国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3099号】 トランプ大統領が台湾への武器供与を明記した政権初の「「国家安全保障戦略」を発表

2017/12/20

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 平成29年(2017年)12月20日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3099]
1>> トランプ大統領が台湾への武器供与を明記した政権初の「「国家安全保障戦略」を発表
2>> 【広辞苑誤記問題】 岩波『広辞苑』の嘘  宮崎 正弘(評論家・作家)
3>> 王明理さんを講師に謝長廷代表なども参加の「日台共栄の夕べ」【本日締切】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 王明理さんを講師に「日台共栄の夕べ」【12月20日(本日)締切】お申し込み
  http://goo.gl/4LDSbD
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171119/

● 桜募金 ご協力のお願い【期間:11月10日〜2018年2月28日】
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171120/

● 2017年台湾向け「りんご」お申し込み【締切: 1月15日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2017ringo/
 *12月下旬配送分のお申し込みは予定どおり12月15日に締め切りました。

● 定番の「パイナップルケーキ」と新紹介「マンゴーケーキ」のお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171116cake/
 *パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へお送りする場合、送料は10箱まで600円。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第15期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> トランプ大統領が台湾への武器供与を明記した政権初の「「国家安全保障戦略」を発表

 米国のトランプ大統領は12月12日(現地時間)、台湾との防衛関係強化を定めた「2018国防授権
法」(NDAA:National Defense Authorization Act)に署名し、この法案が成立した。

 追い打ちをかけるように、トランプ米大統領は12月18日、政権発足後、初めての外交・軍事戦略
の指針となる「国家安全保障戦略」(NSS)を発表し、米国は「一つの中国政策」に基づいて台
湾との強固な関係を維持することを明記しているという。下記にそれを伝える「台湾国際放送」の
記事をご紹介したい。

 産経新聞によれば「国家安全保障戦略に武器供与が明記されたのは、共和党のブッシュ(子)政
権1期目の2002年以来、15年ぶり。同政権2期目の06年からは記述が消え、民主党のオバマ政権下で
は言及がなかった」という。

 米連邦議会の大統領への意見書が「2018国防授権法」であり、大統領が連邦議会へ提出するのが
「国家安全保障戦略」。その両方に台湾との防衛強化が盛り込まれた。中国が台湾に圧力をかけれ
ばかけるほど、アメリカは中国に圧力をかける構図になってきている。

-----------------------------------------------------------------------------------------
外交部:台湾は米国の重要なパートナー
【台湾国際放送:2017年12月19日】

 外交部が、台湾は米国の重要なパートナーであると重ねて強調した。トランプ米大統領は18日、
政権発足後、初めての外交・軍事戦略の指針「国家安全保障戦略」を発表した。その中で、「米国
の一つの中国政策」が重ねて表明され、米の国内法「台湾関係法」に基づく、台湾への武器供与が
強調されている。

 新たな戦略では、米国は「一つの中国政策」に基づいて台湾との強固な関係を維持することが明
記されている。その中には「台湾関係法」における台湾に対する約束、つまり、台湾の合理的な防
衛上のニーズを満たすことと、(台湾への)圧迫を阻止することが含まれている。

 特に注目されているのは、トランプ大統領は戦略の中で特に「台湾関係法」を強調したことと、
台湾への武器供与を重ねて表明したこと。これはこれまでの米政府の一貫した言い方、つまり、米
の「一つの中国政策」は米国と中国大陸の「三つのコミュニケ」と「台湾関係法」に基づくものと
異なる。トランプ政権はそれを「我々の一つの中国政策」と形容、これもトランプ大統領が中国大
陸の指導者、習近平氏と初めて対面したときの言い方だった。

 外交部北米司の陳立国・司長は19日、これについて談話を発表し、米国は戦略の中で、その「一
つの中国政策」に基づいて台湾と強い関係を維持すると明言したことから、台湾側は、それはトラ
ンプ政権の台湾との関係に対する支持の現われだと捉え、前向きな発展だと見ていると述べた。

 陳立国・司長は、「これは、トランプ政権発足後に発表された初めての国家安全保障戦略だ。そ
の中では台湾との安全保障面における協力関係も言及されている。それは、トランプ大統領は台湾
が米国のアジア太平洋地域の安全保障と経済における重要なパートナーであることを認識している
表れだ。そのため、戦略の中で台湾の安全保障に対する約束を重ねて表明した。」との見方を示した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【広辞苑誤記問題】 岩波『広辞苑』の嘘  宮崎 正弘(評論家・作家)

岩波『広辞苑』の嘘。印刷したから間に合わないという弁明。廃棄処分要求を
『台湾は中華人民共和国』に帰属した歴史的事実はない
【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:平成29年(2017)12月19日】

 岩波書店が出している「広辞苑」で、台湾が「中華人民共和国の一部」だと誤記された問題で、
中国外務省の華春瑩報道官は、これを逆手にとって、「台湾が中華人民共和国の一つの省ではない
とでもいうのか。台湾は中華人民共和国の不可分の一部だ」と突っぱねた。

 つまり中国は、岩波の広辞苑の表記が正しいとし、岩波書店側を支持するかたちである。

 環球時報(電子版)も、「岩波書店が台湾側の雑音に応えることはほぼあり得ないが、(修正に
応じれば)中国側の激しい反発を引き起こすだろう」と一見脅しととれる記事を配信した。

 日本政府の反応と言えば、いかにも日和見で、菅義偉官房長官は12月18日の記者会見で、「民間
のことであり、コメントは控えたい」とした。

 日本政府は台湾について1972年に調印した日中共同声明で中国の立場を「十分理解し、尊重」す
るとしており、菅氏は「政府の立場は日中共同声明の通りだ」と強調した。

 台湾大使館にあたる「台北駐日経済文化代表処」は、「中華民国・台湾は独立主権国家であり、
断じて中華人民共和国の一部ではない」と岩波書店側に表記の修正を求めている。

 広辞苑の台湾に関する記述は、「台湾省」として記載されており、1972年に調印した日中共同声
明では、日本は中国側の立場を「十分理解し、尊重」と表現するにとどめているにもかかわらず、
同声明に関する項目では「日本は中華人民共和国を唯一の正統政府と認め、台湾がこれに帰属する
ことを実質的に認め」などと出鱈目が書かれている。

 こうした経緯から国民のあいだに岩波糾弾の声があがり、抗議デモが岩波書店をとりました。廃
棄処分するまで闘うというグループもある。

 「広辞苑」の、どこが嘘かと言えば、下記のことが歴史的事実であり、岩波の記述は意図的な政
治的アジビラの類である。

(1)台湾は一度も中華人民共和国に帰属した歴史はない。

(2)日本政府は「台湾が中国の一部」だと認めたことはない。

(3)中華民国の帰属に関しても、日本は「国際法的には帰属不明」とする立場である。

 つまり蒋介石が勝手に台湾に乗り込んで居座っているのが事実である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 王明理さんを講師に謝長廷代表なども参加の「日台共栄の夕べ」【本日締切】

◆今年から参加費は前金制となっています。
 参加お申し込みの方は、本日(12月20日)までに、ご案内の「郵便貯金」か「ゆうちょ銀行」の
 口座(下記ご参照)に、参加費をお振り込みいただきますようお願いします。

◆参加をキャンセルされる方は、本日(12月20日)まで、メールまたはFAXにてご連絡下さいま
 すようお願いします。
 併せて、ご返金のお振り込み口座もお知らせいただきますようお願いします。また、ご返金の振
 込手数料は参加費から引かせていただくことをご了承のほどお願いします。

             *     *     *

 今年の台湾は、パナマとの国交を断絶されるなど中国からさまざまな圧力を受けながらも、着実
に国内経済を伸展させています。

 米国は台湾との関係強化を目指して「台湾旅行法」「台湾安全法」「2018国防授権法」を制定し
ようとしています。日本もまた初めて総務副大臣を派遣するなど関係強化を進め、今年の姉妹都市
提携は14件にのぼり、叙勲者も台湾出身者を加えると8人になり、日台の絆はますます深まってい
ます。

 つきましては、今年もこの1年を振り返りつつ、さらなる飛躍を期し、15回目となる本会恒例の
「日台共栄の夕べ」を開催します。

 第1部の講師は、台湾独立建国聯盟日本本部委員長の王明理さんです。行政院長に就任した頼清
徳氏が台南市長のとき、ご尊父の故王育徳先生の記念館と台湾独立建国聯盟主席だった故黄昭堂先
生の記念公園の造成を決めたことやその進み具合などについて、台湾独立運動を第一線で進めてき
た羅福全、許世楷、金美齢、林建良の各氏が日台双方で叙勲されたことと絡めてお話しいただきます。

 第2部は、台湾高級ホテル宿泊券、カバランウィスキー、「劉の店」の劉俊茂氏が台湾食材を
使って自ら作る熱々の台鉄弁当、美味しい台湾果物、素敵な台湾グッズなどが当たる大好評の「お
楽しみ抽選会」を行う大忘年会です。

 今年から参加費は前金制となりますが、着座形式でゆったりとした雰囲気の中で行います。

 今年は謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表や、『「環島」ぐるっと台湾一周の旅』を出版され
た一青妙(ひとと・たえ)さんなども参加される予定です。台湾にご縁のある方ならどなたでも大
歓迎です。ふるってご参加ください。

                     記

◆日  時:2017年12月23日(祝・土) 13時30分〜16時30分[受付開始:13時]

◆会  場:アルカディア市ヶ谷 3階 富士の間(東)

      東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
      【交通】 JR・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩3分
      http://www.arcadia-jp.org/access.htm

 第1部:講 演 会 13:30〜14:20

     王明理先生「日台が受け入れた台湾独立運動─王育徳記念館と黄昭堂記念公園」

 第2部:大忘年会 14:30〜16:30

◆参 加 費:会員:10,000円(学生会員:8,000円) 一般:12,000円

      *参加費は前金制です。12月20日(水)までお振り込みのほどお願いします。
      *入会希望者と当日入会者も会員扱いとし、一般の方には当日、受付にて返金します。
      *着座、ビュッフェスタイルで行います。

◆お振込先:郵便貯金 記号−番号:10180−95214171 日本李登輝友の会

      *郵便貯金口座は「ゆうちょ銀行」口座をお持ちの方の場合、振込手数料が無料で送
       金できます。

      ゆうちょ銀行 店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417 日本李登輝友の会

      *ゆうちょ銀行口座は、銀行など他の金融機関やインターネットからも送金できます。

◆お申込み:お申し込みフォーム、メール、FAXで日本李登輝友の会まで

      お申し込みフォーム:http://goo.gl/4LDSbD
      E-mail:info@ritouki.jp
      FAX:03-3868-2101

◆締  切:12月20日(水) *定員(130人)に達し次第、締め切らせていただきます。

◆主催・お問い合せ
 日本李登輝友の会[会長:渡辺利夫]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/

------------------------------------------------------------------------------

「平成29年 日台共栄の夕べ」お申し込み書

・ご氏名:
・電話:
・E-mail:
・会籍:会員・一般・入会希望(いずれかに○をつけて下さい)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券(1,200円)お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4
 *映画「台湾萬歳」公式サイト:http://taiwan-banzai.com/

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)*new
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2017/12/21





    天長節皇居一般参賀……12月23日

       (午後の記帳参賀は午後3時30分迄です。)

    新年皇居一般参賀……1月2日



    天皇陛下のお誕生日をお祝いする大阪府民の集い……12月23日午後2時より、大阪府神社庁会館にて

    天皇陛下の御誕生日をお祝いする愛知県民の集い……12月23日午後1時半より、桜華会館にて(愛知県護国神社西側、地下鉄市役所駅下車)



    靖国神社奉納新春刀剣展……平成30年元日から1月13日迄

    亀岡八幡宮餅つき大会(市ヶ谷)……12月23日

    鶴岡八幡宮……宝物殿特別展「神仏と御印」は平成30年元日から2月4日迄

         ……神苑ぼたん庭園の開園は元日から2月中旬迄(予定)

    「北斎と肉筆浮世絵 氏家浮世絵コレクションの至宝」……平成30年1月4日から2月4日迄、鎌倉国宝館にて

    「秘仏出世大黒天 長谷寺の縁起仏とともに」……12月23日から平成30年2月4日迄、長谷寺観音ミュージアムにて



    十日戎……1月9日、10日、11日、西宮神社をはじめ主に阪神地方のえびす神社にて

    広田神社初春の行事……開運大的御弓始神事(1月2日)、新春奉納吟詠(1月3日)など

    住吉大社初春の行事……踏歌神事(1月4日)、白馬(あおうま)神事(1月7日)など

    住吉大社・市戎大国社例祭……1月9日、10日

     (大阪で最も古くから続くえびす祭です。)

    大阪天満宮えびす祭……1月9日、10日、11日

     (大阪天満宮のえびす祭りは戦後長らく途絶えていましたが、平成19年から再開されました。近くには堀川戎神社がありますので、両社を続けて参拝出来ます。)