国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3079号】 本日14時30分、趙中正氏と柚原正敬氏を講師に「台湾セミナー」【当日受付可】

2017/11/18

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 平成29年(2017年)11月18日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3079]
1>> 本日14時30分、趙中正氏と柚原正敬氏を講師に「台湾セミナー」【当日受付可】
2>> 【祝】 広島県呉市と基隆市が4月28日に姉妹都市を締結していた!
3>> 広島県呉市が「台湾の呉さんを呉市に呼ぼう」ツアー企画、反応は上々
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2017年台湾向け「りんご」お申し込み【締切:12月15日と 1月15日】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

● 2017年・台湾ポンカンお申し込み【締切:12月8日(金)】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx

● パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 趙中正氏と柚原正敬氏を講師に「第33回台湾セミナー」(本日)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171110/

● 李登輝学校校友会主催「台湾出身戦歿者慰霊祭」(11月23日)お申し込み
  https://goo.gl/YLbmyj
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171107/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第15期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本日14時30分、趙中正氏と柚原正敬氏を講師に「台湾セミナー」【当日受付可】

 本年6月4日、在日台湾人組織でつくる「全日本台湾連合会」が創立大会を開き、会場には行政院
僑務委員会の呉新興・委員長が台湾から駆けつけ、謝長廷・駐日台湾代表処代表など約300人が出
席、実業家で本会理事の趙中正氏が会長に就任しました。設立後は台湾から多くの方が訪ね、台湾
政府にも提言活動を展開しているそうです。

 そこで、趙中正会長に、全日本台湾連合会はなぜいま設立されたのか、活動状況や今後の目指す
ところについてお話しいただきます。

 また、台湾関係法を定める米国は蔡英文政権発足後、「台湾に対する『6つの保証』」や「2017
国防授権法」を定め、今年に入ってからも「台湾旅行法」や「2018国防授権法」を制定しようとし
ています。台湾との関係強化を進める米国の台湾政策について、本会の柚原事務局長に話していた
だきます。

 セミナー終了後は、講師を囲んで一足早い忘年会(懇親会)を開きます。ご参加の方は、申し込
みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。

 12月は、23日(土・祝)に本会恒例の「日台共栄の夕べ」を開催するため、本年最終回となる
「台湾セミナー」です。ふるってご参加ください。              【当日受付可】

                    記

◆日 時:平成29年(2017年)11月18日(土) 午後2時30分〜4時30分(2時開場)

◆会 場:文京シビックセンター 地下1階 アカデミー文京 学習室

     東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-5803-1100
     【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩2分 
             都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
             JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分
     http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

◆講 師:趙中正氏(全日本台湾連合会会長、本会理事)

◆演 題:全日本台湾連合会の設立とその目指すところ

     [ちょう・ちゅうせい] 昭和19年(1944年)、モンゴル・チチハル生まれ。日本大学法
     学部卒業後、南カリフォルニア大学大学院留学。1969年11月、オアシス商事を創立し代
     表取締役に就任。父の影響を受けて台湾独立運動に深く関わり、ブラックリスト解除後
     の1992年11月、初めて台湾の土地を踏む。台湾初の政権交代後、僑務委員会僑務委員を
     経て諮問委員。2017年6月4日、全日本台湾連合会会長に就任。在日台湾同郷会顧問、本
     会理事。

◆講 師:柚原正敬氏(本会常務理事・事務局長)

◆演 題:関係強化を進める米国の台湾政策

     [ゆはら・まさたか] 昭和30年(1955年)、福島県南相馬市生まれ。早稲田大学中退。
     1982年、専務取締役編集長として出版社「展転社」を創立、主に天皇、大東亜戦争、台
     湾に関する著書を担当編集。1995年、台湾研究フォーラムを設立。2002年、日本李登輝
     友の会の設立とともに常務理事・事務局長に就任し現在に至る。共著に『台湾と日本・
     交流秘話』『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』『誇りあれ、日本よ─李登輝・沖縄
     訪問全記録』など。

◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生)
     *当日ご入会の方は会員扱い

◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *11月17日(金) 締切

     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて[参加費=3,000円 学生:2,000円]

◆主 催:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

-----------------------------------------------------------------------------------------
2017年11月18日「第33回台湾セミナー」申込書

・ご氏名(ふりがな):
・メールアドレス:
・性 別:男性・女性
・ご住所
・お電話
・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望
・懇親会: 参加 ・ 不参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 広島県呉市と基隆市が4月28日に姉妹都市を締結していた!

 広島県呉(くれ)市と台湾の基隆市が本年4月28日、姉妹都市を締結していました。広島県の
ホームページにそのきっかけや提携経過などを掲載しています。

<昭和55年から続く呉グリーンライオンズクラブと基隆(キールン)市中正獅子会の交流をきっか
けに、平成28年6月、基隆市長から「基隆港建港130周年慶祝行事」への招待を受け、呉市長が基隆
市を訪問しました。両市長の会談の中で、学校交流をはじめとして、姉妹都市提携を視野に入れた
交流を進めることで思いが一致。その後も協議を重ね、平成29年4月、姉妹都市として提携しまし
た。>

 また、締結のポイントは「街の成り立ちや坂の多い町並みなど共通点」が多かったことだったと
毎日新聞が伝えていますので下記に紹介します。

 ちなみに、今年に入ってからの日台の都市間提携は下記の14件で、これまで年間提携数がもっと
も多かった昨年と並びました。日台の絆はますます強くなり、交流は深化しています。

1)01月11日 熊本県と熊本市が高雄市と「友好交流協定」を締結
2)01月13日 大分県竹田市と高雄市田寮区が「観光文化友好交流都市協定覚書」を締結
3)02月08日 福岡市と台北市が「起業支援交流覚書」を締結
4)02月09日 中津市と台中市が「自転車旅行と観光交流の促進に関する協定」を締結
5)02月10日 三重県と台中市が「国際交流促進覚書」を締結
6)02月17日 栃木県と高雄市が「経済と教育分野における友好協力覚書」を締結
7)02月21日 宮崎県と新竹県が「友好都市交流協定」を締結
8)04月28日 呉市と基隆市が「姉妹都市」を締結
9)05月20日 和歌山市と台北市が「交流促進覚書」を締結
10)06月01日 愛媛県と台中市が「友好交流覚書」を締結
11)06月24日 富士宮市と台南市が「友好交流都市協定」を締結
12)09月29日 尾道市と台中市が「友好交流覚書」を締結
13)10月05日 宮崎県と桃園市が「友好交流協定」を締結
14)10月13日 岐阜県飛騨市と嘉義県新港郷が「友好都市」を締結

-----------------------------------------------------------------------------------------
坂と港の街 呉市と台湾の基隆市提携
【毎日新聞:2017年4月29日】

https://mainichi.jp/articles/20170429/ddl/k34/010/539000c
写真:姉妹都市提携の協定書に調印した後、記念品を交換する林右昌・基隆市長(左)と小村和年・
   呉市長=広島県呉市で、大坪康巳撮影

 呉市は28日、市内のホテルで台湾最北端の港湾都市・基隆(キールン)市との姉妹都市提携の調
印式を行った。文化やスポーツ分野などで交流を進めるという。 

 基隆市は人口約37万人。日本統治時代に軍港が開かれ、三方を山で囲まれた天然の良港として
発展した。街の成り立ちや坂の多い町並みなど共通点が多く、昨年6月、小村和年市長らが基隆市
を訪れ、友好親善を進めることで合意した。 

 調印式の会場には基隆市の訪問団約50人が、今後、同市の学校との姉妹校提携が検討されている
市立呉高の生徒の先導で入場。小村、林右昌両市長が協定書に調印した。 

 小村市長は「学校間の交流をはじめ産業、文化、スポーツなどさまざまな分野で交流を進めた
い」、林市長は「呉は港や山などとても基隆と似ていて、自分の家に帰ったようだ。基隆港から日
本に向かうクルーズ船も多く、これを機に呉港にも寄港できるようにしたい」と話した。
                                      【大坪康巳】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 広島県呉市が「台湾の呉さんを呉市に呼ぼう」ツアー企画、反応は上々

 今年の4月28日、基隆市と姉妹都市を結んだ広島県の呉(くれ)市。今度は、台湾に呉市と同じ
「呉」という姓が多いことに着目し、台湾の「呉」さんが呉市を訪れた際に特典が受けられるサー
ビスを始めたそうです。なんともユニークで、斬新な取り組みだ。毎日新聞が伝えているので下記
に紹介します。

 この報道によれば、今年、呉市は市の名前にちなんだ公式キャラクター「呉氏(くれし)」を
作ったこともあり、呉さんにターゲットを絞った企画を始めたそうです。

 11月6日には、台湾在住の「呉」姓の方を対象に「呉地域国際観光大使」を募集しはじめてい
て、呉市のホームページに募集案内を掲載していますが、なんと繁体字で表記! これも台湾の
人々にとっては嬉しい呼びかけです。

 募集期間は2018年3月31日まで。台湾の「呉」さん、ぜひご応募ください。

◆誠?「?地域國際觀光大使」(呉地域国際観光大使を募集します!)
 https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/67/ambassador.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の呉さんを呉市に呼ぼう ツアー企画、反応上々
【毎日新聞:2017年11月17日】

https://mainichi.jp/articles/20171117/k00/00e/040/161000c
写真:広島県呉市のホームページで公開されているPR動画。台湾人の呉さん(左)が呉市を旅す
   る内容だ

 広島県呉市はインバウンド(訪日外国人)向けの観光施策の一環として、台湾に多い名字で、市
と同名の「呉(ウー)さん」が市を訪れた際に特典が受けられるサービスを始めた。今年度中にも
呉さんを招くツアーも実施予定で、台湾在住の呉さんからは「自分と同じ名前の都市に行ってみた
い」との声が寄せられるなど、関心が高まっているという。 

<動画もあるよ>これが呉氏 
https://mainichi.jp/articles/20170203/k00/00m/040/036000c

<呉といえば>「この世界の片隅に」片渕監督 舞台の呉で語る 
https://mainichi.jp/articles/20170417/k00/00e/040/190000c

 呉市観光振興課によると、2015年に市内を訪れた外国人観光客は、宿泊者からの推計で約5万
1600人とされ、うち台湾からの客は米国、韓国に次ぐ約4800人。台湾から広島県内には同年に約17
万人が訪れており、市への訪問客数を増やすのが課題だった。担当者が対策を練る中で、台湾の人
口の約2350万人のうち、「呉」姓が約94万9000人と7番目に多いことに気付いた。市の名前にちな
んだ公式キャラクター「呉氏(くれし)」を今年作ったこともあり、呉さんにターゲットを絞った
企画を始めたという。 

 先月末からホームぺージ上で、台湾在住の呉さんを対象に、SNS上で呉の魅力を発信してもら
う「呉地域国際観光大使」を募集。大和ミュージアム(市海事歴史博物館)では来年3月末まで、
受付でパスポートを提示して呉姓を証明すれば、通常500円の入館料を無料(常設展のみ)にして
いる。 

 さらに「あなたは呉を知っていましたか」などと尋ねるアンケートに答えた呉さんの中から抽選
で呉市内を巡る3泊4日のツアーをプレゼントする企画も進む(当選人数は未定)。ツアーの告知
後、市には台湾の地元テレビ局や新聞社から取材があり、「呉」を名乗る人からの問い合わせも来
ているという。 

 新聞で企画を知ったという台北市在住の呉雨澤(ウー・ユーツァー)さん(41)は、毎日新聞の
取材に「これまで呉市の存在は知らなかったが、自分と同じ名前で感動し、身近に感じた」。台中
市在住の呉孟達(ウー・モォンター)さん(46)も「とても魅力的な場所だと思う。呉市に行くこ
とができれば食べ物や軍港の景色を楽しみたい」と期待を膨らませる。 

 市は今月末にアンケートの結果をまとめる予定で、担当者は「反応が上々で驚いた。ツアーの詳
細は明かせないが、台湾で話題になるような内容にしたい」と意気込む。【山田尚弘】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券(1,200円)お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4
 *映画「台湾萬歳」公式サイト:http://taiwan-banzai.com/

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)*new
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。