国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3423号】 第31回日本李登輝学校台湾研修団(4月25日〜29日)のご案内【締切:4月10日】

2019/03/02

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年)3月2日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3423]
1>> 第31回日本李登輝学校台湾研修団(4月25日〜29日)のご案内【締切:4月10日】
2>> 蔡英文総統が安全保障問題で日本政府との対話意向を表明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 「第31回日本李登輝学校台湾研修団」のお申し込み *new
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190301/

● 浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)(2)』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190124/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 第31回日本李登輝学校台湾研修団(4月25日〜29日)のご案内【締切:4月10日】

 平成16年(2004年)10月から始めた本会の「日本李登輝学校台湾研修団」(略称:李登輝学校研
修団)も、今年で15年目を迎え、来る4月25日(木)〜29日(月)の4泊5日の日程で第31回を実施
することとなりました。

 李登輝学校校長の李登輝元総統による特別講義をはじめ、台湾を代表する有識者による日本語で
の講義です。今回の野外研修は、台湾独立運動を牽引してきた王育徳・黄昭堂両氏の足跡を台南市
で学習いたします。また李登輝学校では久しく訪れていない烏山頭ダムや、鄭成功が上陸した場所
も見学するなど台湾史において重要な場所を見学致します。

 李登輝先生特別講義後、李登輝校長自ら一人ひとりに「修了証」を授与、記念撮影を行う予定で
す(今回は2日目に修業式を行う変則的な日程となります)。

*李登輝先生のご体調が優れない場合は、特別講義と修業式の内容が変更になることがあります。

*出発便・帰国便などの詳細に関してはお問い合わせください。

 平成31年(2019年)3月吉日

                                    日本李登輝友の会

              ◇     ◇     ◇

◆日  程:

・4月25日(木)
 各地発便で台湾へ。台北市内ホテルで講義。

・4月26日(金)
 台北市内ホテルで終日研修。李登輝先生特別講義・修業式。

・4月27日(土)
 新幹線で台湾南部へ移動。烏山頭ダムを見学し台南へ移動。

・4月28日(日)
 王育徳記念館や黄昭堂記念公園など台南市内を見学。

・4月29日(月)
 台南市内見学後、台北へ移動し日本へ帰国。

◆参 加 費:

 会員価格 13.3万円[航空券なし・ツイン] 
       *シングルは2.5万円追加。

◆航 空 券:

 今回は繁忙期につき航空券付きの参加費は設定できませんが、事務局で最適の航空券を手配する
 ことも可能です。また移動に不安のある方は事務局員と同行をお勧め致します。

 今回は稀なことですが、大型連休を控え団体枠の航空券が確保できません。参加者がご自身で予
 約いただくか、事務局で手配するかのいずれかとなってしまいます。

 遅くなればなるほどエアーチケットの確保は難しくなりますので、参加を希望される方はできる
 だけ早目に航空券のご予約をお願いします。事務局で手配させていただく場合も、申込書の左下
 欄に空港名やご利用日程を記し、できるだけ早くお申し込み下さい。

◆定  員:

 40名

◆申込締切:

 4月10日(水) *定員になり次第、締め切らせていただきます。

◆一般参加:

 研修には一般の方も参加できますが、参加費は上記会員価格プラス1万円です(但し、申込時に
 ご入会の方は会員価格とさせていただきます)。

◆そ の 他:

 事務局員との同行(羽田発着)を希望される方は申込用紙にその旨ご記入ください。

 ご自身で桃園空港到着の航空券をお手配の場合は13:00到着の便をお選びください。14:00に同
 空港第2ターミナルよりホテル行のバスが出発します。

◆手配会社:

 (株)横浜カンパニー(神奈川県知事登録旅行業第3-941号)

◆申込方法:

 申し込みフォーム、または申込書に必要事項を記入し、FAX、メールにてお願いします。お申
 し込みいただきましたら、追って所定の書類を送付いたします。

・申し込みフォーム:http://goo.gl/KKnEAO

・FAX:03-3868-2101  E-mail:info@ritouki.jp

*パスポートは帰国日まで有効なもの[有効期限2019年(平成31年)4月29日以降]が必要ですの
 で、必ずご確認願います。また催行日1ヵ月以内のキャンセルの場合、キャンセル料が発生します。

*ご注意:
 日本李登輝学校台湾研修団は観光旅行ではなく研修ですので、途中参加・途中離脱は認めていま
 せん。ただし、在住地内に台湾直行便が就航している空港がない場合、あるいは空港があっても
 空港まで相当数の時間がかかる場合、あるいは直行便が李登輝学校研修団等の開始時刻に間に合
 わない場合、または身体的な事由等で移動が困難な場合に関してはその限りではありません。

◆お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 蔡英文総統が安全保障問題で日本政府との対話意向を表明

 本日の産経新聞朝刊は、1面トップで蔡英文総統へのインタビューを伝えていて驚かされた。

 蔡英文総統は今年の1月5日、海外メディアと会見した際に、習近平・国家主席の1月2日演説を受
けて「防衛力の構築が重要政策の中でも最優先だ」と発言し、産経新聞は「その上で、『台湾の防
衛力強化に協力してくれる全ての国とともに努力したい』と述べ、米国だけでなく日本との安全保
障協力にも期待をにじませた」と報じていた。

 2月28日、総統府において産経新聞東京本社の井口文彦編集局長が行った単独インタビューでは
安全保障問題やサイバー攻撃に関して日本政府と対話したいとの意向を表明したという。

 産経新聞の1面では渡辺浩生・外信部長による「『台湾は地政学的要衝』共闘促す」という記事
も掲載されている。

 一昨年、本会の「役員・支部長訪台団」で、現在は外交部長の呉[金リ]燮・総統府秘書長とお会
いした折、呉氏が日本との安全保障対話の重要性について力説していたことを思い出す。呉氏は、
本会が「政策提言」としてこれまで日台の安全保障交流を求める「日台関係基本法の制定」などを
発表してきたことを踏まえて発言したようで、顔を紅潮させながら力説する姿はものすごい迫力が
あった。

 産経新聞のインタビューでも呉氏が同席したという。蔡総統はこの呉氏の構想もあって、日本と
安全保障問題で対話したいという意向を表明したのかもしれない。蔡総統が日本との安全保障協力
について表明したことはとても重要なことだ。このボールを安倍総理がどのように打ち返すのか、
注視したい。

◆蔡英文氏の発言詳報「中国に誤った発言させない」
 https://special.sankei.com/a/international/article/20190302/0002.html?_ga=2.65603182.1707280886.1551491422-219189170.1412288313

-------------------------------------------------------------------------------------
蔡総統 日本に安保対話要請 本紙インタビューで初明言
【産経新聞:2019年3月2日】
https://www.sankei.com/world/news/190302/wor1903020003-n1.html

【台北=田中靖人】台湾の蔡英文総統は1日までに台北市内の総統府で、産経新聞の単独取材に応
じた。蔡氏は強まる中国からの脅威を念頭に、安全保障問題やサイバー攻撃に関して日本政府と対
話したいとの意向を表明した。対話形式は「日本の考え方を尊重する」としつつも中国軍の動向に
関する即時情報の共有も含め、日本との安全保障協力に強い意欲を示した。

 蔡氏が日本との直接対話の意向を明言したのは初めて。日本と台湾の間には外交関係がなく、安
全保障に関する対話は現在、民間・学術レベルにとどまっている。蔡氏は「東アジアに位置する台
湾と日本は同じ脅威に直面している」と強調し、「安全保障協力の対話のレベルを上げることが非
常に重要だ」と日台の当局間対話を呼びかけた。

 蔡氏は「安倍晋三首相は台湾に非常に友好的で、就任以来、(日台関係で)思い切った決定をし
てきた。次の段階として安全保障対話を強化する必要がある」と述べ、安倍首相の指導力に期待を
表明。台湾や沖縄の周辺を通過して西太平洋に進出する中国の海空軍の動向に関する即時情報の共
有についても「非常に重要だ」と意欲を示した上で、「日本側には法律上の障害を克服してほし
い」と外交関係の有無を超えた日本側の対応を求めた。対話の内容については「伝統的な軍事面以
外にサイバー戦争など新たな脅威についても意見交換したい」と述べた。

 蔡氏は、ネット上の偽情報にも言及。昨年9月に関西国際空港が台風21号の影響で浸水した際、
「中国の総領事館がバスを手配し中国人を優先的に救助している」との情報がネット上に拡散し、
蔡政権の対応が批判された事案を挙げ、「一つの偽情報が台湾に大きな混乱をもたらした」と指摘
した。蔡氏は、中国の「網軍(サイバー部隊)」は昨年11月の台湾統一地方選でも、中国寄りの野
党と「協力関係にあった」と述べ、中国の選挙介入に強い警戒感を示した。その上で「台湾が今日
直面する課題は、他国も将来、直面する可能性がある」と警鐘を鳴らし、「多くの人々が台湾の経
験を参考にしようとしているが、台湾も他の国と協力して網軍の効果を抑制する必要がある」と国
際社会での一致した取り組みが必要だと訴えた。

 蔡氏は「台湾は地政学上、中国が太平洋に出入りする要衝に位置する」と強調。「台湾の安全は
世界にとって重要だ」と述べて、台湾の安全保障への国際社会の支持を呼びかけた。

 蔡氏が2020年1月の総統選への再選出馬を表明して以降、メディアの単独取材に応じるのは初め
て。取材は2月28日、産経新聞東京本社の井口文彦編集局長が行った。会見には台湾の呉●(=刊
の干を金に)燮(ご・しょうしょう)外交部長(外相に相当)らが同席した。

蔡英文(さい・えいぶん)
1956年台北市生まれ。台湾大卒業後、米コーネル大で法学修士号、英ロンドン大で法学博士号を取
得。大学教授を務めたほか、李登輝政権下で顧問として貿易交渉に関わり、2000年に行政院大陸委
員会主任委員(閣僚級)に抜擢された。04年に民主進歩党に入り、08年に野党転落後の同党主席に
就任。12年総統選で中国国民党の馬英九氏に敗れ党主席を辞任したが、14年に再び党主席に。16年
1月の総統選で当選し、同年5月に就任。18年11月に統一地方選での民進党大敗を受けて党主席を辞
任。62歳。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2019/03/08

    高尾梅郷梅まつり……3月9日、10日

    香林寺五重塔まつり(川崎市)……3月21日

    激動の幕末と練馬……3月17日迄、石神井公園ふるさと文化館にて

    「空から見る大正昭和の練馬の旅」は3月10日迄

    明治東京名所……3月19日から5月12日迄、北区飛鳥山博物館にて

    日本の路面電車 昭和20年代から50年代……3月31日迄、JICCフォトサロンにて

    まるごと神保町……前期は3月23日迄。後期は3月25日から5月25日迄、千代田図書館にて(神保町クイズラリーは3月20日迄)





    〔常設展示〕凧の博物館(東京地下鉄日本橋駅下車)……子供達が挙げる凧のうち多くを樹脂製の凧が占めるようになったのは昭和50年代頃からでしょうか。この博物館では、最近は土産物や店の飾り等以外では目にする機会が少なくなった和凧を中心に様々な凧が展示されています。様々な図柄の凧、郷土色豊かな凧が勢揃いしています。(3月8日の産経新聞東京地方面に記事が出ていました。)



    奥野かるた店(神保町)……かるたをはじめ将棋などのゲーム類を扱う「遊びごごろうきうき」の店。一口にかるたと云ってもこれだけ多くの種類があるのだなと思わされます。工夫を凝らした札の数々を見ていると楽しい気持ちにさせられます。軍人将棋のような最近では余り目にしないおもちゃも売られています。



    回顧・自決直前の三島由紀夫展……神保町の山口書店にて

     (昭和45年秋に開催された三島由紀夫の文学展に関する資料の他、三島由紀夫関連の資料が展示されています。小規模の展示です。)(この店の前代の店主さんは長い歳月をかけて三島由紀夫の年譜を作成していたそうです。もう20年ぐらい前になると思いますが、文学好きの客が店に来ると「いい本が出来たでしょう」と完成した本を満足そうに見せていた記憶があります。)

     

  • 下津井よいとこ2019/03/02

    節句の人形 特別出展 「御大礼 高御座と五節舞 美しき舞姫たち」……3月10日迄、白鹿記念酒造博物館にて

     (昭和3年に挙行された昭和天皇の御大礼を言祝いで作成された人形の数々が展示されています。御大礼での高御座、宮中の式楽などを模した飾り物や人形などが展示されています。)

    尼崎史を彩る人々……3月3日迄、尼崎市総合文化センターにて

    はにわ大行進……3月17日迄、大阪歴史博物館にて

    モダン都市大阪の記憶……4月7日迄、大阪くらしの今昔館にて

    堺と芝居……5月12日迄、堺市博物館にて

     (「むかしの暮らし ふしぎな道具の世界」は3月17日迄)



    尼崎城の公開……3月29日から



    第一敷島湯(阪神杭瀬駅の北東)……建物は大正12年築で、今となっては、全国的に見ても、現存する銭湯のなかで最古に近いのではないかと思います。近隣では昭和20年の空襲を生き延びた建物が、近年次第に少なくなってきており、その点でも貴重な建物です。内部も歴史的に貴重な、昔ながらの銭湯の情景をとどめています。五右衛門風呂のように薪で湯を焚いており、よく温まります。懐かしい温かさでしょう。銭湯が多いことでも知られる尼崎ですが、残念ながら近年数を減らしています。例えば恐らく戦前に建てられたと思われる建物で営業していた、近隣の住吉温泉が一昨年惜しまれながら廃業してしまいました。

    この第一敷島湯はこれからも長く営業して欲しいと思います。

     

      近くには、少し前迄は恐らく数百店舗が営業していたと思われる商店街があります。昭和30年代から昭和50年代頃の懐かしい様相をとどめている商店が多くあります。残念ながらここ10年ぐらいの間に、生鮮食料品の店を中心に閉店する店が相次ぎ、営業している店舗の数が減ってしまいました。然し、今でも昔懐かしく、活気の感じられる商店街です。これからも昔懐かしい商店街であり続けて欲しいと思います。魚や肉、青果、蒲鉾、漬物などの食品、衣類、雑貨、布団、書籍、文房具等々の店は無論、その他、例えば鹿児島の産品を中心に扱う店などユニークな店もあります。今や尼崎の老舗となっている豆腐屋さんやお菓子屋さんもあります。最近は以前よく見られたような喫茶店が全国的に減っていると云う話がありますが、ここの商店街では健在です。お好み焼きやたこ焼きの店が目立ちます。人気のラーメン屋さんもあります。以前、ミドリ電化一号店が入居していた店舗があり、家電店マニアには注目の場所でしょう。もとをたどると阪神電鉄が設置したのではないかと思われる店も以前一軒ありました。その他色々とあります。祝祭日には目抜き通りに沿って国旗が掲揚されます。日の丸の旗の波はなかなかの壮観です。

     近くの史跡には、寺江亭跡、明治中期に築造された神崎製紙の煉瓦塀などがあります。鉄道ファンのなかには、阪神国道線や尼崎港線、神崎製紙の引き込み線の跡をたどり、往時を偲ぶ人もいるようです。