国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3259号】 明日発売の月刊「HANADA」9月号が李元総統の沖縄ご講話と「『老台北』一周忌に寄せて」を掲載

2018/07/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年) 7月25日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3259]
1>> 明日発売の月刊「HANADA」9月号が李元総統の沖縄ご講話と「『老台北』一周忌に寄せて」を掲載
2>> 沼田幹夫代表が日本の5県産食品輸入禁止措置をめぐる国民党の行動に異例のメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 金田秀昭氏を講師に招き7月28日に「第38回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180715/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第17期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 明日発売の月刊「HANADA」9月号が李元総統の沖縄ご講話と「『老台北』一周忌に寄せて」を掲載

 月刊「HANADA」9月号は「9月酷暑号」と銘打ち、明日(7月26日)発売だ。

 総力大特集は「朝日も野党も要らない!」として、森友問題の籠池氏長男の籠池佳茂氏が小川榮
太郎氏との対談「両親は安倍総理夫妻に謝れ!」や櫻井よしこ氏と有本香氏の対談「小池都知事 
五輪と築地で絶体絶命」、恵隆之介氏の「沖縄『慰霊の日』、NHKの超偏向報道」、阿羅健一氏
「南京大虐殺記念館を訪れた福田康夫元総理の過ち」などかなり興味深い記事を掲載している。

 この大特集とほぼ同じ大きさの活字で紹介しているのが、李登輝元総統の沖縄ご訪問時における
ご講話3本。花田紀凱(はなだ・かずよし)編集長によれば、3本とも中国の覇権主義について鋭く
言及していたので一挙掲載したとのこと。

 昨日、来年(2019年)8月に台中市で開催予定の国際スポーツ大会「東アジアユースゲームズ」
が中国の反対で中止されることになったというニュースが流れた。このような中国の覇権主義的行
動を見聞きするたび、李元総統が沖縄で「中国の独裁政権がその覇権主義的な野心をアジアにまで
広げようとする企てには断固として反対します。……同時に、中国の人々に民主主義と自由の本当
の価値を伝え、民主主義あってこそ本物の自由が手に入る、ということを呼びかけていかなければ
なりません」と、声を裏返らせながら涙声で訴えられた李元総統のご講話を思い出す。なんとして
もこの存念を日本人に伝えたいという思いがひしひしと伝わってくるご講話だった。

 また、昨年7月に亡くなられた蔡焜燦先生の一周忌を迎え、この号では小特集として「『老台
北』一周忌に寄せて」を組み、台湾歌壇前事務局長の三宅教子さんによる「蔡焜燦先生の『日本精
神(リップンチェンシン)』」と、お父上で本会元会長の故阿川弘之氏の娘さんで、作家・エッセ
イストの阿川佐和子さんによる「蔡さんと出来なかったジャンケン」の2本を掲載している。三宅
さんのは書下ろし、阿川さんのは昨年10月に日本で開いた「蔡焜燦先生を偲ぶ会」のときのスピー
チをまとめたものだ。

 三宅さんのご寄稿は、蔡先生のお人柄を的確にかつ丁寧に紹介されていて、よく観察されている
なと頷きながら一気に読みました。阿川さんのスピーチも、持ち味の軽妙さの中にもしっとり感が
あり、まさに一周忌に相応しい一文と拝読。

 昨年の「蔡焜燦先生を偲ぶ会」では、この阿川佐和子さんはじめ、渡辺利夫(日本李登輝友の会
会長)、吉田信行(元産経新聞台北支局長)、金美齢(評論家)、門田隆将(ノンフィクション作
家)、三宅章文(不二歌道会)、永山義高(元週刊朝日編集長)、池辺史生(元週刊朝日副編集
長)などの各氏とともに花田編集長にもスピーチしていただいたが、泣きながら話されていた花田
氏の姿は今でも目に焼き付いている。蔡焜燦先生への思いの深さが、今回の特集「『老台北』一周
忌に寄せて」になったに違いない。

◆月刊「HANADA」9月酷暑号
 https://www.fujisan.co.jp/product/1281697388/next/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 沼田幹夫代表が日本の5県産食品輸入禁止措置をめぐる国民党の行動に異例のメッセージ

 昨日(7月24日)、台湾の中国国民党は、福島など日本5県産食品の輸入禁止措置継続について賛
否を問う国民投票の実施を目指し、台北市内で投票案立案に向けた署名活動を始めた。

 これに対し、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表が「私は失望を禁じ得ません」とし
て、「科学的な根拠が示されないまま,こうした輸入規制措置が継続されることは,日本と台湾の
友好関係にヒビを入れるものになると思います」というメーッセージを発表した。日本駐台大使館
の大使に相当する日本台湾交流協会台北事務所の代表がこのようなメッセージを発表するのは異例
だ。下記に沼田代表のメッセージ全文をご紹介したい。

 沼田代表が指摘するように、千葉、茨城、栃木、群馬、福島の各県産食品の輸入禁止措置を政治
問題化させる今回の中国国民党の行動は残念というほかなく、本会としても、これまで何度か訴え
てきたように、台湾には科学的根拠に基づく「冷静な判断」を望みたい。

◆中央通信社:日本食品の輸入規制継続求める国民党 国民投票実施に向け署名活動【7月24日】
 http://japan.cna.com.tw/news/apol/201807240006.aspx

-------------------------------------------------------------------------------------
沼田幹夫当協会台北事務所代表からのメッセージ:
日本産食品に対する台湾の輸入規制措置に関する公民投票について
【日本台湾交流協会:2018年7月24日】

 本日,国民党が日本産食品に対する台湾の輸入規制措置に関する公民投票案の署名集めを開始し
たとのニュースを聞き,私は失望を禁じ得ません。

 私達は,日本国内で流通している安全な食品を台湾の皆様にも食べて頂きたいと望んでいるだけ
です。これこそが,未だ風評被害に苦しんでいる福島県をはじめとする日本の被災者の方々への支
援となると思うからです。

 日本人及び日本政府は,台湾の皆様が東日本大震災の際に示してくださった御厚情は決して忘れ
ません。特に,福島を始めとする被災地の人々は,皆様の御厚情に報いるには先ず自分達が復興し
た元気な姿を皆様にお見せすることだと思っています。被災地の人々は日夜復興に向け頑張ってき
ました。そうした中で,この問題が政治問題として扱われてしまったことを誠に残念に思います。

 科学的な根拠が示されないまま,こうした輸入規制措置が継続されることは,日本と台湾の友好
関係にヒビを入れるものになると思います。台湾の良識ある皆さまの冷静な判断を希望します。
                                                                                  2018年7月24日
                              公益財団法人日本台湾交流協会
                                台北事務所代表 沼田幹夫
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み【2018年5月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。