10月12日〜16日)のお申し込み【締切:9月27日】*new
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190722/

● 松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190724/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 柯文哲・台北市長が8月6日に新たに「台湾民衆党」を結党

 台湾の総統選挙への出馬が取り沙汰されている柯文哲・台北市長は8月1日の記者会見において、
自分の60回目の誕生日に当たる8月6日に「台湾民衆党」(Taiwanese People's Party)を結党する
ことを明らかにした。

 柯文哲氏はこれまで総統選への出馬について「問題は出るか出ないかではなく、どうやって出る
かだ」(5月半ば)「(出馬を)まじめに考えている」(6月15日)と答えてきた。その答えの一部
が示された形だ。

 下記に紹介する産経新聞は「政党を結成しても、総統選では無所属扱いになるため、出馬には有
権者の署名約28万人分が必要」で、新党結成の目的は「自らの総統就任をにらみ、立法院での足場
固めを図る狙い」があると解説している。

 また、日本経済新聞は「出馬を模索する鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前
董事長と連携する」という見方も浮上していると伝え、新党結成の目的については「新政党で郭氏
の総統選出馬を支援するとの見方」や「自身が総統になるため郭氏に支援を期待しているとの声」
も報じている。

 国会での「足場固め」説にしろ「郭台銘氏との連携」説にしろ、柯氏は「どうやって出るか」に
ついて、総統選出馬の布石として新党を結成するわけだから、総統選への出馬を固めたと見ていい
だろう。柯氏は記者会見で総統選への出馬は「9月上旬に明らかにする」と明言はしなかったもの
の、この新党結成は総統選出馬のプレ宣言と捉えていいのではないだろうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台北市長が政党結成 総統選の布石か
【産経新聞:2019年8月1日】

 【台北=田中靖人】台北市の柯文哲(か・ぶんてつ)市長は1日、市政府(市役所)で記者会見
し、自らの政党を結成する考えを明らかにした。柯氏は来年1月の総統選に出馬するかどうかは9
月上旬に判断すると改めて表明した上で、同時実施の立法委員選(国会議員選に相当)に候補者を
擁立すると述べた。

 政党名は「台湾民衆党」で、すでに内政部(内務省)に届け出た。6日に結党大会を開く。名称
は日本統治時代に自治運動を担った政治団体に由来するという。柯氏は、結党の目的は「民主、自
由、多様性、開放、法治、人権、弱者保護などの普遍的な価値を台湾で実践する」ためだと述べる
一方で、与党・民主進歩党は「価値のない政党だ」と批判した。

 柯氏が今、政党を結成しても、総統選では無所属扱いになるため、出馬には有権者の署名約28万
人分が必要だ。ただ、所属政党がない場合、総統に当選しても立法院(国会)の運営が困難になる
のは確実なため、今回の政党結成は自らの総統就任をにらみ、立法院での足場固めを図る狙いがあ
るとみられる。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 9月1日「日本蔡英文総統後援会」成立大会のご案内─台湾の自由と民主主義を守ろう!

 来年2020年1月11日に台湾では総統及び立法委員(国会議員)選挙が行われます。

 民主進歩党では、現職の蔡英文総統が正式に立候補することが決まりました。対する国民党は昨
年11月に高雄市長に選出されたばかりの韓国瑜氏が立候補します。

 品格、学歴、政治経験、アメリカや日本との信頼関係など、どれをとっても蔡英文総統のほうが
優れていますが、怖いのは、韓国瑜氏を国民党ばかりか中国共産党も応援しているという事実で
す。油断していると、台湾の自由と民主主義が失われてしまう結果になるかも知れません。今、一
番大事なのは一致団結して、台湾の民主主義体制を守ることです。

 つきましては、この度、「日本蔡英文総統後援会」を結成し、下記の通り成立大会を開催する運
びとなりました。現在、台湾より要人の来日及び日本からの要人を調整中です。

 是非、台湾の自由と民主主義を守るために、在日台湾人も日本人も力を合わせて蔡英文総統を応
援して下さい。どうか、万障お繰り合わせのうえ、是非ご家族、ご友人をお誘いのうえご参加下さ
いますようお願い申し上げます。

★使用言語:日本語、台湾語、または台湾華語(日本語通訳あり)
★テーブル・着席式

 2019年8月吉日

                        日本 蔡英文総統後援会
                                    総 会 長 趙 中正
                                    事務局長 長峰 俊次
                                    事務局 TEL:03-5937-2878 
                                   FAX:03-3360-3265

                                        記

・日 時:
 2019年9月1日(日曜日)

 受 付:午後4時30分〜5時00分
 講 演:午後5時00分〜6時30分
 懇親会:午後6時30分〜8時30分

・会 場:
 ザ・プリンスパークタワー東京 地下2階宴会場 コンベンションホール
 *テーブル着席式

 東京都港区芝公園4-8-1 TEL:03-5400-1111
 【最寄駅】都営地下鉄 三田線 「芝公園駅」A4出口 徒歩3分
      都営地下鉄 三田線 「御成門駅」A1出口 徒歩5分
      都営地下鉄 大江戸線 「赤羽橋駅」赤羽橋口 徒歩2分

・参加費:
 一般:20,000円  学生:5,000円

・主 催:
 日本 蔡英文総統後援会

・申込方法(1)
 出席をご希望される場合は、各々の「所属団体の会長・責任者」にお問い合わせのうえ、本宴会
 の「チケット」を事前にお求めください。

・申込方法(2)
 所属団体がない場合は、下記の通り、ファックス又はEメールにて、出欠の「事前登録」を宜し
 くお願い申し上げます。チケットは当日受付にてお渡し致します。

・締 切:
 テーブル席に限りがありますので、8月27日(火曜日)までにファックス又はEメールにてお申
 込み下さいよう宜しくお願い申し上げます。

 FAX:03−3360−3265
 Eメール:ajtu.info@gmail.com

-----------------------------------------------------------------------------------------
9月1日「日本蔡英文総統後援会」成立大会 ご出欠ファックス送信表

・ご出席(  名)   ご欠席 (ご出欠に○印をおつけください。)
・貴社(団体)名:
・部署・役職名:
・ご芳名:
・住 所:
・TEL:
・FAX:
・通信欄:

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾の将来は「2300万人の台湾人が決める」88% これが「台湾の共通認識」

 中国の文化観光省が47都市の住民に認めていた台湾への個人旅行を8月1日から「「当面の両岸関
係に鑑み」一時停止すると発表し、台湾への露骨ともいうべき「圧力」をかけてきた。

 このような圧力のかけ方は「かえって中国への反感を引き起こしかねず、逆効果になる可能性も
ある」という報道が相次ぎ、案の定「台湾では中国に対する反発が広がっている」(時事通信)と
報じられている。

 それを証明するような世論調査が行政院大陸委員会から8月1日に発表された。その結果は下記の
通りだ。

・中国が主張する「一国二制度」に賛成しない 88.7%

・台湾に対する武力行使の放棄を約束しない姿勢を「受け入れない」 87.8%

・台湾による国際的な活動や国際機関への参加を長期にわたって妨害していることに「賛同できない」 88.4%

・台湾社会の分断を図り浸透工作を行っていることを「認めない」 85.9%

・民主主義や主権を守り、圧力に屈しない蔡英文総統の姿勢を「支持する」 73.9%

・政府が自己防衛力を高めて一国二制度を拒否し、国家主権と台湾の民主主義を守るのを「支持する」 80.2%

・台湾人は国際社会に参加する権利があり、政治を前提とするいかなる干渉も受けるべきではないとする蔡総統の主張に「賛成する」 84.8%

・今後の両岸(台湾と中国)関係に関しては、「2300万人の台湾人が決める」 88.0%

・状況を見て独立か統一を決める、あるいは永遠に現在のままが良い「広義の現状維持」87.3%

 いずれも中国の主張することと真逆である台湾人の意識がはっきりした。大陸委員会は、これが
「台湾の共通認識」だと表明したという。下記に大陸委員会が発表したニュースリリースと中央通
信社の記事をご紹介したい。

◆臺灣民意拒絶「一國兩制」、反對北京當局對臺軍事威脅及外交打壓的不友善作為
 陸委會新聞稿編號第073號:8月1日
https://www.mac.gov.tw/News_Content.aspx?n=B383123AEADAEE52&sms=2B7F1AE4AC63A181&s=EA08755D7E474FF5

-----------------------------------------------------------------------------------------
9割弱が中国の一国二制度に反対 大陸委「台湾の共通認識」
【中央通信社:2019年8月2日】

 (台北 2日 中央社)台湾の対中国政策を所管する大陸委員会が1日に発表した最新の意識調査
で、中国が主張する「一国二制度」に賛成しない人が88.7%に上ることが分かった。同委は同制度
を拒否するのはすでに「台湾の共通認識」となっており、台湾人は中国共産党(中共)による武力
侵攻や外交圧力を決して受け入れないと強調した。 

 中国に関する設問では、台湾に対する武力行使の放棄を約束しない姿勢を「受け入れない」
(87.8%)、台湾による国際的な活動や国際機関への参加を長期にわたって妨害していることに
「賛同できない」(88.4%)、台湾社会の分断を図り浸透工作を行っていることを「認めない」
(85.9%)などの結果となった。 

 一方、現政権については、民主主義や主権を守り、圧力に屈しない蔡英文総統の姿勢を「支持す
る」(73.9%)、政府が自己防衛力を高めて一国二制度を拒否し、国家主権と台湾の民主主義を守
るのを「支持する」(80.2%)、台湾人は国際社会に参加する権利があり、政治を前提とするいか
なる干渉も受けるべきではないとする蔡総統の主張に「賛成する」(84.8%)などとなった。 

 今後の両岸(台湾と中国)関係に関しては、「2300万人の台湾人が決める」が88%と大多数を占
めた。また、状況を見て独立か統一を決める、或いは永遠に現在のままが良いなどとする「広義の
現状維持」を望む声が87.3%に上った。 

 同委は、中国のいわゆる一国二制度はうそと見せかけだらけで、そのやり方は民主主義と平和に
反する粗暴な行為であり、両岸の平和を壊す諸悪の根源だと強く批判。政府は国家主権と安全、台
湾の自由と民主主義が侵犯されるのを絶対に許さないとし、一致団結して中共の政治的な企みを阻
止しようと各界に呼び掛けた。 

 調査は同委の委託を受けた政治大選挙研究センターが7月25〜29日にかけて、台湾に住む20歳以
上の男女を対象に電話で実施し、1095人から回答を得た。 

                               (沈朋達/編集:塚越西穂)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。