国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3240号】 琉球華僑総会主催の歓迎晩餐会ご講話  李 登輝(元台湾総統)

2018/06/29

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年) 6月29日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3240]
1>> 琉球華僑総会主催の歓迎晩餐会ご講話  李 登輝(元台湾総統)
2>> 謝長廷・駐日代表が台湾表記の変更強要問題で日華議員懇談会の決議に感謝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 金子展也氏を講師に招き6月30日に「第37回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180605/

● 2018年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月22日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180423mango/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第16期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 琉球華僑総会主催の歓迎晩餐会ご講話  李 登輝(元台湾総統)

 昨日の本誌でお伝えしましたように、6月22日から沖縄を訪問されていた李登輝元総統は24日、
摩文仁丘・平和祈念公園内の「台湾之塔」前で開かれた台湾出身戦没者を慰霊顕彰する「為國作見
證碑」除幕式に臨まれましたが、ご体調が万全でなかったようで、ご挨拶を終えると、予定されて
いた植樹式などをキャンセルし、そのままホテルに帰って休息を取られました。

 果たしてこの日の夜に開かれる琉球華僑総会の歓迎晩餐会に臨席されるのかと、いささか気を揉
んでいましたが、午後6時、曾文恵夫人を伴われてサザンビーチホテル&リゾート沖縄の会場に姿
を現されますと、主催した同会の張本光輝(はりもと・みつてる)会長はじめ関係者はホッとした
表情で出迎えました。

 謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表や新垣旬子・日本中華聯合総会会長、國場幸之助・衆議院
議員、本会の梅原克彦・常務理事、辻井正房・常務理事など約50人の参加者全員が立ち上がって拍
手で出迎え、李元総統も少し柔和な表情で席に着かれました。ただ、まだ表情はかたく本調子では
ないように見受けられました。

 しかし、15分ほどのご挨拶では、冒頭から「中国こそ、アジアの情勢を最も不安定にしている要
因だと断言します」と、覇権主義的に発展してきた中国こそ「巨大な不安定要因」であり「周辺国
家の安全保障にとって大きな脅威」と述べ、中国がアジアに不安をもたらしている元凶だと喝破。
烈々たる気迫に会場は水を打ったようになり、参加者全員が聴き入っていました。

 また、台湾がこのような中国の最も大きな影響を受けており、「中国の最終目的は、台湾を併呑
し、いわゆる『中国統一』を成し遂げることにある」とも指摘しつつ、「台湾が民主主義と自由を
継続的に追求し、実践し、深化させていくことを続けてさえいけば、外来的な一切の圧力や干渉に
おびえることはないと信じております。そしていつの日にか、自分たちの国の名前によって国際社
会に躍り出る日が来る」と持論を展開されたのでした。

 今年2月28日の喜楽島聯盟を発足させる記者会見でも、李元総統は「中華民国の国名を台湾に変
え、新憲法を制定することで台湾の国家正常化を進めるべき」と力説されていました。

 つまり「自分たちの国の名前」とは、すなわち「中華民国」ではなく「台湾」のことを指してい
ます。台湾という国名で国際社会に躍り出ようと「華僑」の方々を諭されたようです。

 このご講話の中でも「台湾の人々のなかには、中華思想に毒され、自我を失い、希望をなくして
いる人もいます」と述べ、また「幻の大中華思想から、脱却しなければならない」と繰り返し指摘
されました。

 中華思想とは、台湾が進めてきた民主主義と自由とは真逆の考え方で、この中華思想を脱し、と
もに民主主義と自由をさらに進めていこうと呼び掛けられたのでした。

 華僑の僑とは「外地に仮住まいをする人」という意味ですから、中華人民共和国か中華民国の国
籍を持ちながら外地に仮住まいする人々(僑民)、または中華人民共和国か中華民国の出身で外地
に住む人々と言っていいかと思います。

 一方、「台僑」という言葉も最近はよく使われていて、全日本台湾連合会(趙中正会長)が今年
2月に開いた新年会は「2018年台僑新年会」でした。台湾出身で外地に住む人々の意で、台湾と限
定しているところがミソです。

 李元総統は、琉球華僑総会が主催する歓迎晩餐会でしたが、ご講話では敢えて「琉球台僑総会」
と使われています。李元総統は20年ほど前、総統時代に台北市内の小学校の講演で「中華は大嫌
い」と明言したことがありましたが、いまもその思いは変わらないようです。

-------------------------------------------------------------------------------------
「琉球台僑総会」あいさつ

 琉球台僑総会の張本光輝会長、会場にお集まりの来賓の皆さま、会員の皆さま、こんばんは。本
日、この沖縄で、たくさんの台湾出身の皆さまとお会いできますことを大変光栄に感じております。

 ご存じのように、日本と台湾の関係は非常に密接なものがあります。経済や貿易関係に始まり、
科学技術、文化、観光、学術分野など、多岐にわたる分野で長年にわたり友好的な関係を築いてき
ました。

 台湾にとって日本は技術導入や投資を呼び込む重要なパートナーであり、第3位の貿易相手でも
あります。また、台湾は日本にとって4番目の貿易パートナーであり、2017年における双方の貿易
総額は、627億ドルにまで達しています。

 台湾の人々が最も好んで旅行先に選ぶのは日本です。昨年、日本に旅行した台湾人は456万人を
記録しました。日本からも台湾へ190万人の人々が訪れ、訪台者数では第2位となっています。

 近年、台湾から日本へと留学する学生数は9千人あまり、日本から台湾へ学びに来る学生は1万人
を超えていると聞きます。

 こうした事例を挙げるまでもなく、恐らくここにいらっしゃる皆さんは、私以上にさまざまな分
野で日台間の密接な交流が行われていることをご存じでありましょう。

 もし、アジア各国が日台のように友好的、かつ建設的な協力関係を築き上げることができるので
あれば、世界はより美しく、平和になることでしょう。

 ただ残念なことに、今日のアジアには巨大な不安定要因が存在すると言わざるを得ません。

 ご存じの通り、21世紀に入り、中国は経済、政治、軍事、科学技術などの各分野で目を見張るよ
うな発展を続けてきました。

 ただ、ここで指摘しなければならないのは、中国の発展は「覇権主義的」だということです。決
して民主的、かつ自由な文明ではありません。

 その結果、アジアにもたらされた動揺は、周辺国家の安全保障にとって大きな脅威となっていま
す。中国こそ、アジアの情勢を最も不安定にしている要因だと断言します。

 各国が有する軍隊は、自国の防衛のために存在します。しかしながら、中国の軍事力は対外的な
膨張を続けてきました。昨年、中国の軍事費は2280億ドルを超えています。

 東シナ海や南シナ海の問題、各国の航行の安全と自由が侵害された例を挙げるまでもありません。

 中国は「アメとムチ」を用いて、ミャンマーやマレーシア、スリランカ、パキスタン、果てはア
フリカのジブチにまで軍事基地を建設し、それによって生じる周辺国家との摩擦は途切れることが
ありません。

 こうした行為は地域のリスクを高めるとともに、アジア各国の軍事的支出を増加させることとな
り、あたかも軍拡レースを助長することにもなるのです。

 中国が掲げる「一帯一路」構想は、野心に満ち満ちた覇権主義的な計画です。

 中国にとっては、自国の内部資源やエネルギー問題を解決するための方法となり得るでしょう。
さらには、国際貿易上のルールを恣意的に決めることのできる格好の手段となり、他国を唯々諾々
と従わせ、世界の新たな支配者に君臨しようとしているのです。

 これは中国の覇権主義に見られる一貫したやり方です。しかし、結局のところ、この計画は、多
くの国家を中国の経済的植民地におとしめる方式と言わざるを得ません。

 ここへ来て、マレーシアは中国の覇権主義が自国へ及ぼすマイナスの影響に思い至ったようで
す。マハティール首相は、クアラルンプールとシンガポール間を結ぶ高速鉄道建設計画の中止を決
めました。

 マハティール首相は東海岸に高速鉄道を敷く必要性に疑問を投げかけると同時に、高速鉄道の建
設には何ら意味がなく、マレーシアに利益をもたらすことはないとしたのです。

 その他にも、中国が関係する大規模計画について、全面的に再審査するとも表明しています。

 中国の専制的なやり方に、最も大きな影響を受けているのは台湾です。中国は少なくとも1千発
以上のミサイルの照準を台湾に向けています。領空侵犯や領海侵犯など、武力による軍事的恫喝は
日常茶飯事とも言えましょう。

 外交においては、あらゆる手段を講じ、台湾と国交を有する国を奪い、台湾が国際組織に参加す
ることを妨害しています。

 経済面では、台湾企業の工場から最先端の高度な技術を盗み、優秀な台湾の人材を引き抜くとと
もに、彼らに対し、自らの政治的思想を放棄して中国に忠誠を誓うことを強要するのです。

 中国は、金、権力、色を巧みに用いてわが台湾の同胞を抱き込み、台湾内部から分断を図ろうと
たくらんでいます。

 中国は「中国の夢」という耳ざわりの良い言葉で大中華思想を喧伝し、「92コンセンサス」を作
り出して台湾の政治的、経済的な発展を押さえ込んできました。

 「文武両面での威嚇」「武力による統一」「ビジネス面から政治への圧力」「台湾内部からの分
断」など、さまざまなカードが絶え間なく切られています。

 中国の最終目的は、台湾を併呑し、いわゆる「中国統一」を成し遂げることにあるのです。

 私たちは、中国が台湾を矮小化することを恐れてはいません。私たち自身が台湾を矮小化するこ
ともできません。

 台湾の人々のなかには、中華思想に毒され、自我を失い、希望をなくしている人もいます。た
だ、中国の覇権主義に屈することは、あまりにも短絡的であると言わざるを得ないのです。

 中国の覇権主義に直面する台湾は、自主的な思想を持たなければなりません。自分たちの道を歩
む必要があるのです。

 私は『新時代の台湾人』という著書のなかで「民主改革を成し遂げ、民主国家となった台湾は、
もはや民族国家へと後戻りすべきではない」と書きました。

 私たちは、幻の大中華思想から、脱却しなければならないのです。台湾の国民が持つ共通の意識
は「民主主義」であって「民族主義」ではないのです。

 民主主義と自由は、人類の文明にとって最も重要な価値観でありましょう。それは同時に、私た
ちに平和と安定、繁栄と進歩をもたらす基盤となるのです。

 反対に、中国は民主主義や自由といった価値から遠く離れ、富と軍事力による、かりそめの繁栄
を喧伝しています。

 「偉大なる中国の夢」という言葉で国民を欺き、愚弄している中国政府の目的は、ただただ独裁
体制の維持と安定にすぎないのです。

 多くの中国人が言うように、中国の人々には本当の自由というものがありません。不安と恐怖と
いうものを心の奥深いところに押し込めています。

 私はここで改めて中国政府に呼びかけます。

 「台湾は今も、これからも、中国の敵ではありません。中国にとって最大の敵は『本当の民主主
義』『本当の自由』でしょう。そして台湾こそ、この『本当の民主主義、本当の自由』の代名詞な
のです」と。

 台湾が代名詞になりうることは、台湾人のみならず、全世界の自由民主国家が明確に認めている
ことです。

 いかにして、中国の人々に永続的な民主主義と自由を与えるか、いかにして中国の人々が永遠の
幸福を追求できるか、こうした課題こそ、中国政府が積極的に考えなければならない問題ではない
でしょうか。

 世界の強国となりたければ、それは決して覇権主義の発露ではなく、普遍的な価値観を有する文
明の実現によって成されるべきだと思うのです。

 台湾の民主主義と自由は、もはや全世界が称賛するモデルにまでなっています。

 私は、台湾が民主主義と自由を継続的に追求し、実践し、深化させていくことを続けてさえいけ
ば、外来的な一切の圧力や干渉におびえることはないと信じております。そしていつの日にか、自
分たちの国の名前によって国際社会に躍り出る日が来ることになりましょう。

 以上で、本日の私のお話を終わります。

 ありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 謝長廷・駐日代表が台湾表記の変更強要問題で日華議員懇談会の決議に感謝

 中国の民用航空局は4月25日、外国の航空会社44社に1ヵ月以内に台湾表記を「中国台湾」と表記
するよう通達し、その強要が問題となっている。

 超党派でつくる国会議員連盟の「日華議員懇談会」は6月26日、この問題について、日本政府に
明確な方針を示すよう求める要望決議を採択。古屋圭司会長は翌27日、菅義偉官房長官と会談し、
決議文を提出した。

 また、その日の午後、木原稔・日華懇事務局長は台北駐日経済文化代表処を訪問、謝長廷・駐日
代表に本件の経過を説明したところ、謝代表は今回の超党派議員連盟の決議に対して高く評価し、
感謝の意を表した。「台湾週報」の記事を下記にご紹介したい。

 なお、「日華議員懇談会」は台湾の世界保健機関の年次総会(WHA)へのオブザーバー参加問
題でも、今年3月22日にオブザーバー参加支持を決議し、決議文を台北駐日経済文化代表処の張仁
久副代表に手渡している。

-------------------------------------------------------------------------------------

謝長廷・駐日代表が中国民用航空局による外国航空会社に対する台湾表記の変更要求問題に関する
日華議員懇談会の決議に感謝を表明
【台湾週報:2018年6月28日】

 中国民用航空局が外国航空会社に対して台湾の名称表記の変更を強制的に要求していることに関
して、日本の超党派衆参国会議員から構成される「日華議員懇談会」(以下、日華懇)は6月26日
に、緊急役員会を開催し、「要望決議」を採択した。

 同「要望決議」には、外国当局によってなされる本邦(日本)の航空会社による運送に係る事項
への関与を、国家間の問題であると捉え、国としての方針を示すこと。外交上の一般論として、
「力による一方的な現状変更の試み」が疑われる事案については、国家主権に係る安全保障問題で
あることを認識され、政府内でしかるべく報告され審議すること。同盟国の対応を十分に勘案、時
には主導し、同盟国の具体的な対応と足並みが揃うよう、細部深部に至るまで協議し協調すること
――などの内容が言及されている。

 日華懇は6月27日午前、古屋圭司・日華懇会長(衆議院議員)が菅義偉・官房長官と会談し、
「要望決議」を手渡した。同日午後、木原稔・日華懇事務局長(衆議院議員)が台北駐日経済文化
代表処を訪問し、謝長廷・駐日代表に本件の経過を説明した。

 謝代表は、個別の民間企業が外国政府からの圧力に対抗することは極めて無力かつ困難なことで
あるが、仮に全世界の国々がその国内の企業に対して事業内容以外の事項を強制的に要求したなら
ば、それは自由貿易の精神に背くのみならず、文明的な行為でもなく、天下が大混乱に陥りかねな
いとの認識を示した。そのうえで謝代表は、今回の超党派議員連盟の決議に対して高く評価し、感
謝の意を表した。

【台北駐日経済文化代表処 2018年6月28日】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み【2018年5月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。