国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3441号】 私が台湾の“先住民”を「原住民」と呼ぶ理由  酒井 充子(映画監督)

2019/03/30

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年)3月30日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3441]
1>> 私が台湾の“先住民”を「原住民」と呼ぶ理由  酒井 充子(映画監督)
2>> 古屋圭司・日華議員懇談会会長が台湾との安保対話の必要性に言及
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 4月20日、杉本拓朗・青年部顧問を講師に「第44回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190318/

● 「第31回日本李登輝学校台湾研修団」のお申し込み【締切:4月10日】
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190301/

● 浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)(2)』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190124/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 私が台湾の“先住民”を「原住民」と呼ぶ理由  酒井 充子(映画監督)

【WEDGE infinity:2019年3月28日】

 私はこれまでの台湾取材で、たくさんの原住民族の方にお会いしてきた。最初の作品『台湾人
生』で「台湾の主人は高砂族の原住民たち」と誇りを持って語ってくださったパイワン族の故タリ
グ・プジャズヤンさんをはじめ、日本語が流暢な人たちは「原住民」を日本語の発音で「げんじゅ
うみん」と言ったし、私自身も「原住民(族)」という言葉を使ってきた。

 ところが、以前、別のサイトのコラムで台湾の原住民族について言及した際、「原住民(族)」
の表記が「差別的なニュアンスを感じる人がいる」として「先住民(族)」と直されて戸惑った。
修正の根拠は共同通信社発行の『記者ハンドブック』だという。図書館へ行って開いてみた。「差
別語、不快用語」という項目の「人種、民族、地域の表記」の欄に「土人→先住民(族)、現地
人」とある。が、「原住民(族)」という言葉は見当たらない。

 そもそも、「原住民(族)」という言葉は差別的なのだろうか。というわけで、この「原住民
(族)」という呼称について考えてみたい。

◆「原住民族」は彼ら自身が獲得した呼称

 台湾では、太古から台湾に暮らしてきた人びとを「原住民族」と呼ぶ。現在、台湾政府が認定し
ている16部族で約55万人。台湾の全人口のわずか2%ほどだが、17世紀以降、漢民族の移住が盛ん
になるはるか以前から、彼らは台湾の住人だった。彼らの呼称は時代とともに変遷してきたが、台
湾の民主化が進んだ1994年、彼ら自身が主張する「台湾のもともとの主人」という意味の「原住
民」が憲法の追加修正条文に明記された。97年には「原住民族」とされ、いまに至る。

 彼らが自ら主張する呼称を獲得するまでには、長い道のりがあった。清の時代は「番人」(漢民
族化した民族は「熟番」、そうでない民族は「生番」)、日本統治下では当初「蕃人」と呼ばれ
た。「蕃」は「蛮」の同意語で、「未開の」「野蛮な」といった意味。のちに「高砂族」とされた
が、これは台湾総督府が1923年、裕仁親王(のちの昭和天皇)が台湾を訪問したのを記念し、「蕃
人」を「高砂族」に改めることを決めたためだ。とはいえ、当時の新聞記事や在台邦人の口から
「蕃人」という言葉が消えることはなかった。

 第二次世界大戦後、台湾統治を始めた中華民国は、高砂族を「高山族」に変え、のちに「山地同
胞(山胞)」とした。台湾のもともとの主人たちは有史以来、時の外来政権により呼称を与えら
れ、社会の周縁に追いやられ、それらを甘んじて受け入れざるを得ない立場に置かれてきた。2016
年、蔡英文総統が就任後、初めて迎えた「原住民族の日」(8月1日)に原住民族の過去四百年の苦
難に対して謝罪したことは記憶に新しい。

 1980年代に入り、台湾社会全体が民主化への歩みを進める中で、彼ら自身も権利回復運動を展開
していく。84年、大学で学ぶ若者や長老教会関係者らが中心となって「台湾原住民権利促進会」を
発足させ、88年には17条の「台湾原住民族権利宣言」を発表。「台湾原住民族」の名のもとに、土
地の返還や自治の実現などを要求したのだった。

◆「原住民(族)」という日本語は差別的なのか

 それにしても、そもそも、日本語の「原住民(族)」という言葉は差別的なのか。原点、原石、
原本などを見ればわかるように、「原」は「もと」や「みなもと」といった意味で、差別的な意味
は持たない。国語辞典で「原住民」を調べても、「その土地に、もとから住んでいた民」(広辞
苑 第七版)、「(征服者や移住民に対して)もとからその土地に住みついている人々。先住民。」
(旺文社国語辞典 第十一版)などと記されており、どこにも差別的な意味は見いだせない。

 日本の書物で、「原住民」という言葉を最初に記したのは坪内雄蔵(逍遥)である。1901(明治
34)年に出版した『英文學史』(東京専門学校出版部)の第一編「上古期の文学」第一章「英国の
原住民及びアングロ、サクソン族」の中で、「英國の原住民と英國の文學史との間には殆ど些の關
係も無し」と述べ、そのすぐあとで触れるブリトン族より前に住んでいた民族を「原住民」と呼ん
だ。さらに坪内は、アングロサクソン族が、「原住民」であるブリトン族を撃退して以降、政治に
おいても文学においても「眞の英國史」が始まったと続ける。本書には、「蠻族」「蕃民」という
言葉も出てくるが、明らかに「原住民」と区別して使っていることがわかる。

 一方、「先住民」という言葉を探していくと、1907(明治40)年の『地底探検記』(江見水蔭著
/博文館)にたどり着く。目次の最初が「先住民の研究」で、「抑も我々大和民族―現在の日本人
―その祖先が、此土地に来たらぬ前には、如何なる種族の住民が此所に居たらうか」という課題が
掲げられている。明治時代後半の時点で、「原住民」と「先住民」はいずれも「前に住んでいた民
族」という意味で使われていた。では、いつから「原住民」に「差別的なニュアンス」が加わった
のだろう。

 2007年、ある「宣言」が国連総会で採択された。英語で「Declaration on the rights of 
indigenous peoples」。国際連合広報センターによると、日本では「先住民族の権利に関する宣
言」と訳されている。そこからさかのぼること四半世紀、国連の人権小委員会は1982年、この宣言
の草案を作成することになる作業グループを設置していた。世界的に「indigenous peoples」の人
権問題が注目されるようになった1980年代から、訳語としての「先住民族」が広く使われるように
なり、定着していったと言えば言い過ぎだろうか。

 かたや「原住民族」は「indigenous peoplesの訳語ではない」という理由で積極的には使われな
くなった。そして、同じ「原」という字を使う「原始人」の「未開社会の人間」という負の意味が
「原住民」に持ち込まれた結果、「差別的なニュアンス」を背負わされてしまったとは考えられな
いだろうか。

◆「すでに滅んでしまった民族」と呼ばないために

 「台湾原住民文学選」(草風館)などの翻訳がある天理大学名誉教授の下村作次郎氏によると、
台湾研究者の中にも、あえて「先住民族」を使う人もいるそうだ。しかし、下村氏は「彼らが勝ち
取った『原住民族』という呼称を尊重したい。どうしても先住民族と言わなければならないな
ら、“世界の先住民族のうちの、台湾の原住民族”と言います」と話す。そして、「日本語とはい
え、『先住民族』を文字にしたときに、台湾の人がそれを読んでどう感じるか」とも。ある翻訳本
のタイトルを付ける際に、「原住民族」という言葉にこだわって取り上げることをためらうメディ
アがあるのなら、その代わりに「エスニックマイノリティ」という言葉を使って、同書への関心を
向けてもらおうと考えたという。

 「先住民族」ではなく「エスニックマイノリティ」を選んだのは、台湾で「先住民族」は「すで
に滅んでしまった民族」という意味になるからだ。台湾も日本も漢字を使う国である。もちろん、
同じ漢字を使っていても意味が違う言葉はたくさんある。しかし、「原住民族」と名乗っている人
を「原住民族」と呼ばない理由はない。ましてや、日本語の「原住民族」に差別的な意味はないの
だから、わざわざ「すでに滅んでしまった民族」という意味の「先住民族」に言い替える必要など
ない。

 台湾の「原住民(族)」は彼ら自身が獲得した呼称である。もともと日本語の「原住民(族)」
に差別的な意味はない。台湾で「先住民(族)」は「すでに滅んでしまった民族」という意味に
なってしまう。以上の理由から、わたしは台湾の「原住民族」を「原住民族」と呼びたいし、以上
の理由を説明しながら、「原住民族」という呼称を使うことを広げていきたいと思っている。もち
ろん、「先住民族」と呼ぶことを否定しない。「先住民族」と同じように「原住民族」という言葉
を自由に使えるようになればいい。読者のみなさんはどのようにお考えだろうか。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 古屋圭司・日華議員懇談会会長が台湾との安保対話の必要性に言及

 国交のない台湾との交流を牽引してきたのが超党派の国会議員でつくる「日華議員懇談会」だ。
前身は日華関係議員懇談会で、台湾と断交した翌1973年3月、自民党の灘尾弘吉議員を会長に藤尾
正行、中川一郎、玉置和郎、田中龍夫、渡辺美智雄といったタカ派の議員を中心に結成された。

 2018年3月、平沼赳夫会長の後任として古屋圭司・幹事長が会長に就き、副会長は長島昭久議員
や富田茂之議員らが務め、岸信夫議員が幹事長を務めている。

 去る3月27日、今年度の懇親会を開いて「2019年度方針決議」を採択し、来賓として出席の謝長
廷・台北駐日経済文化代表処代表に手渡している。「台湾と手を携えて国際秩序を維持する」など
6項目からなる方針については、中央通信社が詳しく伝えているので下記に紹介したい。

 メディアから、蔡英文総統が日本政府との安全保障問題に関する対話を望んでいることについて
質問された古屋会長は「安保対話も含めた交流や意見交換をよく行う必要がある」と述べ、政府よ
りも踏み込んだ認識を示した。

-----------------------------------------------------------------------------------------
日華懇、TPPやWHOへの台湾参加を支持する決議 謝駐日代表が感謝
【中央通信社:2019年3月28日】
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201903280005.aspx

 (東京 28日 中央社)日本の超党派国会議員連盟「日華議員懇談会」(日華懇)は27日、東京都
内で今年度の懇親会を開いた。環太平洋経済連携協定(TPP)や世界保健機関(WHO)への台湾の参
加を支持する内容が盛り込まれた決議文が岸信夫衆院議員により読み上げられ、謝長廷駐日代表
(大使に相当)が感謝を示した。 

 決議文の冒頭では、「力による現状の変更は国際社会に対する脅威」だとした上で、台湾と協力
して国際秩序を維持するとの姿勢を表明。TPPについては、台湾が協定の原則を受け入れ、かつ協
定の高い水準を満たすことで加入することを支持するとの立場が示された。また、中国の圧力によ
り参加が阻まれているWHOやWHO年次総会に関しては、台湾のオブザーバー参加を求めるとした。国
際民間航空機関(ICAO)や国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)などについても、何らかの
立場での参加を支持するとの内容が盛り込まれた。 

 決議文は、台湾で昨年11月に行われた国民投票で、2011年の東京電力福島第1原発事故以降続け
られている福島など5県産食品の禁輸継続が賛成多数で可決となったことにも言及。この結果につ
いて「極めて遺憾」だとし、早期の解禁に向けて努力を行うとの方針が示された。また、この問題
が台湾のTPP加入の障害とならないよう、台湾側にも適切な対応を期待するとした。 

 謝代表はあいさつで、中国の習近平氏が台湾に「一国二制度」による統一を受け入れるよう迫っ
ていることに触れ、蔡英文総統は受け入れられないと明確に表明していると説明。これについて日
本をはじめとした国際社会に理解を求めるとともに、地域の平和と安定の維持に取り組む姿勢を示
した。 

 決議文の発表の後、メディアの取材に応じた日華懇の古屋圭司会長は、海洋進出を強める中国に
対する日本政府の立場について問われると、民主主義や法の支配、基本的人権などの価値観を共有
する国と連携していく考えを示した。蔡総統が日本政府との安全保障問題に関する対話を望んでい
ることについては、安保対話も含めた交流や意見交換をよく行う必要があると述べた。 

                                (楊明珠/編集:楊千慧)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。