国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3424号】 安全保障問題で日本との対話を求めた蔡総統発言にようやく政府が反応

2019/03/09

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年)3月9日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3424]
1>> 安全保障問題で日本との対話を求めた蔡総統発言にようやく政府が反応
2>> 日台の安全保障対話、実現なら「貢献大」  田中 靖人(産経新聞台北支局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 「第31回日本李登輝学校台湾研修団」のお申し込み *new
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190301/

● 浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)(2)』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190124/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 安全保障問題で日本との対話を求めた蔡総統発言にようやく政府が反応

 安全保障問題やサイバー攻撃に関して日本政府と対話したいとの意向を表明した蔡英文・台湾総
統の産経新聞インタビュー(3月2日付掲載)は、政府や防衛関係者を驚かせたようだ。

 日本は毎年「サイバーセキュリティ月間」を設け、本年も2月1日から3月18日までをサイバーセ
キュリティ月間として、産・学・官・民が連携して、様々な普及啓発活動を実施している。そのさ
中のインタビュー掲載だった。

 日本のサイバーセキュリティ戦略本部長は菅義偉・内閣官房長官だが、反応は鈍かった。3月8日
午後の記者会見でようやく蔡英文総統のインタビューについて政府の対応を質す問いに「1972年の
日中共同声明にあるとおり、日本と台湾との間では、非政府間の実務関係を維持していくのが日本
政府の立場であります。そうした発言は承知しておりますが、いずれにしても政府としては、いま
申し上げた立場に基づいて適切に対応してゆきたい」と答えた。

 また、台湾との友好関係についての質問には「友好関係を継続していくのは当然のことです」と
答えた。

 河野太郎外相も8日の記者会見で、菅官房長官と符節を合わせるように「日本と台湾との関係は
非政府間の実務関係を維持していくというので一貫している。この立場に基づいて適切に対応して
まいりたい」と述べている。

 官房長官も外相も台湾との安全保障対話には直接触れず、公式見解以上の発言はなかったが、ど
うも奥歯にものがはさまったように歯切れが悪い。中国との関係を慮っているのかもしれない。

 米国では、蔡英文相当を上下両院そろった連邦議会で講演させようという案も出ている。それに
比して、日本の国会議員からはなんの声も挙がらないどころか、安全保障問題やサイバー攻撃に関
して日本政府と対話したいと表明したことに、国会会期中にもかかわらず、政府に質すという動き
も残念ながら見られないようだ。

◆動画:菅義偉・官房長官記者会見(3分15秒〜4分19秒)
 https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201903/8_p.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日台の安全保障対話、実現なら「貢献大」  田中 靖人(産経新聞台北支局長)

 蔡英文総統へのインタビューは2月28日に総統府において、産経新聞東京本社の井口文彦編集局
長が行っているが、それに同行した田中靖人・台北支局長が蔡総統発言の意義について、安全保障
問題に詳しい明海大学の小谷哲男准教授の見解を紹介している。

 これまで、日本と台湾の政府間で安全保障に関する対話や協議はない。そこで小谷准教授は「警
察や海上法執行、災害救援、人道支援での協力を深め、その先に米国も関与した防衛面での協力を
追求するのが現実的だと指摘」したそうだ。

 本会も、昨年3月に発表した政策提言「台湾を日米主催の海洋安全保障訓練に参加させよ」では
同趣旨を提案している。内容の詳細は下記をご覧いただきたい。

◆台湾を日米主催の海洋安全保障訓練に参加させよ 日本李登輝友の会「2018政策提言」
 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180423/

-------------------------------------------------------------------------------------
日台の安全保障対話、実現なら「貢献大」  田中 靖人(産経新聞台北支局長)
【産経新聞「国際情勢分析」:2019年3月8日】

 台湾の蔡英文総統は2日付の産経新聞との単独会見で、安全保障・サイバー分野での直接対話を
日本政府に呼びかけた。日本と台湾の間には外交関係がなく、中国の強い反発が予想される安全保
障分野での日台協力は政治的なハードルが高い。ただ、専門家は、実現すれば日本の安全保障にも
大きく貢献すると指摘している。

◆提言の背景に中国の軍事的圧力

 中国当局が「台湾独立派」とみなし、「一つの中国」を受け入れない民主進歩党の蔡氏が総統に
就任したのは2016年5月。中国の人民解放軍はそれ以降、台湾や沖縄周辺を通過して西太平洋に進
出する頻度を上げている。

 中国海空軍の行動の第一義的な目的は、米領グアムなどを拠点とする米軍への「接近阻止・領域
拒否(A2/AD)」戦略の完成に向けた練度の向上であり、台湾への軍事的な威嚇は主要な任務
とは言えない。ただ、中国側は爆撃機、轟(H)6が台湾本島を周回飛行したとする映像を公表す
るなどして「心理戦」に利用。実際に空母「遼寧」を中心とする艦隊が、部隊配置の手薄な台湾本
島の東岸沖を航行して台湾側への圧力を加えた例もある。

 台湾の海空軍は中国軍の動向監視のため稼働率を上げざるを得ず、国防部(国防省に相当)は
2018年4月、緊急発進(スクランブル)する戦闘機の部品の消耗が激しいとして予備費約6億台湾
元(約22億円)の支出を求めた。

◆双方にメリット

 台湾の研究者は産経新聞の取材に対し、日台間で中国軍機や艦艇の動向に関する即時情報の交換
ができれば、目視で確認する際の捜索範囲を狭めることができ、部隊の効率的な運用が可能になる
として「日台双方にメリットがある」と指摘する。蔡氏も、即時情報の交換は「非常に重要だ」と
賛意を示し、「台湾側は割合に開放的(オープン)な態度だ」と述べ、日本側の対応を求めた。

 安全保障問題に詳しい明海大学の小谷哲男准教授は、今回の蔡氏の提言について「中国の習近平
国家主席の訪日も控える中、日本政府が真正面から応える可能性は低い」としつつも、「日台の安
全保障協力を推進することは双方にプラスになる」と指摘する。

 小谷氏によると、バシー海峡(台湾−フィリピン間)は「自衛隊にとっていわば死角」であり、
同海峡を通過する中国軍の動向を日本の固定レーダーで探知することは難しいという。台湾側も宮
古海峡を通過して西太平洋に進出する中国艦艇の動きは探知できていない可能性が高い。バシー海
峡から西太平洋に進出し、その後、宮古海峡を経て中国に戻る経路やその逆もあり、即時情報の交
換は日台双方が「死角」を補い合う効果がある。

◆まずは非伝統的分野から

 また、小谷氏は「中国はサイバー戦の能力をまず台湾に対して試し、攻撃対象を日米などにも広
げてきた」とも指摘する。台湾当局は中国からのサイバー攻撃について、交通部(国土交通省)が
2016年5月に立法院(国会)に提出した報告書で、「戦争に準じる程度」だと訴えたことがある。
小谷氏は「台湾はサイバー戦能力(の重要性)をどこよりも理解している」とした上で、「新たな
防衛計画の大綱が重視するサイバー防衛や電子戦支援で台湾と協力できれば、日本の安全保障に大
きく貢献する」と述べた。

 ただ、日台間の安全保障協力はこれまで事実上、皆無で、「いきなり同盟国並みの協力はできな
い」のも事実だ。小谷氏は「研究・教育分野での交流を通じて協力の基礎を築くことから始めるべ
きだ」と訴える。また、警察や海上法執行、災害救援、人道支援での協力を深め、その先に米国も
関与した防衛面での協力を追求するのが現実的だと指摘する。民間企業を通じた日台の防衛技術協
力の可能性も検討する価値はあるという。

 台湾は米国製の兵器を多く使用しており、台湾には米軍需産業の支店もある。自衛隊の装備品と
共通する部品を相互に融通することができれば、調達経費の圧縮にもつながりそうだ。(台北 田
中靖人)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。