国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3455号】 日米台関係研究所が5月29日に国際シンポジウム「日米台安全保障協力の方向性」を開催

2019/04/17

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年) 4月17日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3455]
1>> 日米台関係研究所が5月29日に国際シンポジウム「日米台安全保障協力の方向性」を開催
2>> 【祝】 島根の一畑電車が台湾鉄路管理局と「友好協定」を締結
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 4月20日、杉本拓朗・青年部顧問を講師に「第44回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190318/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

◆ 台湾の高級調味料XO醤のご案内を取り止めます!
  本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、在庫切れのためお申し込みを中止していま
   したが、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出荷できなくなったことが判明しました。
   今後も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り止めます。ご了承のほどお願いしま
   す。(2019年4月16日)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日米台関係研究所が5月29日に国際シンポジウム「日米台安全保障協力の方向性」を開催

 本会の渡辺利夫会長を理事長として昨年4月に創設された「一般社団法人日米台関係研究所」は
来る5月29日、日本、米国、台湾から安全保障問題の専門家を招き、国際シンポジウム「日米台安
全保障協力の方向性─台湾有事に備えた日米台の連携」を東京都内で開催する。

 この国際シンポジウムは、同研究所が台湾有事に際して日本はどのように対応するのかをテーマ
に、昨年12月に開催したシンポジウム「台湾有事と日本の対応」に続くもので、同研究所の主たる
活動と位置付ける「国際シンポジウム」。この国際シンポジウムは日本、米国、台湾の持ち回りで
開き、次回は台湾で開催するそうだ。

 ちなみに、同研究所は李登輝元総統からのアドバイスを受けて2018年4月に設立され、日本、米
国、台湾についての研究やその発表等を通じてアジア太平洋の平和と安定に資することを目的とし
ている。今年度から本会の「政策提言」を実現するため全面的に協力することになっている。

 顧問には、今回のシンポジウムにパネリストとして登壇する米国のジェームス・E・アワー氏
(ヴァンダービルト大学名誉教授、元米国防総省国際安全保障局日本部長)やウォレス・C・グレ
グソン氏(元国防次官補:アジア・太平洋安全保障問題担当、元在日アメリカ海兵隊司令官)、台
湾の羅福全氏(台湾安保協会名誉理事長、元台湾日本関係協会会長)や昨年のシンポジウムにはパ
ネリストとして登壇した許世楷氏(元台北駐日経済文化代表処代表、津田塾大学名誉教授)など
錚々たる顔ぶれがそろう。

 台湾と中国の関係がきな臭さを強め、蔡英文総統が日本への安保対話を求めている現在、日本、
米国、台湾は安全保障においてどのような連携が可能なのかを見出そうとするこのシンポジウムの
意義は大きい。

               ◇     ◇     ◇

国際シンポジウム「日米台安全保障協力の方向性─台湾有事に備えた日米台の連携」

 中国は現在、台湾統一に向けた攻勢を強化し、台湾への圧力を強めつつ南シナ海の聖域化を図る
など、その覇権的動きがアジア太平洋の平和と安定を脅かしています。

 米国はこのような中国を主要脅威とみなし、大統領府や連邦議会は、これまでにない危機感を
もって、中国と対峙する姿勢を顕著にするようになりました。そして台湾との関係を強化するため
に「台湾旅行法」や「アジア再保証促進法」などの国内法を制定しました。米国に比べると、日本
政府の台湾問題への対応は緩慢で明示的行動は避けているように思われますが、民間交流は活発
で、日台交流を更に深化、強化するため「日台交流基本法」制定の声が高まっています。

 こういった情勢下、来る5月29日、日本、米国、台湾の安全保障問題の専門家を招き、台湾をめ
ぐる地域安全保障環境を整え、日米台安全保障協力の方向性を見出すため、3国の連携をテーマに
国際シンポジウムを開催します。

 参加ご希望の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。

【使用言語=英語・日本語(同時通訳有り)】

                     記

・日 時:2019年5月29日(水)13時15分〜16時30分[受付開始:12時30分]

・会 場:ホテルグランドヒル市ヶ谷 東館3階 瑠璃(中)

     東京都新宿区市谷本村町4-1 TEL:03-3268-0111
     【交通】JR・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩3分
     https://www.ghi.gr.jp/

・登壇者:日本 浅野 和生(平成国際大学教授)
        川村 純彦(川村研究所代表)
        金田 秀昭(岡崎研究所理事)
        渡部 悦和(日本戦略研究フォーラムシニアフェロー)
        小野田 治(日本安全保障戦略研究所上席研究員)
        矢野 一樹(安全保障懇話会研究員)

     米国 ウォレス・グレグソン(元国防次官補)
        ジェームス・アワー(ヴァンダービルト大学名誉教授)
        マーク・ストークス(プロジェクト2049研究所事務局長)
        イアン・イーストン(プロジェクト2049研究所研究員)
        グラント・ニューシャム(元米海兵隊大佐)
        ケリー・ガーシャネック(戦略国際問題研究所上級参与)

     台湾 頼 怡忠(台湾シンクタンク副執行長)
        林 彦宏(国防部国家安全研究院研究員)

    ・コーディネーター:梅原克彦(台湾・中信金融管理学院教授、元仙台市長)

    *都合により登壇者が変更になる場合があります。

・参加費:2,000円

・申込み:申し込みフォーム、メール、FAXにて。 *締切:5月27日(月)

     申し込みフォーム:http://ur0.work/00v0
     E-mail:just.japan2018@gmail.com FAX:03-3868-2101

・主 催:一般社団法人 日米台関係研究所[理事長:渡辺利夫]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2丁目36番9号
 TEL: 03-3868-2422 FAX: 03-3868-2101
 E-mail:just.japan2018@gmail. Com

-----------------------------------------------------------------------------------------
2019年5月29日「国際シンポジウム・日米台安全保障協力の方向性」申込書

・ご氏名(フリガナ):
・ご住所:
・お電話:
・E-mail:

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 島根の一畑電車が台湾鉄路管理局と「友好協定」を締結

 4月16日、島根県出雲市内を走る一畑(いちばた)電車と台湾鉄路管理局が「友好協定」を締結
しました。台北駅において、一畑電車の吉田伸司・代表取締役社長と台湾鉄路管理局の張政源・局
長が協定書に署名したそうです。

 これで、日台間の鉄道提携は36件目、今年は1月21日に阪神電気鉄道と桃園メトロが「相互連携
に関する協定」を締結以来、2件目となります(本会調査)。下記に中央通信社の記事をご紹介し
ます。

 通称「ばたでん」で地元の人々に親しまれているのが一畑電車だそうで、そのホームページ「ば
たでん」によりますと、1914年(大正3年)に一畑軽便鉄道として運行を開始し、松江−平田−出
雲・出雲大社を結び、通勤・通学等、地元の生活路線として欠かせない鉄道であるとともに、出雲
大社・一畑薬師への参詣鉄道としての役割も果たしているそうです。

 また、この一畑電車は、2010年に公開された映画「RAILWAYS」のもう一人の主人公として登場し
ています。大手家電メーカーの経営企画室長の主人公(中井貴一氏)が母の病をきっかけに会社を
退職、子供の頃の夢だった「一畑電車の運転士」になることを描いた鉄道映画です。

 「しまね観光ナビ」が特集・映画「RAILWAYS」として「一畑電車でなつかしの風景を旅する」も
併せて下記にご紹介します。

◆一畑電車株式会社:ホームページ「ばたでん」
 https://www.ichibata.co.jp/railway/

◆しまね観光ナビ:特集・映画「RAILWAYS」一畑電車でなつかしの風景を旅する
 https://www.kankou-shimane.com/mag/4729.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾鉄道、一畑電車と友好協定締結 相互の観光促進に期待
【中央通信社:2019年4月16日】
http://japan.cna.com.tw/news/atra/201904160004.aspx
写真:左から一畑電車の吉田伸司代表取締役社長、台湾鉄道の張政源局長=台湾鉄道提供

 (台北 16日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は16日、日本の一畑電車(島根県出雲市)と友好
協定を締結した。台鉄の張政源局長と一畑電車の吉田伸司代表取締役社長が台北駅で協定書に署
名。台鉄は、双方とも100年以上の歴史を持つ鉄道経営者だとし、互いの観光促進につながること
に期待を示した。 

 台鉄は一畑電車の他に、これまでにも西武鉄道や東武鉄道、京浜急行電鉄、しなの鉄道、近鉄な
ど日本の各鉄道と連携している。 

                               (汪淑芬/編集:塚越西穂)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、在庫切れのためお申し込みを中止していまし
 たが、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出荷できなくなったことが判明しました。今後
 も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り止めます。ご了承のほどお願いします。
 (2019年4月16日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。