国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3218号】 本日14時30分、多田恵氏が台湾セミナーで蔡英文政権の現状について講演【当日受付可】

2018/05/26

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年) 5月26日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3218]
1>> 本日14時30分、多田恵氏が台湾セミナーで蔡英文政権の現状について講演【当日受付可】
2>> 本日15時、本会千葉県支部が片倉佳史氏を講師に講演会
3>> 米国国防省が今年のリムパックへの中国招待を取り消し
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 本日、多田恵氏を講師に招き「第36回台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180503/
 *次回の台湾セミナーは6月30日(土)、金子展也氏を講師に開催。

● フルーツ狩りと日台交流サミットツアーお申し込み【締切:5月31日】
  http://urx.mobi/JPxZ
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180513/

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 2018年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180423lychee/
 *ドラゴンライチの締切は5月31日、黒葉ライチの締切は6月10日!

● 2018年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180423mango/
 *アップルマンゴーの締切は7月22日!

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第16期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本日14時30分、多田恵氏が台湾セミナーで蔡英文政権の現状について講演【当日受付可】

 台湾の蔡英文総統は、今年の5月で総統就任2年目を迎えました。就任式では、経済構造の転換、
年金改革や長期介護システムなど社会のセーフティーネット強化、社会の公平と正義の実現、地域
の平和的安定と発展、両岸関係への適切な対処と外交およびグローバルな課題への貢献などの目標
を掲げ、台湾の人々の期待を一身に背負って発足した感がありました。

 しかし、就任1年目ころから支持率が下がり始め、30%前後となりました。昨年9月に林全氏に替
わって、頼清徳・台南市長を行政院長に選任したときには50%近くになりましたが、最近はまた
30%前後になっています。

 ただし、蔡総統が今年1月に「失業率は17年ぶりの低さ」「株価は28年ぶりの高さ」「給与は2
.86%上昇」と自らツイートしたように、台湾経済は比較的好調で、3月失業率はさらに下って
3.66%とこの18年間の最低水準を示し、景気は緩やかに回復しています。

 果たして蔡英文政権は順調なのでしょうか。今回のセミナーでは、本会理事でもある多田恵氏を
講師に招き、日本にとって生命線とも言うべき台湾の現状について、蔡英文政権の執政状況を通し
てお話しいただきます。

 セミナー終了後は、講師を囲んで懇親会を開きます。ご参加の方は、申し込みフォーム、メー
ル、FAXにてお申し込み下さい。                     【当日受付可】

                    記

◆日 時:平成30年(2018年)5月26日(土) 午後2時30分〜4時30分(2時開場)

◆会 場:文京区民センター 3-C会議室

     東京都文京区本郷 4-15-14 TEL:03-3814-6731
     【交通】都営地下鉄:三田線・大江戸線 春日駅 徒歩1分
               東京メトロ:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩3分
         JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分

◆演 題:蔡英文政権は順調なのか─その内政と外交

◆講 師:多田恵氏(亜細亜大学非常勤講師、本会理事)

     [ただ・けい] 昭和47年(1972年)、東京都生まれ。王育徳氏の著書に感銘を受け東京
     大学文学部言語学研究室に進み、同大大学院博士課程単位取得退学。現在、亜細亜大学
     などの講師を務めるとともに、台湾語の普及に取り組む日本で屈指の台湾語研究者。国
     際台湾語検定日本会場責任者。翻訳に李壬癸著「台湾オーストロネシア諸語の分布と民
     族移動」(下村作次郎編『原住民文化・文学言説集II』所収)など。在日台湾同郷会理
     事、台湾独立建国聯盟日本本部中央委員、本会理事。

◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生)
     *当日ご入会の方は会員扱い

◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。

     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて[参加費=3,000円 学生:2,000円]

◆主 催:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

-------------------------------------------------------------------------------------
2018年5月26日「第36回台湾セミナー」申込書

・ご氏名(ふりがな):
・メールアドレス:
・性 別:男性・女性
・ご住所
・お電話
・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望
・懇親会: 参加 ・ 不参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 本日15時、本会千葉県支部が片倉佳史氏を講師に講演会

 本会千葉県支部(嶋田敦子支部長)は本日午後、東京都内で総会(第12期)を開き、続いて台湾
在住のライターで「台湾の達人」こと片倉佳史氏をお招きして講演会を開催します。

 八面六臂の活躍をするお忙しい片倉氏のご都合により本部主催の「台湾セミナー」と重なってし
まいましたが、台湾の言葉になった日本語や北京語・台湾語の歴史などについて話されるそうで
す。昨日発行の『片倉佳史の台湾便り』からご紹介します。

 なお、本誌で片倉真理さんが夫の片倉佳史氏撮影の写真を使い、初めての単著となる『台湾探
見 Discover Taiwan―ちょっぴりディープに台湾(フォルモサ)体験』をウェッジから出版したこと
をお伝えしましたが、台湾の新しい息吹を伝えるとても興味深い内容です。片倉真理さんのキメ細
かい取材力が際立ち、いつの間にか台湾の活力の源がなんなのか伝わってきます。今年お勧めの1
冊です。

 昨日の「中央通信社」がニュースとして取り上げていました。

◆台湾は「魅力を伝えたくなるパワーを持つ島」=在住ライター・片倉真理さん
 http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201805250002.aspx

            ◇     ◇     ◇

 日本李登輝友の会千葉県支部さんのお招きで、5月26日(土曜日)に講演を致します。今回は
「台湾ことば散歩」と題し、お話しします。台湾の言語事情に始まり、台湾の言葉になった日本語
や、北京語・台湾語の歴史、台湾の方言事情、漢字の話、原住民族の諸言語、現代会話事情や訳語
の世界など、幅広く取り上げてみたいと思います。

http://kokucheese.com/event/index/520668/

 お話しするネタをいくつか挙げておきます。ご興味を感じていただければと思います。今回は大
きめの会場を押さえているので、ゆったりとできると思います。懇親会もありますので、どうぞお
越しください。

「ナガシ」という名の音楽
職業用語になった日本語
「湾生」だけが使う単語がある
台湾に残る日本語の地域差とは
「アタマ・コンクリ」を考える
消え去った日本語〜ねいちゃん、かんじょう、にいさん
花蓮到着時の車内放送「かりんこ」とは?
地名に残る平埔族の言葉
ニックネームは「アブラ」と「アルミ」
高砂族の一人称は「ワタクシ」 
「サイグー」と胸を張るパイワン族の老人
タオ族の「ヤマ」は山ではない
100は「たくさん」、1000は「たくさんの折り返し」
ホーロー人は「パイラン」、客家人は「ガイガイ」?
戦後に形成された「創作日本語」

               ◇     ◇     ◇

・日 時:2018年5月26日(土)15時開演(14時45分受付開始)

・会 場:大手町スペースパートナー 

     東京都千代田区神田錦町2丁目11番地7 小川ビル
     【交通】東京メトロ東西線 竹橋駅から徒歩4分 
         東京メトロ千代田線 大手町駅から徒歩5分 

・参加費:2,000円(当日・会場でお支払いください) 

・定 員:130名(定員に達した時点で締切らせていただきます) 

・主 催:日本李登輝友の会千葉県支部 

・お問い合わせ:日本李登輝友の会千葉県支部(担当・片木) 
 yk-plan@ivy.ocn.ne.jp  FAX 03-3868-2045

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 米国国防省が今年のリムパックへの中国招待を取り消し

 米国国防省は5月23日、中国が南シナ海で「軍事拠点化を続けている」ことを理由に、今年のリ
ムパックに中国の招待を取り消したと報じられた。

 本会が今年3月に発表した政策提言「台湾を日米主催の海洋安全保障訓練に参加させよ」でも言
及しているように、アメリカ海軍主催により1971年からハワイ沖ではじめた世界最大の多国間海軍
軍事演習であるリムパック(環太平洋合同演習:Rim of the Pacific Exercise)に中国は2014年
から正式参加し、2016年にも参加していた。

 しかし、政策提言で「参加艦艇以外に情報収集艦も派遣して他国艦艇の情報収集活動を行ったこ
とで、他の参加国に警戒感を抱かせた結果となり、米国内だけでなく参加国からも中国参加に異論
が出ている」と指摘したが、米国側も中国の参加が中国の外洋進出を抑制せず、逆に南シナ海の軍
事拠点化を強化する結果になったことに鑑み、招待を取り消したのだろう。

 ニューズウィーク誌がいかに中国が南シナ海の軍事拠点化を強化しているか、スビ礁に中国人民
解放軍の部隊が泊まれる400余りの宿舎が建設されていることなど具体例を挙げて報じている。

 中国の軍拡はやむところを知らず、東アジアの脅威は増すばかりで、遅きに失した感はぬぐえな
いが、米国のリムパックへの中国招待取り消しを歓迎したい。

-------------------------------------------------------------------------------------
中国、南シナ海で兵士数千人規模の宿舎を大量建設
【ニューズウィーク:2018年5月25日】

<中国が、領有権を主張する南シナ海で戦力配備を激化させている。アメリカは環太平洋合同演習
から中国を排除するなど、警戒を強めている>

 中国が南シナ海に建設した7つの人工島のうち、「ビッグスリー」に数えられるスビ礁に、中国
人民解放軍の部隊が泊まれる400余りの宿舎が建設されていることが、衛星画像で判明した。

 米デジタルグローブが提供した高解像度の衛星画像と、米アースライズ・メディアによる画像の
分析結果を、ロイター通信が5月24日に公表した。

 ロイター通信は安全保障専門家の話として、残る2つの「ビッグスリー」であるミスチーフ礁と
ファイアリー・クロス礁にも、2000人規模の海兵隊が泊まれる建物がある、と報じた。2つの人工
島にはそれぞれ、スビ礁と類似の軍事施設や構造物が190カ所も建設されている。そのスビ礁に
は、ミサイルの砲台や格納庫、滑走路のほか、バスケットボール用のコートまで整備されている。

 中国は近年南シナ海で埋め立てや建設を進め、最近ではミサイルや爆撃機の展開も始まり、東南
アジア諸国や台湾も領有権を主張している海域を実質的に支配している。

 中国は5月18日、「南シナ海での戦闘」を想定した軍事演習の一環として、核搭載可能なH6K爆撃
機を南シナ海の複数の人工島や環礁に着陸させたと発表。離着陸訓練が行われたとみられる西沙
(パラセル)諸島の領有権を主張するベトナム政府は、激しく抗議した。

◆アメリカもけん制するが

 一方、中国本土から約800キロ離れ、南シナ海のほぼ中央に位置する南沙(スプラトリー)諸島
は、100以上の島や環礁などから成り、豊かな漁場があるうえ、莫大な量の石油・天然ガス資源が
眠っている可能性があるため、台湾、ベトナム、マレーシア、フィリピンも滑走路や港、リゾート
施設などを造ってきた。ブルネイも自国の排他的経済水域(EEZ)と重なると主張している。

 中国による軍事拠点化の動きは、東南アジア諸国だけでなく、国際法に基づく当然の権利として
「航行の自由」作戦を実施するアメリカやイギリスとの緊張も高めてきた。

 米国防省は5月23日、原則2年に1度、20か国以上の海軍が参加する「環太平洋合同演習」(リム
パック)について、今年は中国に対する招待を取り消したと発表。中国が南シナ海で「軍事拠点化
を続けている」ことを理由に挙げた。中国は初参加となった2014年、次の2016年に続き、今年も参
加を表明していたが、アメリカに排除された格好だ。

                                   (翻訳:河原里香)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2018/05/26

    (お詫びと訂正) 

     先日、湯島天神の今年の例大祭を、「四年に一度の本祭」と書きましたが、「二年に一度の本祭」の誤りでした。お詫びして訂正します。

     湯島天神では、神幸祭とはまた別立てで本社神輿渡御も行われています。四年に一度行われるのは、本社神輿をわっしょわっしょいと各町内の氏子衆が順次担ぐ本社神輿渡御でした。(今年は、その年に当たり、明日27日に渡御します。) 

     神幸祭は神社によって行われる頻度が異なります。数年に一度の神社もあれば、毎年や隔年の神社もあります。湯島天神は隔年で斎行していて頻度が高いので、参観し易いと思います。

     ネット情報で知ったのですが、湯島天神の本社神輿渡御が四年に一度であるのは、同じく神幸祭のある年に行われる氏子神輿の連合渡御と交互に斎行されるからのようです。

     勿論、例大祭自体は毎年行われています。神幸祭のない年も、各町の個別の氏子神輿渡御は行われ、境内では屋台が出て、里神楽や太鼓演奏奉納などの神賑行事があります。

     湯島天神は、特に梅祭りや菊祭りに際しての参拝客が多く、例大祭の人出はそこまでは多くありません。例大祭の時は、境内や祭列をゆったりと拝観、参観出来るとも言えましょう。

     

     今年は、都心では、築地・波除稲荷神社(6月6日から10日)、日枝神社、新宿・花園神社、素盞雄神社(荒川区)、根津神社(9月)などで本祭、神幸祭が斎行されます。