国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3428号】 4月20日、杉本拓朗・青年部顧問を講師に「第44回台湾セミナー」

2019/03/14

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年)3月14日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3428]
1>> 4月20日、杉本拓朗・青年部顧問を講師に「第44回台湾セミナー」
2>> 第31回日本李登輝学校台湾研修団(4月25日〜29日)のご案内【締切:4月10日】
3>> 唐鳳・デジタル政策担当大臣がツイッターに福島県産干し柿食べる動画を投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 4月20日、杉本拓朗・青年部顧問を講師に「第44回台湾セミナー」お申し込み*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 「第31回日本李登輝学校台湾研修団」のお申し込み【締切:4月10日】
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190301/

● 浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)(2)』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190124/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:3月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 4月20日、杉本拓朗・青年部顧問を講師に「第44回台湾セミナー」

 本会は平成16年(2004年)10月から「日本李登輝学校台湾研修団」(略称:李登輝学校研修団)
を開催し、これまで約900名の卒業生を輩出しています。本年は4月25日から31回目の研修団を実施
します。

 李登輝学校の校長でもある李登輝元総統をはじめ、故人となった蔡焜燦、黄昭堂、張炎憲などの
先生方や、許世楷、羅福全、黄天麟、呉密察、黄智慧、李雪峰、蔡焜霖、李明峻といった方々や、
沼田幹夫・日本台湾交流協会台北事務所代表やジャーナリストの迫田勝敏氏など一流の講師陣によ
り、台湾の政治、経済、文化、日台交流などを学びます。また野外研修も行い、通常のツアーでは
訪れない、台湾各地に残る日台の交流を伝える史跡や建物を巡り、金門島や緑島などの離島にも足
を伸ばしています。

 この研修団の最大の特徴は10回以上参加されているリピーターが多いことです。なぜ何度も参加
するのか、講師はどのような講義をされるのか、野外視察はどこへ行くのかなど、2012年からこの
研修団を担当する杉本拓朗氏に李登輝学校研修団の魅力についてお話しいただきます。

 セミナー終了後は、講師を囲んで懇親会を開きます。ご参加の方は、申し込みフォーム、メー
ル、FAXにてお申し込み下さい。

                    記

◆日 時:平成31年(2019年)4月20日(土) 午後2時30分〜4時30分(2時開場)

◆会 場:文京区民センター 3-C会議室

     東京都文京区本郷 4-15-14 TEL:03-3814-6731
     【交通】 都営地下鉄:三田線・大江戸線 春日駅 A2出口 徒歩2分
          東京メトロ:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 4b出口 徒歩5分
                   JR総武線 水道橋駅 東口 徒歩10分

◆演 題:李登輝学校研修団で知る台湾

◆講 師:杉本拓朗氏(日本李登輝友の会青年部顧問)

     [すぎもと・たくろう] 昭和51年(1976年)、静岡県生まれ。司馬遼太郎の『台湾紀行』
     を読み台湾に関心を抱き、2008年の総統選挙が初訪台。台湾インバウンド中心の旅行業
     を経て、2012年より日本李登輝友の会のツアー部門を担当。日本と台湾の繋がりを確認
     する李登輝学校台湾研修団などスペシャルツアーを50回ほど企画しアテンド。日本軍人
     の杉浦茂峯命を神様として祀る「飛虎将軍廟」への日本人有志によるお神輿奉納や飛虎
     将軍御神体の「里帰り」の手伝いなど日台の民間交流にも尽力。

◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生) 
     *当日ご入会の方は会員扱い

◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *4月19日(金) 締切

     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて [参加費=3,000円 学生:2,000円]

◆主 催:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A 
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

-------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月20日「第44回台湾セミナー」申込書

・ご氏名(ふりがな):
・メールアドレス:
・性 別:男性・女性
・ご住所
・お電話
・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望
・懇親会: 参加 ・ 不参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 第31回日本李登輝学校台湾研修団(4月25日〜29日)のご案内【締切:4月10日】

 平成16年(2004年)10月から始めた本会の「日本李登輝学校台湾研修団」(略称:李登輝学校研
修団)も、今年で15年目を迎え、来る4月25日(木)〜29日(月)の4泊5日の日程で第31回を実施
することとなりました。

 李登輝学校校長の李登輝元総統による特別講義をはじめ、台湾を代表する有識者による日本語で
の講義です。今回の野外研修は、台湾独立運動を牽引してきた王育徳・黄昭堂両氏の足跡を台南市
で学習いたします。また李登輝学校では久しく訪れていない烏山頭ダムや、鄭成功が上陸した場所
も見学するなど台湾史において重要な場所を見学致します。

 李登輝先生特別講義後、李登輝校長自ら一人ひとりに「修了証」を授与、記念撮影を行う予定で
す(今回は2日目に修業式を行う変則的な日程となります)。

*李登輝先生のご体調が優れない場合は、特別講義と修業式の内容が変更になることがあります。
*出発便・帰国便などの詳細に関してはお問い合わせください。

 平成31年(2019年)3月吉日

                                    日本李登輝友の会

               ◇     ◇     ◇

◆日  程:

 ・4月25日(木)
  各地発便で台湾へ。台北市内ホテルで講義。

 ・4月26日(金)
  台北市内ホテルで終日研修。李登輝先生特別講義・修業式。

 ・4月27日(土)
  新幹線で台湾南部へ移動。烏山頭ダムを見学し台南へ移動。

 ・4月28日(日)
  王育徳記念館や黄昭堂記念公園など台南市内を見学。

 ・4月29日(月)
  台南市内見学後、台北へ移動し日本へ帰国。

◆参 加 費:

 会員価格 13.3万円[航空券なし・ツイン] *シングルは2.5万円追加。

◆航 空 券:

 今回は繁忙期につき航空券付きの参加費は設定できませんが、事務局で最適の航空券を手配する
 ことも可能です。また移動に不安のある方は事務局員と同行をお勧め致します。

 今回は稀なことですが、大型連休を控え団体枠の航空券が確保できません。参加者がご自身で予
 約いただくか、事務局で手配するかのいずれかとなってしまいます。

 遅くなればなるほどエアーチケットの確保は難しくなりますので、参加を希望される方はできる
 だけ早目に航空券のご予約をお願いします。事務局で手配させていただく場合も、申込書の左下
 欄に空港名やご利用日程を記し、できるだけ早くお申し込み下さい。

◆定  員:

 40名

◆申込締切:

 4月10日(水) *定員になり次第、締め切らせていただきます。

◆一般参加:

 研修には一般の方も参加できますが、参加費は上記会員価格プラス1万円です(但し、申込時に
 ご入会の方は会員価格とさせていただきます)。

◆そ の 他:

 事務局員との同行(羽田発着)を希望される方は申込用紙にその旨ご記入ください。

 ご自身で桃園空港到着の航空券をお手配の場合は13:00到着の便をお選びください。14:00に同
 空港第2ターミナルよりホテル行のバスが出発します。

◆手配会社:

 (株)横浜カンパニー(神奈川県知事登録旅行業第3-941号)

◆申込方法:

 申し込みフォーム、または申込書に必要事項を記入し、FAX、メールにてお願いします。お申
 し込みいただきましたら、追って所定の書類を送付いたします。

 ・申し込みフォーム:http://goo.gl/KKnEAO
 ・FAX:03-3868-2101  E-mail:info@ritouki.jp

 *パスポートは帰国日まで有効なもの[有効期限2019年(平成31年)4月29日以降]が必要です
  ので、必ずご確認願います。また催行日1ヵ月以内のキャンセルの場合、キャンセル料が発生
  します。

 *ご注意:
  日本李登輝学校台湾研修団は観光旅行ではなく研修ですので、途中参加・途中離脱は認めてい
  ません。ただし、在住地内に台湾直行便が就航している空港がない場合、あるいは空港があっ
  ても空港まで相当数の時間がかかる場合、あるいは直行便が李登輝学校研修団等の開始時刻に
  間に合わない場合、または身体的な事由等で移動が困難な場合に関してはその限りではありま
  せん。

◆お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 唐鳳・デジタル政策担当大臣がツイッターに福島県産干し柿食べる動画を投稿

 昨年11月24日の統一地方選挙と同時に投開票が行われた10項目の「公民投票」では7項目が成立
し、その中には中国国民党が提案の「日本の福島県をはじめとする東日本大震災の放射能汚染地
域、つまり福島県及びその周辺4県(茨城県、栃木県、群馬県、千葉県)からの農産品や食品の輸
入禁止を続けることに同意するか否か」も含まれていた。結果は、賛成が779万1856票、反対が223
万1425票、無効が 75万6041票で、圧倒的に賛成が多かった。

 しかし、そのときの違和感はいまだに拭えない。そこで当時、「少なくとも日本の5県産品の輸
入禁止問題は、民意を問う公聴会などは開かなくてもよかったのではないか。蔡英文総統が政治判
断すべきだったのではないかという疑問が残る。公聴会は、国民党など反政府派に政治利用された
だけに見える。政治家は民意にゆだねすぎる弊害も考慮すべきだろう」と述べた。

 また、これは謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表なども指摘していることだが、科学的根拠に
よらず、5県という地域を問題視していることにもやはり疑問が残る。

 さらに言えば、日本人はもちろん5県を訪れている台湾の人々も5県産品を食べているのだ。いっ
たいどこに輸入を禁止する合理的な理由があると言うのだろう。

 国民党が統一地方選挙で勝った理由の一つは、公民投票案を説明するために開いた集会が選挙運
動にもなったことを挙げる専門家もいる。

 蔡英文政権内には、やはり5県産品の輸入禁止を継続することに、表明こそしないものの反対の
立場をにおわせる閣僚もいる。デジタル政策担当の唐鳳・行政院政務委員もその一人のようだ。

 3月8日から5日間の日程で来日し、10日、ツイッターに日本語で「#福島県産の干柿を食べること
で、#台湾は復興支援の手伝いができます。とても美味しいんですが、残念ながら#台湾ではまだ購
入できません」と投稿している。

 英語でも「I accept @eballgogogo’s #推特吃 challenge.#TaiwanCanHelp its friends in 
#Japan by eating persimmons from #Fukushima.They taste superb ? (but sadly cannot be 
purchased in Taiwan.)と投稿、動画では英語で話しかけ「激ウマ」という日本語も飛び出す。

 日本人には先の公民投票の結果を知り、台湾との距離を感じたという人々も少なくない。唐鳳・
行政院政務委員のこの一石がどのような波紋を投げかけるか、その行方に注目したい。

◆唐鳳 @audreyt 3月10日
 https://twitter.com/audreyt/status/1104556136148004864

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の閣僚、福島産干し柿をツイッターで紹介 議論に 一方感謝も
【中央通信社:2019年3月13日】
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201903130005.aspx

 (東京 13日 中央社)唐鳳・行政院政務委員(無任所大臣に相当、デジタル政策担当)が10日、
福島県産干し柿を自身が食べる動画をツイッターに投稿し、議論を巻き起こしている。台湾は2011
年3月の東京電力福島第1原発事故以降、福島など5県で生産、製造された食品の輸入を禁止してお
り、昨年11月の国民投票では禁輸継続が賛成多数で可決となった。動画の投稿により、唐氏が5県
産食品の輸入解禁を支持しているのではないかとの指摘が上がった。一方、福島県出身だという人
から唐氏に感謝のコメントも寄せられている。 

 唐氏は非営利団体の招待を受け、8日から5日間の日程で訪日。10日、英語と日本語でツイッター
に「福島県産の干し柿を食べることで、台湾は復興支援の手伝いができる」と投稿した一方、台湾
ではまだ購入できないと残念がった。唐氏が食べたのは「あんぽ柿」と呼ばれる干し柿で、東日本
大震災からの復興のシンボルとされているという。唐氏は同日、フェイスブックも更新し、福島と
同様に輸入禁止となっている栃木県のイチゴ「とちおとめ」の写真も紹介した。 

 ツイッターでは、福島県出身だという人から唐氏が干し柿を食べたことに感謝するコメントが寄
せられた。唐氏は台湾の新竹や嘉義でも干し柿が有名だと写真を添えてこれに返信。干し柿フェス
ティバルの際に台湾を訪れるよう薦めた。唐氏によれば11日、台湾に関わる日本人と面会。この日
本人にも福島の食品をツイッターで称賛したことについて感謝されたという。 

 5県産食品の輸入解禁に賛成かどうかについて唐氏は、「食品の輸入問題は自身の管轄外」とコ
メント。国民投票で結果が示されたとし、解禁する簡単な方法は今のところないとの見方を示した。 

 11日、東日本大震災から8年を迎えた。唐氏はどこへ行っても日本人から「謝謝(ありがとう)
台湾」と声を掛けられたと話し、台湾人がした良い行いが日本の人々の印象に深く残っていると
語った。 

                                (楊明珠/編集:楊千慧)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。