国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3407号】 李登輝にとっての「政治の先生」とは?  早川 友久(李登輝元台湾総統秘書)

2019/02/07

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年) 2月7日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3407]
1>> 李登輝にとっての「政治の先生」とは?  早川 友久(李登輝元台湾総統秘書)
2>> 北九州空港の利用者は台湾線就航で急伸し開港初の170万人を突破!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2月23日、多田恵氏を講師に「第43回台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)(2)』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190124/

● 桜募金 ご協力のお願い【期間:2018年11月10日〜2019年2月28日】
 *今年も台湾に河津桜の苗木200本をお贈りします。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20181221-2/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:1月1日〜6月30日】  
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝にとっての「政治の先生」とは?  早川 友久(李登輝元台湾総統秘書)

【WEDGE infinity「日本人秘書が明かす李登輝元総統の知られざる素顔」:2019年2月7日】
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/15283

 李登輝が進めた台湾の民主化の陰には、日本教育によって培われた、揺るぎない信念と「公」の
ために尽くさなければならないという日本精神の存在があったことはこれまで書いてきた通りだ。
(連載:日本人秘書が明かす李登輝元総統の知られざる素顔)

 とはいえ、日本教育によって培われた李登輝の日本精神だけで台湾の民主化が成功したかという
と、そこには疑問が残る。台湾の人々に民主主義と自由を経験させたかった、という李登輝だった
が、自分の信念を貫くだけで民主化が推進できるほど甘くない。なにせ、相手は戦後50年近くにわ
たって台湾を牛耳ってきた独裁政権の国民党なのだ。

◆「金」でみんなに辞めてもらった

 党内には長年にわたって累積してきた様々な既得権益があった。その最も代表的なものが国民大
会の議席である。国民大会は、五院(中華民国は五権分立)の上に置かれ、政府を監督するととも
に、憲法改正などの権限を持つとされていた。中華民国は1912年に中国大陸で成立していたから、
国民大会には中国各省から数名ずつの国民代表が選出された。

 第二次世界大戦が終わり、再び国共内戦に突入した中華民国は敗れ、国家ぐるみで台湾へ移転し
てきたものの、「中華民国と中華人民共和国は未だに内戦中である」というレトリックのもと、
「動員戡乱時期臨時条款」を公布、憲法を停止して国家総動員で「中国大陸を取り戻す」と息巻い
ていたのだ。

 そのため、戦後数十年にもわたって国民代表は改選されることもなく、同じ人間が居座る事態が
続いた。憲法が停止されている非常事態なのだから、選挙も行われないわけだ。彼らは「万年議
員」と呼ばれ、高額の禄を食み、特権を享受する姿勢に批判が高まっていた。

 台湾の民主化に着手するにあたって、総統の李登輝がまず手をつけたのが「動員戡乱時期臨時条
款」の撤廃と国民代表の退任だった。「動員戡乱時期臨時条款」は、中華民国こそが中国の正統政
府であり、中華人民共和国は「反乱団体」だと規定するものであったから、まず李登輝はこれを撤
廃するよう国民大会に働きかけた。いくら総統といえども、国民大会が制定したものは国民大会で
なければ撤廃させられない。民主化を念頭においた李登輝はここで法治主義的な手続きを重視した
のだ。

 続いては、国民大会代表の退任である。李登輝は国民代表のひとりひとりを自宅に訪ね、「どう
か国家のために国民代表を辞めてくれないか」と頼んでまわった。総統自らやって来て頭を下げる
ことに気をよくしない人間はいない。

 それに加えて、当時としても破格の退職金と、高利の年金待遇を約束して、全員が退任すること
に同意してくれた。今でも李登輝は当時を思い出して笑う。「あの頃は国民党にはまだ金がたくさ
んあった。その金でみんなに辞めてもらったわけだ」。ここには、李登輝の現実主義的な一面が透
けて見える。金でカタがつくのであれば、長々と話し合いをして時間を無駄にせず、一気に解決し
てしまおうという考え方だ。これによって、国民大会は改選が可能となり、健全な民主主義の土壌
がならされたのである。

◆李登輝が「中国人の考え方」を学んだ場所

 こうした一連の民主改革を行うには、党内部の批判をかわすべく、細心の注意を払いながら進め
ていかなければならない。それには、中国人の発想や思考を理解していなければならない。李登輝
はそれをどこで学んだのだろうか。

 それは李登輝曰く「蒋経国学校」であった。そもそも農業経済学の若きスペシャリストとして政
治の世界に入った李登輝は、もちろん政治経験はゼロである。そんな李登輝に対し、蒋経国は、李
の職掌と関係ないような会議であっても「出席するように」と言い渡した。李登輝は会議の前に資
料を見ながら、その結論を予想する。学術的に考えればこういう政策になるだろう、と予め考えな
がら会議に臨んだのだ。

 ところが、会議はいつも李登輝の予想とは異なる結果となった。そんなことが何度も続き、蒋経
国の発言を注意深く聞いていた李登輝は、ハタと気付く。蒋経国は、普通に考えればAという結論
になるところを、政治的な様々な条件を加味してBという結論を導いていた。つまり、学術的には
Aという結論が正解でも、政治的にはBが正解なのだ。政治は、議論に勝てば終わりではなく、あ
らゆる人々の利益を最大公約数的に実現させなければならないということを学ぶとともに、中国人
を如何にしてコントロールしていくかを身につけたのが、まさにこの蒋経国学校だったのである。

◆「党の軍隊」を「国家の軍隊」に

 民主化に着手した李登輝は、政権人事においても人々が驚くようなことをしてのけた。蒋介石や
宋美齢といった国民党中枢に近く、これまでずっと軍部を掌握して来た参謀総長の●柏村を国防部
長(国防大臣)に抜擢しただけでなく、次の組閣ではなんと行政院長(首相に相当)に昇格させた
のである。(●=都の者が赤)

 ●柏村の横暴ぶりはもちろん台湾社会でも批判の的だった。その人物を国防部長どころか、内政
の要である行政院長に据えるとは、初の台湾人総統となった李登輝に期待した市井の人々からみれ
ば「李登輝、お前もか」という心境だっただろう。組閣人事が発表された翌日、ある新聞は社説に
ただ「無言」という文言だけを掲載して抗議の意を表した。開いた口がふさがらない、ということ
であろう。

 ところが李登輝の真意は違った。李登輝が設定した大きな目標は「これまで党の軍隊だったもの
を、国家の軍隊に変えなければならない」であった。●柏村は故蒋介石総統の夫人だった宋美齢の
寵愛をかさに、三軍をいいように牛耳っていた。そこで李登輝はまず、●柏村を国防部長に抜擢した。

 国防部長は出世ではあるものの、軍の現場とは離れる。李登輝によれば「軍事会議がどうの、戦
術がどうの、と言っているよりも、書類にハンコをつくのが国防部長の仕事」なのだそうだ。

 このとき、宋美齢は李登輝をわざわざ訪ねて「台湾海峡がきな臭いこの時期に、●柏村を参謀総
長から外すのはやめてくれ」と懇願している。宋美齢からすれば夫の蒋介石亡き今、軍部を掌握す
る●柏村の存在こそ「党への影響力の源」だったのではあるまいか。これを李登輝は一蹴してい
る。今日でもそのことを振り返るとき、李登輝は憤りを隠さずに言う。「いくら元総統の夫人だと
言ったって、なんら権限などないんだ。そんな人間がクチバシを挟んでくる。時代遅れな発想だなぁ」。

 李登輝はさらに●柏村を行政院長へ大抜擢した。これは●柏村からすれば「痛し痒し」だっただ
ろう。大出世には違いないが、ますます軍の現場から遠ざかる。これは李登輝がそれまで学んだ中
国人の操縦法を使ったものだ。「中国人は出世が嬉しくてたまらない。でも軍からは離れるし、軍
事会議にも出られない。嬉しい反面、●柏村の軍に対する影響力はますます小さくなっていったん
だ」。

 それからまもなく、立法院(国会)が改選されることになった。新しく成立した立法院は、総統
の指名による行政院長を任命しなければならないが、李登輝は●柏村を行政院長に指名しなかっ
た。指名しなければ行政院長に居座るわけにはいかない。官邸で「次はあなたを行政院長には指名
しない」と告げた際、●柏村は顔を真っ赤にして怒り狂ったそうだ。

 こうして、軍部を自らの支配下に置き、牛耳っていた●柏村は、出世することで軍部から離さ
れ、最終的には牙を抜かれるが如く、その影響力を奪われた。軍では民主的な人事が行われるよう
になった。こうして李登輝が設定した「党の軍隊を国家の軍隊にする」という目標が実現したわけ
である。

◆李登輝にとっての「政治の先生」

 李登輝が民主化を進めたその信念の基礎には、日本教育による「公のために尽くす」という日本
精神があった。しかし、それだけで猪突猛進に民主化を進めただけでは、国民党の抵抗勢力に遭
い、志半ばで挫折していただろう。

 日本精神とともに、中国人を如何にしてコントロールするか、権謀術数を学んだ蒋経国学校の存
在が、台湾民主化の成功のカギであったといえる。李登輝は今でも蒋経国を「政治の先生」と呼
び、尊敬していることがその発言からもうかがえる。

 もちろん蒋経国はその評価において負の面もあることは事実だ。しかし、李登輝にとって、蒋経
国の教えがなければ、あの国民党内部にあって批判をかわし、民主化を進めることはできなかった
という思いもあるだろう。そうした意味で、李登輝が民主化においてその手腕を存分に発揮できた
裏には、蒋経国総統の存在も大きいのだ。

               ◇     ◇     ◇

早川友久(はやかわ・ともひさ)
1977年(昭和52年)6月、栃木県足利市生まれ。現在、台湾・台北市在住。早稲田大学人間科学部
卒業後、金美齢事務所の秘書として活動。2008年に台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在
学中に3度の李登輝訪日団スタッフとしてメディア対応や撮影スタッフを担当。2012年12月、李登
輝元総統の指名により李登輝総統事務所秘書に就任。共著に『誇りあれ、日本よ─李登輝・沖縄訪
問全記録』『日本人、台湾を拓く。』など。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 北九州空港の利用者は台湾線就航で急伸し開港初の170万人を突破!

 1月16日、日本政府観光局(JNTO)は「訪日外客数(2018 年12 月および年間推計値)」を発表
し「2018 年の訪日外客数は、前年比8.7%増の3,119 万2 千人で、JNTO が統計を取り始めた1964 
年以降、最多となった」という。

 本誌の昨日号に掲載した傳田晴久氏「なぜ『反核災食品公投』は成立したのか」の編集部註でも
お伝えしたように、台湾からの来日者数は伸び続けている。日本政府観光局の統計によれば、過去
5年間の台湾からの来日者数は下記のようになっている。

 2014年:282万9,821人(前年比:61万9,000人増)
 2015年:367万7,075人(前年比:84万7,254人増)
 2016年:416万7,512人(前年比:49万0,437人増)
 2017年:456万4,053人(前年比:39万6,541人増)
 2018年:475万7,300人(前年比:19万3,247人増)

 確かに、この5年間の来日者数ベスト3で台湾は常に3位で、昨年の中国は838万100人、韓国は753
万9,000人と1位、2位を占める。

 しかし、中国は13億8000万人(推計)、韓国は5,182万人、台湾は2,354万人の人口だ。来日者数
の人口比は中国は0.6%、韓国は1.4%、そして台湾は20.2%と、人口数からすれば台湾がダントツ
の1位だ。

 台湾からの来日者数や日本からの訪台者がもっと増える見込みだ。

 例えば、名古屋の中部空港は現在、台湾便は月曜と金曜は1日1便、それ以外は1日2便の週12便を
運航しているが、3月31日から始まる夏スケジュールより、1日2便体制に増便する。

 また秋田空港も、3月30日から台湾へはチャーター便から定期チャーター便化され、すでに今月
から週2往復のチャーター便が運航しているなど、いずれの空港も台湾線の増便をはかっている。

 北九州空港も昨年10月に台湾線が就航し、これによって国際線は18・3%増の32万5252人とな
り、国内線・国際線は174万9962人の利用者となって「開港以来初めて」170万人を突破したそう
だ。下記に西日本新聞の記事をご紹介したい。

 来日者数の増加を牽引する台湾。その背景に、姉妹都市や姉妹鉄道などの締結の急増や修学旅行
生の急増などがある。

-------------------------------------------------------------------------------------
北九州空港170万人突破 昨年の旅客数、過去最高に 前年比6.8%増、台湾線就航で急伸
【西日本新聞:2019年2月6日】

 国土交通省大阪航空局は4日、2018年の管内空港の利用状況(速報値)を発表した。北九州空港
の旅客数は、過去最高の174万9962人となった。市空港企画課によると、170万人を突破したのは06
年3月の開港以来初めてとみられる。前年比では6・8%増で、離島を除く九州の空港で最も高い伸
び率となった。特に昨年10月に台湾線が就航した国際線は、18・3%増の32万5252人だった。

 北九州空港の国際定期便は現在、6路線が運航。旅客数は増加傾向にある。市内を訪れる訪日客
数も、17年まで6年連続で増加している。国内線も4・5%増と好調。市空港企画課は好景気を背景
に、出張客の東京線の利用が増えているためと見ている。

 昨年6月にANAグループが専用定期便を就航させた国際線貨物の取扱量は367万1019キロと、前
年比147・3%の大幅増になった。国内線貨物も9%増加した。

 九州の他の空港の旅客数は、前年比で福岡3・5%増▽佐賀2・7%増▽長崎2%増▽熊本3・2%増
─などだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。