国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第3018号】 本会群馬県支部が田中規王氏・元台北日本人学校教諭を講師に秋期講演会 【無料】

2017/09/04

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)9月4日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.3018]
1>> 本会群馬県支部が田中規王氏・元台北日本人学校教諭を講師に秋期講演会 【無料】
2>> 【蔡焜燦先生を悼む】 日本人よりも「日本人」だった台湾人  野嶋 剛(ジャーナリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 野田貴子さん講師の「第31回台湾セミナー」(9月30日開催)お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券(1,200円)お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4
 *映画「台湾萬歳」公式サイト:http://taiwan-banzai.com/

● 酒井充子監督作品、映画「台湾人生」「台湾アイデンティティー」DVDお申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第15期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本会群馬県支部が田中規王氏・元台北日本人学校教諭を講師に秋期講演会 【無料】

「日本李登輝友の会群馬県支部 秋期講演会」についての御案内

 台北日本人学校に赴任して、すぐに感じたことは、台湾の人々が親日的であることでした。街は
活気に満ち溢れ、美味しい食べ物にも舌鼓をうち、また最高峰の玉山(新高山)に登頂したり、離
島巡りをするなど、ディープな台湾にふれてきました。

 その過程で、【歴史的背景にもとづく、台湾の持つ奥深さ、『台湾人に生まれた悲哀』】にも気
づきました。

 今回は、旅行では決して味わえないディープな台湾体験記をお話ししたいと思います。

※講演会は参加費無料です!

 平成29年(2017年)9月吉日

                              日本李登輝友の会 群馬県支部

               ◇     ◇     ◇

・日 時:10月22日(日) 14時30分〜16時30分(開場14時15分)

・会 場:高崎市中央公民館 2F 第一学習室

     高崎市末広町27番地 TEL:027-322-5071
     【交通】JR高崎駅西口よりバスにて約10分
     http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2016021800046/

・演 題:台北日本人学校赴任時代を追想して……

・講 師:田中規王(たなか・のりお)先生

     平成6年から現在まで県内公立小中学校に勤務。平成16年4月から平成20年3月までの4年
     間、在外教育施設台北日本人学校に派遣教員として赴任。

・定 員:45名(申込受付順)

*ご講演終了後、講師を囲んで懇親会も!

・懇親会:ビストロア・ターブル(連雀町)
     17時ごろより(希望者のみ 3,900円)
     申込〆切=10月18日(水)
     *懇親会会費は当日申し受けます。

・お申込:FAX又はE-mailにて。お名前・ご住所・電話番号などを明記の上お申し込み下さい。

     FAX:027-352-7691
     E-mail:gunma_ritouki@yahoo.co.jp(アンダーバー)

    *懇親会参加希望の方はその旨を明記して下さい。

・お問合:携帯090-5798-8196(山本)

・協 賛:台湾悠遊倶楽部、台湾文化研究会

・主 催:日本李登輝友の会 群馬県支部(山本厚秀・支部長)
     〒370-0852 群馬県高崎市中居町4-21-5 山本様方
     TEL:090-5798-8196 FAX:027-352-7691
     E-mail:gunma_ritouki@yahoo.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【蔡焜燦先生を悼む】 日本人よりも「日本人」だった台湾人  野嶋 剛(ジャーナリスト)

 蔡焜燦(さい・こんさん)先生が7月17日に亡くなられてから1ヵ月半が過ぎました。本誌では
「蔡焜燦先生を悼む」として、蔡先生がこれまで発表された文章や追悼文を紹介しています。

 今号では、朝日新聞の台北支局長時代にしばしば食事に連れていってもらい、「歴史から文化に
至るまで、話の中身がいつも濃く、内容を覚えきれないぐらい」教わったというジャーナリストの
野嶋剛(のじま・つよし)氏が「nippon.com」に寄稿した追悼文をご紹介します。

 野嶋氏は蔡焜燦先生を「日本人を台湾という興味の尽きない世界に引っ張り込んだ」民間外交官
だったと述べ、「戦後の植民地統治=悪という単一的な歴史観に慣れきった多くの日本人には、台
湾の人からこうした声を聞くことは衝撃的であり、目を見開かれる思いを与えた」と高く評価して
います。いわゆる「自虐史観」から日本人を目覚めさせたのが蔡焜燦先生だったと評しています。
同感です。

 日本の台湾統治を公平に見る歴史観は、李登輝元総統をはじめとする台湾の日本語世代に共通す
るあり方でもあり、ここから八田與一が日本で注目されるようになったことは象徴的な出来事だっ
たと言えるかと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------
野嶋剛(ニッポンドットコム・シニアエディター、ジャーナリスト)
日本人よりも「日本人」だった台湾人――追悼・蔡焜燦さん
【nippon.com:2017年9月4日】
http://www.nippon.com/ja/column/g00430/

◆「愛日家」蔡焜燦さん逝く

 台湾の蔡焜燦(さい・こんさん)さん(1927〜2017年)が亡くなった。最近体調が優れないと人
づてに聞いてきたので、「とうとうその日がきた」という思いだった。

 蔡焜燦さんは18歳まで「日本人」として生き、大戦末期には志願して陸軍少年飛行兵になった。
戦後は教師からビジネスに転身し、うなぎの輸出などを手掛けた。セイコー電子台湾法人の会長を
務め、台湾のシリコンバレー・新竹(しんちく)で半導体デザイン会社を創業して成功した企業家
でありながら、「愛日家」を自負して、日台交流や台湾歌壇の活動に心血を注いだ。

 私が朝日新聞台北支局長だった2010年前後、しばしば食事に連れていってもらった。最初にお会
いした時に「中国語」という言葉を使うと「北京語と言いなさい」と直されたことを思い出す。

 大の美食家で、食事の場所はたいてい兄弟大飯店や国賓大飯店の台湾料理の店だった。私が「中
華料理」というと「台湾料理」とここでも直された。歴史から文化に至るまで、話の中身がいつも
濃く、内容を覚えきれないぐらい勉強になった。もちろん日本のことは私よりも詳しく、外国で外
国人から日本のことを教わる奇妙な感じであった。

◆老台北の日本精神

 私は早くに父母両方の祖父を亡くしているので祖父というものを知らなかったが、なんとなく台
湾にいる祖父のように勝手に感じていた。それでもここ数年はお目に掛かる機会がなく、この訃報
にはなおさら残念な思いだった。

 もちろん私など、蔡焜燦さんの知遇を得たあまたの日本人の末席にいるにすぎない。蔡焜燦さん
と知り合った日本人で、最も有名で、かつ大きな影響力があったのは司馬遼太郎さん(1923〜96
年)だった。週刊朝日連載の司馬さんの人気シリーズ「街道を行く」で台湾が取り上げられたのが
1994年。その内容は後に『街道を行く 台湾紀行』(朝日文庫)で一冊の本にまとめられている。

 本の中で蔡焜燦さんは「老台北」と司馬さんに名付けられている。実際のところ、蔡焜燦さんは
台中出身であったが、「老北京」に比した司馬さん一流の表現だった。老台北は『台湾紀行』全体
のあちこちで登場し、物語を引き締める役割を負った。百戦錬磨の司馬さんが、蔡焜燦さんに会う
時は、いささかの緊張感を持っていることが『台湾紀行』の文面からはうかがえる。

◆『台湾人と日本精神』

 『台湾紀行』と対を成す書物が、蔡焜燦さんの『台湾人と日本精神』(小学館)である。日本で
14版を重ねるロングセラーとなっているこの本は、『台湾紀行』と表裏一体の役割を負っている。

 蔡焜燦さんが、司馬遼太郎さんと初対面のとき、軍隊式の挙手の敬礼を行ったことは『台湾紀
行』で描かれているが、『台湾人と日本精神』では、敬礼を受けた司馬遼太郎さんは、少しためら
いながら蔡焜燦さんに答礼し、挙手の右手をなかなか下ろそうとしないので、蔡焜燦さんから「そ
ちらが上官だから先に下ろしてください」と言われて、司馬遼太郎さんはようやく右手を下ろした
という、『台湾紀行』にはないエピソードが語られている。

 司馬遼太郎さんは蔡焜燦さんを「冗談とまじめの境目がわかりにくかった」と評した。まったく
の同感である。話しているうちに蔡焜燦さんのペースに巻き込まれ、あっという間に対話の時間が
終わってしまうのである。

◆日台の民間大使

 もう一人、2000年の政権交代直後に刊行された『新・ゴーマニズム宣言 台湾論』(小学館)を
描いた小林よしのりさんは、蔡焜燦さんをどう表現しているだろうか。改めて『台湾論』を本棚か
ら引っ張り出して読み返してみた。

 蔡焜燦さんに宴席を設けてもらった小林さんは蔡焜燦さんについて「蔡さんは日本人より日本の
ことをよく知っていて、日本人より日本のことを愛している人で、民間人でありながら日本と台湾
の外交を引き受けているすごい人だ」と評している。これに対し、蔡焜燦さんは「小林さんの読者
の若い人が台湾に興味を持って来てくれたら何人でも私がご馳走(ちそう)してあげるよ」と語っ
ている。

 もてなし好きを意味する「好客」だった蔡焜燦さんは、生涯の中で数え切れないほどの日本人に
食事をごちそうし、日本人を台湾という興味の尽きない世界に引っ張り込んだのである。それはま
さに小林さんがいうように民間版の「外交」であった。

◆訃報に日台で扱いに差が

 蔡焜燦さんの存在は、台湾でよりも、むしろ日本で大きかった。ライフワークとして取り組んだ
台湾歌壇。日本政府から叙勲「旭日(きょくじつ)双光章」を受章している。その訃報に対し、日
本メディアは読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞などがかなりの行数を使っ
て報じた。

 一方、台湾で報じたメディアは自由時報ぐらいだった。それは台湾における蔡焜燦さんの知名度
が日本のそれに大きく及ばないことを物語っている。しかし、それは不自然なことではない。例え
ば、日本で有名な外国人でも、本国では知名度がないケースはままある。台湾人の評価が、日本と
台湾との間で非対称なのは珍しいことではない。その代表格が李登輝元総統だろう。

◆李登輝元総統の日台でのイメージ

 李登輝元総統の日本における圧倒的な尊敬のされ方は、台湾社会ではいつも少々違和感を持って
受け止められている。なぜなら李登輝氏はその後も台湾では現実政治に関わってきたため、国民党
のみならず、民進党にも李登輝氏を嫌う人を作り続けてきたためである。もちろん、李登輝氏の存
在によって2000年の総統退任以降の台湾政治が大きく変わったことも確かである。

 これは、政治と一線を引いてご意見番に徹することをしなかった「代価」のようなものであろ
う。それに比べ、日本においての李登輝像はほぼ1996年の初の直接選挙の総統選で中国の圧力をは
ね返して圧勝を収めた頃のものと変わっておらず、「李登輝像」の時間軸が日台で異なるように
なっている。

◆台湾における「日本語族」

 ちなみに「台湾人と日本精神」で明かされている「秘話」で私が一番面白かったのは、台湾出身
の作家で司馬遼太郎さんの学生時代からの友人である陳舜臣(ちん・しゅんしん)さん(1924〜
2015年)が、李登輝元総統から「台湾について書いてくれる日本人の作家」がいないか尋ねられ、
「台湾紀行、まだやな」と司馬遼太郎さんのことを思い出し、後の『台湾紀行』の実現につながっ
た話である。

 『台湾紀行』はいわば、発案・李登輝、接待役・蔡焜燦で行われたプロジェクトだったというこ
ともできる。李登輝元総統と蔡焜燦さんのコンビは『台湾論』でも再び活躍した。この2冊は、
「日本語族」と呼ばれる台湾の日本語世代の価値観に偏りすぎているという指摘が一部にあるが、
戦後日本において半ば無視されてきた台湾を日本人に再認識させる巨大な反響を呼び起こした貢献
は大きかった。

 蔡焜燦さんが特殊であったのは、台湾在住でありながら、長年台湾を訪れる日本人の接待役とし
て、司馬遼太郎さんや小林よしのりさんを含め、一人また一人を温かくもてなし、その存在感を広
げていったことだろう。

◆「日本人よ、胸を張りなさい」と言い続けた蔡焜燦さん

 蔡焜燦さんは「台湾に残っている日本」を日本人に向けて語った。そして、日本の統治が台湾社
会にどれほどのプラスの面を与えたかを力説し、「日本人よ、胸を張りなさい」という例の名文句
でわれわれを鼓舞した。戦後の植民地統治=悪という単一的な歴史観に慣れきった多くの日本人に
は、台湾の人からこうした声を聞くことは衝撃的であり、目を見開かれる思いを与えた。

 蔡焜燦さんは、台湾においては成功したビジネスマンの一人だったが、日本においては「老台
北」であり、台湾を訪れた日本人に優しくも厳しい「蔡焜燦学校の名校長」であった。享年90歳。
司馬遼太郎さんは「蔡焜燦さんの履歴を聞くだけで、台湾の戦後経済史を学習することができる」
と述べているが、その言葉通りの見事な一生だった。ご冥福をお祈りしたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券お申し込み
https://goo.gl/pfgzB4

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。