国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2960号】 高校生の台湾修学旅行はアメリカに次ぐ3万5,775人で第2位に躍進 文科省が発表

2017/06/15

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)6月15日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2960]
1>> 高校生の台湾修学旅行はアメリカに次ぐ3万5,775人で2位に躍進 文科省が発表
2>> 黒葉ライチのお申し込み締切は本日6月15日
3>> 台湾の「中国政策」 アンディ・チャン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 映画『台湾萬歳』の全国共通鑑賞券お申し込み *new
  https://goo.gl/pfgzB4

● 柚原正敬・事務局長を講師の「台湾セミナー」お申し込み【6月24日開催】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 黒葉ライチ【本日(6月15日)締切】お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *ドラゴンライチ(玉荷包)のお申し込みは、予定通り5月31日に締め切りました。

● 特選台湾産アップルマンゴー【7月22日締切】お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *6月末の配達をご希望の方は、6月15日(木)までにお申し込みください。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 高校生の台湾修学旅行はアメリカに次ぐ3万5,775人で2位に躍進 文科省が発表

●台湾だけ大幅に増加

 文部科学省は昭和61年(1986年)から隔年で、高校生の海外修学旅行先や外国からの教育旅行の
受け入れ状況について調査し、「高等学校等における国際交流等の状況について」を発表してきて
いる。

 6月13日、今回で15回目になる平成27年度(2015年度)の調査結果を発表した。この調査による
と、旅行先の上位は以下のようになっている。台湾へは3万5,775人(232校)で、アメリカへの3万
8,453人(281校)に次いで2位に躍り出た。

・1位:アメリカ   (3万8,453人、281校)
・2位:台湾     (3万5,775人、232校)
・3位:シンガポール (2万3,034人、167校)
・4位:オーストラリア(2万485人、154校)
・5位:マレーシア  (1万3,945人、99校)

 平成25年度(2013年度)の調査結果では、台湾は、アメリカ(3万5,168人、260校、)、シンガ
ポール(2万3,571人、167校)に次ぐ3位の2万829人、140校だったから、生徒数で1万5,000人、学
校数も90校以上を増やす大躍進だ。4位はマレーシアで2万614人、 132校、5位がオーストラリアの
1万9,755人、149 校。

 2015年度の増減をみると、アメリカが9.3%増、シンガポールの2.2%減、マレーシアも32.3%
減、オーストラリアが3.7%増。それに比べ、台湾だけ72%増で大幅に増えていることがわかる。

 また、さかのぼること約10年前の2004年度、台湾へ修学旅行に行く日本の高校生は1,108人しか
いなかった。それが徐々に3,622人(2006年度)、8,024人(2008年度)、12,762人(2011年度)と
増え、2013年度は2万人を超え、2015年度は3万人を突破してほぼアメリカと肩を並べるところまで
来た。隔世の感とは、まさにこのことだろう。

 すでに公益財団法人全国修学旅行研究協会が本年1月17日に公表した「平成27年度全国公私立高
等学校海外(国内)修学旅行・海外研修実施状況調査報告」によると、すでに台湾へは3万6,356人
(224校)で、アメリカへの3万6,170人(249校)を僅差で抜いてトップになっている。

 文科省の2015年度発表を仔細に見ると、公立高校では台湾へは2万5,197人(145校)で、アメリ
カへの1万3,079人(104校)をダブルスコアで大きく水を空けている。しかし、私立高校ではアメ
リカへは2万5,242人(175校)で、台湾への1万377人(84校)をダブルスコアで引き離している。

 公立高校の修学旅行は都道府県の教育委員会が許認可権を持っていて、海外修学旅行はその費用
と日程の上限を定めているところが多い。この調査結果には、都道府県教委の制限を受けない私立
との違いが現れているようだ。また、校風や修学旅行を担当する教員の考え方によるところも少な
くないかもしれない。

●日本への教育旅行は台湾が第1位

 一方、海外から日本へ教育旅行で来る高校生の調査(「学校訪問を伴う外国からの教育旅行の受
入れについて」)を見ると、台湾からが1万2,250人(351校)でダントツの1位。2位は中国の4,002
人(160校)、3位が韓国の3,785人(150校)、4位がオーストラリアの3,143人(197校)、5位はア
メリカの2,164人(187校)となっている。

 実は、10年前の2004年度だとトップは韓国からの5,435人、次いでアメリカの2,940人、台湾は3
位の2,484人だった。それが、2006年度は6,667人で2位となり、2008年度は7,320人と増加したもの
の韓国からの8,910人を追い抜けなかった。

 しかし、2011年度に台湾からは3,494人で韓国からの3,475人を僅差で追い抜いて1位となる(来
日者数が少ないのは東日本大震災の影響による。全体でも前回調査比で53%の減)。2013年度はつ
いに台湾からは1万人を突破して1万1,382人となり、2位韓国の5,567人を大きく引き離している。
その傾向は2015年度にも顕著に現れ、1万人を超えているのは台湾だけだ。

 近年、おれも2012年以降、姉妹都市などの都市間提携でも鉄道提携でも日台間の提携数は急増し
ているが、以上のように、高校生の修学旅行(教育旅行)にもその傾向は顕著に現れている。日本
と台湾の将来をになう高校生たちの交流の機会が増えることは、まことに喜ばしくも嬉しいことだ。

◆平成27年度 高等学校等における国際交流等の状況について[文部科学省]
 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/koukousei/1323946.htm

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 黒葉ライチのお申し込み締切は本日6月15日

 毎年ご好評のライチのご案内は、すでに5月31日にドラゴンライチ(玉荷包)のお申し込みを締
め切っていますが、黒葉ライチのお申し込みは、泣いても笑っても本日(6月15日)が締切です。

 台湾ではこのところ大雨が続いており、お伝えしましたように生育は順調なのですが、収穫に遅
れが出ています。黒葉ライチの入荷が遅れることも予想されます。状況が確認でき次第、本誌や
ホームページでお知らせしますが、指定していただいた配達日に変更が出てくる場合は、事務局よ
りお届け予定日をご連絡申し上げます。ご賢察のほど賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 2017年6月15日

                                    日本李登輝友の会

◆本会ホームページでも案内し、ホームページからお申し込みもできますし、お申し込み書もダウ
 ンロードできます。

  日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

◆ご自宅用などは下記のお手軽で簡単な「お申し込みフォーム」からどうぞ。また、5名様までお
 送りできます。

  2017年 黒葉ライチお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

-----------------------------------------------------------------------------------------

1.商品の種類と価格

  黒葉ライチ・・・・・ 3kg  =  5,000円(税・送料込み)
  黒葉ライチ・・・・・ 1kg  =  2,900円(税・送料込み)

2.お申し込みとお支払い方法【前金制】

 1)「お申し込み書」に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。

   日本李登輝友の会 FAX:03-3868-2101

 2)お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください。

  ・郵便貯金口座
   記号番号 10180 95214171
   日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

  ・銀行口座
   みずほ銀行 本郷支店 普通預金 口座番号 2750564
   日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬(ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

  *代金前払い制、振込手数料はご負担願います。

3.お申し込みの締切と配達予定

  黒葉ライチ 申込締切日:6月15日(木)  配達予定:6月下旬

 *ライチは生ものですので、お届け先様が2日間不在の場合、送り主様へ転送いたします。

 *熨斗(のし)紙は「御中元」以外にもご用意できます。

 *ヤマト運輸の配達時間は、1)午前中(12時まで)、2)14時〜16時、3)16時〜18時、4)18時
  〜20時、5)19時〜21時です。ご希望の方はお申し込み書の「配達希望時間」の番号を○で囲
  んで下さい。

 *沖縄と一部離島は別途1,000円の送料がかかります。詳しくはお問い合わせ下さい。

 *生鮮食品のためお届けに日数を要する一部離島はお届けできません。詳しくはお問い合わせ下
  さい。 

 *生鮮食品です。届きましたらすぐご開封の上、中身をご確認下さい。お届け先様にもお伝え下
  さい。

4.輸入・協力・・・池栄青果(株) 台湾物産館
           〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目15番7号

■日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1

*月〜金、10:00〜18:00 土・日・祝日は休み

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾の「中国政策」 アンディ・チャン

【AC通信(No.646):2017年6月14日】

 昨6月12日、パナマが突然中国と国交を樹立し同時に台湾と断交すると発表した。台湾では大騒
ぎになった。これで台湾と国交のある国は20カ国となった。

 蔡英文総統は国民に談話を発表したが、要点は以下の通り:

(1)台湾は常に中国に対し善意を表現してきたが中国は92共識を強要して両岸の関係が悪化した。
(2)台湾の国家の利益と経済に影響はない。
(3)台湾は長期的に国際関係で困難だった。今後も民主と自由を追求し国家の運命を把握してい
   くことに変わりはない。

 蔡英文政権が発足して以来、中国の「一つの中国」に対し蔡英文は現状維持を続けてきた。現状
維持はアメリカの要求である。台湾独立を推進せず、中国と経済関係を維持することが中国と台湾
はウインウインの関係だと言う。米中の武力衝突を避けて台湾の戦略的地位の重要性を維持するの
が目的である。

 一方、中国もアメリカとの武力衝突を避けたいが、台湾を併呑すれば太平洋に進出できる。だか
ら台湾と諸国の外交関係を断ち切って台湾を窮地に立たせる政策を取る。つまり、中国とパナマの
国交樹立は台湾への圧力だけでなく、アメリカに圧力を加えたのである。

 台湾は米中暗闘の中間で宙ぶらりん状態を維持する外はないのか。台湾が国として国際関係を増
進させるにはどうすればよいのか。

 台湾民進党はパナマ断交について中国に対し強い抗議の声明を準備したが、国民党は声明書に署
名することを拒否した。実は国民党の洪主席が数日後に中国を訪問し、海峡論壇にも参加するから
と言う。

 台湾国内では中国に対する意見が纏まっていない。

●米国と中国の「中国政策」

 中国とアメリカにはそれぞれ台湾問題に対する「チャイナポリシー」がある。中国側の主張はい
わゆる台湾三つのノー(台湾独立の不支持、二つの中国もしくは一中一台の不支持、台湾の国際組
織への加入の不支持)である。そして台湾が独立すれば武力攻撃をすると恫喝している。

 これに対し米国の台湾政策は2つ、「台湾関係法に拠る台湾の安全保障」と「台湾への6か条確
約」(Six Assurances)である。

1.台湾への武器提供に停止日限を付けない。
2.台湾と中華人民共和国間の仲裁をしない。
3.台湾に対し中台交渉に圧力を加えない。
4.米国の長期にわたる台湾の主権問題に変わりはない。
5.米国は「台湾関係法」の改訂をしない。
6.台湾への武器提供について北京と事前協商しない。

 つまり、中国と米国は違ったチャイナポリシーがあり、トランプは習近平との電話会談で「米国
はチャイナポリシーを守る」と答えたが、両国のポリシーは違ったものである。

●台湾の「中国政策」はない

 アメリカは台湾の安全を守ると言うが、台湾は自己防衛が出来るかどうかもわからない。台湾は
米中双方の間にいても、自国の立場を明らかにしない。国内でも台湾の中国政策が曖昧で、いろい
ろ違った主張があり意見が統一していない。台湾人は独立願望が強いがアメリカは支持しない、そ
して中国は武力で阻止すると言う。台湾は中華民国の国名を変更しない。公民投票に拠る正名制憲
は公民投票法案を通さなくてはならないが、法案はまだ提出さえしていない。

 台湾と中国の関係も曖昧で、「親中」、「和中」、「友中」のどれかもわからない。台湾は中国
に善意を示し中国は台湾に敵意しか示さない。中国は敵国であり友好国でもあるとは明らかな矛盾
である。

 このような矛盾は(1)国民党の勢力が今でもかなり強いことと、(2)蔡英文・民進党が台湾
独立を捨てて中華民国の体制を維持し二大政党政治を進めるからだ。だから国民党を潰して台湾人
の台湾国を建立することは出来なくなる。これも現状維持の一つであり、現状維持は阿片のように
台湾を廃人同様にしてしまう。

●アメリカは最新武器を提供できない

 アメリカは台湾への6か条確約があるから武器を提供すべきと言う。トランプ政権が発足したあ
と台湾はアメリカに対し最新武器の購買を何度も申し入れたと言う。台湾が欲しいのは潜水艦とF-
35戦闘機だが、アメリカは潜水艦を売らないので自己開発をすると決定した。F-35の購買について
は許可を出していない。

 アメリカが最新武器の提供を躊躇う理由は、台湾の立場が明確でないからである。中国は敵か友
かわからないのに武器を売って、それが中国の手に渡れば大変である。米中戦争になったら、台湾
は米国と共に戦うか、洞ヶ峠を決め込むか、中国側につくか、中国に寝返るか、内通するか。態度
がハッキリしなければ武器提供は出来ない。

 台湾は中国の一部ではない、「92共識」は認めない。台湾は台湾と呼ぶ国で、中華民国ではな
い。たとえ諸国と外交関係がなくなっても台湾の立場をハッキリと世界に発表すべきだ。

 台湾が中国を敵国と見なすなら、米国は友国と見なして最新武器を売る。台湾は早急に「台湾の
中国政策」を発表すべきである。台湾が自立するには「修身」「斉家」「治国」の前に「誠意」
「正心」を明らかにすべきである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。