国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3478号】 台北駐福岡経済弁事処が熊本県で初の台湾修学旅行セミナーを開催

2019/05/20

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 5月20日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3478]
1>> 台北駐福岡経済弁事処が熊本県で初の台湾修学旅行セミナーを開催
2>> 第2回「黄文雄先生と行く日台の絆を探る旅」【7月12日〜15日】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2019年:パパイヤ・マンゴー詰め合わせセットお申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fy8rd2eheoo7
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190506set/

● 2019年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190425lychee/

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190425mango/

● 第2回黄文雄先生と行く日台の絆を探る旅【締切:6月14日】お申し込み
  http://urx.mobi/JPxZ
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190425kou/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

◆ 日米台関係研究所:国際シンポジウム「日米台安全保障協力の方向性」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/just2018/qnf1m2vywvvq
 *詳細とお申し込みHP ⇒ http://just-j.tokyo/ 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台北駐福岡経済弁事処が熊本県で初の台湾修学旅行セミナーを開催

 昨日(5月19日)、熊本県の「テレビくまもと」が「修学旅行や留学先に台湾を選んでもらおう
と学校関係者を招いたセミナーが県内で初めて行われました」と報じているのに接し、感慨深いも
のを覚えた。

 熊本県では10年ほど前まで、熊本県教育委員会は海外修学旅行先について「国外の場合は原則と
して韓国、中国とする」(修学旅行に関する実施基準)と定めていて、渡航先に台湾は入っていな
かった。その突破口を開いたのが当時、大津(おおづ)高校の校長だった白濱裕(しらはま・ひろ
し)氏だった。

 白濱校長は県教委に掛け合い、県議会議員に台湾への修学旅行振興についての質問をしていただ
くなどして「修学旅行に関する実施基準」に台湾を追記させるに及び、2011年12月、大津高校は台
湾への修学旅行を実施するに至っている。学年単位(一年生=314名)の訪台は県内初のことだった。

 白濱校長はその後も台湾への修学旅行を実施し、その一方で、戎義俊氏が弁事処長をつとめてい
た台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処(略称:台北駐福岡弁事処)が主催する「台湾教育の現状と
修学旅行セミナー」において「台湾修学旅行のすすめ」と題して報告するなど、積極的に台湾への
修学旅行に取り組んでいた。その甲斐あって、熊本県の県政や教育委員会の台湾修学旅行への取り
組みは大きく前進したという。

 当時、白濱氏から台湾修学旅行の実施についていろいろお聞きし、福岡で開いていた修学旅行セ
ミナーが熊本でも開かれ、昨年は10校が台湾への修学旅行を実施したという「テレビくまもと」の
ニュースは感慨深いものだった。現在、本会熊本県支部副支部長としても活躍する白濱裕氏もま
た、同じ思いでこのニュースを聞いたのではないだろうか。

 なお、「テレビくまもと」は台北駐福岡弁事処を「台湾の総領事館にあたる」としているが、総
領事館は台北駐大阪経済文化弁事処で、福岡は現在、大阪弁事処の分処(支所)にあたる。

 台北駐福岡弁事処のホームページによると、戦前は中華民国駐長崎領事館で、1970年7月に福岡
に移って福岡総領事館となるも、1972年の断交後は亜東関係協会駐大阪弁事処福岡分処となり、
1992年6月に台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処と改称して現在に至っているという。

◆台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処(略称:台北駐福岡弁事処)
 http://www.roc-taiwan.org/JP/FUK

◆白濱裕「台湾修学旅行のすすめ」:機関誌『日台共栄』平成26年(2014年)12月発行
 http://www.ritouki.jp/index.php/magazine/magazine036/

-----------------------------------------------------------------------------------------
「修学旅行や留学で台湾へ」県内初のセミナー開催
【テレビくまもと:2019年5月19日】
https://www.tku.co.jp/news/%e3%80%8c%e4%bf%ae%e5%ad%a6%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%82%84%e7%95%99%e5%ad%a6%e3%81%a7%e5%8f%b0%e6%b9%be%e3%81%b8%e3%80%8d%e7%9c%8c%e5%86%85%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%94%b9/

 修学旅行や留学先に台湾を選んでもらおうと学校関係者を招いたセミナーが県内で初めて行われ
ました。今月16日のセミナーは台湾の総領事館にあたる台北駐福岡経済弁事処が主催したもので、
県内の学校や市町村の関係者など約50人が参加しました。

 セミナーでは弁事処の陳忠正処長が「次世代を担う若者にバトンを渡せるように体験や交流で友
情を育んでほしい」とあいさつ。台湾の大学の奨学金やカリキュラムなど多様な受け入れ制度が紹
介されたあと高校生の修学旅行のポイントが説明されました。県内では去年合わせて10の高校が台
湾への修学旅行を実施しています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 第2回「黄文雄先生と行く日台の絆を探る旅」【7月12日〜15日】

 日台の歴史に関する著作を始め、あらゆる分野の著作を出されてきた文明史家・黄文雄先生が全
日程に同行し、様々な視点から解説するオリジナル・ツアーです。国交を越え、深い絆で結ばれた
日本と台湾。日本時代の遺物の見学や台湾の方々との心の交流などを通じて、様々な「かたち」と
して残る日本と台湾の絆を探索する旅です。

 昨年に続き第2回目となる「黄文雄先生と行く日台の絆を探る旅」。台湾を深く知れば知るほど
日本が見えてきます。

 平成31年(2019年)4月吉日

                                    日本李登輝友の会

              *     *     *

◆日 程:

 7月12日(金)
 桃園空港第2ターミナルに集合。台中へ移動し、台中市清水区で日本時代の痕跡を訪ねます。ホ
 テルにて夕食会開催後、お茶を飲みながら台湾の方々と交流会を開催。  【台中泊】

 7月13日(土)
 李登輝元総統ご揮毫の台湾出身戦没者慰霊碑と日本人墓地がある宝覚寺、旧台中神社の痕跡が残
 る台中公園を黄先生の解説とともに見学。台湾新幹線で台北へ移動し、黄先生の特別講演会を開
 催。終了後は台湾の方々と交流会。 【台北泊】

 7月14日(日)
 黄先生とともに台北植物園、蓬莱米生みの親・磯永吉の研究小屋、国立台湾博物館など歴史的建
 築物を参観。黄先生に当時の日本人の台湾に対する思いや台湾人の気持ちを解説していただきま
 す。迪化街で自由行動後、台湾の方々と夕食を取りながら最後の交流会。 【台北泊】

 7月15日(月)
 最終日は台湾総統府を黄先生とともに参観後、ご参加者を桃園空港にお送りして終了致します。

・参加費:
 4日間 桃園空港 集合 99,800円  【シングルは2.2万円追加】
 *エアチケット代金は含まれておりません。

・ホ テ ル:
 台中 全国大飯店もしくは同クラス
 台北 慶泰大飯店もしくは同クラス

・食  事:
 朝食3回、昼食2回、夕食3回

・定  員:
 40名(最低催行人数15名)

・申込締切:
 6月14日(金) *定員になり次第、締め切らせていただきます。

・参加資格:
 会籍に関係なくどなた様でもご参加いただけます。

・その他:
 エアチケットは友の会でも手配可能です。ご自身で手配される方は、桃園空港12:30までに到着
 の便を、またお帰りは桃園空港を14:00以降出発の便をお選びください。事務局員との同行ご希
 望の方は事務局にご連絡ください(成田発着・中華航空利用)。

・手配会社:
 (株)横浜カンパニー(神奈川県知事登録旅行業第3-941号)

・申込方法:
 申し込みフォーム、または裏面の申込書に必要事項を記入し、FAX、メールにてお願いしま
 す。お申し込みいただきましたら、追って所定の書類を送付いたします。

 申し込みフォーム:http://urx.mobi/JPxZ
 FAX:03-3868-2101  E-mail:info@ritouki.jp

 *パスポートは帰国日まで有効なもの[有効期限2019年(令和元年)7月15日以降]が必要です
  ので、必ずご確認願います。また催行日1ヵ月以内のキャンセルの場合、キャンセル料が発生
  します。

・お申し込み・お問い合わせ:
 日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出
 荷できなくなったことが判明しました。今後も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り
 止めます。ご了承のほどお願いします。(2019年4月16日)

● 2019年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。