国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2993号】 「一つの中国」をめぐって―中国と台湾の曖昧な関係  松田 康博(東京大学東洋文化研究所教授)

2017/08/01

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年) 8月1日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2993]
1>> 「一つの中国」をめぐって―中国と台湾の曖昧な関係  松田 康博(東京大学東洋文化研究所教授)
2>> 蔡英文政権が中国史を3分の1に減らして台湾主体の歴史観を重視する新学習指導要領草案を公表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 日本李登輝友の会「青年部訪台団」お申し込み【締切:本日(8月1日)】
  https://goo.gl/qekqEZ

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第15期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 「一つの中国」をめぐって―中国と台湾の曖昧な関係  松田 康博(東京大学東洋文化研究所教授)

 昨年5月、台湾に蔡英文政権が発足してから、台湾を「核心的利益」としてその併呑を公言して
はばからない中国が台湾に外交的圧力をかけ続けている。その最大の理由は、蔡英文政権が「一つ
の中国」を認めないことだとしている。

 ドナルド・トランプ氏が米国大統領当選の前後にも「一つの中国」をめぐって、米中間には駆け
引きが行われたことは周知のとおりで、中国がからむ国際関係は「一つの中国」がキーワードのひ
とつになっている。

 この「一つの中国」をめぐる台湾と中国の関係について、中台関係論などを専門とする東京大学
東洋文化研究所の松田康博(まつだ・やすひろ)教授が台湾と中国の戦後史をひもときながら詳し
く解説している。かなり長いインタビューだが全文を下記にご紹介したい。

 ちなみに、松田氏のインタビューでは詳しく触れられていないが、東京外語大学大学院の小笠原
欣幸(おがさわら・よしゆき)准教授は、中国の「一つの中国原則」とは、1)世界で中国はただ
一つ、2)台湾は中国の不可分の一部、3)中華人民共和国は中国を代表する唯一の合法政府の3点
から成り立ち、一方、アメリカの「一つの中国政策」は、1)1972年,78年,82年の3つの米中コ
ミュニケ、2)1979年制定の「台湾関係法」、3)1982年にレーガン大統領が表明した「台湾に対す
る6つの保証」から成り立つと説明している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
「一つの中国」をめぐって――中国と台湾の曖昧な関係
東京大学東洋文化研究所教授、松田康博氏インタビュー
【シノドス(S Y N O D O S):2017年7月31日】

 「一つの中国」を原則とし、台湾との統一を目指す中国と、中華人民共和国とは違う主権独立国
家でありたいと願う台湾。先日もWHO総会への参加をめぐり、世界の注目を集めたばかりである。
そもそも、中国と台湾はなぜ対立するようになったのか。軍事、経済、外交で中国が圧倒的に優位
にあるはずなのに、それでも台湾が存在し続ける微妙な構造はいかにして成立したのか。東アジア
の国際関係がご専門の松田康博教授に伺った。
                                 (取材・構成/増田穂)
 
◆2つの独裁政権による分断と対立
 
―― 蔡英文政権になってから、「一つの中国」という認識をめぐり、中国との対立を深めている
台湾ですが、そもそも台湾と中国は、歴史的にどのような関係を築いてきたのでしょうか。

 わかりやすくするために、単純化して説明しましょう。まず、台湾は清朝の領土でした。しかし
清朝は日清戦争で敗れ、1895年の下関条約により日本に台湾と澎湖諸島を割譲しました。このこと
で日本は、マラヤ・ポリネシア系先住民族に加え、福建や広東から移住した漢民族が住む台湾を殖
民地として統治しました。ところが日本は1945年8月にポツダム宣言を受け入れて連合国に対し無
条件降伏をします。この結果、日本は約50年間統治していた台湾を手放したのです。

 台湾は、連合国軍の命令により、10月には当時中国大陸を統治していた中華民国政府によって接
収されます。これは、清朝を引き継いだ中華民国に台湾が「復帰」することを前提視するプロセス
でした。それに伴い、台湾は中華民国の統治下に入りました。そして台湾の脱植民地化は、台湾独
立ではなく、中華民国による「祖国化」(中国化)として進められていったのです。

 当時、本土の日本人から差別を受けていたとはいえ、多数の台湾住民は安定した環境で教育を受
け、近代化の洗礼を受けていました。彼等は1945年に中国国民党が指導する中華民国政府の統治が
始まると台湾省出身者という意味で「本省人」と呼ばれました。そこに、中華民国政府とともに多
くの人が中国大陸から台湾に渡りました。彼等は、台湾以外の省から来た人という意味で、「外省
人」と呼ばれます。外省人は、苦しい日本との戦争を乗り越えた中国人としてのプライドはありま
したが、教育や近代化の水準については、本省人と大きなギャップがあったのです。
 
―― 外省人中心の国民党が台湾を統治したことは、台湾社会にどんな問題を引き起こしたので
しょうか。
 
 軍や政府機関は丸ごと中国大陸から持ち込まれ、日本教育を受けて「日本化」したとされる本省
人は、中国大陸での生活経験を有する一部の人々を除き、政府機関のポジションから徹底的に排除
されたのです。せっかく日本人がいなくなったのに、「同胞」であるはずの外省人から不当な差別
を受け、社会では不満が高まりました。

 戦後の台湾は日本との経済関係が切断され、中国と結びつきましたが、ハイパーインフレや、衛
生状態の悪化、政権を握る国民党と共産党との対立も深まり、混迷した影響で、経済や治安が急速
かつ極端に悪化しました。悪化した情勢の中で、外省人の役人が本省人女性に暴行を加えたことを
引き金に、本省人が暴動を起こしたのです。これに対し、政府は反対者に耳を傾けるふりをしつ
つ、軍隊の増派を中央に要請し、その部隊が到着するや否や手のひらを返すように抵抗する本省人
を虐殺しました。これが1947年の2月から5月にかけて発生した、「二・二八事件」と呼ばれる本省
人と外省人の深刻な衝突です。

 さらに、1949年には、中国本土で中国共産党との戦いに敗れた国民党と中華民国政府が、台湾に
撤退しました。弱体化した国民党政権はあわや崩壊かと思われましたが、1950年6月に朝鮮戦争が
勃発したことで、共産勢力に対抗するアメリカの支援で救われます。

 アジアに冷戦が拡大した背景の下、アメリカの支援を受けて国民党の権力は維持・強化されまし
た。また、国民党政権は徐々に本省人を政権内に登用するようになる一方、共産党の浸透を恐れ、
スパイと疑われた人々を見境無く取り締まる、いわゆる「白色テロ」を展開しました。こうして、
蒋介石が指導する国民党の独裁体制が台湾で固定化されたのです。他方で毛沢東が指導する共産党
は中国大陸で統治を定着させるため極端な恐怖政治を進めました。こうして中国と台湾は2つの独
裁政党の下で二分され、互いが相手を征服し、統一すべき対象と見なし、「中国は1つしかない」
と主張し続けたのです。台湾海峡を挟んで、中国大陸の共産党は「台湾解放」を叫び、台湾の国民
党は大陸にとって返す「大陸反攻」を叫びました。

◆舞台を変えての攻防戦
 
―― 台湾海峡を挟んで、中国と台湾が対立を始めたのはそういう経緯なのですね。その後、中台
はどのような関係に変化したのですか。

 これが興味深いことに、中台の間では、軍事闘争、外交闘争、経済競争、政治体制競争、アイデ
ンティティ政治と、次から次へとゲームが展開していったのです。しかも、次のゲームに移っても
前のゲームは終了せず複合的な延長戦になっていきました。

―― と、いいますと?

 まずは軍事闘争です。未了状態の国共内戦、つまり中国本土での国民党と共産党の戦いの延長戦
が続きます。1950年代には、浙江省や福建省の沿岸で離島地域をめぐって中国側の大規模な武力行
使が発生しました。一方で1960年代前半には台湾側が大陸反攻作戦を発動する寸前になりました。
蒋介石は、アメリカの支援を得て、大部隊を中国東南沿岸から上陸させようとしたのです。しか
し、当時ソ連は資本主義陣営との平和共存や緊張緩和を主張していましたし、アメリカも現状維持
の方針を持っていたため、結局中国による「台湾解放」も、台湾による「大陸反攻」も実現しませ
んでした。米ソ両大国は、自分達を巻き込んだ第三次世界大戦などご免だったからです。つまり軍
事では勝負が付かなかったのです。

 中国は軍事がだめなら外交で勝負をつけようとました。中国は、巨大な国土と人口をバックに、
社会主義国やアジア・アフリカの新興国との外交関係を樹立していきます。対する台湾は、当時は
中華民国として、国連安保理常任理事国でしたから、その特権を使って、中華人民共和国の国連へ
のアクセスを阻み続けました。台湾は世界中で反共国家の支援もしていきます。ところが1971年に
は米中が接近し、中華人民共和国政府が「中国を代表する唯一の合法的政府」として国連の代表権
を獲得し、国際的な承認を獲得していきました。これにより、台湾の中華民国政府は、多くの国際
組織から追い出されるか「中華民国」以外の名義――たとえば「中華台北」――などに切り替える
ことを余儀なくされました。72年の日中国交正常化、79年の米中国交正常化など、中国は台湾の外
交関係を容赦なく切り崩していきます。1980年代末には、台湾が外交関係を有する国は20ヵ国余り
にまで減少しました。こうして、外交闘争では、中国が圧勝しました。

 こうした背景を受けて、中国の最高指導者●小平は「平和統一」を、蒋介石の後を継いだ蒋経国
総統に呼びかけました。ところが、蒋経国はこれを拒絶します。当時台湾の経済水準は中国よりも
はるかに高かったので、充分に堪え忍ぶことができたからです。中国はガチガチの社会主義計画経
済から市場経済への移行がうまくいかず、共産党は国民からの信頼を失いつつありました。他方台
湾は、香港や韓国、シンガポールなどとともに経済発展目覚しく、アジアの「4匹のドラゴン」と
呼ばれていました。アメリカや日本との深い結びつきの下、台湾は高度経済成長を続け、自信に満
ちていたのです。(●=都の者が登 トウ)

―― 国家としての国際承認こそ失ったけれど、台湾はまだまだ力をもっていたのですね。

 ええ。しかも、1989年6月には中国で天安門事件が発生します。中国はやむなく政治改革を諦め
て、経済改革に集中する路線に転換しました。一方で台湾は、順調な経済成長を背景に、蒋経国の
進めた自由化改革をさらに加速させる形で、後継の李登輝政権が段階的な民主化を進め、アジアで
デモクラシーのトップランナーに躍り出ました。台湾から見ると、中国は貧困の象徴であり、政治
的にも遅れた国で、中国との統合など、全く論外の話でした。

―― では、アイデンティティ政治とはどう展開したのですか。台湾の民主化といえば、今もお話
に出た李登輝総統が、本省人でも初めて指導者となって日本でも有名です。李登輝や後継の陳水扁
の時代には何が起こったのですか。

 民主化は、台湾社会にさまざまな変化をもたらしました。特に目覚しかったのは本省人のアイデ
ンティティの覚醒です。先ほども話しましたが、戦後本省人は外省人を中心とした国民党政権下で
抑圧されていました。しかし外省人は台湾の人口全体の10数%しかいません。民主化により選挙を
すれば、当然のことながら本省人が政治権力を握るようになっていきます。

 大部分の本省人は、中国統一などしたくありません。民主化の中で、本省人のアイデンティティ
が明確になるにつれて、台湾独立を主張する人々も増えてきます。自由化が進み、海外からも独立
を支持する人々が続々帰台し、台湾内部で国民党の迫害に抵抗して民主化運動を進めてきた民主進
歩党(民進党)に入党しました。結果、民進党は台湾独立を明記した党綱領を持つようになります。

 しかし、台湾独立は、中国の捨て身の武力行使を誘発するかもしれません。そこで、李登輝は、
もともと中国との統一を望む外省人で凝り固まっていた国民党を、国会の全面改選など一連の選挙
を通じて本省人を主流に変える本土化(台湾化や土着化とも訳されます)を進め、他方で民進党の
独立路線を「危険である」として批判したのです。このことにより、1990年代を通じて、多数の台
湾住民は、台湾の代表であり、同時に安心できる「李登輝の国民党」を支持しました。

 この李登輝支持の局面は、2000年の陳水扁による民進党政権の成立で崩壊します。民進党は国民
党の分裂で「漁夫の利」を得て成立した少数政権でした。退任した李登輝は、隠然たる影響力を維
持していましたが、下野した国民党が本土化路線から離れていったため、国民党を離れて台湾独立
派の陳水扁政権のサポートに回りました。しかし、このことで、台湾政治は、民進党や独立派を含
む「緑陣営」(緑は台湾のシンボルカラー)と、国民党や統一派を含む「青陣営」(青は国民党の
シンボルカラー)に二極分化してしまったのです。この局面が現在に到るまで20年近く続いています。

 独立派の陳水扁政権にとって不幸だったのは、政権を取った2000年から2008年という時期は、ま
さに中国が奇跡的な台頭を実現して、経済的にも軍事的にも強国化した時機と重なっていたことで
す。いくら規制しても、中台間の貿易や投資は二桁成長を続けたのです。そして経済競争におい
て、中国が初めて台湾を圧倒しました。やむを得ず、2004年に再選を目指した陳水扁は、結局中国
との対立を利用して台湾人アイデンティティを「煽る」政治手法に頼っていき、中国のみならずア
メリカからも批判され、台湾は次第に国際社会から「トラブルメーカー」視されるようになって
いったのです。

 2006年には陳水扁自身の金銭スキャンダルが起きました。民進党への信頼は政策面でも人望の面
でも地に落ち、民進党は2008年に政権を失いました。馬英九率いる国民党政権が成立したのは、台
頭した中国と正面から付き合わないと台湾の経済力が維持できないという危機感のなせる業だった
のです。

◆玉虫色の「一つの中国」

―― 前政権の馬英九総統は「一つの中国」の原則を認めていましたよね。それは中国と同じ立場
だったのですか。

 そこが興味深い点です。前提として、中国国民党の党是は「国家の統一」であり、台湾の独立に
は反対です。したがって中国側からすれば、独立を主張する民進党より、国民党のほうが相手をし
やすいのです。こうした状況下で、馬英九は、台湾人アイデンティティに配慮し、「統一しない。
独立しない。(中国に)武力行使をさせない」というスローガンを使って、中台関係の現状維持を
主張しました。具体的な政策として、馬英九政権は、中国との間で交流を安定的に進めるために
「一つの中国」という言葉が入っているコンセンサスを、中国大陸との間で確認しました。それが
1992年に口頭で確認されたとされている「92年コンセンサス」です。

 中華人民共和国にしてみれば、「一つの中国原則」とは、ゼロサムの外交ゲーム用語であって、
中華人民共和国政府が「中国大陸と台湾が含まれる中国」を代表する「唯一合法的政府」であるこ
とを意味します。ところが馬英九政権の立場は、「一つの中国」の「中国」とは「中華民国」であ
るというものです。これは非常に分かりにくい論理で、台湾でもよく理解されていませんが、要す
るに、大陸中国の立場とは逆に「(現在台湾にある)中華民国政府が中国大陸を含む中国を代表し
ている」という虚構です。国際社会でも通用しませんし、台湾で信じている人もいません。とはい
え、「一つの中国」の定義を、中国に合わせたら、それは統一に同意したのと同じになります。

 したがって、信じるかどうかは別として、馬英九政権は便宜的に「一つの中国」という言葉が
入っているコンセンサスを中国大陸との間で「持ったことにする」ことを通じて、中国との関係を
改善し、台湾の経済的利益を増大させようとしたのです。実のところ、これはお互いに解釈がバラ
バラな「コンセンサス」なので、厳密にはコンセンサス(共通認識)であるとは言えません。しか
し、中国もまた民進党よりも国民党の方がましであるという便宜的観点からこのコンセンサスを
「成立させたことにした」のです。

 実は、中国と難しい問題に関して交渉し、合意する場合、その文言の解釈がお互い食い違うこと
はよくあります。「92年コンセンサス」では、お互い「一つの中国」という言葉の解釈が全く違う
のですが、「一つの中国」が入っていることが政治的効果を持ったのです。民進党は、台湾独立を
主張しているためこういった芸当ができません。馬英九政権は「一つの中国」という言葉を巧妙に
使うことによって、中国との関係を安定化・制度化させる足掛かりを得たのです。こうして、2008
年以降、馬英九は中台がさまざまな交流を増大させることに成功しました。さらに、台湾向けの外
交闘争も、「中華民国」を消滅させると、かえって台湾内部の独立支持を強めると考えて、中国は
馬英九の呼びかけに事実上応えて自粛しました。

―― なるほど。お互いに矛盾は意識しつつも、政治的な思惑から見て見ぬふりをしてきたのです
ね。馬氏のとった対中融和政策とは、どのようなものだったのでしょうか。

 交流の増大といっても、中華人民共和国と台湾にある中華民国は、ともに相手の存在を公式には
認めない関係にあります。国連のような主権国家を要件とする国際組織にも、同時加盟はできませ
ん。したがって、中台双方は、いわゆる民間機関の形式をとる準公的機関を作って、そこを通じて
間接接触をするしかありませんでした。台湾側は海峡交流基金会(海基会)、中国は海峡両岸関係
協会(海協会)がそれに当たります。これは李登輝時代にできたのですが、その後対立が深まり交
流は止まっていました。

 馬英九政権は、この海基会と海協会の準公式ルートを回復させました。陳水扁政権の時も、中国
は少しずつ経済的関与を拡大しましたが、あまり譲歩すると、陳水扁が「独立派の私でも中国との
関係をうまくやれる」と言い出しかねませんでしたから、陳水扁が調子に乗らないよう、関与は限
定的でした。中国にしてみれば、陳水扁にはあまり手柄を立てさせたくなかったのです。ですから
中国は、馬英九政権成立を待ってたくさんの「プレゼント」をしたのです。

 例えば、馬英九政権成立後まもなく、中台の間の直行便が定期化されました。また、台湾では中
国からの観光客受け入れが解禁され、観光業界が潤いました。日本でも、一時期中国観光旅行客の
いわゆる「爆買いツアー」なるものが話題になっていましたよね。たとえば銀座の高級ブランド品
店に行くと、中国語が飛び交っています。あのような状態が、2008年以降に台湾各地で出現しました。

 そして、先ほど言った準公式的な枠組みでこの両者がいろいろな会議を行い、馬英九政権期には
中台の間に23の協定が結ばれました。そのうち最も重要なものが、2010年に結ばれた「両岸経済協
力枠組協定」(ECFA)で、経済連携協定(EPA)に似た協定です。これは「枠組み協定」なので、
この枠組みの下で様々な経済協定を結び、また関税引き下げ交渉を行い、関係を深めていくことに
目的がありました。

―― こうした親中的な方針は、独立派の民進党からどのような反応を招いたのですか。

 民進党は、馬英九政権の交渉は内容の透明性が低く、また対中国経済依存をさらに強めかねない
として反対しました。しかし中国との関係改善で経済的にも恩恵を受け始めていた台湾社会では、
「92年コンセンサス」を否定し、中国との経済協定締結に反対した民進党は支持を拡げることがで
きませんでした。それどころか、経済界の大物は次々に「92年コンセンサス」の支持表明をしまし
た。このことが、2012年に馬英九の再選を支えたのです。

―― その馬英九政権ですが、2016年の選挙で蔡英文率いる民進党に政権を渡すかたちになりまし
た。背景に「一つの中国」の認識をめぐる問題があったと聞いていますが、それまで支持を受けて
いた馬政権の政治に批判が集まるようになったのはなぜなのでしょうか。

 馬英九政権への不満は多岐にわたっていて、中国要因はそのうちの1つに過ぎません。ただ、中
国との関係が、他の要因とも結びついているのは事実です。馬英九は、台湾の経済不振の原因を中
国大陸との経済関係が阻害されていることに見いだしていました。諸問題全てとはいいませんが、
そもそも馬英九は台湾社会の抱える問題の多くが中国大陸との経済関係深化により解決するという
一種の「幻想」を振りまいて政権をとったのです。

 1期目の頃は、陳水扁政権への反発で、中台関係を安定化させる試みは支持を得ていました。し
かし2期目からはその効果は薄れ、馬英九の政権運営そのものが厳しく検証されるようになりまし
た。たとえば、中国との間で結んだ各種協定ですが、ECFAなど賛否が割れた協定について、同じ国
民党にありながらも馬英九の政治的ライバルである王金平が院長をつとめる立法院は、野党民進党
の意見も取り入れつつ、長い時間をかけて審査しました。

 馬英九は、中国との関係では果断な行動をとりましたが、一般庶民の生活向上を進めることが苦
手でした。一方で王金平立法院長はいわば日本の国会議長に相当する、民意の代表です。かねてか
ら折り合いが悪かった両人ですが、馬英九が2013年8月に王金平に権力闘争を仕掛け惨敗しまし
た。人々の間には馬英九の惨めな印象が残り、馬の政治姿勢に対する住民のフラストレーションは
強まっていきました。

 そうした状況の中、馬英九総統は、内政のほころびを繕うのではなく、中国との交流を減速させ
るのでもなく、むしろ習近平との首脳会談を実現して歴史に名を残すことに執着したのです。加え
て台湾内部では、中台の社会的接触が拡大したことで、かえって台湾人アイデンティティが急速に
強まり、「私は中国人ではない。台湾人である」と自認する人が60%を超えました。中台の社会は
分断されてから120年以上も経っていて、人々の風俗習慣には大きな違いが出ていたので、これは
当然ともいえる結果でした。

 馬英九政権は、企業収益の改善や、国民総生産(GDP)の増加を成果として強調しましたが、
個々人の給料はなかなか上がりません。企業の利益は上がりましたが、社会には富が還元されず、
一部のお金持ちが、不動産投資をして不動産の価格を吊り上げ、その結果若い人が家を買えなく
なってしまう状況も起きていました。

 「馬英九は、私たちの気持ちを理解していない」という極度のフラストレーションが、若い世代
を中心に蔓延していました。その鬱憤が中台間のサービス貿易協定の強行採決をきっかけとして、
爆発します。それが2014年春のいわゆる「ヒマワリ運動」です。若い人達が立法院を占拠したこと
で、それまで中国との関係について諦めムードだった台湾社会が、揺り起こされたのです。2014年
11月の統一地方選挙と、2016年1月の総統選挙・立法委員(国会議員に相当)選挙で国民党が歴史
的大敗を喫したのは、こうした複合的要因によるものです。

◆外交で台湾を追い込む
 
―― 一方で蔡英文の民進党政権も当初の中国からの独立志向への支持の反面、最近は支持率の不
振が指摘されています。対中関係の悪化を不支持の一因とする声もありますが、松田さんはこの不
支持の要因をなんだとお考えですか。

 一言で言うなら、蔡英文政権は、今のところ内政面で期待外れなのです。政権交代を果たした蔡
英文に対して、支持者は新鮮な人事や果断な政策決定を期待していました。ところが蔡英文は主要
人事では国民党系のベテランを登用するなど、「安全運転」の布陣で批判を浴びました。政策面で
も、経済成長や格差是正策で新基軸を打ち出せていません。

 また国民党が取得した不透明な資産の回収問題、年金改革、司法改革、同性婚など難しい課題を
同時に進めようとし、強い反発を受けて、立法過程は停滞しています。蔡英文は決断力と実行力に
疑問符をつけられ、支持率が低下しているのです。ただ、同性婚に関しては、先日大法官会議の憲
法解釈により、男女の結婚しか認めていない現行民法が違憲であるとの判断が下されたため、前進
しそうです。年金改革もようやく一歩前進しました。抵抗を排除して一つずつ実現すれば、支持率
は一定程度回復するでしょう。

―― 蔡英文氏による長期政権は厳しそうですか。

 蔡英文が2期目を目指す総統選は2020年初頭にあります。その前哨戦が2018年11月の統一地方選
です。民進党内で蔡英文への不満が強まっていて、今後内政の成果が乏しければ、地方選挙で苦戦
して再選に向けた求心力は落ちるでしょう。国民党は、2017年5月に、不人気な洪秀柱前主席に代
えて、呉敦義前副総統を主席に選出しました。老練な本省人政治家である呉が党主席となったこと
で、国民党は当面持ち直すと思われます。民進党にとっては内輪もめをしている余裕がなくなりま
した。蔡英文再選・政権維持に向けて、民進党は団結を維持するしかない状態です。

―― 今回、中国からの要請を受け、WHOが台湾を総会には招待しないという事態になりました。
中華民国と100年以上の外交関係を持っていたパナマも断交に踏み切り、中華人民共和国と外交関
係を樹立しました。悪化する中台関係が、台湾の今後の国際社会への参加に影響する可能性はある
のでしょうか。

 馬英九時期の「外交休戦」はすでに終わっています。何よりも、中国共産党第19回全国代表大会
(19全大会)を迎えるに当たり、習近平政権は内政も対外関係も、習近平の下で全てうまくいって
いるのだ、という体裁を整える必要があります。ドナルド・トランプ大統領との首脳会談や北朝鮮
の核・ミサイル開発をめぐる一定の協調姿勢などはその重要な要素です。最近目立つ日本への接
近、「一帯一路」(ユーラシアの発展協力構想)の鳴り物入りの推進、香港返還20周年式典への
「空母つき出席」、という事象も全てその文脈の中で理解できます。この中で、唯一うまくいって
いない問題――正確には他と違ってうまくごまかし切れない問題――が台湾問題なのです。

 就任から1年経っても、蔡英文政権は中国への妥協を拒否して、「92年コンセンサス」を受け入
れませんでしたし、中国との間に類似の共通認識を作り上げることできませんでした。中国内部で
は、特にタカ派から蔡英文政権を強くたたくべきだという圧力が相当強まっているのかもしれませ
ん。ですから、5月以降中国は台湾に強めの圧力をかける姿勢に切り替わったのでしょう。しかし
ながら、これがこのままエスカレートするとは思えません。なぜならドミノ倒しのように、一気に
外交関係のある国を奪っても、何もメリットもないからです。1ヵ国毎に効果を確認しつつ、真綿
で首を絞めるように取り上げていくのでしょう。

―― 中国からの圧力も、今のところ外交的なもののみなのですか。

 いろいろあります。外交的圧力には、限定的な効果があります。つまり、台湾の一般民衆は国際
関係の影響を直接受けないので、国際的な政治空間でのみ台湾をしめつけるのは、政権だけに打撃
を与えることができる手段なのです。中台間の外交闘争には延長戦が続く理由があるのですね。

 他方中国は台湾に対して、投資制限や貿易制限といった経済制裁をしていません。これは中国経
済に不利益が発生することが最大の理由ですが、制裁によって市民生活が圧迫されることで台湾の
一般の人々が中国に対して悪感情を抱くことも大きな理由です。中国は、台湾向けの観光客を減ら
したり、台湾からの農産物買い付けを停止したりしていますが、これはやり過ぎると台湾住民から
の恨みを買います。経済ゲームは互恵の側面がありますからね。

 ただし、軍事面で、中国は台湾向けの弾道ミサイルを増やしたり、空母を通過させたりと、圧力
をかけ続けています。まさに中台関係は「複合的な延長戦」なのです。

―― となると、中台関係は緊迫した状態が続く可能性が高いということでしょうか。

 普通に考えると、中台はそれぞれのナショナリズムがいずれ直接ぶつかるかもしれず、よい材料
はありません。このままずるずると悪化する可能性は高いです。ただし、中台関係が悪化一辺倒で
あると見るのは短絡的です。19全大会後の習近平は、さらに権力基盤を強めるでしょうし、蔡英文
も改革を進めて2020年に再選されたら、その権力基盤は強まるでしょう。一方国民党は万年野党化
するかもしれません。弱い指導者は強硬策しかとれませんが、強い指導者は強硬にも柔軟にも対応
できます。これは政治の鉄則です。

 したがって、その時に中台関係の「機会の窓」が拡がる可能性も見ておく必要があります。2017
年という早いタイミングで強硬手段を使っておいた方が、後に双方が妥協すべきタイミングで柔軟
な手段をとることを可能にするかもしれません。早めに強硬手段をとって相手をたたくことで、内
部のタカ派に文句を言わせずにすみますし、叩かれて頭に血が上っていた側も、時間が経てば冷静
に利害得失を計算できるようになります。タイミングのよい強硬手段は、後の関係改善につながる
ことがあるのです。国際政治は諸行無常であり、複眼的に見る必要があります。

◆不確実な世界の中で
 
―― 中台関係には、それぞれの米国との関係性が影響すると聞きます。トランプ政権の発足以
後、米中関係も変化しつつありますよね。この米中関係の変化は中台関係にどのような影響を与え
ると思われますか。

 そもそも台湾の存在は、米中両国のパワーバランスがアメリカに圧倒的に傾いているから維持さ
れてきたのです。台湾は共産党が支配する中国を牽制するアメリカの意図で守られてきたのです。
トランプ政権の成立はその前提を崩すかもしれません。

 米中関係は、核兵器を有する第一位と第二位の経済大国間の関係です。つまり、米中が仲良くな
りすぎて第三国の利益を無視しても、本気で喧嘩したりしても、必ず困る国がでます。

 もしも米中が親密になりすぎたら、中国が台湾の利益を犠牲にするディールを持ちかけ、アメリ
カがそれに乗る可能性もあります。反対に米中が険悪になり中国がアメリカに対して戦争をちらつ
かせる瀬戸際政策をとって、アメリカの対台湾介入を阻止したりした場合も、台湾は多大な損害を
被ってしまうでしょう。台湾はそうした非常に不安定な立ち位置に置かれているのです。

 トランプ政権は、多重の不確実性を抱えています。1つ目は、中国との関係において、これまで
積み重ねられた政策を簡単にひっくり返してしまうかもしれない点です。就任直前に、トランプは
アメリカの「一つの中国政策」に疑問をなげかけました。2つ目は、中国との関係において、娘の
イバンカ・トランプや娘婿のジャレッド・クシュナーのような、外交に習熟していない個人が影響
力を持っていることです。3つ目は、台湾が単なる「バーゲニング・チップ」として扱われる可能
性があることです。たとえば、中国が北朝鮮への制裁を強める代わりに、アメリカは台湾問題で妥
協しろ――米中間で台湾への武器輸出をやめる新しい共同コミュニケにサインする――というよう
なディールが、クシュナーを通じて米中間で成立したら、台湾にとっては悪夢となるでしょう。

 加えて、トランプ政権は、武力に依存する傾向があります。シリアが化学兵器を使った疑いが出
た際、トランプ政権は躊躇することなくシリアの空軍基地を空爆し、北朝鮮に対しても軍事的圧力
を高めました。トランプ大統領の支持率は史上最低ですが、シリア空爆の時、大部分の共和党支持
者はトランプを支持しました。トランプ政権が、武力を背景に北朝鮮とチキン・ゲームをしている
最中に、お互いの判断ミスが重なると、何が起こるか分かりません。歴史的に見ても朝鮮半島と台
湾海峡の緊急事態は連動したことがあります。極めて低いとは思いますが、トランプの登場で大動
乱の蓋然性を排除できない時代になったと思っています。そうなると、現状維持志向の強い日本や
台湾が得をすることなどありません。

―― 最後に、今後の中台関係の展望について、どのようなものになるか松田さんの見解をお聞か
せください。

 私は、数年前にシナリオプラニングという方法論を使って、中台関係の4つの将来シナリオを描
いたことがあります。まず、中台関係の中から、まず「重要かつ不確実な要素」を2つ抽出しま
す。1つ目は、中国が協調的な大国になるか、覇権的な大国になるか、という横軸です。2つ目は、
台湾の独立した状態が事実上固定化するか、徐々に中国の傘下に編入されていくか、という縦軸で
す。これでマトリックスを作りました。

 1つ目の仮定として中国が覇権大国化する一方で、台湾の独立状態が固定化すれば、それは中国
が台湾に怒りを爆発させる「A:台湾海峡危機」のシナリオになります。2つ目の仮定は中国が協
調大国化する一方で、台湾の独立状態が固定化するパターンで、「B:分断の永続化」のシナリオ
になります。これはおそらく現状の追認に近い状態になるでしょう。第3の仮定は中国が協調大国
化する一方で、台湾が中国の傘下に入るような状態になる、「C:フィンランド化した台湾」のシ
ナリオです。つまり台湾は属国に近い状態になるが、物わかりの良い中国は急速な統一を追求せ
ず、台湾の変化を待つ、ということです。そして、最後は、中国が覇権大国化する一方で、台湾が
中国の傘下に編入される「D:統一に向かう中台」のシナリオです。この場合、台湾は独立状態を
諦めて中国とよりましな条件で交渉し、統一せざるを得なくなる、ということです。

 これは、あくまで頭の体操であり、将来予測そのものではありません。しかしこうした「将来」
を描いてみると、中台双方が「今」何をしようとしているかが分かるようになります。危機のシナ
リオAは、中台双方とも嫌ですし、そもそも地域の安定を維持しようとする日米両国の「介入」を
招くかもしれない下策です。中台の軍事闘争は、手詰まりのままなのです。

 そうなると、中国は台湾を支配できるシナリオCかDを狙って、台湾を自分の影響下に置く手段
を強化します。他方台湾は、現状維持のシナリオBをねらって中国からの自律性を維持し、同時に
中国からの敵意や攻撃をまともに受けないよう挑発も避ける、というアプローチをとることになり
ます。軍事、外交、経済といったハードパワーで、中国は台湾を圧倒しようとしますが、そうする
と、台湾住民の中国への反発や台湾人アイデンティティが強まり、中国から気持ちが離れ、統一が
遠のきます。この矛盾は、そう簡単に解消しないでしょうね。

―― 中台の関係は今後もはっきりしない状況が続きそうなんですね。松田さん、お忙しいところ
ありがとうございました。

              ◇     ◇     ◇

松田康博(まつだ・やすひろ)

昭和40年(1965年)、北海道生まれ。同63年、麗澤大学外国語学部中国語学科卒業。平成2年、東
京外国語大学大学院地域研究研究科修了。同9年、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取
得退学。同15年、博士(法学)学位取得。在香港日本国総領事館専門調査員、防衛庁(省)防衛研
究所助手・主任研究官、東京大学東洋文化研究所教授などを経て、同27年より東京大学東洋文化研
究所教授。専攻はアジア政治外交史、東アジア国際政治研究、中国および台湾の政治・対外関係・
安全保障、中台関係論、日本の外交・安全保障政策。

主な著書に『台湾における一党独裁体制の成立』(2006年)など。共著に『岐路に立つ日中関係―
過去との対話・未来への模索』(2007年)『日台関係史―1945-2008』(2009年)など。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 蔡英文政権が中国史を3分の1に減らして台湾主体の歴史観を重視する新学習指導要領草案を公表

 台湾の蔡英文政権は7月3日、中国史を東アジア史に組み込むことなどを盛り込んだ新学習指導要
領の草案を公表した。中央通信社は「草案についてはインターネット上で11月10日まで意見を募る
ほか、9月3日からは台湾全土22県市で公聴会が開かれる」と伝えている。

 新学習指導要領では、歴史においては台湾主体の歴史観を重視し、中国史の分量を減らすという
方向にあり、これに対して中国国民党は「歴史をねじ曲げ、中華民国を消滅させようとしている」
と反発しているという。下記に共同通信の記事をご紹介したい。

 20年ほど前の日本でも起こった教科書問題、そして歴史認識問題。それまでの歴史観は自国を貶
めようとする自虐史観や東京裁判史観とされ、国民の間から日本の歴史に誇りを持とうとする声が
澎湃として起こり、国会議員も立ち上がった。

 台湾で台湾人アイデンティティが高まっているのは、まさに台湾を台湾として直視し、台湾に誇
りを持とうとする動きに他ならない。けっして中華民国ではない。

 李登輝政権時代の1997年、『認識台湾』(地理篇・歴史篇・社会篇)から緒に就いた台湾の歴史
認識を是正する動きは、陳水扁、馬英九の両政権では進まなかったものの、蔡英文政権で再び動き
始めた。中国史観から脱却し台湾史観が確立されることを期待したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾、中国史を削減へ 学習指導要領、野党の国民党反発
【共同通信:2017年7月31日】

 台湾の与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が2019年から採用される小中高校向け教科書の
新学習指導要領づくりを始めた。歴史では台湾主体の歴史観を重視し、中国史の分量を減らす方向
だが、野党の国民党などは「脱中国化」「独立」の動きだと強く反発している。歴史認識を巡る与
野党対立が先鋭化しそうだ。

 台湾では対中融和的な国民党の馬英九前政権が14年に「中国史観」を強めた学習指導要領に改
定。高校生らが15年夏に教育部(教育省)で座り込みの抗議行動をして、蔡政権は昨年5月、発足2
日目にこの学習指導要領を廃止した。

 政府は今年7月初めに指導要領草案を公表した。9月から公聴会を開いて議論する。

 台湾大学の歴史学者によると、高校の歴史は台湾史、中国史、世界史の三つに分かれているが、
草案では中国史について分量を3分の1減らし、東南アジア史の一環としての理解が強調される。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。