国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2961号】 李登輝元総統が中国で身柄拘束の李明哲氏の夫人らと面会し「李明哲氏支援の声明」を発表

2017/06/16

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)6月16日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2961]
1>> 李登輝元総統が中国で身柄拘束の李明哲氏の夫人らと面会し「李明哲氏支援の声明」を発表
2>> ティラーソン国務長官が米国の「台湾の安全に対する約束を守る高度な意欲」を表明
3>> 【読者の声】 廃止の成田―台北便に感謝   上田 真弓(塾講師)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 映画『台湾萬歳』の全国共通鑑賞券お申し込み *new
  https://goo.gl/pfgzB4

● 柚原正敬・事務局長を講師の「台湾セミナー」お申し込み【6月24日開催】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 黒葉ライチのお申し込みは、予定どおり6月15日に締め切りました!

● 特選台湾産アップルマンゴー【7月22日締切】お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *6月末配達のお申し込みは、予定どおり6月15日に締め切りました。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統が中国で身柄拘束の李明哲氏の夫人らと面会「李明哲氏支援の声明」を発表

【本会ホームページ「お知らせ」:2017年6月15日】
http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170615/

 中国で身柄を拘束されている台湾の人権活動家、李明哲氏の夫人や人権団体が6月14日午後、李
登輝元総統をご自宅に訪問し、支援を求めた。

 李明哲氏の妻である李浄瑜氏は、台湾関懐中国人権聯盟の楊憲宏理事長らとともに李元総統を訪
問。楊理事長によると、面会は2時間以上におよび、李元総統は「李明哲氏は台湾の国民だ。政府
には責任がある。ただ『関心を寄せている』と言うばかりではいけない。中国はやっぱり『土匪』
だ」などと述べた。

 楊理事長らは、すでに米国政府の支援も取り付けていると報告したが、李総統は「米国に支援を
求めるのもいい。しかし、台湾国民の救出を外国に委ねるというのもまた本末転倒だ。本来であれ
ば、台湾政府がもっと積極的に救出に動くべきだ。最大の責任を負っているのは台湾政府だ」など
と話した。

 さらに、1994年に中国で発生した千島湖事件(杭州の千島湖で、遊覧船が強盗に襲われ、台湾か
らの観光客が殺害され放火された事件)に言及し、「中国はやっぱり土匪(どひ)だ」などと批判
したという。

◆「李明哲氏支援の声明」

 李登輝元総統はその翌6月15日、「李明哲氏支援の声明」を発表、声明は李元総統のFacebookで
公開された。

              ◇     ◇     ◇

 わが国の国民たる李明哲氏が、確固たる理由もなく中国政府によって拘束されてから今日で88日
が経過した。この間、救出に向けて台湾政府や関係者の努力が続けられているが、中国政府はいま
だに釈放しないだけでなく、家族による面会の要求などにも応えておらず、このままでは中国は国
家としての体面に傷をつけることになるだろう。

 昨日(6月14日)、私は李明哲氏の夫人である、李浄瑜さんと面会した。夫の李明哲氏が拘束さ
れてからというもの、夫人が救出のためにいかなる努力を払ってきたかを縷々聞くにつけ、私はい
たたまれない気持ちになった。ご家族の皆さんがどうか希望を捨てないことを祈ると同時に、私は
ここに3つの意見を表明したい。願わくば、国内外の関係者が力を合わせ、台湾の国民が救出され
ることを切に願うものである。

1、中国政府が正当な理由なく李明哲氏を拘束していることは、もはや国際社会における深刻な人
 権問題となっている。仮に李明哲氏が中国の法律に違反する行為を行ったのであれば、関連する
 法律および訴訟によって裁かれるべきであり、家族による面会の権利とともに、公平かつ公開の
 裁判を受ける権利を有するものである。中国政府は、基本的人権の尊重をゆめゆめ忘れるべきで
 はなく、関連する部署は、すみやかに明確な説明をするとともに、台湾政府や家族に対して報告
 するべきである。

2、中国政府は両岸の国民の交流を妨げるべきではない。60年以上にわたり、中華民国および中華
 人民共和国の両国政府は、時として異なる価値観や理念を有したり、摩擦を生じたことはあった
 ものの、両岸の人的交流は影響を受けることなく今日までお互いに相当程度の理解を深めてきた。

  しかしながら、今般の李明哲氏の理由なき拘束は、長期にわたって民間で育まれてきた良好な
 関係を引き裂くものである。私は中国政府に対し、これ以上、両岸関係を毀損する行為を止める
 とともに、一時的な政治的要因によって民間の交流活動を萎縮させ、破壊する行為を慎むよう求
 める。

  中国政府は、理性的態度を取り、なおかつ効率性を考慮するべきであり、むやみに摩擦を生む
 べきではない。速やかに過ちを認め、李明哲氏を解放して台湾に帰国させるべきである。それこ
 そが、国際社会における中国の体面を取り戻すものであり、なおかつ両岸の民間交流の良好な基
 盤となるものである。

3、台湾政府および全国民は、支持する政党やエスニック・グループ、政治的立場に関係なく、よ
 り多くの関心を寄せるべきである。李明哲氏への声援を結集することは、台湾政府やご家族を応
 援することとなり、全国民が同胞に関心を寄せることの表明になる。

  李明哲氏が中国で拘束されて以降、台湾政府が鋭意努力を続けてきたことに私は敬意を表す
 る。同時に、ご家族が味わってきた苦悩はいかばかりかと想像する。台湾社会の人々がそれぞれ
 の立場から、あらゆる手段で救出のための努力を続けられることを願う。同時に、関係する部署
 は救援のための努力を続けるとともに、ご家族への十分なケアが提供されることを願う。台湾の
 全国民が心をひとつにすることが、一日も早い李明哲氏の帰国につながるだろう。

 李登輝

 中華民国106年6月15日

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> ティラーソン国務長官が米国の「台湾の安全に対する約束を守る高度な意欲」を表明

 米国のティラーソン(Rex W. Tillerson)国務長官は6月14日、上院外交委員会の公聴会におい
て、対中国政策の見直しに関して「アメリカは依然として、台湾の安全に対する約束を守るとい
う、高度な意欲をもっている」と発言、台湾の外交部も高く評価したという。台湾国際放送の記事
を下記に紹介したい。

 本誌でお伝えしたように、米国国防総省は6月6日に「「2017年版 中国の軍事力に関する年次報
告書」発表。この中で、米国の対台湾政策について「米中間の三つの共同コミュニケ」と「台湾関
係法」に基づく『一つの中国政策』を維持する立場を改めて強調したと伝えられている。

 「米中間の三つの共同コミュニケ」とは、1972年の上海コミュニケ、1979年の国交樹立に関する
コミュニケ、1982年の第2上海コミュニケのことを指し、いずれも中国が「台湾は中国の一部分で
あると主張していることを認識(acknowledges)している」とし、外交用語の「承認する(approve)」
や「同意する(concur)」を使っていない。

 また、米国が「防御的な性格の兵器を台湾に供給する」と定めた台湾関係法は、1979 年3 月に
上下両院で可決し、4 月10 日にジミー・カーター大統領が署名、そして中国との国交を樹立した
同年1 月1 日に遡って発効させている米国の国内法だ。

 米国には「米中間の三つの共同コミュニケ」と「台湾関係法」の他にも、「台湾の安全に対する
約束を守るという、高度な意欲」を示すものとして「台湾に対する『6つの保証』」がある。

 これは、ロナルド・レーガン大統領時代の1982年7月14日、兵器供与などに関して下記の「6つの
保証」を定め、台湾側に伝えていた。

(1) 台湾への武器供与の終了期日を定めない。
(2) 台湾への武器売却に関し、中国と事前協議を行なわない。
(3) 中国と台湾の仲介を行わない。
(4) 台湾関係法の改正に同意しない。
(5) 台湾の主権に関する立場を変えない。
(6) 中国との対話を行うよう台湾に圧力をかけない。

 昨年の7月6日には、米国連邦議会の上院は下院でも可決された「『台湾関係法』と台湾に対する
『6つの保証』を米台関係の基礎とすることを再確認する両院一致決議案」を可決し、米国と台湾
の関係の基礎と位置づけている。

 トランプ大統領の発言もティラーソン国務長官の発言も、「米中間の三つの共同コミュニケ」
「台湾関係法」「6つの保証」の内容に沿っており、逸脱することはない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
外交部、米国務長官の発言に好感
【台湾国際放送:2017年6月15日】

 外交部が、アメリカ国務長官の発言を高く評価した。外交部北美司の薛美瑜・司長は、アメリカ
のティラーソン国務長官が議会で台湾に対する約束を重ねて表明したことに、好感を示した。

 ティラーソン国務長官は、このほどアメリカ議会の予算案に関する聴聞会で、台湾と中国大陸の
台湾海峡両岸関係について触れ、「アメリカの過去50年にわたる、いわゆる『1つの中国』政策
は、地域の安定を確保し、衝突を避けてきた。アメリカと中国大陸は現在、未来の50年の状況につ
いて討論している。しかし、アメリカは依然として、台湾の安全に対する約束を守るという、高度
な意欲をもっている」と述べた。

 これについて、外交部北美司の薛・司長は15日、「非常に明確で、一貫した情報を含んでいると
考えている。非常に前向きの発言だと認識している」と指摘、高く評価した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【読者の声】 廃止の成田―台北便に感謝   上田 真弓(塾講師)

廃止の成田―台北便に感謝  上田 真弓(千葉県成田市、塾講師、57歳)
【産経新聞:2017年6月15日「談話室」】

 米デルタ航空が運航していた成田―台北便が5月24日で廃止になった。残念だが、私はこの便の
おかげで素晴らしい日台交流ができ、大変感謝している。

 14年前、私はかつてこの路線を運航していた米ノースウエスト航空に勤める台湾人と知り合っ
た。成田空港に出張中で、同じホテルに滞在していた同僚の台湾人たちも紹介してくれて仲良く
なった。

 その後、デルタ航空がノースウエスト航空を合併。台湾の友人たちもデルタの社員になった。

空席があれば同社の航空機に社員と家族はただで乗れたので、友人たちは家族を連れて成田のわが
家によく泊まりに来た。私は日光、箱根、尾瀬、立山黒部アルペンルートなど、自然の美しい観光
地を案内し、大変感謝された。私も何回も台湾を訪れ、お互いに楽しい交流が続いた。

 今回、友人たちは全員が退社した。今後は交流もこれまでよりは難しくなりそうだが、末永く続
けたいと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。