国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2953号】 6月10日、杉並区で一青妙さんや酒井充子監督を招き「まるごと台湾フェア2017」

2017/06/07

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)6月7日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2953]
1>> 6月10日、杉並区で一青妙さんや酒井充子監督を招き「まるごと台湾フェア2017」
2>> 【祝】 愛媛県と台中市が「友好交流覚書」を締結
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 黒葉ライチ【6月15日締切】お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *ドラゴンライチ(玉荷包)のお申し込みは、予定通り5月31日に締め切りました。

● 特選台湾産アップルマンゴー【7月22日締切】お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *6月末の配達をご希望の方は、6月15日(木)までにお申し込みください。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 6月10日、杉並区で一青妙さんや酒井充子監督を招き「まるごと台湾フェア2017」

◆『まるごと台湾フェア』〜気分は台湾!!「台湾へ行こう!」〜 
 http://suginami-kouryu.org/contents/code/eve20170610j

 2016年の訪日台湾人客は416万人。台湾の人口が2300万人ですから、なんと6人に1人が日本を訪
れたことになります。しかし、昨年の訪台日本人客は189万人。もっと日本からも台湾へ行ってほ
しいですね。という訳で今年のテーマはズバリ「台湾に行こう!」

 6年前に中学生の台湾交流から始まった杉並と台湾の交流、その台湾の魅力をまるごと紹介しま
す。楽しい企画満載のフェアです。

※催しの内容、時間は事情により変更される事があります。ご了承下さい。

・日 時:6月10日(土)午前10〜午後5時

・会 場:セシオン杉並、ホール・中庭・展示室・8.9.10集会室

     東京都杉並区梅里1-22-32
     【交通】東京メトロ丸ノ内線「東高円寺駅」徒歩5分、「新高円寺駅」徒歩7分
     http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/bunka/kyouiku/1014907.html

1)台湾のグルメ&物産販売(中庭)  10:30〜17:00

  キッチンカーによる台湾調理、台湾茶、タピオカドリンクやかき氷が出店
  また、パイナップルケーキなどの特産品を販売(売切次第終了)

2)講演会(8.9.10集会室・当日受付・無料) 11時00分〜12時20分

   「『台北以外』へ飛び出そう〜台南や宜蘭、花蓮を楽しみ尽くす方法〜」

  女優:一青妙
  台湾屈指の名家「顔家」の長男だった父と石川県中能登町にルーツを持つ日本人の母との間に
  生まれる。幼少期を台湾で過ごし、11歳から日本で暮らし始める。最新の著書に『私の台湾・
  東海岸―「もう一つの台湾」をめぐる旅』、『わたしの台南』などがある。日台の架け橋とな
  るような文化交流活動にも力を入れ、台南市親善大使及び石川県中能登町観光大使を務める。
  著書『私の箱子(シャンズ)』『ママ、ごはんまだ?』を原作にした日台合作映画が今年日本と
  台湾で公開された。

  12時30分〜13時20分
 
 「日本語世代を撮り続けて」
  映画監督:酒井充子×台湾映画評論家:稲見公仁子

  稲見公仁子
  台湾映画研究家。80年代末よりアジア映画に傾倒。共著に「中華電影データブック 完全保存
  版」(キネマ旬報社)、「アジア映画の森 新世紀の映画地図」(作品社)など。台湾映画・
  ドラマを核とした講座の企画も手がける。 

  酒井充子
  1969年、山口県周南市出身。新聞記者だった98年夏、初めて訪れた台湾でのある出会いをきっ
  かけに02年、台湾取材を始める。ドキュメンタリー映画『台湾人生』(09年)、『空を拓く-
  建築家・郭茂林という男』(13年)、『台湾アイデンティティー』(13年)、『ふたつの祖
  国、ひとつの愛−イ・ジュンソプの妻−』(14年)を監督。新作『台湾萬歳』が7月公開予
  定。著書に「台湾人生」(10年、文藝春秋)がある。

3)展示&台湾観光紹介(展示室) 午前10時30分〜17時

  写真で見る杉並と台湾の交流展
  台湾観光案内、台湾雑貨・書籍・台湾映画などの紹介
  里地帰による二胡演奏など

4)「光にふれる」特別上映会 14時〜17時
 
  舞台挨拶&ミニコンサート付

  詳細はこちら。お申し込みも。
  http://suginami-kouryu.org/contents/code/eve20170610?re=1496796045

   ?裕翔 ホアン・ユィシアン HAUNG Yu-Siang
  1987年台湾・台中生まれ。先天性網膜細胞異変のため全盲であるが、4歳よりピアノを始め、
  台中の盲学校を卒業後、国立台湾芸術大学音楽科でピアノを専攻する。1999年にシュタイン
  バッハ音楽芸術協会ピアノコンクール独奏部門で優勝。2005年にはSeidofピアノコンクールで
  全国優勝、同年には総統教育賞、台北富邦銀行身体障害者芸術蘭花賞を受賞し、国家交響楽
  団・長栄交響楽団と共演した。

   2012年、彼の半生を下敷きにした映画『光にふれる』が大ヒット。この映画ではミュージシャ
  ンとして参加するだけでなく、俳優として自分をモデルにした主人公を演じており、台湾金馬
  賞の年度優秀台湾映画人賞、ミラノ映画祭最優秀主演男優賞を受賞した。

  2015年12月に発売した待望のファーストフルアルバム「聽見?裕翔(Be My Ears)」は、イン
  ストロメンタル系アルバムとしては異例の大ヒットとなり、同アルバム収録の「高鐵小旅行
  (台湾新幹線で小旅行)」で台湾金曲賞(台湾版グラミー賞)のインストロメンタル部門で最
  優秀作曲家賞を受賞した。

  彼の音楽は、クラシック、ジャズ、ロック、ポップス、ラテン等あらゆるジャンルの音楽にま
  たがり、即興演奏も得意とする。多くの台湾の有名歌手が、彼との共演を望んでいると言われる。

  日本に対しては、東北震災関連で再三にわたる支援活動をおこなっており、2011年4月に東京
  で東北大震災支援チャリティリサイタルを開いたほか、2013年冬には被災地東北でのチャリ
  ティツアーを行った。BS12の「未来への教科書」(2011年6月〜16年春、復興支援メディア隊
  製作)ではテーマ曲の演奏を担当。また、2014年に台湾で開催された日本から台湾への震災支
  援感謝イベントでは、震災で被害を受けながら奇跡的に修復された“奇跡のピアノ”を演奏し
  ている。

・問合先:杉並区交流協会(平日8:30〜17:15)

     TEL: 03-5378-8833  FAX: 03-5378-8844
     E-mail:info@suginami-kouryu.org

・主 催:杉並区交流協会(井上泰孝・理事長)

     〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-14-2 みなみ阿佐ヶ谷ビル5F

・共 催:杉並区

・後 援:台北駐日経済文化代表処 杉並区教育委員会

・協 力:日本から台湾の世界遺産登録を応援する会 LIP 台湾新聞社 台日文化交流基金高円
     寺地域 区民センター協議会 中央線あるあるPROJECT 留日台湾同郷会 台湾観光協
     会 台湾文化センター 東洋旅行

・協 賛:中華航空

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 愛媛県と台中市が「友好交流覚書」を締結

 5月31日の本誌で愛媛県と台中市が「友好交流覚書」を5月31日に締結とお伝えしましたが、6月1
日の誤りでした。お詫びして訂正します。下記に中央通信社の記事と台中市市政新聞の記事をご紹
介します。

 中村時広(なかむら・ときひろ)愛媛県知事は5月24日の定例記者会見で、台中市の林佳龍市長
と友好交流覚書を締結するようになった経緯や今後の交流のあり方について、下記のように説明し
ていました。

<今年3月に台湾の方に行ってまいりましたが、その時にジャイアント社前会長の劉金標(りゅう
 きんひょう)氏から、台中の林市長をご紹介いただきました。3人で交流しながら、いろいろな
話をしていたところ、(林市長と私は)歳も同じでサイクリングが好きだということもあって、非
常に意気投合しまして、今後、観光分野における相互交流のほか、愛媛のかんきつと台湾特産品の
相互PRや、ジャイアントの本社も実はこの台中市にございますので、同市とのサイクリングを通し
た相互交流など、交流の輪を広げていただきたいと思います。>

 中村知事は林市長と「歳も同じ」と話していますが、知事は1960年1月25日生まれの57歳。一方
の林市長は1964年2月13日生まれの53歳で、実際は4つ違いなのですが、それはともかく、サイクリ
ング好きは似ているようです。

 実は、2014年10月に瀬戸内しまなみ海道と日月譚自転車道が日台初の「姉妹自転車道」を提携し
たときも、中村知事は今治市大三島の村上三島記念館前に建立された記念碑「サイクリストの聖
地」の除幕式に参列していました。

 そもそも、その年の10月13日に松山市と台北市が友好交流協定を締結し、その前年の2013年10月
にJR四国の松山駅と台湾鉄道の松山駅が同じ駅名ということで姉妹駅を締結していますが、いず
れも中村知事がバックアップしたそうです。

 宮城県、石川県、熊本県、宮崎県、静岡県など、いずれも現在は台湾との定期航空便が飛ぶよう
になっていますが、知事をはじめ県議会議員などの熱心な働きかけにより、チャーター便の運航か
らはじめてようやく定期便化に漕ぎつけています。

 現在、岩手県や秋田県などが定期便化に向けて努力を重ねていますが、松山空港を抱える愛媛県
も台湾定期航空路線の開設は「長年の夢」。足を確保しなければ、交流も観光誘客も成り立ちません。

 2011年11月4日松山市の道後温泉と北投温泉の温泉友好交流協定を締結したことを皮切りに、J
R四国の松山駅と台湾鉄道の松山駅の姉妹駅(2013年10月13日)、松山市と台北市の友好交流協定
(2014年10月13日)、瀬戸内しまなみ海道と日月譚自転車道の姉妹自転車道(2014年10月25日)、
そして今回の台中市との「友好交流覚書」(2017年6月1日)もまた、中村知事自らが働きかけて築
いた台湾定期航空路線開設に向けた一里塚。愛媛県の悲願が実現するよう心から願っています。

◆透過自行車結縁 台中市、愛媛縣正式締結為友好城市【台中市市政新聞:6月2日】
 http://www.taichung.gov.tw/ct.asp?xItem=1869390&ctNode=24068&mp=1001D

-----------------------------------------------------------------------------------------
台中市と愛媛県が友好交流覚書締結 自転車が取り持つ縁で
【中央通信社:2017年6月3日】
http://japan.cna.com.tw/news/atra/201706030001.aspx

 (台中 3日 中央社)林佳龍台中市長は1日、日本の愛媛県庁舎で同県との友好交流覚書に署名し
た。林市長は、サイクリングや観光、文化、教育、産業など各分野で相互交流を深めていくことに
期待を示した。

 台中市と愛媛県の縁を取り持ったのは自転車。林市長と中村時広知事はともにサイクリング愛好
者。愛媛県には海峡を横断できる自転車道、瀬戸内しまなみ海道サイクリングロードがある。3月
に台中市で台湾一周サイクリングイベントが行われた際、中村知事はこれに参加するために訪台。
この時、台中市に本社を置く台湾最大手の自転車メーカー、ジャイアント(巨大機械工業)の劉金
標前会長を通じて、林市長と面識を持ったという。

 林市長は、台中市では9月にフランスの一般向け自転車ロードレース「エタップ・デュ・ツー
ル」の台湾版「エタップ・タイワン」、来年には「日台観光サミット会議」「台中フローラ世界博
覧会」などが開催されるとして、これらのイベントを通じて台湾と日本の交流人口を年間700万人
に増やしたいと意欲を見せた。700万人は、今年の日台観光サミット会議で掲げられた達成目標で
もある。

 日台観光サミット会議は観光を通じて日台の交流促進を目指すもので、毎年日本と台湾が持ち回
りで開催。今年は1日に香川県で開かれた。 

                              (カク雪卿/編集:塚越西穂)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*欠号:第1号 在庫僅少:第2号(2冊)、第10号(2冊)、第12号(1冊)【2017年5月16日】
*欠号や僅少号は6月半ばに入荷予定です。

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。