国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3053号】 李登輝元総統が沖縄県支部設立に寄せられたご祝辞

2017/10/17

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 平成29年(2017年)10月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.3053]
1>> 李登輝元総統が沖縄県支部設立に寄せられたご祝辞
2>> 沖縄県支部設立趣意書  大浜 一郎(沖縄県支部設立準備委員会委員長)
3>> 10月21日、佐野幸夫氏「宜蘭の近代化建設に尽くした西郷菊次郎」台湾文化センター講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 浅野和生・平成国際大学教授講師の台湾セミナー(10月28日開催)お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *本会HPでもご案内 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20171011/

● 第28回李登輝学校研修団(11月23日〜27日)お申し込み【締切:10月24日】
  http://goo.gl/KKnEAO
 *本会HPでもご案内 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170913/
 *間もなく定員に達しそうです。参加を希望される方はお早めにお申込み下さい。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第15期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。 
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統が沖縄県支部設立に寄せられたご祝辞

 本誌10月14日号で、本会27番目の支部として沖縄県支部が10月12日に設立されたことをお伝えし
たとき、「明日、李元総統のご祝辞をご紹介します」としながら、ご紹介が遅れ失礼しました。

 「日本李登輝友の会・沖縄県支部設立に寄せて」と題されたこのご祝辞には、なぜ沖縄県支部が
沖縄本島ではなく石垣市に設立されたのか、沖縄本島の現状や台湾との歴史的背景にも言及されて
いて、李登輝元総統が沖縄に深い関心を寄せられていることに改めて感銘を深くしました。

 李元総統が支部設立に際し、ご祝辞を寄せられたのは初めてのことです。「沖縄県支部こそが、
台湾と日本との交流をますます深化させる旗手となることを信じてやみません」というお言葉に、
石垣市に設立された沖縄県支部へ寄せられた期待の大きさが現れているようです。下記にご紹介し
ます。

 なお、掲載に際しては漢数字を算用数字に改めましたことをお断りします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
日本李登輝友の会・沖縄県支部設立に寄せて

                                     2017年10月12日
                                         李 登輝

 本日、日本李登輝友の会・沖縄県支部が設立されるにあたり、大きな喜びとともにお祝いの言葉
をお贈りしたいと思います。

 支部長に就任される大浜一郎先生、吉村乗勝・事務局長、そして会場にお集まりの皆さま、改め
ましてこんにちは!

 昨年7月、私が石垣島を訪れた際には、一方ならぬお世話になり、大変有意義な訪問となりまし
た。ここに、改めて感謝申し上げます。

 今般、日本李登輝友の会の第27番目の支部として沖縄県支部が設立されることは大変うれしく、
光栄であるばかりか、ここ石垣島の地に支部が設けられることは、大きな意義のあるものと感じて
います。

 沖縄本島は、その歴史的経緯や、米軍基地を有するなどの要因もあり、政治的に非常に複雑な様
相を呈しています。

 こうした環境では、日本という国家の存在に直結する安全保障や、台湾との交流発展について、
冷静な議論を進めることが出来ません。

 そうした喧騒から離れ、かつ台湾とも密接な関係を有する八重山地域の中心たる石垣島に沖縄県
支部を設立し、冷静な視点で日台関係の緊密化や、日本の安全保障について議論を交わすことは大
変有意義なことだと感じています。

 事実、沖縄県のなかでも特に石垣島は、歴史的にも文化的にも、産業の面でも台湾と密接な歴史
を有しています。

 昨年、石垣島を訪問した際、講演のなかでもお話ししましたが、石垣島と台湾の密接な関係は、
台湾が日本の統治下に組み込まれて間もなくの頃からすでに始まりました。

 台湾と日本内地を結ぶ航路が開設されたことで、石垣島は日台間の往来におけるハブの機能を担
うこととなり、台湾との貿易や往来はかなり盛んになっていきました。

 戦前までは、パイナップル産業などに従事する台湾からの移民が多数移住するとともに、水牛が
持ち込まれ、農業を手伝いました。

 聞くところによると、この台湾の水牛の子孫たちが、八重山地域で現在も牛車を曳いて観光客を
楽しませていると聞いています。

 また、戦後にあっても、戦争によって衰退した石垣島のパイナップル産業を復興に導くのに、台
湾の人々の大きな貢献があったことも聞いております。

 石垣を中心とする八重山地域の歴史を見れば、本日設立された日本李登輝友の会・沖縄県支部こ
そが、台湾と日本との交流をますます深化させる旗手となることを信じてやみません。

 昨年、私が石垣でお話しした「石垣島の歴史発展から提言する日台交流のモデル」が、沖縄県支部
を中心として実践されていくことを大いに期待して、私のお祝いの言葉といたします。

 本日は誠におめでとうございます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 沖縄県支部設立趣意書  大浜 一郎(沖縄県支部設立準備委員会委員長)

 沖縄県支部を設立するにあたり、支部設立準備会委員長に就いた大浜一郎氏(石垣エスエスグ
ループ代表取締役社長、八重山経済人会議代表幹事、本会理事)は「設立趣意書」を事前に発表
し、中山義隆・石垣市長をはじめ、八重山台湾親善協会や琉球華僑総会八重山分会、八重山経済人
会議などに協力を求めています。

 この設立趣意書には、日台の絆を育んできた歴史に沖縄が重要な役割を果たしてきたとして、
1999年以降、毎年開催されてきた「台湾・沖縄フォーラム」や、石垣と台湾の歴史的つながりに言
及しつつ「連綿と続いてきた台湾と沖縄の友好の歴史と先人を称え、さらに継承発展させていくた
めにも李総統閣下の日台運命共同体理念に賛同し、新しい日台関係を構築していくことは私たちに
与えられた使命」だとして、沖縄県支部設立への理解と支援を求めています。

 沖縄県支部の地域的特色がよく現れている趣意書です。下記に全文をご紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------------------

                                  平成29年(2017年)9月

日本李登輝友の会沖縄県支部(略称:沖縄李登輝友の会)設立趣意書

              日本李登輝友の会理事・沖縄県支部設立準備委員会  大浜 一郎

 元台湾総統の李登輝閣下は、日本と台湾の関係について『歴史的にも、文化的にも日本と台湾の
結びつきは強い。これほど強固な絆で結ばれた二国間関係は世界中どこにもないといえる。そし
て、日本と台湾は「民主主義」という価値観を共有する国である』と多くの著書で述べておられます。

 一方、日本においても『台湾は基本的な価値観を有する重要なパートナーであり、大切な友人で
ある』同様な趣旨の発言を総理大臣はじめ多くの要人も述べております。

 このような2国間の強固な絆は、長い歴史の中で築き上げてきた先人の弛まない努力と2国間国民
の相手を思いやる心豊かな信頼関係を拠り所としているのではないでしょうか。

 このようにお互いを重要なパートナーと認め合い、今日まで強固な信頼関係を築き上げてきた歴
史の中において沖縄は大変重要な役割を果たしてきました。

 台湾と沖縄は黒潮圏域一衣帯水の関係にあり古くから文化、教育、経済などあらゆる面での交流
が盛んに行われてきました。取り分け1例を挙げれば、台湾経済研究院と沖縄の南西地域産業活性
化センターが主催する「台湾・沖縄フォーラム」は1999年以降毎年開催され、「経済貿易関係」
「産業協力」「航空自由化」「製造業関連」「エネルギー関連」「防災救援活動」等々実に幅広い
分野の連携強化を行うなど具体的な多くの成果を上げてきました。石垣―台湾航空路線実現もその
一つとして取り上げることが出来ます。また、近年では台湾からのクルーズ船の増加や台北―那覇
路線の新規就航や増便など海路・空路ともに充実ぶりがうかがえます。2016年の沖縄県外国人観光
入域客のうち台湾人は65万人を超え全体の30%と観光交流は更に広がりを見せております。

 一方石垣では、戦前・戦後を通じて、台湾からの入植者とともにパイナップルやマンゴー等の熱
帯果樹や栽培技術が導入され、地域の農業は飛躍的な技術革新を遂げました。これら農業技術は八
重山地域のみならず沖縄県内にも大きな富と繁栄をもたらしました。現在では、当時の台湾農業入
植者の子孫の多くが日本国籍を収得。2世、3世として石垣市に暮らし、農業、商業等多くの分野で
重要な役割を担っております。台湾と石垣市はこれまでの交流の歴史を礎とし、今日においても連
綿としてその絆を深めさらに強固なものにしています。台湾蘇墺鎮との姉妹都市提携、台北教育大
学への推薦入学協定及び交流を目的とする職員の派遣等多くの行政施策を推し進めているところで
あります。

 さて、昨年盛夏の候、李登輝基金会、日本李登輝友の会、全国青年市長会、琉球華僑総会、八重
山経済人会議等多くの皆様の支援を受け、李登輝閣下ご夫妻の招聘が実現し、盛況のうちに終える
ことが出来ました。国内から多くの参加者とともに石垣在台湾系子孫たちとの友好連携の絆を深め
られたことは歴史の新たな一頁として心に深く刻み込まれています。

 あれから1年が経過しました。時節、沖縄県内外並びに台湾からも「日本李登輝友の会沖縄支
部」結成の提案・要望が多々届いております。これを機に歴史的な経緯を踏まえ、地の利を活かし
人の和をもって、沖縄支部設立をする運びとなりました。連綿と続いてきた台湾と沖縄の友好の歴
史と先人を称え、さらに継承発展させていくためにも李総統閣下の日台運命共同体理念に賛同し、
新しい日台関係を構築していくことは私たちに与えられた使命であると考えます。今後とも日台間
の民間交流の活動・支援、充実を鋭意実践してまいります。

 つきましては、多くの皆様のご理解とご支援を期待申し上げる次第であります。

                                          以上

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 10月21日、佐野幸夫氏「宜蘭の近代化建設に尽くした西郷菊次郎」台湾文化センター講演

【講座】宜蘭の近代化建設に尽くした西郷菊次郎 〜今ここに甦る台日の絆・愛と涙の物語〜 
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_70162.html

・日 時:2017年10月21日(土)14時〜16時(30分前開場、自由席)

・会 場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
     (東京メトロ虎ノ門駅より徒歩1分)

・定 員:80名(申込み不要、先着順)

・ゲストプロフィール

 佐野幸夫
 1933年千葉県生まれ。拓殖大学商学部貿易学科を卒業。千葉新聞社を経て、拓殖大学に奉職。同
 大学では、総務部長、教務部長、事務局長等を経て、1996年常務理事(教学関係)に就任。大学
 では「台湾の歴史と文化」等の授業を担当。2011年、拓殖大学を退任。現在、「フォルモサ歴史
 文化研究会」の会長で、精力的に執筆活動を行っている。主な著書には『西郷菊次郎と台湾』
 (南日本新聞開発センター)等がある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券(1,200円)お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4
 *映画「台湾萬歳」公式サイト:http://taiwan-banzai.com/

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。