国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3131号】 秋田県の田沢湖と高雄市の澄清湖が「姉妹湖」提携30周年!

2018/01/31

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 平成30年(2018年)1月31日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3131]
1>> 秋田県の田沢湖と高雄市の澄清湖が「姉妹湖」提携30周年!
2>> 中国が昨年8月から「地図管理条例」違反の地図などの摘発キャンペーンを展開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 桜募金 ご協力のお願い【期間:11月10日〜2018年2月28日】
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171120/
 *1月29日現在のご寄付:34万3,500円(33名)

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第16期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 秋田県の田沢湖と高雄市の澄清湖が「姉妹湖」提携30周年!

 秋田県仙北(せんぼく)市内にある田沢湖(たざわこ)と高雄市内にある澄清湖(ちょうせい
こ)が「姉妹湖」を結んだのは1987年(昭和62年)11月4日。以来、ほぼ毎年相互に関係者を派遣
し交流を行っている。

 姉妹湖の提携から30周年を迎えた昨年、10月27日に仙北市の駒ケ岳グランドホテルにおいて仙北
市国際交流協会がお祝いの記念式典を開催し、地元紙の秋田魁新報は「澄清湖を管理する台湾の公
営水道会社『台湾自来水公司』の訪問団33人と、仙北市国際交流協会の会員ら計約100人が出席
し、今後も交流を深めていくことを誓い合った」と報じた。

 また今年の1月18日、今度は台湾自来水公司が高雄市内で返礼の30周年を祝う式典を開き、秋田
からも門脇光浩(かどわき・みつひろ)仙北市長、青柳宗五郎(あおやぎ・そうごろう)仙北市議
会議長、吉田裕幸(よしだ・ひろゆき)仙北市国際交流協会会長、佐藤和志(さとう・かずし)田
沢湖・角館観光連盟会長ら約80人が駆けつけてお祝いしたという。下記にそれを伝える秋田魁新報
の記事をご紹介したい。

 田沢湖というと、本会関係者は2007年に国際教養大学学長で理事長を兼任されていた中嶋嶺雄氏
の招きで来日された李登輝元総統一行が訪問されたことを思い出す方も少なくないかもしれない。

 岩手訪問の翌6月5日に中嶋学長の先導にて田沢湖を訪問、同行の黄昭堂・台湾独立建国聯盟主席
らと台湾側から贈られた「飲水思源像(いんすいしげんぞう)」を見ながらゆったりと散策された。

 この日は天気もよく、飲水思源像前で李元総統は「昔、水を得るときには川や池から引いてきて
いたが不衛生だった。今は本当に便利になって、安全に水を使うことができるようになった。だか
ら、水を飲むときは、先人の苦労と水の大切さに思いを馳せなくてはならないという戒めだ」と、
農業経済の学者に戻ったように、台湾語で若い女性記者たちに教え諭されていた光景を思い出す。

 秋田魁新報の記事に姉妹湖締結のきっかけについて「旧田沢湖町で開かれた国際シンポジウム
で、パネリストが湖を縁に台湾と交流してはどうかと提案したのがきっかけ」とある。

 このパネリストというのは、田沢湖町から台湾との交流について相談されていた外交評論家で本
会副会長の加瀬英明氏のこと。

 日台間にはこの姉妹湖を締結する1987年まで、1979年10月の青森県大間町を嚆矢として3件の姉
妹都市提携があるだけで、田沢湖町も姉妹都市提携を模索していたものの、中国の圧力と妨害が厳
しく、それで台湾にも詳しい加瀬氏に相談していたという。そこで、加瀬氏は湖に着目し、湖同士
なら中国も文句を言ってこないだろうと提案したそうで、案の定、中国の圧力はなかったという。

 ちなみに、この湖提携の前年の1986年1月、大井川鐵道と阿里山森林鉄道が姉妹鉄道を締結して
いて、31周年を祝って、昨年6月に阿里山鉄道運営の母体となる台湾行政院林務局の楊宏志副局長
ら4人が大井川鐵道を訪問して交流を温めていた。

 大井川鐵道と阿里山森林鉄道、田沢湖と澄清湖の姉妹提携に日台交流の原点を見る。田沢湖と澄
清湖の姉妹湖30周年を心からお祝いし、末永く交流が続くことを心から願いたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
田沢湖との姉妹湖30周年祝う 台湾式典に仙北市訪問団
【秋田魁新報:2018年1月19日】
 
 【高雄市=本社・赤石昌之】秋田県仙北市の田沢湖と台湾・高雄市にある澄清湖(ちょうせい
こ)の「姉妹湖」締結30周年を祝う式典が18日、高雄市で開かれた。仙北市の訪問団ら80人と、澄
清湖を管理する公営水道会社「台湾自来水公司」の職員ら40人が出席。30年の歩みを振り返り、今
後も交流を深めていくことを誓い合った。

 同公司第7区管理所で行われた式典で、王明孝所長は「(協定書を交わした)1987年11月4日は忘
れられない日。30年で築いた交流を末永く続けよう」と歓迎。仙北市国際交流協会の吉田裕幸会長
は「今回のツアー参加者が100人も集まったのは、台湾に魅力があるからだ。今後も30、40年と付
き合いたい」とあいさつした。

 同協会が昨年10月、仙北市で記念式典を開き、今回はその返礼をしようと同公司が開催した。仙
北市からは同協会会員と門脇光浩市長、青柳宗五郎議長、佐藤和志田沢湖・角館観光連盟会長らが
出席。一行は秋田空港発着の中華航空チャーター便で台湾入り。21日まで滞在し、玉川温泉と提携
協定を結んでいる北投温泉(台北市)との交流会に臨むなどして仙北市や本県の観光をアピールする。

 澄清湖は高雄市民の生活用水供給を目的に52年に建設された人造湖で、風光明媚(めいび)な観
光地として有名。姉妹湖締結は、旧田沢湖町で開かれた国際シンポジウムで、パネリストが湖を縁
に台湾と交流してはどうかと提案したのがきっかけ。締結後、湖のシンボル像を贈り合ったり、両
湖の写真展を開催したりして親交を深めてきた。台湾からの修学旅行が増えるなど、交流の幅は広
がりつつある。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 中国が昨年8月から「地図管理条例」違反の地図などの摘発キャンペーンを展開

 報道によると、中国は主権や領土について国民の意識を高めようと、国家測量地理情報局などが
昨年8月から全国で「問題地図」整理キャンペーンを展開中だという。「地図管理条例」に違反し
た場合は廃棄処分を命じるそうだ。

 これで摘発されたのが、中国の「無印良品」の店舗で配布していた「2017年秋冬家具カタログ」
の地図だそうで、朝日新聞は「国境線が間違っており、尖閣諸島や、同様に中国が領有権を主張す
る南シナ海の諸島が描かれていない▽海南島(海南省)が中国と違う色になっている▽台湾をめぐ
る注意書きにも重大な誤りがある」と指摘され、「カタログは当局の指示を受けて廃棄したとい
う」と報じている。

 なんとも一党独裁の専制国家を象徴するような強行措置で、これは言論弾圧と言ってもいいだろ
う。このような中国であれば、岩波書店の『広辞苑』第7版の台湾関係記述も、中国からの圧力を
懼れ、中国と事を構えたくなかったからかと勘繰りたくなるのは編集子だけだろうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------
尖閣地図で「無印」を処分=「国境誤記」と当局主張−中国
【時事通信:2018年1月30日】

 【北京時事】中国の国家測量地理情報局は29日、日本の良品計画が重慶市で運営する無印良品の
店舗で配布されていたカタログに載っていた地図に「釣魚島(沖縄県尖閣諸島の中国名)の記載漏
れ」があったとして、地図の廃棄処分と再発防止の徹底を命じたと発表した。

 同局は「地図管理条例」に違反したと説明している。

 同局は、無印良品の地図には「国境線の誤記があった」と指摘。尖閣諸島のほか、南シナ海で中
国が領有権を主張する島が記載されておらず、台湾に関しても「誤った注記があった」としている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』 *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *現在「在庫切れ」(2018年1月25日)
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。