国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3149号】 日本の皆様へ(花蓮地震に関して) 台湾観光局

2018/02/20

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年) 2月20日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3149]
1>> 日本の皆様へ(花蓮地震に関して) 台湾観光局
2>> 花蓮地震へのお見舞いと激励メッセージ
3>> 花蓮地震への日本李登輝友の会の対応について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 柚原正敬・本会事務局長が広辞苑問題をテーマに2月24日「台湾セミナー」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180211/

●【花蓮地震】 お見舞いと激励のメッセージを募集中!
  送付先:〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
  E-mail:info@ritouki.jp  Facebook:http://goo.gl/qQUX1
  Twitter:https://twitter.com/jritouki  FAX:03-3868-2101

● 桜募金 ご協力のお願い【期間:11月10日〜2018年2月28日】
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171120/
 *2月16日現在のご寄付:46万9,500円(41名)
 *台日文化経済協会への桜苗木200本の寄贈は2月26日の予定です。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第16期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日本の皆様へ(花蓮地震に関して)  台湾観光局

 台湾の交通部観光局は2月12日 17時50分、「花蓮市内では何棟かのマンションやホテルが倒壊し
ましたが、被害は一部にとどまり、花蓮地区における交通や生活は支障なく、正常に機能しており
ます」とする「花蓮地震に関する安心宣言」を日本語で発表しました。

 また、翌13日には「日本の皆様へ(花蓮地震に関して)」を発表し、日本への感謝の念を表明し
つつ、花蓮は一部を除いてこれまでと同じ日常を取り戻しており、ぜひ花蓮観光に来ていただきた
いと伝えています。下記にその全文をご紹介します。

◆台湾観光局:花蓮地震に関する安心宣言【2018年2月12日 17:50】
 https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0024712

-----------------------------------------------------------------------------------------
日本の皆様へ(花蓮地震に関して)
【台湾観光局:2018年2月13日】
https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0024714

 2018年2月6日台湾時間23時50分に花蓮沿岸を震源とするマグニチュード6.0深さ10キロの地震が
発生し、これにより数棟のビルが傾く災害が発生しました。

 皆様には、地震発生まもなくから、多くのご心配とあたたかい御見舞い、激励のメッセージをお
寄せいただき、日本政府及び民間からは激励と義援金、捜索隊の派遣をいただきました。

 台湾が苦難に面している時「古くからの友人」である日本から全力を挙げた支援と真摯なご心
配、ご関心をいただきましたこと、そして、日本の皆様からの誠意ある想いに、台湾では深い感動
と感謝を覚えております。

 現在、地震の影響を受けた花蓮は一部のエリアを除き、交通網、ライフライン全てが地震の影響
を受けることなく平常通り供給されています。

 花蓮市は、日本人観光客が最も多く訪れる台北から約220?先の東部側に位置しておりますが、
東部鉄道を含む台湾全土の鉄道、高速道路、空路などの交通網は通常運行されております。花蓮の
景勝地タロコ国家公園をはじめ、花蓮市内ほか東部一帯の観光施設、景勝地はいずれも安全が確認
され、通常通り営業し、以前と変わらない花蓮の山と海の美しさ、台湾らしい情熱的なおもてなし
の気持ちをもって皆様のおいでをお待ちいたしております。

 最後になりましたが、日本の皆様に改めて心より深謝申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 花蓮地震へのお見舞いと激励メッセージ

◎佐藤 千枝

 花蓮の地震。昔、統帥大飯店に泊まったことがあります。当時から古い建物でしたが、客室は広
くホテルの人は親切で大変お世話になりました。本当に残念です。亡くなった方々のご冥福をお祈
りいたします。そして花蓮の復興を信じております。

 2月10日〜12日に台北に行きました。あちこちの観光地や地下鉄の中で日本語が聞こえましたか
ら、台湾への観光客の減少はそれほど心配ないと思いますが、テレビでも花蓮の観光業の損失が報
道されてました。花蓮のホテルのメッセージには、倒壊したビル以外の花蓮の人々は通常の暮らし
を取り戻しているとのこと。鉄道も通常運行しているとのこと。市民の90%が観光業に関わってい
るので花蓮に行く事が支援になるとのこと。という訳で、9月に花蓮に観光に行きます(^O^)/

◎A・A

 台湾東部地震で被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げると共に、亡くなられた方のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

 私に“今できること”は、1日も早く花蓮に平穏な日々が訪れることを祈ること。そして現状が
落ち着いたら、花蓮へ足を運び、たくさん見て、食べて、観光して、いろいろなことを体感したい
です。

 花蓮はとても魅力的な場所です。太魯閣の自然の神秘に魅了され、花蓮で食べた料理はどれも美
味しかったです。

 もっと多くの人に花蓮の素晴らしさを知ってもらい、花蓮への観光客が増えてほしいです。

 一刻も早い復興を心から願っています。

 天佑花蓮 加油

*A・Aさんからのメッセージには、とても素人が作ったものとは思えないほどの手作りと思われ
 る素敵な激励の「色紙」をお送りいただきました。この色紙も花蓮県政府にお届けいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 花蓮地震への日本李登輝友の会の対応について

 2月6日に起きた「花蓮地震」について、花蓮県長は地震発生から5日目の2月11日午前、花蓮市内
のビル損壊現場に生存者がいる可能性はないため救出作業を終え、ビルの取り壊し作業に入ると発
表したことが報じられ、これでこの地震によって亡くなられた方は17人、負傷者は285人だそうです。

 ただ、肝心の「花蓮地震中央災害即応センター」(0206花蓮震災 中央災害應變中心)が発する
情報は3時間に1回更新すると伝えられていましたが、2月12日18時以降は更新されませんでした。

 そこで、被災状況の確認はメディア情報に頼らざるを得ない状況でしたが、マグニチュード6.0
という大きな地震にもかかわらず、発生から5日目という短期間で救出作業を終えることができ、
災害規模もこの程度でとどまったことは不幸中の幸いと言ってもいいかもしれません。

 本会にも、義捐金に関して多くのお問い合わせをいただき、またお見舞いのメッセージもお届け
いただいています。台湾をお身内のように思われるお気持ちは本当に心強い限りで、日本人として
誇りに思います。

 これまで本会は、2009年の「八八水害」をはじめ、2014年の高雄ガス爆発事故・澎湖島墜落事
故、2015年の高砂義勇隊慰霊碑の台風被害、2016年の台湾南部地震、2017年の八田與一像の頭部切
断事件において「お見舞い募金」を行い、日本人の真心がこもった大切な義捐金ですので、被災地
で確実に役立って欲しいと願って台湾側に直接お届けして参りました。

 今回の災害規模がどこまで広がるのかと見守っておりましたが、地震翌日の7日には台湾の行政
院が花蓮県に3億台湾元(日本円で約11億1,800万円)を拠出すると報じられ、12日には台湾観光局
が安心宣言を発表するに至り、このような状況に鑑み今回は義捐金の募集を見送りました。ご理解
のほどお願いします。

 ただ、日本人としてできることとして、お見舞いや励ましの声を台湾に届けることも台湾を応援
する大事なことなのではないかと考え、花蓮の被災者にお見舞いと激励のメッセージをお送りする
ことをお勧めしております。

 また、花蓮は観光地ですが「観光業の損失は6月までで、少なくとも80億台湾元(約296億円)に
上ると試算されている」そうです。そこで、日本から台湾を訪れる際は花蓮を訪れることもお勧め
しているところです。

 しかしながら、それでは日本人として気持ちがおさまらないということもあるでしょうから、義
捐金を送られる場合は台北駐日経済文化代表処(日本の台湾大使館に相当)をご紹介しておりま
す。台北駐日経済文化代表処も義捐金の受付口座は設けておりませんが、直接持参されるか、現金
書留郵便でお送りすれば受け付けています。

 本会にも何件か義捐金が寄せられており、大切な義捐金ですので台北駐日経済文化代表処にお届
けする予定です。

・台北駐日経済文化代表処 
 〒108-0071 東京都港区白金台5-20-2
 TEL:03-3280-7811
 HP:https://www.roc-taiwan.org/jp_ja/index.html

 また、もっと手軽に義捐金を振り込むことができるところとしては「日台若手交流会」がござい
ます。「日台若手交流会」の代表は私どもの理事をつとめており、集めた義援金は全額花蓮縣政府
にお届けするとのことです。

 ちなみに、2月16日21:30現在のご寄付総額は833万7,626円(471件)だそうで、17日には街頭募
金も行ったそうです。

【日台若手交流会FB】
 http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=PdrwYWjeMeCZHA5QzKn3lKjtOfrzUR28rYm/cMp/XeJCMkjFbmy3P5Y0Qp7DBRYF

【義捐金 振込口座】

 ・ゆうちょ銀行 二一八(ニイチハチ)支店 (普)2907826 
  日台若手交流会(ニッタイワカテコウリュウカイ)

 ・郵便局
  12150-29078261
  日台若手交流会(ニッタイワカテコウリュウカイ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』 *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

 *第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *現在「在庫切れ」(2018年1月25日)
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。