国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3317号】 李登輝が「日本の若者」と話したがる2つの理由  早川 友久 (李登輝元台湾総統秘書)

2018/10/04

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年) 10月4日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3317]
1>> 李登輝が「日本の若者」と話したがる2つの理由  早川 友久 (李登輝元台湾総統秘書)
2>> 台湾の北京語(3) 傳田 晴久
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 10月6日、浅野和生氏講師、梅原克彦氏特別ゲストに「台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180906/

● 第30回李登輝学校研修団(11月22日〜26日)お申し込み【締切:10月26日】 *new
  http://goo.gl/KKnEAO
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180919/

● 劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180920/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第17期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝が「日本の若者」と話したがる2つの理由 早川 友久 (李登輝元台湾総統秘書)

【WEDGE Infinity(ウェッジ):2018年9月28日】
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14074

 李登輝のもとを訪れたいと希望する日本人は多い。95歳となり、体力的に無理がきかなくなって
きた最近こそ、受ける来客数はセーブしているが、相変わらず日本からの来客は多く、毎週のよう
にアレンジされているときもある。

 そばにいる私から見ると、はっきり言って李登輝は年寄りらしくない。アメリカ留学の経験もあ
るから、ハンバーガーも食べるし、暑い日などは来客が終わると「コーラが飲みたい」などと言っ
たりもする。常にNHKニュースを見ているし、日本から送られてくる月刊誌にも目を通すから、
最近日本で流行っているものも良く知っている。何か思い出せないことがあると「ちょっとそのモ
バイル(スマートフォンのこと)で調べてくれんか」と言ったり、来客に「私のフェイスブックが
あるよ。今度見てごらん」などと言って驚かせたりする。

 とはいえ、李登輝はもともと農業経済学という、数字を扱う学者だったわけで、米国留学時代に
は統計学の一環でコンピューターにも触れているから、年配者だからコンピューターには疎いだろ
うと、思い込むのは早合点だ。時にはタブレットを手にして「(指を)こうやって下げていけばい
いんだな」などと自分で写真を見たりしているのを見ると、新しい技術やモノに対する「忌避感」
よりも「好奇心」や「関心」のほうが強いことがよく分かる。そうした強い「好奇心」と、日台関
係の利益になることが何か出来ないかという思いが、日台のIoT同盟を呼びかけたり、台湾和牛の
研究推進の原動力になっている。

◆李登輝が「日本の若者」と話したがる2つの理由

 そうしたこともあって、李登輝は特に若い人と話すのが大好きだ。大学生のグループがやって来
たりすると時間を忘れて話し続けることも頻繁だ。そこには2つの理由がある。ひとつは、これか
ら日本という国を背負っていくのは若い人たちだという思いがあることだ。

 「日本は台湾の生命線」と考える李登輝にとっては、未来の日本がどの方向に進むかは、台湾の
将来に直結する。これから日本を引っ張っていく若い世代に伝えたいこと、話しておきたいことが
山ほどある、というわけだ。そもそも、李登輝は「アジアで完全な民主主義が実現しているのは日
本と台湾くらい。この両国が手を携えてアジアを牽引していくべき」と従来から主張している。

 もうひとつは、今の若者が何を考えているかを直接聞きたい、というものだ。前述したように、
年配者らしくない、柔軟な頭を持つ李登輝であるから、若者の考えや意見を軽視するようなことは
しない。むしろ、彼らがどんなことを考えているのか、どんな意見を持っているかを聞くことに
よって、自分の考え方や意見が、現在の政治とどう乖離しているのかを見極めようとしているのだ。

 実際、日本から来る若者の表敬訪問を控えると、李登輝は「今の日本の若者が悩んでいることは
なんだ。不満に思っていることはなんだ」と聞きながら「何を話すべきかなぁ」と何日にもわたっ
て頭を悩ませている。いかにして日本の若者に自信を与えるか、日本にとって台湾がいかに重要な
存在か、なぜ日本こそがアジアのリーダーになるべきか、をどうやって分かりやすく理解させる
か、毎度考え込んでいるのだ。こうした若者に対する温かい気持ちは、もちろん台湾の若者に対し
ても同様である。

 2014年3月、日本でも一躍有名になった「ひまわり学生運動」が勃発した。これは、当時の国民
党政権が中国と、相互にサービス業進出を自由化させる協定を締結しようとしたことに端を発す
る。台湾はサービス業の比率が大きく、協定が発効すれば、さらなる台湾経済の空洞化を招くと危
惧した学生たちが、立法院(国会)を3週間以上にわたって占拠した事件だ。

 李登輝は、この学生たちの運動を夫人とともに「応援する」と公言していたし、運動終了後も、
学生の代表を自宅に招いて歓談したり、食事会を開いたりしている。若者たちが国のためを思い、
自ら行動を起こしたことを心から喜んでいるのが、そばにいる私にもありありと伝わってくる。こ
うした若者の「想い」を大切にする姿勢は実は現役総統の時代にもあった。

◆若者との対話を追い風に進めた「台湾の民主化」

 李登輝は1988年1月、急死した蒋経国総統の後を継いで総統になったが、実際には国民党内での
基盤が弱い、というよりほとんどない状態で、名目上のみのロボット総統であったと言ってもよ
かった。しかし、李登輝のすごいところは、そこで無闇やたらと自分が進めたいことを推し進める
のではなく、時機が訪れるのを雌伏してひたすら待ったことだ。

 1990年3月に総統選挙を迎えると、党内では李登輝を総統候補に推す主流派と、非主流派が争っ
たものの、結果的に李登輝が選挙を勝ち抜いて名実ともに総統の座を手に入れる。党の有力者のな
かには、それまで前任の蒋経国の路線を穏当に踏襲してきた李登輝を引き続き総統の座に置き、背
後でコントロールしようと考えていた人もいたようだ。しかし、李登輝は正当に選出された総統と
して、ここから徐々に自分が考えていた「民主化・自由化」に着手し始めるのである。

 折も折、台北市内の中正紀念堂という広大なエリアで「野百合学生運動」が展開されていた。
「万年議員」と呼ばれた、国民代表らが引退と引き換えに高額な退職金や年金を要求しているとい
う報道に怒った学生たちが座り込みやハンストで抗議運動を始めたのだ。

 李登輝が総統選挙を戦っているさなか、学生たちは憲法改正や国是会議の招集、民主改革のタイ
ムテーブルの提示などを求め、これが結果的に李登輝の進めようとする民主化・自由化への追い風
となった。そうしたなかでも、李登輝は温かい気持ちで学生たちを思いやっていた。学生運動が起
きたのは、南国台湾とはいえまだ肌寒く、夜には冷え込む3月である。

 ある日の午後、一台の黒塗りの車が、学生運動が行われている中正紀念堂の入口近くに停まって
いるのが見えた。よくよく観察すると、付近には目立たぬように、警察官や警察車両が配置されて
いる。もしや、と感じた新聞記者がその車両を目指して近づき始めると、車はスーッと現場を離れ
て走り去ってしまったという。

 後に李登輝は、学生たちが寒さに震えながら座り込みやハンストをしていることを聞き、自分が
中正紀念堂へ出掛けて直接学生たちと対話しようと思ったと話す。しかし、国家安全局による「身
の安全を保証できない」という強い意見具申により、夕方に車両で中正紀念堂へ行き、学生たちの
様子を観察するに留めたというのだ。

 数日後、李登輝は学生の代表を総統府へ招いてその要求に耳を傾けるとともに「皆さんの要求は
よくわかりました。中正紀念堂に集まった学生たちを早く学校に戻らせ、授業を受けさせなさい。
外は寒いから早く家に帰って食事をしなさい」と声をかけている。

 総統の李登輝と面会した夜、学生代表団は協議し、中正紀念堂における占拠を翌日に終了し解散
することを決めた。そして李登輝は学生との約束通り、タイムテーブルを発表し、民主化を本格的
に推し進めていくことになる。

◆「若者は国の宝」という揺るぎない想い

 こうした、李登輝の日台の若者に対する態度を見てもわかるように、李登輝は本当に若者を大事
にする。そして若者の声に耳を傾ける。自分の意見を押し付けるようなことは決してなく、若者が
何を考えているのか、なぜ自分の意見と違うのかをとことん聞こうとする。こうした姿勢の源にあ
るのは「若者は国の宝だ」という思いがあるからだ。

 多少体調が悪くとも、連日のようにスケジュールが入っていても、若者たちが「会いたい」と
言ってくれば、特に「日本から来る」といえば、李登輝は即決で「OK」と言ってしまう。日本と
の窓口を任されている私が「ちょっとスケジュールが立て込んでいますからお断りしても」と口を
挟んでも、「若い日本人には、昔の日本人が台湾にどれだけ貢献してくれたか。これからの日本に
は台湾がどれだけ大事かを伝えなきゃならないんだ」の一点張りだ。

 そばに仕える私としては、95歳という老体に文字通り鞭打って働く李登輝の熱い「想い」が込め
られた言葉を、少しでも多くの日本人が真摯に受け止めてくれることを願うしかないのである。

             ◇     ◇     ◇

早川友久(はやかわ・ともひさ)
1977年(昭和52年)6月、栃木県足利市生まれ。現在、台湾・台北市在住。早稲田大学人間科学部
卒業。金美齢事務所の秘書として活動後、2008年に台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在
学中に3度の李登輝訪日団スタッフとしてメディア対応や撮影スタッフを担当。2012年12月、李登
輝元総統の指名により李登輝総統事務所秘書に就任。共著に『誇りあれ、日本よ─李登輝・沖縄訪
問全前記録』『日本人、台湾を拓く。』など。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の北京語(3) 傳田 晴久 

【台湾通信(第131回):2018年10月3日】

◆はじめに

 先月(2018年9月)初めに待望の『台湾の北京語』が出版されました。この「台湾通信」で2回に
わたり紹介させていただきましたが、今回は3回目(最終)です。本の宣伝で申し訳ありません。

◆取り上げた語

 本書で取り上げた言葉は約500語ですが、配列は漢語拼音(ピンイン)のアルファベット順で
す。対象語を分類すると日治時代に生まれた言葉、戦後生まれた言葉、最近の流行語、外来語、人
名に起因する言葉、政治がらみの言葉、慣用句・諺・警句、少々怪しげな言葉などに分類できるか
と思います。今回は人名、怪しい語、政治、慣用語などを紹介してみます。

◆人名にからむことば

 次の文字列「柴契爾夫人」は人名ですが、どなたでしょうか? 「鉄の女」の異名をとるイギリ
スの宰相マーガレット・サッチャー夫人です。サッチャー夫人を中国語訳すると「柴契爾夫人」と
なり、それを台湾語読みすると「菜市仔夫人」となり、意味は「市場のオバサン」、即ちごく普通
の人と言うことになります。北京語で「看她的樣子很像柴契爾夫人」と書きますと、普通には「彼
女は見たところサッチャー夫人のようだ」となります。

 が、台湾北京語では「彼女は見たところごく普通のおばさんだ」となってしまうのです。「鉄の
女」も市場のおばさんにされてしまうとは……。

 もうひとつ、「櫻櫻美代子」はどなたでしょうか? 台湾でお付き合いいただいているある小姐
にお聞きしましたら、彼女はケタケタ笑って「母にいつも言われていました」とのこと。「櫻櫻」
は台湾語「??」(暇なこと)の発音から台湾北京語に当てた文字、「美代子」は台湾語「沒代
誌」(仕事がない)にあてた台湾北京語で、「櫻櫻美代子」は「暇で何もすることがない」と言う
意味です。親日の台湾人が遊び心で日本女性の名前に似せて作った言葉であるとのこと。

 「歐巴馬」は前米国大統領オバマの中国語訳ですが、台湾北京語になりますとその意味は、「む
やみやたらに買いまくる。買い物魔」と言うことになります。「歐巴馬」を台湾語で発音すると台
湾語「烏白買」(むやみやたらに買いまくる)の発音に似ているからです。

◆怪しい語:機車、炒飯……

 前々号で「炒飯」を性行為をすると紹介しましたが、私が国立成功大学の華語中心で北京語の勉
強をしている頃、課外活動で動画を作るイベントがありました。あるチームの作品は、「チャーハ
ンの作り方」と言うタイトルでしたが、それは男性が台所で、ビニール製のレインコートを頭から
すっぽり被ってフライパンをゆすっている動画でした。

 台南の街も他の街と同様「摩托車」と呼ぶバイクがたくさん走っています。その中にナンバープ
レートの下に「非常●車」と書かれている車を時々見かけます。これはバイクの販売・修理屋の屋
号のようです。

 「●車」は「機車」のことですが、これがちょっと問題です。「機車」には1)オートバイと言
う意味と2)あら捜しをするという2つの意味がありますが、後者の北京語に相当する台湾語には
女性のナニを意味する言葉があるそうです。その台湾語をそのまま発音するにはさわりがあるの
で、北京語の「機車」(ji1-che1)を当てたというのです。黄英甫老師は「台湾では若者を中心に
「機車」を粗探し(をする)という意味で使用しているが、その語源について知っている人はあま
り多くない」と解説されています。(●=収の偏のみ)

◆政治がらみのことば

 今回の出版にあたっては、政治がらみの言葉や使用例(文)が問題になりました。我々としては
その用語の使い方の例として政権の主要人物にかかわる事柄を題材にしたいのですが、出版社とし
ては政治的偏向の誹りを恐れてか、例文の変更を求められました。出版物としては書けなかったい
くつかの例を紹介します。

 「半山仔」というのは、戦前に中国大陸に移住し、戦後中国国民党と共に再び台湾に戻ってきた
人のことで、台湾語ができるために戦後国民党政府内で重用され、出世した。

 この言葉の説明として以下のように記したが、問題視されてしまった。「元国民党政府の要人で
ある台湾人連震東氏が、国民党に中国大陸から台湾に呼び戻されて、一代目の半山仔になった。そ
の後、彼の息子である連戦氏は中国国民党主席にもなった。連家が強い影響力を発揮できたのは連
戦氏までであり、3代目の連勝文氏は、2014年の台北市長選挙に立候補し、柯文哲氏に大敗した」
この説明はあえなく、自粛。

 「漏屎馬」という言葉があり、意味は「下痢馬、無能な者、駄目な人、弱い奴」ということで
す。台湾語の「漏屎」は下痢を意味します。この言葉の使用例として「那隻漏屎馬真沒用(あの無
能な奴は全く役に立たない)」を上げましたが、誰のことをさしているか明示しませんでした。

 今年の約2か月後(2018年11月24日)、台湾では「九合一」と呼ばれる統一地方選挙が行われま
す。選挙と言いますと、台湾北京語「賭爛票」が話題となります。私はこの言葉を「嫌々票」と名
付けました。すなわち「自分の意思に反して投票する(しない)票のこと」です。台湾語「賭」は
突くという意味、同「爛」は陰茎のこと。台湾語「賭爛」は陰茎が下着を突き、不快な感じがし、
やり場がないというニュアンスを表しているんだそうです。台湾北京語「賭爛票」は投票しても不
愉快で、やり場がないような、嫌々投票する「票」の意味です。

 ある方に伺いましたら、ある政党の買収は毎度のことで、有権者が5人いる一家に5票分の現金を
渡すと、少なくとも4票はその党に、1票はそれ以外の党に投票されるそうです。その党に投票する
人も決して積極的に投票するわけでなく、「嫌々」投票しているようです。

◆面白い言葉・慣用句・諺など

 台湾の前総統馬英九氏が2008年の総統選挙の時に使った“long stay”が語源で、台湾人はそれ
を(台)long1-si3-ke2と聞き、台湾北京語「●是假」の字を当て、「すべてが嘘だ」と言う意味
で使っています。この言葉は新聞やテレビの画面に頻繁に出てきます。(●=手偏に龍)

 台湾語には多くの慣用句や俗語、諺がありますが、「摸蜆兼洗●」もその一つです。この言葉の
意味は「二つのことを同時にやる;一石二鳥」ということですが、直訳すると「蜆(しじみ)を採
りながら、同時に下着を洗う」という意味で、川で蜆を取るときに、下着が水に浸かることからの
言葉だそうです。(●=示す偏に庫)

◆ちょっとした工夫

 私の手元に台湾語の諺の本があるのですが、収録した諺はある基準(運命、男、女、親子、金銭
などのテーマ毎)で配列されています。自分が知りたい諺の意味が解っていないと検索できませ
ん。『台湾の北京語』では対象語を発音(漢語●音)順に並べましたので、北京語の発音を知らな
いと索引できません。そこで調べたい言葉の頭文字を日本語読みして索引できるようなインデック
ス(日本語索引)を設けました。例えば、「櫻櫻美代子」の頭文字は「櫻」ですので、漢語●音で
あればying1ですが、日本語読みすれば字訓で「さくら」、字音で「オウ」ですので、日本語索引
の「さ」か「オ」を探せばよいのです。(●=併の人偏が手偏)

 この本は、中文がわかる方も利用されると考えましたので、本文には中文による説明をつけ、中
文索引も付けました。これは頭文字の総画数順の索引です。我々日本人は漢字の総画を数えるのに
慣れていませんが、当地で見かけた名簿は総画順になっていましたので、きっと慣れておられるの
でしょう。

◆おわりに

 図々しくも3回にわたって『台湾の北京語』の紹介(宣伝)をさせていただきました。この本の
価格は520元で、誠品書店、国家書店、五南書店、通販サイトの「博客来」に置いてあるとのこと
です。よろしかったらご利用ください。

              ◇     ◇     ◇

博客來:黄英甫, 傳田晴久著『台湾の北京語』(國立成功大學出版中心、9月10日刊)
https://www.books.com.tw/products/0010797252

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*現在、お申し込みの増加でパイナップルケーキの在庫がなくなっています。入荷は11月末を予定
 しています。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願いします。【2018年9月1日】

*マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2018/10/04

    「春日権現験記絵 甦った鎌倉絵巻の名品」……10月21日迄、三の丸尚蔵館にて



    靖国神社秋季例大祭……10月17日から20日迄



    台湾高座会留日75周年歓迎大会……10月20日、大和市文化創造拠点シリウス大ホールにて

      (事前申込が必要です。大会ホームページをご覧下さい。)

    日本橋恵比寿講べったら市……10月19日、20日

    根津千駄木下町まつり……10月20日、21日、根津神社にて



    小田原おでん祭り……10月6日、7日、小田原城址公園にて

    東京タワー台湾祭……10月6日、7日、8日

    「浮世絵最強列伝 江戸の名品勢ぞろい」……10月10日から10月22日迄、横浜高島屋にて(東京と大阪でも来年開催されます。)

    「歌川広重没後160年 広重目線」……10月8日迄、足立区立郷土博物館にて

     

    (日程などは再度ホームページ等で御確認のうえ、お出掛け下さるようお願いします。)