国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3467号】 米連邦議会が「台湾に対する米国のコミットメントと台湾関係法の実施を再確認する決議案」を可決!

2019/05/03

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 令和元年(2019年) 5月3日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3467]
1>> 米連邦議会が「台湾に対する米国のコミットメントと台湾関係法の実施を再確認する決議案」を可決!
2>> 郭台銘、ホワイトハウスでまたトランプ大統領と会見  宮崎 正弘(評論家)
3>> 5月31日、民主運動家の李一平氏らを講師に「六四天安門事件30周年記念集会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 5月18日、坂口隆裕氏が「蔡焜燦先生と台湾歌壇」をテーマに「第45回台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 2019年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190425lychee/

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190425mango/

● 第2回黄文雄先生と行く日台の絆を探る旅【締切:6月14日】お申し込みフォーム *new
  http://urx.mobi/JPxZ
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190425kou/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 米連邦議会が「台湾に対する米国のコミットメントと台湾関係法の実施を再確認する決議案」を可決!

 中国が覇権的な動きでアジア太平洋の平和と安定を脅かし、台湾への圧力を強化する中、今年は
米国が1979年4月10日に「台湾関係法」を制定し、中国と国交を樹立した1 月1 日に遡って発効さ
せてから40周年という節目の年を迎え、米国では連邦議会を中心に台湾との関係を強化しようとす
る動きが顕著だ。

 現在、上院では3月27日に超党派議員により提案された「2019年版台湾保証法案(Taiwan Assurance
Act)」が審議され、下院でも同様の法案が審議されている。

 この法案は「大統領に、米台関係に関する国務省のガイドラインの見直しを命ずる」「二国間お
よび多国間の軍事演習に台湾を含める努力をするよう、国防長官に指示する」「将官が台北に駐在
武官として赴任することを求める」など5つの骨子からなると伝えられている。

 4月30日には、上院が「台湾に対する米国のコミットメントと台湾関係法の実施を再確認する決
議案」を全会一致で可決したという。下院も同様の決議案を4月9日に可決しているという。

 この決議案は、「台湾関係法」と米国の台湾に対する6つの保証を米台関係の基盤とすることを
再確認することなどを内容としているそうだ。

 ちなみに、米連邦議会の上院は、大統領選挙が行われていたさ中の2016年7月6日、「『台湾関係
法』と台湾に対する『6つの保証』を米台関係の基礎とすることを再確認する第38号両院一致決議
案」を可決している。

 台湾に対する「6つの保証」とは、ロナルド・レーガン大統領時代の1982年7月14日、議会に説明
した下記の6項目の台湾政策のことで、この決議案で成文化した。

 (1) 台湾への武器供与の終了期日を定めない。
 (2) 台湾への武器売却に関し、中国と事前協議を行わない。
 (3) 中国と台湾の仲介を行わない。
 (4) 台湾関係法の改正に同意しない。
 (5) 台湾の主権に関する立場を変えない。
 (6) 中国との対話を行うよう台湾に圧力をかけない。

 このように連邦議会は2016年7月の段階では「台湾関係法」と台湾に対する「6つの保証」の2つ
を米台関係の基礎とすることを再確認しているが、このたびの「台湾に対する米国のコミットメン
トと台湾関係法の実施を再確認する決議案」では、昨年3月に制定された「台湾旅行法」を踏ま
え、米国と台湾の双方のあらゆる階級の官僚が相互訪問するよう呼びかけることが加わっている。

 また、大統領に対しては台湾への武器売却を常態的に行わなければならないと要請し、国務長官
に対しては台湾の国際組織に対する意義ある参与を支持し、台湾との経済・貿易関係を拡大・深化
させる機会を模索するよう求めているという。

 この決議案の詳しい内容や台湾側の反応を「Taiwan Today」が伝えているので下記に紹介したい。

 ちなみに、4月30日、長島昭久・衆議院議員らと面会した蔡英文総統は「日本の人々が、台湾が
最も必要とする協力を提供してくれることを切に希望している」と、日本が台湾のCPTPP(環
太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定)参加を支持してくれるよう期待感を
表明したと報じられているが、米連邦議会の決議案可決には「台湾を非常に重視する米国会の態度
が示されたもの」と高く評価し「台湾と米国の関係は現在、最も良好な状態にある」と述べたと報
じられている。

 口惜しいかな、台湾との関係強化において、日米議会の対応格差はますます大きく広がっている
ことを蔡英文総統の発言が如実に示している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
米上院が「台湾関係法」の実施を再確認する決議案
【Taiwan Today:2019年5月2日】

 米国上院は4月30日(現地時間)、「台湾に対する米国のコミットメントと台湾関係法の実施を
再確認する決議案(Reaffirming the United States commitment to Taiwan and to the implementation 
of the Taiwan Relations Act.)」を、全会一致合意(Unanimous consent)により可決した。米
下院も同様の決議案を4月9日に可決している。

 この決議案は、「台湾関係法」と米国の台湾に対する6つの保証を米台関係の基盤とすることを
再確認するほか、米国と台湾の双方のあらゆる階級の官僚が「台湾旅行法」に基づき相互訪問する
よう呼びかけるもの。また、米大統領は法律に基づき台湾への武器売却を常態的に行わなければな
らないとし、米国務長官に対しては台湾の国際組織に対する意義ある参与を支持し、台湾との経
済・貿易関係を拡大・深化させる機会を模索するよう求めている。

 蔡英文総統は5月1日午後、三軍総医院(台湾北部・台北市内湖区)を訪れた際、米上院でこの決
議案が可決されたことについてメディアから感想を聞かれ、「台湾関係法制定40周年の節目におい
て、台湾を非常に重視する米国会の態度が示されたもの」と高く評価した。また、「台湾と米国の
関係は現在、最も良好な状態にある」と述べた。

 蔡総統はさらに、「台湾の政府は近年、米国とその他の国際社会が台湾と一緒に努力し、国際社
会が共有する価値を守り、地域の平和と安定を維持するという目標において良きパートナーとなれ
るよう取り組んできた。その結果、世界の多くの地域において、台湾を不可欠なパートナーと考
え、台湾の決意に信頼を寄せる国が増えている」と説明し、政府の取り組みの効果が奏功している
ことを強調した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 郭台銘、ホワイトハウスでまたトランプ大統領と会見  宮崎 正弘(評論家)

【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:令和元年(2019)5月3日】

 ウィスコンシン州は「台湾旋風」に揺れた。

 先週、トランプ大統領はウィスコンシン州の共和党集会に出席し、貿易問題を軸に演説したが、
直後に同州に入ったのは郭台銘(鴻海精密工業会長)だった。米国で彼は「テリー・ゴウ」とクリ
スチャン・ネームを名乗る。

 英語名「フォックスコン」(富士康)を傘下に収める郭台銘は携帯電話部品、とくにスマホの部
品で大当たりし、台湾一の富豪としてフォーブスにも書かれた。

 トランプのアメリカンファースト政策による米中貿易戦争に対応し、ウィスコンシン州に液晶パ
ネルの新工場をつくると宣言した。二年前の鍬入れ式には、トランプ大統領がわざわざ駆けつけ、
出資予定の孫正義も式に加わった。

 なにしろウィスコンシン州に最新のデジタル・パネル工場を建設し、100億ドルを投じて、13000
名を雇用すると郭台銘が威勢良くぶち挙げたのだから、地元も歓迎。大統領がわざわざ起工式に飛
んでくるほど期待されたプロジェクトと見られた。

 ところが、アップルの売り上げ不振による景気後退で、鴻海精密工業は、中国国内の主要工場で
大量のレイオフに踏み切り、世界で130万人の従業員をロボット導入で50万人に減らすとした。当
然、ウィスコンシン州の工場は計画を縮小し、開発研究センターに格下げされた。

 約束が違うじゃないか、とトランプは郭台銘に直接電話をかけて、見直しを迫り、郭もしぶしぶ
再検討を約束するという経過がある。したがってトランプは、その説明を求め、郭も釈明に必要を
感じていた。

 だが5月2日にホワイトハウスを訪れた郭は、「中華民国」の国旗と米国国家を並列に並べた特注
の帽子を被り、すっかり次期台湾総統のイメージを作り出すという政治演出を行ったのだ。

 郭台銘はウィスコンシン州の事業のことには触れようとしなかった。ウィスコンシン州のエバー
知事も、「空手形、会う予定はない」と冷淡だった。

▲郭台銘の台詞、どこかで聞いたことがある

 大統領との会見後、ホワイトハウスで記者団に囲まれても、「わたしはピースメーカーを目指
す。トラブルメーカーにはならない」と語るのみだった。

 この台詞、思い出した。馬英九が台湾総統に選ばれた最初の記者会見が、同じ台詞だった。筆者
はその前にも馬に直接インタビューしているが、そのとき同じ台詞を聞いていた。

 ホワイトハウスは、郭台銘が国民党候補として総統選挙に出馬する事態を高い関心で見ており、
直近でも米国艦船が台湾海峡を通過するなど、北京の軍事的威圧に対応している。在台北「大使
館」には海兵隊を配置している。

 こうした米国の台湾擁護姿勢が鮮明であるため郭台銘は「台湾の自治を求め、私が当選したら
真っ先に訪米する」と、その中国よりの姿勢を懸命に打ち消した。

 台湾の世論調査では次期総統に大きな期待が寄せられている反面、芳しくない評価が本省人メ
ディアやネットに飛び交っている。

 米国のメディアも、鴻海精密工業が中国国内での過酷な労働、残業などで多くの自殺者がでてい
ること、事故による死者への補償がおざなり、企業倫理が稀薄なことをあげ、その経営者としての
モラルに辛い評価を下しているところが多い。

 一方、台湾では連日のように「一国両制度」に反対する集会が開かれている。会場にはプーさん
を習近平に模した人形も登場し、「一国両制度への態度を詰問すれば、郭台銘の前人気は忽ち暴落
する」とみる人が多い。とはいえ、テレビの娯楽番組しか見ないミーハー世代が増えて、世論調査
での郭台銘の人気が突発的旋風のように高い。

 おりしも大陸からの交換留学生で台湾の嘉南大学で薬学を研修する李家宝(音訳。20歳)は習近
平を痛烈にツィッターで批判したため、大陸内の家族が脅迫され、台湾へ政治亡命を申請した。台
湾には難民受け入れの法律が整備されていないため、蔡英文政権が、これをどう扱うか。蛇に睨ま
れた蛙のような台湾、つぎつぎと重大な政治課題が生まれる。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 5月31日、民主運動家の李一平氏らを講師に「六四天安門事件30周年記念集会」
 
 1989年6月4日、自由と民主主義を求める学生と市民が、彼らを本来守 らねばならない人民解放
軍によって、天安門広場で虐殺されてから30年という月日が流れました。

 民主化の流れが停止した中国では、習近平独裁体制下、かつての文化大革命時代を想起させる個
人崇拝と抑圧が強化され、一帯一路政策という名のもとでの経済侵略、東シナ海・南シナ海におけ
るむき出しの覇権主義、さらには民主化運動への徹底的な弾圧と、各民族への民族浄化に等しい弾
圧が行われていま す。

 しかし、これは逆に、中国共産党独裁体制の弱点と矛盾の裏返しでもあります。この体制は多種
多様な危機に直面しています。バブル経済の崩壊、環境の悪化、経済格差の拡大、政治権力内部の
腐敗と抗争など、これら諸問題は、現在の共産党独裁体制が民主化されない限り解決できない構造
的なものです。

 独裁体制の崩壊はそのまま平和な民主化につながるものではありません。中東をはじめ世界の
様々な地域において、独裁体制の崩壊が、かえってその後の混乱や、時には内戦や民族紛争をもた
らしている現実を私たちは忘れてはなりません。

 今回の集会では、カナダ在住の民主運動家李一平氏とアメリカ在住のエコノミスト夏業良氏をお
招きし、様々な視点から、今後の中国民主化の方向性と共に、それによってアジアと世界の平和を
実現することの可能性について考えていこうと思います。

 中国の、そしてアジアと世界の自由、民主主義、平和の実 現と、天安門の犠牲者たちの志を引
き継ぐために、ぜひ多くの皆様のご参集を お願いします。

◆天安門事件30周年ホームページ:http://www.tiananmen1989.net

                         六四天安門事件30周年記念集会実行委員会

                    記
 
・日 時:2019年5月31日(金)午後6時開場 午後6時30分開会

・会 場:文京区民センター3階ホール

     東京都文京区本郷4-15-14 TEL03-3814-6731
     【交通】メトロ丸の内・南北線「後楽園駅」4bまたは5番出口 徒歩6分
         都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」A2出口 徒歩2分
         JR総武線「水道橋駅」 徒歩10分

・主 催:日本天安門事件30周年記念集会実行委員会
      民主中国陣戦(日本) 中国社会民主党(日本) 中国共和党(日本)

          E-mail:wangdai@hotmail.co.jp
          TEL:090-8340-2388(王戴)

・講 師:李 一平(カナダ在住の民主運動家 全民共振)
     夏 業良(アメリカ在住のエコノミスト)
     他

・参加費:1,000円(事前の参加申込は不要です)

◆「六・四天安門事件30周年記念集会」チラシです。

・PDFファイル:http://www.tiananmen1989.net/2019/20190531_20190604_30.pdf

・画像表:http://www.tiananmen1989.net/2019/20190531_20190604_30_01.jpg

・画像裏:http://www.tiananmen1989.net/2019/20190531_20190604_30_02.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出
 荷できなくなったことが判明しました。今後も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り
 止めます。ご了承のほどお願いします。(2019年4月16日)

● 2019年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。