国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3339号】 11月10日、本会秋田県支部が設立 川村純彦・副会長などを招いて記念講演会

2018/11/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年)11月6日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3339]
1>> 11月10日、本会秋田県支部が設立 川村純彦・副会長などを招いて記念講演会
2>> 11月23日、李登輝学校日本校友会が靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」
3>> 11月24日、山本厚秀・本会理事が瀧野平四郎をテーマに「第41回台湾セミナー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● パイナップルケーキの入荷は11月12日を予定  *new
  パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑とご不便をおかけしていましたが、11月12日(月)に
  入荷してくる予定です。

● DVD「2018年李登輝元総統沖縄ご訪問」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20181020/

● 11月23日、靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」お申し込み
  https://goo.gl/YLbmyj
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20181022/

● 11月24日、山本厚秀氏が瀧野平四郎をテーマに「第41回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/201081018/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第17期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 11月10日、本会秋田県支部が設立 川村純彦・副会長などを招いて記念講演会

 昨秋の沖縄県支部に続き、本会28番目の支部として、秋田県支部が11月10日に設立の運びになり
ました。東北では福島、青森、宮城、岩手に続く5番目で、本当に嬉しいことです。

 李登輝元総統は殊のほか本会の支部設立を喜んでおり、沖縄県支部設立にお祝いのメッセージを
いただきましたが、秋田県支部にもご祝辞を賜る予定です。

 支部設立発起人代表は、本会理事でもある佐藤典子・のりこ皮ふ科院長がつとめ、発起人は、前
国際教養大学教授で本会常務理事の梅原克彦・元仙台市長、中嶋洋子・故中嶋嶺雄国際教養大学初
代学長夫人、佐藤京子・妙乃湯代表取締役会長など10人。いずれの方も秋田に深いご縁のある方や
秋田の実業界などで活躍されている方です。

 設立記念講演会の講師には川村純彦(かわむら・すみひこ)本会副会長が招かれて日米台連携の
重要性を説き、第2部では川村副会長とともに、2007年の李元総統の「奥の細道探訪の旅」に尽力
した梅原克彦(うめはら・かつひこ)常務理事、柚原正敬(ゆはら・まさたか)事務局長の3氏が
秋田と台湾の交流をテーマにお話しする予定です。下記にその案内状をご紹介します。

              ◇     ◇     ◇

初秋の候、皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、今年、満95歳を迎えられた台湾の李登輝元総統は、曾文恵夫人を伴い、去る6月22日から
25日にかけて沖縄県糸満市を訪問されました。このたび、糸満市摩文仁丘の平和祈念公園内に、李
登輝元総統ご揮毫の「台湾人戦没者慰霊碑」が新たに建立され、その除幕式に元総統自ら出席され
ました。李登輝先生のますます意気盛んなお姿が、日本、台湾双方の各メディアを通じて大きく報
道されました。

 思えば、今から11年前の平成19年(2007年)6月、李登輝元総統御夫妻が、俳人松尾芭蕉の足跡
を訪ねる「奥の細道探訪の旅」において秋田県に来訪され、国際教養大学で特別講演をされたこと
を御記憶の方も多いかと存じます。この李登輝元総統の秋田御来訪の御縁もあり、近年、秋田と台
湾の間では、観光、経済、文化、スポーツなど幅広い分野での交流が一段と活発になっておりま
す。そして、何よりも、あの東日本大震災の後、台湾の人々が、私たち東北地方の被災地に寄せて
頂いた暖かい御支援を、私たちは忘れることが出来ません。

 このたび「日本李登輝友の会秋田県支部」が発足するに当たり、同支部主催による「設立記念講
演会」を開催致します。講師として、安全保障分野の専門家として名高い、海上自衛隊OBの川村純
彦先生らをお招きし、中国の「覇権主義」がアジア最大の不安定要因となる中、我が国といわば
『運命共同体』である台湾と日米同盟が、今後、さらに連携を深めていくことが喫緊の課題である
ことについて御高話を頂きます。また、後半の座談会においては、今後、私たちの秋田と台湾が手
を取り合い、未来に向かって新しい地平を進んで行くため、どのような課題があり、いかなる方策
があるのか、皆様と共に考えてまいりたいと思います。

 皆様の御参加をお待ち申し上げます。

 平成30年(2018年)9月吉日

                  「日本李登輝友の会秋田県支部」設立発起人代表
                                                     佐藤 典子(のりこ皮ふ科院長)

              ◇     ◇     ◇

日本李登輝友の会秋田県支部設立記念講演会
手を繋ぐ日本と台湾 ― 李登輝元総統が繋いだ秋田と台湾のご縁 ―

・日 時:平成30年11月10日(土)18時30分開演(18時受付開始)

・場 所:秋田拠点センター「ALVE(アルヴェ)」公共棟4階 洋室C
     秋田市東通仲町4-1 TEL:018-825-3000
     【交通】JR秋田駅直結 徒歩3分

・プログラム
     第一部 基調講演 「日本と台湾は『運命共同体』−日米同盟と台湾の安全保障協力こそ喫緊の課題」
         講  師 川村純彦氏
              (日本李登輝友の会副会長、NPO法人岡崎研究所副理事長、元海
               将補、元統幕学校副校長)

     第二部 対  談「秋田と台湾が手を取り合って、未来に進む道程」
         川村純彦氏
         梅原克彦氏(前国際教養大学教授、元仙台市長、台湾・中信金融管理学院教授)
         柚原正敬氏(日本李登輝友の会常務理事・事務局長)

・参加費:2,000(学生:1,000円)

・定 員:60名

・問合せ・申し込み: 日本李登輝友の会秋田県支部設立事務局
       FAX : 018-823-0730
      Eメール:life@ritouki-akita.net

     記念講演会・懇親会お申込みフォームはホームページからも可
     ホームページ:http://ritouki-akita.net/

・主 催:日本李登輝友の会秋田県支部

・後 援:日本李登輝友の会、頑張れ日本!秋田応援団

*講演会終了後、講師の先生方を囲んで懇親会(会費3,000円, 於:「魚河岸」 秋田市大町3-2-
 44)を催します。是非ご参加下さい。(お申し込み時に懇親会参加の有無をお知らせください)  

-------------------------------------------------------------------------------------

日本李登輝友の会秋田県支部設立記念講演会・懇親会お申し込み書
FAX : 018-823-0730

・ご氏名:
・ご住所:
・お電話:
・E-mail:
・講演会: 出席 ・ 欠席
・懇親会: 出席 ・ 欠席

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月23日、李登輝学校日本校友会が靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」

 皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万人の台湾出身者が軍人・軍属として出征し、3
万304人が尊い命を日本に捧げられました。現在、靖國神社にはそのうちの2万7,864人の方々がご
祭神としてお祀りされ、日々慰霊の誠が捧げられております。

 靖國神社における台湾出身者を対象とした慰霊祭は平成17年(2005年)12月4日、私ども李登輝
学校日本校友会が中心となり、第1回「台湾出身戦歿者慰霊祭」を執り行いました。その後、皆様
のご協賛により平成23年から「永代神楽祭」となり、毎年11月23日に行っております。今年は14回
目の台湾出身戦歿者慰霊祭となります。ここに謹んでご案内申し上げます。

 慰霊祭後には懇親会も開きます。併せてご参加のほどお願い申し上げます。

*懇親会に参加される方は11月19日(月)までに参加費のお振込をお願いします。

 平成30年(2018年)10月吉日

                 日本李登輝友の会 李登輝学校日本校友会理事長 渡邉丈夫

                     記

【日 時】 11月23日(祝)  午後1時30分 靖國神社・参集殿に集合

【会 場】 靖國神社本殿  午後2時  永代神楽祭 (昇殿参拝)

      東京都千代田区九段北3-1-1 (TEL 03-3261-8326)
      【交通】半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅(出口1)徒歩8分
          都営新宿線 市ヶ谷駅(A4出口)徒歩10分
          有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(出口1=A-1)徒歩10分
          JR中央線・総武線 市ヶ谷駅、飯田橋駅(東口)徒歩13分

【懇親会】 午後3時30分〜5時30分
      *靖國神社に近いお店で行います。

【参加費】  5,000円(玉串料:1,000円、懇親会:4,000円)

      *昇殿参拝のみ参列も可。玉串料は当日で結構です。
      *懇親会に参加される方は11月19日(月)までに参加費のお振込をお願いします。
      *懇親会をキャンセルされる場合は11月19日(月)までご連絡をお願いします。

【振込先】 郵便貯金 記号−番号:10180−95214171 日本李登輝友の会
      ゆうちょ銀行 店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417 日本李登輝友の会

【お申込】 申し込みフォーム、メール、FAXで李登輝学校日本校友会まで

      ・申し込みフォーム:https://goo.gl/YLbmyj
      ・E-mail:info@ritouki.jp
      ・FAX:03-3868-2101

【主 催】 日本李登輝友の会 李登輝学校日本校友会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/

-------------------------------------------------------------------------------------

2018年「台湾出身戦歿者慰霊祭」参列申込書(いずれかに○をつけてお送り下さい)

・慰霊祭:ご参列・ご欠席 
・懇親会:ご出席・ご欠席

・お名前(フリガナ):
・お電話:
・E-mail:

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 11月24日、山本厚秀・本会理事が瀧野平四郎をテーマに「第41回台湾セミナー」

 群馬県には、今でも台湾で尊敬されている人物が多く、これまで「台湾紅茶の父」新井耕吉郎、
「最後の台南市長」羽鳥又男、「台湾風土病の撲滅」羽鳥重郎、芝山巌事件で斃れた六士先生の一
人の中島長吉、「台湾図書館の父」石坂荘作などが知られています。

 瀧野平四郎(たきの・へいしろう)という人物も「水道の恩人」として尊敬され、記念碑まで建
てられています。実は、この瀧野の事跡を見出したのが本会理事で群馬県支部長の山本厚秀(やま
もと・あつひで)氏です。山本氏は3年前に偶然目にしたある掌編で瀧野のことを知りましたが、
群馬県内で聞いても名前さえ知らない人がほとんどで、どういう人物なのかも掌編以上のことは分
からなかったそうです。そこで、残されていた写真を手掛かりにお墓を探し、お墓からご遺族を探
し当て、記念碑が建立されていたとされる雲林県古坑郷を訪ねるなど、苦労の末に瀧野の事跡を明
らかにしていったそうです。

 山本氏には昨年8月の第30回台湾セミナーで「芝山巌事件と中島長吉先生」をテーマにお話しい
ただいていますが、今年最後となる台湾セミナーで山本氏を講師に招き、瀧野平四郎の詳しい事蹟
や、見出すまでのご苦労などを交えてお話しいただきます。

 セミナー終了後は、講師を囲んで懇親会を開きます。ご参加の方は、申し込みフォーム、メー
ル、FAXにてお申し込み下さい。

                      記

◆日 時:平成30年(2018年)11月24日(土)午後2時30分〜4時30分(2時開場)

◆会 場:文京区民センター 3-C会議室

     東京都文京区本郷 4-15-14 TEL:03-3814-6731
     【交通】 都営地下鉄:三田線・大江戸線 春日駅 A2出口 徒歩2分
          東京メトロ:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 4b出口 徒歩5分
          JR総武線 水道橋駅 東口 徒歩10分

◆演 題:台湾で尊敬される「水道の恩人」瀧野平四郎

◆講 師:山本厚秀氏(日本李登輝友の会理事)

     [やまもと・あつひで] 昭和20年(1945年)9月、東京生まれ。1968年、日本大学理工学
     部工業化学科卒業。同大学理工学部副手をつとめるも2年後に退職。その後、化粧品関
     係の研究開発の技術職を経て前橋工場長をもって1979年に退職。以後、自営業(シル
     バー人材センター)にて今日に至る。2012年、高崎に台湾文化研究会を創設(翌年、台
     湾悠遊倶楽部に改称)。2015年2月、本会群馬県支部を設立して支部長に就任。同年3
     月、本会理事に就任。

◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生)
     *当日ご入会の方は会員扱い

◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *11月22日(木) 締切

     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて [参加費=3,000円 学生:2,000円]

◆主 催:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

-------------------------------------------------------------------------------------

2018年11月24日「第41回台湾セミナー」申込書

・ご氏名(ふりがな):
・メールアドレス:
・性 別:男性・女性
・ご住所
・お電話
・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望
・懇親会: 参加 ・ 不参加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*現在、お申し込みの増加でパイナップルケーキの在庫がなくなっています。入荷は11月12日を予
 定しています。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願いします。【2018年11月3日】

*マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。