国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3385号】 入院中の李登輝元総統の容体は安定 嚥下訓練や歩行練習などリハビリ

2019/01/10

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成31年(2019年)1月10日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3385]
1>> 入院中の李登輝元総統の容体は安定 嚥下訓練や歩行練習などリハビリ
2>> 台湾との軍事衝突にじませる中国、海峡危機の再来あるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 1月19日、石川公弘氏が台湾少年工をテーマに「台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20190109/

● 「世界花博と台湾中部を楽しむ旅」のお申し込み【締切:1月31日】
  https://goo.gl/z3pmUP
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20181221/

● 桜募金 ご協力のお願い【期間:2018年11月10日〜2019年2月28日】
 *今年も台湾に河津桜の苗木200本をお贈りします。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20181221-2/

● 2018年・台湾向け「りんご」お申し込み【締切:1月15日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018ringo/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第18期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

◆台湾の高級調味料「XO醤」は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承
 のほどお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 入院中の李登輝元総統の容体は安定 嚥下訓練や歩行練習などリハビリ

 11月29日に自宅で転倒し、額や鼻などを打って緊急入院された李登輝元総統は、集中治療室で約
2週間の治療後、12月11日に一般病棟に移り、薬の量も入院前の水準に戻ったというニュースが12
月17日に報じられました。

 しかし、それ以降途絶えていましたのでいささか心配していましたが、昨日、中央通信社が「病
院側は9日、容体は安定していると説明した。一般病棟で経過を観察しており、医療チームは李氏
に嚥下や歩く練習などのリハビリを毎日促している」と伝えています。

 李元総統は1月15日がお誕生日。1923年(大正12年)生まれですので、満96歳となります。92歳
だった2015年7月にご来日の折には仙台で仙台牛を、翌年の石垣島ご訪問の折には石垣牛を食べる
ことを無上の楽しみにするほどの頑健なお身体。

 その上「あと5年は台湾のために力を尽くす」と公言されていましたので、リハビリは辛いもの
ですが、その強靭な「台湾魂」を発揮して乗り越えて欲しいものです。

-------------------------------------------------------------------------------------
李登輝氏、入院から1カ月余り 一般病棟で経過観察中、リハビリも
【中央通信社:2019年1月9日】

 (台北 9日 中央社)自宅で頭を打って入院してから1カ月余りが経った李登輝元総統について、
病院側は9日、容体は安定していると説明した。一般病棟で経過を観察しており、医療チームは李
氏に嚥下や歩く練習などのリハビリを毎日促しているという。元の生活に戻れることを目標とし、
完全に問題ないと医療チームが判断してから退院時期を検討するとしている。 

 李氏は昨年11月末、自宅で転倒して額を床に打ち付け、右目上部にけがを負うなどした。台北栄
民総医院(台北市)に救急車で搬送され、神経外科の集中治療室(ICU)に入院。検査で脳にわず
かな出血が見つかった。先月5日までにリハビリを開始し、同11日に一般病棟に移った。李登輝基
金会は先月中旬、李氏の退院について、筋力低下や嚥下障害の回復を待つ必要があると説明していた。 
                                (張茗喧/編集:楊千慧)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾との軍事衝突にじませる中国、海峡危機の再来あるか

 1月2日の習近平・中国国家主席の「一つの中国」原則を前提に、92年コンセンサスを堅持するこ
とによる「一国二制度」に基づく台湾統一演説は大きな波紋を起こしている。

 ロンドンに本社を置く通信社「ロイタ」ーのコラムニスト、Peter Apps(ピーター・アプリ)
は、慎重な筆致ながら、この演説は「中国が依然として軍事力の誇示が台湾に圧力をかける最善の
方法と考えていることを示している」と述べ「台湾を制圧しようと思えばいつでもできる力がある
ということを示したがっている」とも述べる。

 しかし、武力による台湾侵攻は、台湾が後盾とする米国との衝突を避けられず、「台湾を支配し
ようとする中国の欲望」すなわち中国の「領土的な野心」を露にしたこの習演説は「戦争が起きる
可能性を高めるものだ」と指摘し、台湾海峡の危機は中国がもたらすと剔抉している。下記にその
全文を紹介したい。

-------------------------------------------------------------------------------------
台湾との軍事衝突にじませる中国、海峡危機の再来あるか

【ロイター:2018年1月8日】

[7日 ロイター] - 中国の無人探査機が月の裏側に着陸したというニュースが世界を駆け巡った
新年、中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は1日の社説で、「戦争準備」が2019年の最優先課題
であるべきだと表明した。翌2日、今度は習近平・国家主席が演説で、軍事衝突の対象としてどこ
が中国の念頭にあるかを強力な形で示した。台湾である、と。

 中国指導部は長年、台湾をならず者の省とみなし、支配下に置くことを共産党と軍の名誉に関わ
る問題と位置付けてきた。 

 習主席は2日の演説で、この「問題」を次世代に持ち越すことはできないと表明。「平和的統
一」を強調する一方で、中国政府には必要とあれば武力を行使する権利があると述べた。香港のよ
うな「一国二制度」の形ですら、中国に取り込まれることに強く反対する人々が多い台湾は、この
演説に反発した 

◆中国の戦争はベトナム以来 

 習氏の演説には、衝突が近いと中国側が考えていることを示唆するものは何もなかった。だが、
平和的「再統一」を支持する習氏の発言には、「武力使用の放棄は約束しないし、全ての必要な措
置を取る選択肢を維持する」という文言も含まれていた。 

 これは、短期間のうちに中国側が撤退して終わった1979年のベトナムとの戦争以降、外国と戦っ
たことがない国にとってはリスクの大きい一手となるだろう。台湾独立を支持しないまでも、台北
と「強力な非公式の関係」(米国務省)を維持する米政府との衝突も避けられなくなる。 

 中国が台湾侵攻を成功させるには、米国が介入してくることを抑止するか、アジア太平洋地域の
駐留米軍を打ち負かすと同時に、他国軍が台湾周辺の海空域に入ることを阻止しなくてはならない
と、多くの軍事アナリストは指摘する。 

 今の中国にその力はないかもしれないが、軍事力を増強し続けており、将来にわたってその状態
が続くかどうかは分からない。少なくとも人民解放軍は、米軍の介入を阻止しつつ、領土を奪い取
る戦略を中心とした戦争の可能性を考えるようになっている。 

 中国軍は、台湾制圧を念頭に置いた装備体系を中心に増強している。強襲部隊を運ぶ揚陸艦のほ
か、米軍が空母などの戦力を戦闘領域に投入できないようにするミサイルの整備に重点を置いている。

 こうした兵器がどの程度有効かという議論はさておき、台湾、さらに中国が領有権を主張する南
シナ海の島々を巡る武力衝突では中心的な役割を果たすだろう。 

 一連の動きは、地政学的な示威行動の色合いが濃い。中国政府はこの半世紀、台湾が事実上の独
立国として振る舞うことを阻止できていないが、台湾が独立を宣言することは何としても防ごうと
している。 

 台湾周辺に軍艦や戦闘機を展開するなど、強硬な行動を拡大させているのは、独立を問う住民投
票の実施は戦争になるというメッセージを台湾指導部に送るためと言える。また、大国への地歩を
固める中で、中国は世界に対し、台湾を制圧しようと思えばいつでもできる力があるということを
示したがっている。 

◆台湾も国防予算を増加 

 台湾の内政状況も要素の1つだ。台湾の当局者は昨年11月の統一地方選前、中国がロシアのよう
な選挙介入を行い、蔡英文総統率いる独立派の民進党(DPP)への支持を切り崩そうとしたと主
張した。この選挙で民進党の勢力は大きく後退し、中国寄りの野党・国民党が躍進した。 

 だが、習主席の2日の発言は、中国が依然として軍事力の誇示が台湾に圧力をかける最善の方法
と考えていることを示している。 

 台湾を軍事的に制圧する作戦は単純ではない。中国軍が約180キロにわたる台湾海峡を越えよう
とすれば、台湾軍の近代化されたミサイル、機雷、そして潜水艦や航空戦力の攻撃にさらされるこ
とになる。人口密度が高い台湾の市街地や、密林に覆われた山々は、ゲリラ戦にはうってつけだ。
多数の死者を出しながら台湾侵攻に失敗すれば、国際的に大恥をかくだけでなく、習主席は政治的
に危機に陥るだろう。 

 台湾側は明らかに、簡単にやられる相手ではないことを中国に理解させたがっている。台湾は20
19年の国防費を、前年比6%増の110憶ドル(約1兆2000億円)とした。大部分を米国製や国産の最
新鋭装備の調達に充てる。台湾は2日、侵攻してくる中国軍に大きなダメージを与える国産の最新
型対艦ミサイルを公開した。 

 米中いずれも、軍事力を誇示するのは当面台湾海峡に限られるだろう。米海軍は昨年、軍艦数隻
に台湾海峡を通過させ、「自由で開かれたインド太平洋」に対する米国の関与を示したものだと説
明した。クリントン政権は1996年の台湾海峡危機の際、空母2隻を派遣した。今も同様の行動を取
るべきと主張する向きがあるが、そうなれば中国側を激怒させるだろう。 

 中国は月に手を伸ばしているが、習氏の演説をみれば、同国の領土的な野心がもっと身近にある
ことが分かる。中国政府が台湾攻撃に乗り出すつもりがなかったとしても、習主席の発言は、いず
れ戦争が起きる可能性を高めるものだ。

 大国間の紛争リスクが年々高まる今、台湾を支配しようとする中国の欲望は発火点になるかもし
れない。 

*筆者はロイターのコラムニスト。
*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。