国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3405号】 蔡英文総統が新年挨拶のため李登輝元総統をご自宅に訪問

2019/02/05

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年) 2月5日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3405]
1>> 蔡英文総統が新年挨拶のため李登輝元総統をご自宅に訪問
2>> エルサルバドル新大統領に断交した台湾と外交関係を結び直すと主張の候補が当確
3>> 【訃報】 入江修正・日本媽祖会名誉会長が逝去
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2月23日、多田恵氏を講師に「第43回台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)(2)』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190124/

● 桜募金 ご協力のお願い【期間:2018年11月10日〜2019年2月28日】
 *今年も台湾に河津桜の苗木200本をお贈りします。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20181221-2/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 蔡英文総統が新年挨拶のため李登輝元総統をご自宅に訪問

 台湾は2月5日の春節(旧正月)を盛大に祝う。今年は2日から10日まで9日間の大型連休となって
いる。この間、蔡英文総統は忙しい。5日から8日まで、台湾を縦断するように、台北市の覚修宮か
ら南は屏東県枋山郷の徳隆宮まで各地の廟を参拝しつつ新年の挨拶に出掛ける「春節參香」を行う
そうだ。

 フェイスブックなどを通じて春節談話を発表した3日は、新年挨拶のため1月31日に2ヵ月ぶりに
退院された李登輝元総統をご自宅に訪ねている。中央通信社の記事を下記にご紹介したい。

 退院された李元総統の姿が公開されるのは初めてで、厚手のガウンを羽織って椅子に座る李元総
統は曾文恵夫人の手を握られ、その後に、蔡英文総統が佇んでいる。写真を見る限り李元総統の顔
色はよく、本復されたように見受けられる。

-------------------------------------------------------------------------------------
蔡総統、退院した李登輝元総統を訪問 健康願う
【中央通信社:2019年2月4日】

http://japan.cna.com.tw/news/apol/201902040003.aspx
写真:退院後初めて姿を公開した李登輝元総統(右)と曽文恵夫人(左)、蔡英文総統(総統府提供)

 (台北 4日 中央社)蔡英文総統は3日午後、先月末に退院した李登輝元総統の自宅を訪ね、旧暦
新年のあいさつをした。総統府が4日、蔡総統と李氏、曽文恵夫人の3人が一緒に写った記念写真を
公開した。退院後の李氏の姿が公にされるのは初めて。 

 総統府によると、蔡総統は李氏と夫人の元気な様子に喜びを示し、2人が健康で平穏な一年を過
ごせるよう祝福の言葉を送ったという。 

 李氏は昨年11月29日、台北市内の自宅で転倒した際に額を床に打ち付けて右目上部を負傷するな
どし、救急車で市内の病院に搬送された。脳にわずかな出血が見つかり、当初は集中治療室(ICU)
に入院していたが、後に一般病棟に移り、歩行や嚥下などのリハビリに励んでいた。2カ月余りの
入院生活を終え、先月31日に退院した。 

                                   (編集:名切千絵)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> エルサルバドル新大統領に断交した台湾と外交関係を結び直すと主張の候補が当確

 蔡英文氏が台湾総統に就任以降、中国の習近平政権は台湾と国交を結ぶ国々に巨額の経済支援を
持ちかけて切り崩し、国交を断絶させたのは5ヵ国(2016年12月:サントメ・プリシンペ、2017年6
月:パナマ共和国、2018年5月:ドミニカ共和国、5月:ブルキナファソ、2018年8月:エルサルバ
ドル共和国)に及び、現在、国交を結んでいるのは17ヵ国となっている。

 エルサルバドルはラ・ウニオン港開発計画への支援を名目として、双方が債務危機に陥るほど多
額の資金援助を台湾に求め、かつエルサルバドルの政権与党は大統領選で大幅に後れを取っていた
ことから、台湾に対して選挙資金の援助も求めるなど、常識外の要求を突き付けていた。

 台湾が応じなかったのは当然で、そこにつけ込んだのが中国だ。台湾と断交させるだけでなく、
港の確保もはかることで、米国の裏庭ともいうべきエルサルバドルを利用して米国を牽制しようと
した。

 これに対して米国は危機感をつのらせ、国務省は深い遺憾とともに、エルサルバドルとの関係を
見直すと表明。さらには台湾と断交したドミニカ、エルサルバドル、パナマから大使を召還し、一
時的に外交を断絶させることを相手国に通告し、断交も辞さないとする強い抗議の姿勢を示した。

 また、議会側も「台湾に不利となる行動をとった国に対し、外交関係のレベルの引き下げや、軍
事的融資などの支援の一時停止または変更などの措置をとる権限を米国務省に与える」という内容
の法案「「台北法」を提出している。

 一方、エルサルバドルの大統領選挙では、台湾に大統領選の資金を要求した与党が敗北し、現政
権が進めた中国との国交正常化を見直し、断交した台湾と外交関係を結び直すと主張した候補者が
当選した。朝日新聞がつたえているので下記に紹介したい。

 新大統領の就任は6月1日だという。果たして台湾とエルサルバドルとの国交回復はあるのか、親
中派の一角が崩れた中米の今後の動向に注目したい。

-------------------------------------------------------------------------------------
台湾との復交主張、エルサルバドル大統領にブケレ氏当確
【朝日新聞:2019年2月4日】

 米国への移民キャラバンの出発地の一つとなった中米エルサルバドルで3日、サルバドル・サン
チェスセレン大統領の任期満了に伴う大統領選があった。選挙管理当局によると、野党の中道右
派、「国民統合のための大連合(GANA)」の前サンサルバドル市長ナジブ・ブケレ氏(37)が
当選を確実にした。任期は6月1日から5年間。

 選挙管理当局の速報値によると、投票率は約47%。開票率99%の段階でブケレ氏が53%を獲得
し、第1回投票で当選に必要な過半数を確実にした。

 ブケレ氏は、現政権が進めた中国との国交正常化を見直し、断交した台湾と外交関係を結び直す
と主張。ベネズエラ問題では、反マドゥロ派のグアイド国会議長を支持するとしている。

 ブケレ氏は勝利宣言で、「内戦後の歴史が変わった。2大政党に対する勝利に、全国民を招く」
と語った。

 同国では1992年の内戦終結以来、右派の野党・国民共和同盟(ARENA)と左派の与党・ファ
ラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)の2大政党が政権を担ってきたが、ARENAの候
補は31%、FMLNの候補は14%と及ばなかった。

 今回の大統領選には4人が立候補。治安悪化や貧困対策、政治不信などが争点となる中、ブケレ
氏は、2大政党は問題を解決できなかったとしてSNSを活用し「変革の候補」としてアピール。
汚職対策なども訴え、支持を広げた。国会では少数与党のため、他党との連携が課題だ。(サンパ
ウロ=岡田玄)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【訃報】 入江修正・日本媽祖会名誉会長が逝去

 去る1月30日、入江修正(いりえ・のぶまさ)日本媽祖会名誉会長が亡くなられました。享年96。

 入江氏は1980年(昭和55年)に設立された日本媽祖会の初代会長をつとめ、媽祖聖徳の高揚と台
日文化友好交流活動を積極的に行なわれておりました。

 媽祖信仰の本山の北港朝天宮が1979年に箱根の観音福寿院というお寺に媽祖像を贈っていて、
1991年に李登輝元総統が観音福寿院に「聖徳東傳」という扁額を贈られたことがあり、日本媽祖会
が開いたその記念式典に総統のご名代としてご尊父の李金龍氏が臨席されたということもありました。

 2007年には東京都江戸川区小岩に「東京朝天宮」を開廟、同年12月20日、総本山の北港朝天宮よ
り媽祖像を同地に迎えて安置されました。

 毎年7月、青森県大間町で開かれている媽祖を合祀する大間稲荷神社の天妃祭にも日本媽祖会と
して役員とともに参加、本会青森県支部とも交流していました。

 本会が2002年(平成14年)に設立されると同時に理事に就任、2017年(平成29年)までつとめて
いただくなど、本会活動にもご尽力いただきました。これまでのご恩顧に心から感謝申し上げ、謹
んで哀悼の意を表します。

 下記に通夜・葬儀についてご案内申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------------

・通 夜:平成31年2月6日(水)18時より

・葬 儀:平成31年2月7日(木)10時〜11時

・喪 主:入江修充氏(ご長男)

・会 場:与野ホール 2階
     〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合1064
     TEL:048-832-3311 FAX:048-832-3366
          【交通】JR与野駅(西口)徒歩1分

*問い合わせ、供花物のご注文は下記までお願いします。

 葬儀社:株式会社 セレモニー
     TEL:048-832-3311 FAX:048-832-3366
     http://www.sougi.info/saitama/saitama-shi/yonohall

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。