国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3417号】 【祝】 CyberZと世新大学がスマートフォン広告のトレンド分析・共同研究で産学連携

2019/02/20

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年) 2月20日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3417]
1>> 【祝】 CyberZと世新大学がスマートフォン広告のトレンド分析・共同研究で産学連携
2>> 【祝】 金沢市の花園地区町会連合会と台南市の六甲区林鳳連合町会が「友好交流協定」を締結
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2月23日、多田恵氏を講師に「第43回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190201/

● 浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)(2)』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190124/

● 桜募金 ご協力のお願い【期間:2018年11月10日〜2019年2月28日】
 *今年も台湾に河津桜の苗木200本をお贈りします。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20181221-2/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 CyberZと世新大学がスマートフォン広告のトレンド分析・共同研究で産学連携

 日本と台湾の交流では、これまで姉妹都市などの都市間提携や鉄道提携、大学や高校の姉妹校や
学術交流などが主流でしたが、近年は企業や自治体が大学と提携する「産学連携」が目立ってきて
います。

 昨年も、JR四国と高雄の高苑科技大学(3月)、東京電力パワーグリッドと国立成功大学(6
月)、静岡県のグラウンドワーク三島と国立雲林科技大(10月)、藤枝市と遠達国際企業(10
月)、青森県と台日商務交流協進会、台北市進出口商業同業公会(12月)などが結ばれました。

 この流れは、スマートフォン広告におけるトレンドの分析・共同研究にも及び、スマートフォン
広告事業を行う株式会社CyberZと台湾の世新大学が産学連携し、台湾の文化研究や台湾向けスマー
トフォン広告におけるトレンドの分析・共同研究を開始したそうです。下記に株式会社CyberZが発
表した「プレスリリース」をご紹介します。

 ちなみに、プレスリリースにあるように、世新大学は就職に向けた実習訓練にも力を注いでい
て、西武グループや藤田観光などにも実習生を派遣しているそうです。

 なお、本誌の昨年8月18日号で、本会理事の宇井肇(うい・はじめ)氏が会長をつとめる「日光
日台親善協会」が台湾・台南市にある長栄大学応用日本語学科の学生10人の実習を初めて受け入
れ、日光総業(宇井貴彦代表取締役社長)が経営するレストラン「明治の館」などで接客業務に当
たっていることを報じましたが、2月19日に日光総業と長栄大学は「産学連携協定」を締結したそ
うです。詳細が分かり次第、本誌で紹介します。

-------------------------------------------------------------------------------------

CyberZ、台湾の世新大学と産学連携を開始
【株式会社CyberZ「プレスリリース」:2019年2月19日】
https://cyber-z.co.jp/news/pressreleases/2019/0219_7136.html

 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上
場:証券コード4751)の連結子会社でスマートフォン広告事業を行う株式会社CyberZ(本社:東京
都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、海外プロモーションに特化したクリエイティブ組織
「グローバルクリエイティブ本部」を11月に新設し、台湾の世新大学と産学連携を開始いたしました。 

 「グローバルクリエイティブ本部」は、日本の本社を含むサンフランシスコ、韓国、台湾等の現
地拠点において、最適なクリエイティブの制作および効率的な運用を目的に、現地法人との業務提
携や新しいクリエイティブツールの開発を行っております。

 近年、海外インターネット広告市場の成長に伴い、企業における海外広告の活用が広がってお
り、国ごとに合わせたクリエイティブと高品質な海外広告制作の需要が高まっています。

 このような背景のもと、「グローバルクリエイティブ本部」では世新大学の大学院生とともに、
台湾の文化研究や台湾向けスマートフォン広告におけるトレンドの分析・共同研究を開始いたしま
した。本研究により、台湾および中華圏におけるプロモーション提案の幅を拡大し、より質の高い
広告クリエイティブの制作と、地域に特化したプロダクト開発の変革を目指してまいります。

 当社は創業以来スマートフォン広告事業の発展に従事しておりますが、各国の文化やトレンドに
合わせたクオリティの高い海外広告の制作ならびにナレッジ構築から検証までを行い、クリエイ
ティブ分野で大学・機関と産学連携し研究を進めております。今後も海外展開を考える企業へのプ
ロモーション提案や効果向上への寄与を目指すとともに、さらなる広告効果の最適化に努めてまい
ります。 

■世新大学について

 世新大学は、1997年にジャーナリストの専門学校として設立された、台北市に本部を置く台湾の
私立総合大学です。現在は4 学部、19 学科、23 大学院を構え、約12,000人の学生が在籍してお
り、台湾では「メディア」分野において知名度が高く、メディア産業合作や産業発展の寄与に注力
しております。また、「メディア産業」の競争力を高めるため、台湾大企業と政府部門と協働し、
データ分析など研究を行っております。2018年には、企業が選ぶ「入社してほしい出身大学院ラン
キング」で一位に選ばれる等、就職に向けた実習訓練にも注力している大学です。

■CyberZグローバルクリエイティブ本部について

 グローバルクリエイティブ本部は、株式会社CyberZの広告代理事業におけるグローバルプロモー
ションに特化した2018年11月設立のクリエイティブ組織です。米国・韓国・台湾支社現地のディレ
クターやデザイナーと日本本社のデザイナーから構成され、日本・米国・韓国・台湾だけでなく、
シンガポール・タイ・ヨーロッパなど世界各国に向けたグローバルプロモーションが可能となりま
した。また、最適なクリエイティブの制作および効率的な運用を目的に、現地法人との業務提携や
新しいクリエイティブツールの開発を行っております。

■ CyberZについて http://cyber-z.co.jp/

 スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシ
スコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が
提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で
初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」
や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。
また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営しており、
2015年からeスポーツ大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。

■ 会社概要

社名       株式会社CyberZ
      東京本社 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
代表者     代表取締役社長 山内隆裕
事業内容   スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業、eスポーツ事業

■ 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社CyberZ  広報担当:北村
E-mail: press@cyber-z.co.jp  Tel:03-5459-6276   Fax:03-5428-2318

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 金沢市の花園地区町会連合会と台南市の六甲区林鳳連合町会が「友好交流協定」を締結

 日台間の姉妹都市や友好都市などの都市間協定は1979年10月の青森県大間町と雲林県虎尾鎮の
「姉妹町」締結に始まっています。本会の調査によると、昨年11月の長野県駒ケ根市と台中市の
「観光・教育交流協力協定」まで87件あり、レベルは都道府県や市町村まででした。

 しかし、2月16日、八田與一技師を縁として、金沢市の花園地区町会連合会と台南市の六甲区林
鳳連合町会が「友好交流協定」を締結。町内会レベルの日台の自治体提携は初めてのことかもしれ
ません。町内会レベルの提携は、日台間の交流レベルの深化を現しているようです。下記に「北國
新聞」の記事をご紹介します。

◆日本李登輝友の会HP:日台姉妹交流(1979年10月10日〜2018年11月4日)
 http://www.ritouki.jp/index.php/activity/sister-city/

-------------------------------------------------------------------------------------

台湾での協定締結報告 八田技師が縁、金沢・花園 
【北國新聞:2019年2月20日】
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190220104.htm

 金沢市の花園地区町会連合会の中村登会長ら5人は19日、市役所に山野之義市長を訪ね、台湾・
台南市の六甲区林鳳(りんほう)連合町会と16日に友好交流協定を結んだことを報告した。台湾の
水利事業に尽力した八田與一(よいち)技師を縁に、芸術文化や教育分野などで交流を深め、相互
の農業技術向上にも努める。

 林鳳連合町会は技師が建設した烏山頭(うさんとう)ダムの麓に位置し、技師の顕彰活動に取り
組んでいる。

 中村会長は花園校下の20人で15〜18日に現地を訪れた際、盛大な歓迎を受けたことに触れ、「八
田技師がずっと顕彰されてきたから今も交流ができると強く感じた」と述べた。林鳳連合町会が来
年、花園地区を訪問する計画であることも説明し、さらなる交流へ意欲を語った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。