国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3228号】 李登輝元総統沖縄ご訪問歓迎募金のお願い

2018/06/10

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年) 6月10日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3228]
1>> 李登輝元総統沖縄ご訪問歓迎募金のお願い
2>> 台湾産「黒葉ライチ」のお申し込みは本日が締切です!
3>> 【祝】台湾日通国際物流と国立台湾海洋大学が「産学連携覚書」を締結
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 李登輝元総統沖縄ご訪問「歓迎晩餐会」(6月23日)お申し込み *new
  https://goo.gl/QXKUwZ
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180608/

● 金子展也氏を講師に招き6月30日に「第37回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180605/

● 2018年:黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:本日(6月10日)】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180423lychee/

● 2018年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月22日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180423mango/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第16期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統沖縄ご訪問歓迎募金のお願い

◆ご寄付者全員に李登輝先生ご揮毫の栞や色紙、文鎮などを贈呈!

 昨日の本誌でもお伝えしたように、李登輝・元台湾総統が曾文恵夫人を伴い、来る6月22日から
25日にかけて沖縄県を訪問されることとなりました。

 実り多く、快適な沖縄ご訪問としていただくため、皆さまに「歓迎募金」のお願いを申し上げま
す。

 ご寄付いただいた方々全員に、李登輝先生ご揮毫の栞や色紙、文鎮などを贈呈申し上げます。ま
た、6月23日の歓迎晩餐会には、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表や本会の渡辺利夫会長など
も出席の予定ですが、多額のご厚志をいただいた方は、この歓迎晩餐会にご招待申し上げます。

 これまでも、ご来日中はホテルやお車の移動でも快適にお過ごしいただけるよう、出来得る限り
最善のご用意をさせていただいています。意のあるところをお汲み取りいただき、ご協力のほど賜
りますようよろしくお願いします。

 平成30年(2018年)6月吉日

                                    日本李登輝友の会

-------------------------------------------------------------------------------------

李登輝元総統沖縄ご訪問歓迎募金のお願い
ご寄付者全員に李登輝先生ご揮毫の栞や色紙、文鎮などを贈呈!

*詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180608-3/

◆ 1口=1万円

* 1口(1万円)の方:
 李登輝先生ご揮毫の「我是不是我的我(私は私でない私)」を刻む、竹をのして作製した特別誂
 えの栞(しおり 非売品)を贈呈。

* 5口(5万円) の方:
 李登輝先生ご揮毫の「為國作見證」色紙(印刷 非売品)を贈呈。

*10口(10万円)の方:
 李登輝先生ご揮毫の「我是不是我的我(私は私でない私)」を刻む、竹をのして作製した特別誂
 えの文鎮(非売品)を贈呈。

*20口(20万円)以上の方: 
 李登輝元総統歓迎晩餐会(6月23日)にご招待。
 現地までの航空券と宿泊ホテルはご自分で準備のほどお願いします。
 6月20日までにお振り込みいただいた方に限ります。

◆募金期間 2018年(平成30年)6月6日〜6月30日

◆お振込先

 郵便貯金   記号−番号:10070−45261231  
        李登輝先生来日歓迎委員会

 ゆうちょ銀行 店名:〇〇八 店番:008 普通預金:4526123  
        李登輝先生来日歓迎委員会

 みずほ銀行  本郷支店 普通 2949069  
        日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾産「黒葉ライチ」のお申し込みは本日が締切です! 

 4月25日からご案内してまいりました「黒葉ライチ」は本日がお申し込みの締切日です。ライチ
は旬の果物ですので鮮度が命。入荷日は限られていますので、泣いても笑っても、本日が最終申し
込み日です。

               ◇     ◇     ◇

 今年も台湾の「黒葉ライチ」をご案内しています。生ライチ独特の高貴な香りとプリプリした食
感、噛むたびに広がる瑞々しく甘い果汁を味わえるのは今だけです。

 黒葉ライチは台中市大屯、南投県名間郷および水里郷です。冷凍ではけっして味わえない本物の
生ライチをお楽しみください!

 今年もこれまでの3kgに、ご贈答用などでお使いやすい1kgもご用意。これらを航空便で台
湾から直送、冷蔵便にて現地に近いフレッシュな状態でお届けします。

*お申し込みが遅くなりますと、ご希望に沿えないこともございます。お早目にお申し込み・ご入
 金をお願いします。お申し込みと同時にお振り込みをお願いします。

 平成30年(2018年)6月吉日

                                    日本李登輝友の会

*これまでライチやマンゴーなどお申し込みの方にはご案内チラシをお送りしています。裏面の
 「お申し込み書」に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。

◆本会ホームページでも案内し、ホームページからお申し込みもできますし、お申し込み書もダウ
 ンロードできます。

   日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

◆ご自宅用などは下記のお手軽で簡単な「お申し込みフォーム」からどうぞ。また、5名様までお
 送りできます。

  2018年「黒葉ライチ」お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

-------------------------------------------------------------------------------------

1.商品の種類と価格

  黒葉ライチ・・・・・ 3kg  =  5,000円(税・送料込み)
  黒葉ライチ・・・・・ 1kg  =  2,900円(税・送料込み)

2.お申し込みとお支払い方法【前金制】

1)「お申し込み書」に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。

   日本李登輝友の会 FAX:03-3868-2101

2)お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください。

 ・郵便貯金口座
  記号 - 番号 10180 -95214171
  日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

 ・銀行口座
  みずほ銀行 本郷支店 普通預金 口座番号 2750564
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬(ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

  *代金前払い制、振込手数料はご負担願います。

3.お申し込みの締切と配達予定

  黒葉ライチ   申込締切日:6月10日(日)  配達予定:6月下旬〜7月5日頃

 *ライチは生ものですので、お届け先様が2日間不在の場合、送り主様へ転送いたします。
 *熨斗(のし)紙は「御中元」以外にもご用意できます。
 *ヤマト運輸の配達時間は、1)午前中(12時まで)、2)14時〜16時、3)16時〜18時、4)18時
  〜20時、5)19時〜21時です。ご希望の方はお申し込み書の「配達希望時間」の番号を○で囲
  んで下さい。
 *沖縄と一部離島は別途1,000円の送料がかかります。詳しくはお問い合わせ下さい。
 *生鮮食品のため、お届けに日数を要する一部離島はお届けできません。詳しくはお問い合わせ
  下さい。 
 *生鮮食品です。届きましたらすぐご開封の上、中身をご確認下さい。お届け先様にもお伝え下
  さい。

4.輸入・協力・・・池栄青果(株) 台湾物産館
           〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目15番7号

■日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

*月〜金、10:00〜18:00 土・日・祝日は休み

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【祝】台湾日通国際物流と国立台湾海洋大学が「産学連携覚書」を締結

 日本通運が台湾に設ける「台湾日通国際物流股[イ分]有限公司(董事長兼総経理:梶井雅章 以
下、台湾日通)は、創立30周年となる。2月3日、経済部の沈榮津部長や中華民国工商協進会名誉理
事長の黄茂雄東元グループ会長などを迎え、台北市内で記念式典を開催している。

 この佳年の6月6日、国立台湾海洋大学と「産学連携覚書」を締結したという。中央通信社は、台
湾日通が台湾の大学と産学連携の覚書を結んだのは初めてのことで、「今後、物流業界や職業を
テーマにした講座を同大学で共同で開くほか、台湾日通は人材育成のための奨学金の開設やイン
ターンシップ、就業機会の提供を行う」と伝えている。

 日本の台湾現地法人がこのような形で台湾を支援することにいささか驚かされたが、このような
形でも日台の絆を深めうることを示したことに心から祝意を表したい。

◆107年6月6日本校與臺灣日通國際物流股份有限公司簽署合作備忘録
 【国立台湾海洋大学校長室:2018年6月6日】
  http://blog.ntou.edu.tw/NTOU-President/2018/06/10766.html

-------------------------------------------------------------------------------------
海洋大学と台湾日通が人材育成で連携へ 講座開講やインターン推進
【中央通信社:2018年6月7日】
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201806070001.aspx

 (台北 7日 中央社)台湾海洋大学は6日、日本通運の台湾法人、台湾日通国際物流と人材育成な
どで産学連携を進める覚書を結んだ。署名式が同大学で行われ、張清風学長と台湾日通の梶井雅章
董事長(会長)が署名した。今後、物流業界や職業をテーマにした講座を同大学で共同で開くほ
か、台湾日通は人材育成のための奨学金の開設やインターンシップ、就業機会の提供を行うとい
う。台湾日通が台湾の大学と産学連携の覚書を結んだのは初めて。 

 張学長は、同大学では大学教育と社会のギャップを埋めるため、産業界との連携強化や産業に関
するカリキュラムの整備、インターンシップの推進などに取り組んでいると紹介。海運、空運、陸
運はいずれも同大学が力を入れている分野だとし、台湾日通との連携によって産学の交流が深まる
ことに期待を寄せた。 

 梶井董事長は、急速に変化を続ける物流市場では専門的な人材が必要だと言及。専門知識を持
ち、産業動向に敏感な人材が重視される傾向が強まっているとし、人材育成の重要性を指摘した。 

 署名式の後には、同大学出身で台湾日通の物流部次長を務める李盈宜氏が講演を行い、学生たち
に物流業界やキャリア形成について紹介した。また来月からは、同大学の学生3人が台湾日通での1
年間のインターンシップに参加するという。 

                                    (編集:楊千慧)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み【2018年5月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2018/06/11

      ここ数十年間、北朝鮮が唱えて続けていることは「朝鮮半島の非核化」です。

     北朝鮮は昭和55年頃から「朝鮮半島の非核化」を唱え始めました。これはアメリカが韓国の防衛に協力することをやめることを意味しています。その頃から北朝鮮は高麗民主連邦共和国の樹立を掲げ始めました。密かに核開発も本格化させました。アメリカを交渉の場に引き出そうとして、四者会談や六者会談の開催を主張し始めました。

     北朝鮮の核武装と朝鮮半島の非核化、高麗民主連邦共和国の樹立(北朝鮮が主導しての朝鮮半島の統一)は一体になっているのです。北朝鮮は核でアメリカを脅して、アメリカが軍事的、政治的に朝鮮半島に関与することをやめさせようと策動を続けてきました。

     北朝鮮の対外方針は一貫しており、全く変わっていません。

      北朝鮮は、最近の一連の動きの中でも、核兵器を抛棄するとは全く言っていません。

     恰も北朝鮮が核兵器抛棄に踏み切ろうとしているかのような観測が一部であるようですが全くの誤りです。

     トランプ大統領は、単に希望的観測にのみに基づいて金正恩との会談に臨もうとしているようです。何ら具体的な方針や目算なくして、北朝鮮のような兇暴な集団の中心人物と会うのは極めて危険です。北朝鮮側の術策に乗せられてしまうことが危惧されます。

     北朝鮮が仮に核兵器の製造や保有の放棄に踏み切ると仮定しても、施設の完全な解体と、完全に除去されたことの検証には長い歳月がかかると言われます。そうだとしても、核に関する情報の公開や、既に製造されている核弾頭の引き渡しは直ぐにでも行える筈です。核除去には歳月がかかるから最初のうちは事を焦らず、そのうち打開策を見つければよいと云う話は成り立ちません。

     北朝鮮側は、体制の保証を要求していると言われます。この「体制の保証」とは何を意味しているのか不明確です。また具体的にアメリカ側に何を要求しようとしているのかも不明です。北朝鮮の言うことですから、何か罠があるのかもしれますせん。「体制の保証」が、高麗民主連邦共和国樹立(北朝鮮による朝鮮半島統一)への同調を意味していると云う可能性も全くは否定出来ないのではないでしょうか。

     また、「体制の保証」が軍事境界線の北側での北朝鮮政権の温存を意味するのであったとしても、北朝鮮住民が暴虐な政権が支配する暗黒世界で苦しむ状態に置かれ続けることを黙認することになります。

     朝鮮戦争に関しての平和協定なぞ絶対に締結してはいけません。これは在韓米軍の撤退に繋がりかねず、極めて危険です。韓国の安全保障に重大な支障を齎し、ひいては日本や台湾の安全をも揺るがしかねません。また、仮に韓国の存立には脅威が及ばなかったとしても、朝鮮半島南北の分断が固定化されることになります。北朝鮮政権の延命を許し、北朝鮮の住民が暗黒世界で苦しみ続けることになります。

     アメリカを含め、西側世界は北朝鮮の微笑外交に惑わされず、北朝鮮の対外政策は全く変わることがないことを十分認識する必要があります。

     また北朝鮮の住民がこの世の地獄のようなところで呻吟していることを直視する必要があります。共産主義国家は、単なる独裁国家ではありません。住民は生活の隅々迄が監視され、ほんの少しでも不満を漏らすと強制収容所に送り込まれてしまいます。学校や職場、隣近所だけでなく、家庭内も密告網に組み込まれています。

     例えば北朝鮮の学校では、教員が児童や生徒から、暗に陽に、両親が家で何を言ったかを聞き出し(教員は監視要員でもある)、少しでも共産体制に対して懐疑を抱いているのではないかと疑われれる場合には、その子供も含めて一家全員が直ちに強制収容所に送られてしまいます。職場や隣近所に於いても同様です。汽車に乗っていて降りる駅を間違えたと云うような些細なことでも、反政府陰謀だと決めつけられて激しい尋問を受けて、一家ともども僻地に追いやられたり、強制収容所に送られたりします。共産体制に対する不満が明白である場合には、公開銃殺に処せられることも少なくありません。北朝鮮の住民のうち7割は共産体制にとっての「特殊監視対象の階層」または「動揺階層」に属していることになっており、特に厳しく監視や抑圧が加えられ、大学進学や職場での幹部登用は封じられています。共産主義国家の住民は自由が全くない世界で、日々想像を絶するような苦しみに喘ぎながら生きているのです。

     政治的自由の制約と言いますと、西側の権威主義体制国家のことがよく取り上げられます。然し西側の権威主義体制国家の場合は、政治的な自由に制約があっても、全く不自由と云うわけではなく、或る程度迄は政治的自由が認められています。野党も存在します。また政治以外の領域では、基本的に自由があります。政府が社会の隅々迄監視するなどと云うことはありません。

     単なる権威主義体制や独裁体制と、共産主義体制とでは、不自由の次元が全く異なります。

     共産主義国家では社会が隅々迄完全に監視統制され、自由が完全に封圧されています。権威主義体制国家に比べて何万倍も住民が苦しまなければならない社会なのです。

     暴虐非道の共産主義体制は一日も早く倒されなければなりません。





     (尚、北朝鮮に於ける住民の抑圧に関しては、例えば、柴田穂氏著『謎の北朝鮮』、金万鉄氏著『悪夢の北朝鮮』、金元祚氏著『凍土の共和国』などに、その恐ろしい実態が書かれています。)