国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2978号】 日本李登輝友の会「青年部訪台団」のご案内 【締切:8月1日】

2017/07/08

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)7月8日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2978]
1>> 日本李登輝友の会「青年部訪台団」のご案内 【締切:8月1日】
2>> 中国が台湾の台湾国際放送を国際放送協会から締め出そうとして失敗
3>> 【開催中】 今年の「日本台湾祭り」は本当にスゴいのよ☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 日本李登輝友の会「青年部訪台団」お申し込み【8月11日〜14日】 *new
  https://goo.gl/qekqEZ

● 李久惟氏講師の「第29回台湾セミナー」(7月29日開催)お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 特選台湾産アップルマンゴー【7月22日締切】お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● DVD「2014年 李登輝元総統ご来日」お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

● 映画「湾生回家」DVDお申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

● 映画『台湾萬歳』の全国共通鑑賞券お申し込み
  https://goo.gl/pfgzB4

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/
 *7月5日現在の募金額:607,000円(48名)

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第15期:7月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日本李登輝友の会「青年部訪台団」のご案内 【締切:8月1日】

 日本李登輝友の会の青年部は、今年で5回目となる「青年部訪台団」を8月に実施します。この訪
台団は、青年部部員(昭和51年生まれ以降)を対象にしました特別訪台団です。

 台湾人青年たちとの交流を通じて互いの文化や考えを学びます。また、3日目は宜蘭にゆき、ま
だ日本では知られていない「日本人が『最近になり』神様になった廟」や日本ゆかりの場所なども
見学致します。最終日は若者が中心となって結成された政党「時代力量」を表敬訪問します。時代
力量所属の国会議員で、メタルバンドのボーカル「林昶佐(フレディ・リム)」との面会も打診し
ております。

 なお、初日の8月11日の集合時刻(18時)に間に合わない方は、金曜の深夜到着・土曜の早朝到
着でも大丈夫です。

 平成29年7月吉日

                      日本李登輝友の会 理事・青年部長 加藤 秀彦

               ◇     ◇     ◇

・日  程:

 8月11日(金) 18時までに宿泊ホテルに集合。19時より夕食。
 8月12日(土) 台湾人青年との交流会および食事会。
 8月13日(日) 宜蘭へゆき、台湾の神様となった日本人の廟など日本の遺構等を見学。
 8月14日(月) 時代力量を表敬訪問、昼食後解散。

・参 加 費:現地合流=6.4万円   *ツイン利用。シングルは1.6万円追加

・食  事:朝3回、昼1回、夕0回

      *朝食と宜蘭での昼食は料金に含まれていますが、それ以外の食事は地元民に評判の
       店に行きまして、現地で精算です。

・ホ テ ル:台北 花華大飯店(フラワーホテル)

・定  員:30名(ただし最少催行人数は12名)

・参加資格:日本李登輝友の会会員で、昭和51年以降の生まれの青年部員であること。

      *ご参加者が中学生以下の場合は保護者の方も同伴が可能です。

・申込締切:8月1日(火) 

・そ の 他:エアチケットの手配も致します(LCCは除きます)。お気軽にご相談くださいませ。

・手配会社:(株)横浜カンパニー(神奈川県知事登録旅行業第3-941号)

・申込方法:申し込みフォームや申込書に必要事項を記入し、メール・FAXにてお願いします。
      お申し込みいただきましたら、追って所定の書類を送付いたします。
      *ホームページから「申込書」をダウンロードできます。

      申し込みフォーム:https://goo.gl/qekqEZ
      FAX:03-3868-2101  E-mail:info@ritouki.jp

      *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限2017年11月15日以降]が必要ですの
       で、必ずご確認願います。また催行日1ヵ月以内のキャンセルの場合、キャンセル
       料が発生します。エアチケットはキャンセル料の発生がお申込時より発生する場合
       がございますのでご注意ください。

◆お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 HP:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 中国が台湾の台湾国際放送を国際放送協会から締め出そうとして失敗

 台湾の台湾国際放送(Radio Taiwan International)は中国や日本を含む海外に向け13言語で短
波ラジオ放送及びデジタルラジオ放送を行っている、国営放送局の財団法人中央広播電台(中央放
送局)が運営している。ロンドンに本部を置く国際放送協会(AIB)には1999年に加入加盟して
いる。

 この国際放送協会は1993年に設立されたテレビ、ラジオ、オンライン、モバイル向けの業界団体
で、英国のBBCやスカイ・ニュース、フランスのラジオ局フランス・アンテルナショナル、米国
のボイス・オブ・アメリカ、カタールのアルジャジーラ衛星テレビ局、ABU(アジア太平洋放送
連合)など世界主要国の国際放送が加盟しているという。

 しかし、中国の国営放送局である中国中央電視台は加盟していない。そこで、中国は6月に開催
した国際放送協会の年次総会の席で、中国が国際放送協会に加盟していないのは、台湾の台湾国際
放送(中央放送局)が加盟しているからだとして、台湾国際放送を同協会から追い出そうと企てた
ことが明るみに出た。

 当事者である台湾国際放送は、7月6日付の記事で下記のように伝えている。

<中国大陸の中央電視台がAIBに加わらないのは中央放送局が会員であるからだとして、AIB執行委
員会が中央放送局を退会させ、中央電視台を会員として迎えることを討論するよう暗に求めた。

 しかし、中央放送局は、「AIBは新会員の加入を理由に旧会員の基本的な権益を奪うべきではな
い」と主張、イギリス、フランス、ドイツ、ロシアなどの会員の支持を得て、会員資格を守ること
に成功した。>

 なんとも姑息なことをする中国だ。ともかく、台湾を国際機関から締め出したいという意図が見
え見えだ。

 衆知のように、蔡英文政権が昨年5月に発足してからは、その企てはますます露骨になってきて
いる。主なものだけでも、国際民間航空期間(ICAO)への不参加(2016年9月)、サントメ・
プリンシペとの断交(2016年12月)、WHA(世界保健機関の年次総会)への不参加(2017年5
月)、パナマ共和国との断交(2017年6月)などが挙げられる。

 そして、今度は台湾国際放送の締め出しを企てた。しかし、国際放送協会の年次総会では「中国
のメディアがAIB加入を希望するのであれば、規定の手続きを踏んで加入すれば良い」という発
言があり、出席者はすべて支持したという。それが常識であり良識というものだろう。台湾外交部
の広報誌「Taiwan Today」も、その詳細を伝えているので下記に紹介したい。

 ちなみに、本誌でもよく記事を紹介している台湾の中央通信社(The Central News Agency、略
称:中央社)は国営通信社。

-----------------------------------------------------------------------------------------

国際放送協会、中国大陸の圧力に屈せず台湾を支持
【Taiwan Today:2017年7月7日】

 中華民国(台湾)の国家放送局である中央放送局(日本での名称は台湾国際放送、略称RTI)」
の李重志副総局長は6日、中国大陸が英ロンドンに本部を置く国際放送協会(AIB)に対し、中央放
送局の退会と引き換えに、中国大陸の国営放送局である中国中央電視台の加入を求めたことについ
て、今年6月に開催した年次総会では「当日欠席したブルームバーグテレビジョンの代表を除き、
他の出席者は全て中央放送局を支持する立場を表明した」ことを明らかにした。

 伝えられるところによると、中国大陸は、中国中央電視台がAIBに加入していないのは、台湾の
中央放送局が会員になっているからだとして、AIBに対して中央放送局の退会と引き換えに、中国
中央電視台を加入させることを年次総会の議題として取り扱うよう要求したという。

 李重志副総局長によると、中央放送局は6月20日の会議開始数時間前にこの消息を把握。しか
も、中国大陸側は、台湾とパナマ共和国の国交断絶(6月13日)を根拠に、中央放送局の退会と中
国中央電視台の加入を迫っていることを知った。中央放送局はこれを受けて早急に会議を開き、中
央放送局の立場と今後の方向性を確認し、関連の対策を講じたという。

 中国大陸側の訴えを知った中央放送局は、主に報道の自由と平等、真理の追究といった価値観を
前面に押し出し、政治的な論争を回避した上で、「AIBは新会員を加入させるために、既存の会員
の基本的権益を侵害、あるいははく奪すべきではない」と強調したという。

 中央放送局はこの会議で、中国大陸側の要求が話題となった際、「会議の内容が、我々の不本意
とする方向に進まないことを祈る」と率先して発言した。その結果、当日欠席したブルームバーグ
テレビジョンの代表を除き、他の出席者はすべて中央放送局を支持する立場を表明した。

 李重志副総局長が明らかにしたところによると、ある会員が会議で「中国大陸のメディアがAIB
加入を希望するのであれば、規定の手続きを踏んで加入すれば良い。台湾の中央放送局はこれまで
も数々の賞を受け、アフリカ・ブルキナファソなどの国々に放送局を設立したり、技術供与や関連
設備の修復に協力したりするなど多大な貢献をしてきた」と発言し、他の会員もすべて中央放送局
がAIBにとどまることを支持する発言を行った。

 AIBは世界各国のメディアの発展に協力することを目指す組織。多くの会員を抱え、その大部分
が主要諸国のメディア。中央放送局は1999年にAIBに加入。その経歴や立場から、AIBの中では一定
の影響力を有している。また、仏ラジオ・フランス・アンテルナショナル、米ボイス・オブ・アメ
リカなどに協力し、11月に英ロンドンで開催される会議に出席することになっている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【開催中】 今年の「日本台湾祭り」は本当にスゴいのよ☆ 

「最強の縁むすび神」が上野に来てる/本場台湾料理もライブも超充実なのです

【Pouch:2017年7月7日】
http://youpouch.com/author/sweets-holic/

 夜市のB級グルメにマッサージなど、おいしいものや楽しいことが盛りだくさんの台湾! 何度
でも訪れたくなる旅行先のひとつです。

 さて、そんな台湾の食と文化を思う存分満喫できる「日本台湾祭り2017」が、本日7月7日から9
日までの3日間、東京・上野にある上野恩賜公園で開催されています!!

 今年で3回目を迎える台湾祭り、見どころをチェックしてみましょ〜♪

【今回のテーマは「縁結び」】

 開催初日の7月7日となる七夕の日は、台湾では情人節と呼ばれる恋人たちの日。ということで、
今年の台湾祭りは「縁結び」がテーマです。

 そんなわけで、恋愛成就の神様として台湾女子たちから絶大な支持を集める縁むすびの神様が、
はるばるお越しくださっているんだそうで!!

【最強の縁むすび神「月下老人」】

 今回お招きしたのは、台北の人気観光地「迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)」の霞海城隍
廟(シアハイチェンホアンミアオ)に祀られている良縁の神様「月下老人」。

 縁むすびの神様って日本にもいるじゃないの、って声が聞こえてきそうですが、月下老人さまは
縁結びのレベルが違うのです。この神様は誰と誰が結婚するかがすべて書いてある「婚姻簿」をも
ち、参拝に来た者に「運命の赤い糸」を授けてくれる、という、まさしく最強の縁むすび神!

 このとっても心強い神様に、今回は上野でお目にかかれちゃうんです! これはなんとしても、
ご利益にあやからねば……!!

【台湾グルメも雑貨もライブもハイレベル!!】

 今回の目玉となる縁結びの神様参拝のほかにも、台湾祭りは見どころが盛りだくさん! 

 台湾に行かないと食べられない本場の台湾グルメはもちろん大充実! 台湾名物にして夜市の定
番・「蚵仔煎」(オアチェン、かきの卵とじ)や「麺線」(とろみのあるスープのそうめん)も、
本場そのままの味で登場しています。名物・タピオカなど、台湾独自のスイーツもラインナップ。
日本には台湾そのままの料理を出すお店がとても少ないので、かなり貴重です!!

 また、ステージでは台湾原住民の踊りや台湾の人形劇、布袋劇(指人形劇)などの伝統芸能が堪
能できるほか、日本・台湾の人気アーティストによるライブも行われます。

 注目は、台湾の新進気鋭バンド「noovy」! 日本のクリエイターたちも全面的にバックアップし
ている、J-POPとC-POPの融合を目指す台湾の人気アーティストです。彼らのライブは、土曜日の夕
方に行われる予定です。

 ほかにも、台湾の雑貨・食品を販売するお店は過去最大規模のラインナップなのだとか。この充
実ぶり、思いっきり楽しめそう!

【彼氏と参加すればプレゼントがもらえちゃう!!】

 8日(土)には、夕刻から映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(略して「マ
マダメ」)にちなんだイベントが行われるそうですよ。カップルで参加すれば、両日とも先着50組
を対象に素敵なプレゼントがもらえるそうなので、パートナーがいる人はぜひご一緒に。

 また、観客参加型ゲームにカップルで参加すると、「壁ドン塩コショー入れ」がもらえるなど、
いいことがあるんだそう。こちらはWebから事前に登録しておく必要がありますが、ちょっと勇気
を出してカップルで参加すると、すごく楽しそうな予感がします。

 盛り上がること間違いなしの「日本台湾祭り2017」。彼氏がいる人もいない人も、足を運べば
きっと楽しい時間が過ごせるはずです! 

参照元:プレスリリース、日本台湾祭り2017:https://tw-jp-fes.com/
執筆=sweetsholic (鈴木香穂里) (c)Pouch

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。