国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3328号】 11月23日、靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」を開催

2018/10/22

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年)10月22日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3328]
1>> 11月23日、靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」を開催
2>> 「台湾電力の父」松木幹一郎の幻の胸像や日月潭銅製模型などが西条市立東予郷土館で展示
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2018年11月23日「台湾出身戦歿者慰霊祭」お申し込み *new
  https://goo.gl/YLbmyj

● DVD「2018年李登輝元総統沖縄ご訪問」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

● 山本厚秀氏を講師に11月24日「第41回台湾セミナー」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 第30回李登輝学校研修団(11月22日〜26日)お申し込み【締切:10月26日】
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180919/

● 劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180920/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第17期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

■ 昨日のプユマ号脱線事故で死傷された方々に心よりお見舞い申し上げます
 時事通信の報道によりますと、昨10月21日午後4時50分(日本時間5時50分)ごろ、宜蘭県蘇澳鎮
 の新馬駅付近で特急列車「プユマ号」が脱線し、22人が死亡、171人が重軽傷を負ったそうで
 す。心よりお見舞い申し上げ、これ以上犠牲者が増えないことを切に祈ります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 11月23日、靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」を開催

 皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万人の台湾出身者が軍人・軍属として出征し、3
万304人が尊い命を日本に捧げられました。現在、靖國神社にはそのうちの2万7,864人の方々がご
祭神としてお祀りされ、日々慰霊の誠が捧げられております。

 靖國神社における台湾出身者を対象とした慰霊祭は平成17年(2005年)12月4日、私ども李登輝
学校日本校友会が中心となり、第1回「台湾出身戦歿者慰霊祭」を執り行いました。その後、皆様
のご協賛により平成23年から「永代神楽祭」となり、毎年11月23日に行っております。今年は14回
目の台湾出身戦歿者慰霊祭となります。ここに謹んでご案内申し上げます。

 慰霊祭後には懇親会も開きます。併せてご参加のほどお願い申し上げます。

*懇親会に参加される方は11月19日(月)までに参加費のお振込をお願いします。

 平成30年(2018年)10月吉日

                 日本李登輝友の会 李登輝学校日本校友会理事長 渡邉丈夫

                    記

【日 時】 11月23日(祝)  午後1時30分 靖國神社・参集殿に集合

【会 場】 靖國神社本殿  午後2時  永代神楽祭 (昇殿参拝)

      東京都千代田区九段北3-1-1 (TEL 03-3261-8326)
      【交通】半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅(出口1)徒歩8分
          都営新宿線 市ヶ谷駅(A4出口)徒歩10分
          有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(出口1=A-1)徒歩10分
          JR中央線・総武線 市ヶ谷駅、飯田橋駅(東口)徒歩13分

【懇親会】 午後3時30分〜5時30分
      *靖國神社に近いお店で行います。

【参加費】  5,000円(玉串料:1,000円、懇親会:4,000円)

      *昇殿参拝のみ参列も可。玉串料は当日で結構です。
      *懇親会に参加される方は11月19日(月)までに参加費のお振込をお願いします。
      *懇親会をキャンセルされる場合は11月19日(月)までご連絡をお願いします。

【振込先】 郵便貯金 記号−番号:10180−95214171 日本李登輝友の会
      ゆうちょ銀行 店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417 日本李登輝友の会

【お申込】 申し込みフォーム、メール、FAXで李登輝学校日本校友会まで

      ・申し込みフォーム:https://goo.gl/YLbmyj
      ・E-mail:info@ritouki.jp
      ・FAX:03-3868-2101

【主 催】 日本李登輝友の会 李登輝学校日本校友会
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp
      HP:http://www.ritouki.jp/

-------------------------------------------------------------------------------------

2018年「台湾出身戦歿者慰霊祭」参列申込書(いずれかに○をつけてお送り下さい)

・慰霊祭:ご参列・ご欠席 
・懇親会:ご出席・ご欠席

・お名前(フリガナ):
・お電話:
・E-mail:

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 「台湾電力の父」松木幹一郎の幻の胸像や日月潭銅製模型などが西条市立東予郷土館で展示

 台湾でいまでも尊敬されている日本人の一人が「台湾電力の父」と讃えられている、日月譚(じ
つげつたん)に発電所を設けた台湾電力社長の松木幹一郎(まつき・かんいちろう)だ。現在で
も、その発電量は台湾の水力発電全体の56%を占めているという。

 2年前にご遺族から愛媛県西条市に寄贈された松木の胸像や台湾で撮影された写真など遺品の一
部が同市周布の市立東予郷土館で展示されているそうだ。産経新聞が報じているので下記に紹介し
たい。

 松木幹一郎の事績については、『台湾を愛した日本人─八田與一の生涯』を1989年に著した古川
勝三氏が「nippon.comコラム」の「台湾を変えた日本人シリーズ」の中で取り上げていて、本誌
2018年2月5日号で紹介している。併せて下記に紹介したい。

◆台湾全島に電気をともした日本人――松木幹一郎  古川 勝三(台湾研究家)
 http://melma.com/backnumber_100557_6642420/

◆西条市立東予郷土館
 〒799-1371愛媛県西条市周布427
 電話:0898-65-4797 FAX:0898-65-5815
 E-mail toyokyodokantoshokan@saijo-city.jp
 HP:https://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/syakaikyoiku/kyodo-index.html

-------------------------------------------------------------------------------------
日本にも胸像 「台湾電力の父」松木幹一郎を改めて評価 愛媛で遺品展示
【産経新聞:2018年10月21日

 「台湾電力の父」と呼ばれる愛媛県西条市出身の松木幹一郎(1872〜1939年)の遺品155点が家
族から西条市に寄贈され、同市周布の市立東予郷土館に一部が展示されている。台湾近代史に詳し
い「愛媛台湾交流会」(松山市)の古川勝三会長(74)は昭和15年に作られた松木の胸像や、台湾
で撮影された写真などを確認し、「驚くほど貴重な資料。今後の日本・台湾交流に活用しない手は
ない」と改めて評価した。

 明治5(1872)年、現在の西条市河原津に生まれた松木は東京大学卒業後、逓信(ていしん)省
に入省。山下汽船会社理事、東京市政調査会初代専務理事、帝都復興院副総裁などを歴任し、台湾
電力社長に就任した。

 当時、東洋一を誇ったダム湖「日月潭(じつげつたん)」だが、ダムと発電所の建設は大正15年
に資金不足のため中止された経緯がある。松木の社長就任で再開したものの、建設費は当時の国家
予算の約3割に相当した。松木は外債獲得に奔走し、「日月潭第一発電所」を昭和11年に、日月潭
第二発電所を翌12年に開設した。

 これにより、台湾全土に電柱が立ち「人のいるところはことごとく電灯がともった」といわれる
ほど急激に電化が進んだ。第一発電所は、今でも台湾の水力発電の56%を担っているという。

 松木は社長在任中の昭和14年に死没した。偉業をたたえ発電所の取水口に翌15年、台湾電力社員
有志の寄付で松木の胸像が建立された。しかし、戦時下の金属不足から同19年に供出され、台座だ
けになった。平成22年に同発電所を運営する電力会社の社員や台湾財界人の寄付により、2代目の
胸像がその台座の上に建立された。

 松木の遺品は28年、東京に住む松木の三女、景山郁子さんと、孫、誠一郎さんが西条市に寄贈
し、東予郷土館に保管された。

 数々の遺品の中に、台湾に建立されたものとは別の胸像がある。台座には昭和15年と刻まれ、や
はり台湾電力有志により製作された胸像と分かる。東京の松木家の庭に建っていたという。

 同館を訪れた古川会長は、「松木は台湾では敬意をもって知られているが、祖国日本ではあまり
知られていない」と話す。「まさに幻の胸像。(昭和15年に)2体鋳造され、1体は日月潭に、もう
1体は松木の遺族に贈呈されていたことが分かった。台湾の研究者、関係者が知れば驚くほどのお
宝です」と驚いていた。

 また、「外積成立記念昭和九年六月廿五日臺湾電力株式會社社長松木幹一郎」の銘がある日月潭
の銅製模型(縦約50センチ、横約1メートル)については、「東洋一の水力発電用ダムを建設する
という国家プロジェクトに臨む関係者たちの意気込みが伝わる」と話した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*現在、お申し込みの増加でパイナップルケーキの在庫がなくなっています。入荷は11月末を予定
 しています。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願いします。【2018年9月1日】

*マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。