国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3069号】 李登輝学校研修団で講師をつとめられた作家の鄭清文氏が逝去

2017/11/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 平成29年(2017年)11月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3069]
1>> 李登輝学校研修団で講師をつとめられた作家の鄭清文氏が逝去
2>> 11月11日、緊急集会「尖閣・沖縄そして台湾〜中国の侵略・覇権を断乎阻止しよう」
3>> 11月12日、日本「榕社」が拓殖大学にて第17回台湾文化研究発表会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 青年部芋煮会(11月11日)参加申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/yczmzehnkxza
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171102-01/ 


● 台湾歌壇編纂『蔡焜燦先生追悼集』をお頒ちします!
 *在庫が5冊を切りました。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171020/
 *お申込先:FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第15期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝学校研修団で講師をつとめられた作家の鄭清文氏が逝去

 11月4日、台湾の小説家で童話作家の鄭清文氏が心筋梗塞のため台北市内の病院で亡くなられま
した。享年85。これまでのご恩顧に心から感謝申し上げ、謹んで哀悼の意を表します。

 日本統治時代の1932年9月16日、新竹州(現在の桃園市)に生を享けた鄭先生は台湾大学商学系
を卒業後、華南銀行に奉職されましたが、1960年代より小説、80年代からは童話や絵本を精力的に
発表されていました。

 鄭先生の作品は当時の国民党政権下においての発表だったため、寓意に富んだ作品が多く、台湾
の子供たちは自分たちの住む台湾をもっと知るべき、愛すべきと考え、台湾の歴史、人物、風土な
どを織り込んだ物語を創り出されました。日本でも『阿里山の神木』や『三本足の馬』『丘蟻一
族』などが出版されています。

 私どもが主催する日本李登輝学校台湾研修団(略称:李登輝学校研修団)でも、2004年10月の第
1回から、故張炎憲先生(国史館館長)や故黄昭堂先生(総統府国策顧問)などとともに、台湾文
学や台湾文化について何度もご講義いただきました。独裁政権の戒厳令下、「台湾文学」を確立さ
せようと努められてきたことを淡々と話される姿に、本当に敬服しました。

 参加者のなかに名前が同じ「清文」という方がいて、「ああ、同じですね。台湾と日本は近いん
ですよ」と言われたときの柔和な表情がとても印象的でした。

 自由時報紙によりますと、告別式は11月25日(土)午後1時から、台北第一殯儀館において行わ
れるとのことです。

            ◇     ◇     ◇

鄭清文(てい・せいぶん)先生
1932年(昭和7年)9月16日、台湾・桃園生まれ。1958年、台湾大学法学部商学学科卒業、処女作を
発表。1960年、華南銀行に就職。代表作に、長編小説では1965年『簸箕谷』、1970年『峡地』、
1986年『大火』など。短編小説には1968年『故事』、1970年『校園裏的椰子樹』、1984年『最後的
紳士』ほか多数。1992年、評論集『台湾文学の基點』、1993年、日本語訳『阿里山の神木』(『台
湾の創作童話集』岡崎郁子訳、研文出版)、1968年、短編小説「門」で第4回「台湾文学奨」受
賞。1987年、第10回「呉三連文芸奨」「小説奨」受賞。1993年、第16回時報文学奨「短編小説推薦
奨」受賞。1999年、短編小説集『三本足の馬』(アメリカコロンビア大学出版社、英訳版。1984
年、研文出版より日本語訳)。同年、台湾の中で文芸分野の最高名誉の「金鼎奨」受賞。1998年に
華南銀行を定年退職後は台湾師範大学で「現代小説創作與賞析」を講義するなど精力的に活動。
2017年11月4日、逝去。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の作家、鄭清文氏が死去 日本統治時代生まれ
【共同通信:2017年11月5日】

鄭 清文氏(てい・せいぶん=台湾の作家)台湾メディアによると4日、台北市内の病院で心筋梗
塞のため死去、85歳。

 日本統治下の32年、現在の桃園市で生まれ、幼少期に日本語教育を受けた。台湾大学を卒業後、
銀行に勤める傍ら、短編小説を中心に評論などでも活躍。社会性の強い作品が多く、日本統治下の
台湾を題材にした小説「三本足の馬」や、「丘蟻一族」などは日本でも翻訳、出版された。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月11日、緊急集会「尖閣・沖縄そして台湾〜中国の侵略・覇権を断乎阻止しよう」

 中国は現在、東シナ海と南シナ海において覇権主義を隠そうともせず大胆な 軍事行動をしてい
ます。

 既に、わが国固有の領土である尖閣諸島の周辺海域に 大量の漁船団、および海監並びに海軍艦
船を同海域に派遣しています。

 そして、 沖縄における反米軍基地運動は、日本国の同胞たる沖縄県民の平安を脅かし、 中国の
覇権を許す利敵行為となっています。

 また、台湾の自立を目指す蔡英文 政権の発足以後、中国政府は台湾への敵視政策を強めています。

 私たちはこの危機に対し、日本、台湾、アメリカ、それぞれの立場から現状と連帯を訴える緊急
集会「尖閣・沖縄そして台湾〜中国の侵略・覇権を断乎阻止しよう〜」を開催いたします。 

                         東シナ海問題を考える会 代表 宮崎正弘

◆緊急集会「尖閣・沖縄そして台湾」−中国の侵略・覇権を断乎阻止しよう−
 http://minamishina.sakura.ne.jp/

・日 時:2017年11月11日(土)午後2時(13:30開場)

・場 所:文京区民センター 2階A会議室

     東京都文京区本郷4-15-14 (TEL 03-3814-6731)
     【交通】都営地下鉄:三田線・大江戸線 春日駅 徒歩2分
         東京メトロ:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩3分
         JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分

・基調講演:宮崎正弘(ジャーナリスト)

・講 演:我那覇真子(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員)
     李  明峻(台湾安保協会副理事長)
     飯柴 智亮(元米国陸軍大尉)
     藤井 厳喜(国際政治学者)

・司 会:三浦小太郎

・会 費:1,000円

・連絡先:TEL:03-5840-6460
     E-mail:info@minamishina.sakura.ne.jp

・主 催:東シナ海問題を考える会

・協 力:日本李登輝友の会、呉竹会アジアフォーラム

◆講師経歴

・宮崎正弘(みやざき まさひろ)
 ジャーナリスト、評論家。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌「浪漫」企画室長、
 貿易会社経営などを経て論壇デビュー。国際政治・経済の舞台裏を独自の情報で解析する評論に
 定評があり、中国ウォッチャーの第一人者として活躍。『「中国大恐慌」以後の世界と日本』な
 ど多数。

・我那覇真子(がなは まさこ)
 沖縄県名護市出身。高校在学中、アメリカオハイオ州、カリフォルニア州へ交換留学。早稲田大
 学人間科学部卒。2013年「危険な普天間飛行場の辺野古地先移設促進名護市民大会」でのスピー
 チをきっかけに論壇活動を開始。現在「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表委
 員。日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター。「虎の門ニュース」で活躍。

・李明峻(り めいしゅん)
 重要な日本研究者の一人。台湾大学卒業。京都大学で博士号取得後、岡山大学法部准教授を経
 て、台湾中原大学財務経済法律系助教授、新台湾国策シンクタンク研究発展長など。専門は国際
 法、台湾を含めた東アジの国を含めた東アジの国際政治。台湾安保協会は秘書長を経て副理事長。

・飯柴智亮(いいしば ともあき)
 軍事コンサルタント。元アメリカ陸軍大尉。19歳で渡米、北ミシガン州立大学を卒業後、永住権
 を得て米陸軍入隊。アフガニスタン軍事作戦参加。日米合同演習では連絡将校。除隊後アラバマ
 州トロイ大学より国際政治学・国家安全保障分野の修士号取得。著書に藤井厳喜氏との対談『米
 中激戦』など。

・藤井厳喜(ふじい げんき)
 国際政治学者。国際問題アナリスト。早稲田大学政経学部政治学科卒。アメリカ留学、ハーバー
 ド大学助手、同大学国際問題研究所研究員。90年代の日本のバブル崩壊、リーマンショック、ト
 ランプ大統領当選など大胆な予想を的中。現在、(株)ケンブリッジ・フォーキャスト・グルー
 プ・オブ・ジャパン代表取締役。主な著書に『日米対等』など多数。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 11月12日、日本「榕社」が拓殖大学にて第17回台湾文化研究発表会

【台湾の声:2017年11月5日】

 台湾文化に興味を持つ方(台湾人、日本人、外国人可)のご来場を歓迎いたします。

・主 催:日本「榕社」

・共 催:拓殖大学台湾文化研究会

・日 時:2017年11月12日(日) 午前10:00−午後4:00(10:00受付、10:30開会)

・会  場:拓殖大学国際教育会館 F301 講堂(*)

     文京校区正門(に入らず)右方徒歩2分  東京都文京区小日向3-4-14
     地下鉄丸の内線 茗荷谷駅 より徒歩5分(標識あり) 
     http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=FJIAhofOCkOxD5ehMdIWLeh3JmFuYAHysRij+YxYrEWpsPjnoxmY+5OKP7BY/Ot2

・参加費:無料 但し申し込みをお願いいたします

・申込先:小島武彦(Tel&Fax:0287-72-6175)E-mail:tougen@nasuinfo.or.jp
       吉永超然 (Fax:0277-96-2600)

*懇親会を予定しています(会費2000円)、当日申し込み。 

・発表者:

 午前の部(10:30―12:00)

 1.淡水河邊―迪化街 、淡水紀行
   日本「榕社」DVD

 2.『生蕃傳説集』における食物:植物と動物
   李 嘉琪 Ho-Lo語、日本語 DVD発表 

 3.異文化コミュニケーションの観点から見る日本の無医村に赴いた台湾出身医師?歯科医師と
   その家族
   洪 上[女亭] 日本語

 午後の部(13:00―16:00)

 4.蘭嶼(ヤミータウ)と穂高町の「姉妹郷町」関係―美舟チヌリクランを介して
   郭 安三 Ho-Lo語、日本語

 5.和美阮家的古契字
   柳原憲一 Ho-Lo 語、日本語字幕

 6.朝鮮半島危機と台湾
   澁谷司(拓殖大学海外事情研究所)日本語

 7.まとめ
   拓殖大学海外事情研究所    澁谷 司  日本語

-----------------------------------------------------------------------------------------
第17回台湾文化研究発表会に

ご出席

氏名:

人数:

連絡先:Tel 
    Fax
    E-mail:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券(1,200円)お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4
 *映画「台湾萬歳」公式サイト:http://taiwan-banzai.com/

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。