トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄:第2925号】 八田與一像修復・復元「緊急募金」の最終公表について

発行日:5/2

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年) 5月2日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2925]
1>> 八田與一像修復・復元「緊急募金」の最終公表について
2>> 門田隆将氏講演「湯徳章と228事件」報告  傳田 晴久 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2017年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2017年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾フルーツ美食ツアーお申し込み 【6月7日〜10日 締切:5月17日】*new
  https://goo.gl/ILtbMa
 *詳細は本会ホームページでご案内しております。くだもの王国・台湾を堪能!
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170426/

● 八田與一像修復・復元「緊急募金」終了!
 *予定どおり4月27日に終了しました。ご協力いただきました皆様に深謝申し上げます。
 *4月27日現在の募金額:210万円(211人)
 *義捐金は5月3日に嘉南農田水利会(楊明風会長)に直接お手渡しする予定です。
 *本会facebookとTwitterで募金者イニシャルや募金額などを公表しています。
  facebook:http://goo.gl/qQUX1 Twitter:https://twitter.com/jritouki

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 八田與一像修復・復元「緊急募金」の最終公表について

 本会は八田與一像頭部切断事件を受け、4月18日から27日まで「八田與一像修復・復元『緊急募
金』」を行いました。お陰様で、最終日の27日時点で211人の方から210万円もの義捐金を寄せてい
ただきました。改めて御礼申し上げます。

 すでにお伝えしておりますように、義捐金は、5月3日午前に嘉南農田水利会の事務所で楊明風会
長にお手渡しすることになりました。

 ところで、本会の公式Facebookや公式Twitterで公表している募金者イニシャルや募金額は、4月
27日夕方までに確認させていただいたものです。

 お伝えしているように、払込取扱票(郵便振替)によるお振り込み分は、払込取扱票が本会に届
くまで2、3日かかるため、4月25日付が到着した分まで反映しています。26日付の払込取扱票は28
日に到着して確認し、また銀行の場合は、27日15時以降にお振り込みされた分は28日に確認させて
いただいています。

 実は、28日以降も振替払込取扱票や銀行から振り込まれるケースが続いています。本当にありが
たいことです。5月1日時点で、すでに義捐金総額で約230万円となっています。

 つきましては、公式Facebookや公式Twitterでの募金者イニシャルや募金額の最終公表は、連休
明けの5月8日の状況を見極め、翌9日くらいを予定しております。事情ご賢察のうえご理解のほど
お願い申し上げます。

 なお、4月28日以降の義捐金をどのように嘉南農田水利会へお届けするかにつきましては、本会
台北事務所を通じてお届けするとか、6月初旬に実施予定の台湾フルーツ美食ツアーで台南市を訪
問しますのでそのときにお届けするなど、機会を見計らって嘉南農田水利会に直接お渡しする予定
です。

 緊急募金にご協力を下さいました皆さまに心より御礼申し上げます。台湾の皆さまが日本人であ
る八田技師を顕彰し続けていただいていることへの感謝の念と、これからも八田技師の銅像が日台
友好の象徴であり、日台の絆は揺るがないという思いを義捐金に託してお届けしたいと存じます。

 平成29年(2017年)5月2日

                                    日本李登輝友の会

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 門田隆将氏講演「湯徳章と228事件」報告  傳田 晴久 

【台湾通信(第119回):2017年4月30日】

◆はじめに

 今年(2017年)は、あの忌まわしき228事件から70年経過した年です。昨年の暮、著名なノン
フィクションライターの門田隆将(かどた・りゅうしょう)氏が『汝、ふたつの故国に殉ず』を上
梓された。これは228事件の犠牲者の一人、台南の弁護士・湯徳章(日本名坂井徳章)氏の悲劇を
描いたものです。

 先日、2月27日、28日に台北と台南で門田隆将氏による「湯徳章と228事件」と題した講演会があ
り、出席する機会がありました。大分時間が経ってしまいましたが、私の感じる所を報告させてい
ただきます。

◆講演概要

 この新刊書は日文と中文で書かれ、日台同時に発売されるという、出版会でも初めての試みと言
われ、注目されています。そして、228事件の70周年追悼式典に合わせて講演会が企画されました。

 台北では27日(月)に台北市長官邸の芸文サロンで、台南では翌日の28日(火)に国立台湾文学
館国際会議場にて開催されました。両会場ともすべての座席は埋まり、多くの立ち見の聴衆で立錐
の余地ない盛況でした。恐らく各会場とも200〜300人の聴衆がおられたと思います。

 VIPのご紹介、ご挨拶があり、通訳を介しての講演会が始まりました。特に注目された賓客は台
南の会場で湯徳章氏の御子息湯聰模氏であった。その他、台南の頼清徳市長、張燦[洪金]元市
長、日本からいらした金美齢さんのお姿が目を引きました。

◆台湾の英雄「湯徳章氏」とは?

 『汝、ふたつの故国に殉ず』の主人公である湯徳章氏は、228事件の際、ひどい拷問を受けなが
らも口を割らず、多くの台南の人々の命を救われましたが、1947年3月13日国民党軍によって、
「莫須有」の罪で40歳の若さで銃殺されました。

 51年後の1998年2月28日、台南市の張燦[洪金]市長は「民生?園」と呼ばれていた公園を「湯
?章紀念公園」と命名しました。そして2014年、頼清徳市長は1947年3月13日のこの日を記念し
て、「正義と勇気の日」に指定しました。 

 公園には現在、湯徳章氏の胸像がありますが、その台座には、「湯徳章律師の事跡」が以下のよ
うに刻されています。

<1907年1月6日台南縣玉井郷玉井〈當時「[口焦][口巴][口年]」〉にて誕生、父親は日本人警察官
「新居徳蔵(註:旧姓は坂井であったが、熊本出身の新居トメとの養子縁組により新居姓に)」、
母親は「湯玉」、しかし、当時は日本人と台湾人の結婚並びに養子縁組は認められておらず、戸籍
上は父「湯新居」母「湯玉」と記載。

 1915年8月2日タパニー事件(註:本島人による最後の抗日武装蜂起、西来庵事件ともいう)発
生、警察官である父親「新居」は殉職、母、姉(湯柳)、徳章の3人は用務員によって救出された。

 1920年4月台南師範学校に進むも1922年中途退学。玉井糖廠に就職、そこで老人から漢文を学
び、少林寺拳法を学んだ。

 1927年台南州巡査に任じ、1929年普通文官試験合格、1934年台南州警部補に。当時警察界の台湾
人2人中の一人であり、柔道2段。1939年官を辞し、日本の東京へ赴き、苦学する。

 1942年日本高等文官試験司法科、1943年行政科に合格。

 1943年9月台湾総督府に登録、弁護士となり、台湾人の為に正義を広め、日本人が台湾人を貶め
ることに対抗。

 1945年11月台南市南区区長に推されてなり、1946年4月台湾省参議会候補参議員に当選、同年10
月台南市人民自由保障委員主任委員に就任。

 1947年1月11日台南律師公会の代表となり、慶祝第二回司法節大会に参加、同年3月「二二八事
件」処理委員会台南市分会治安組長に就任。

 1947年3月13日軍部によって『莫須有』の罪によって銃殺。獄中で酷い拷問に遭いながらも、事
件に関係した学生や一般人の名簿を明かさなかった。銃殺されるとき、跪くことを拒み、大声で
『台湾人万歳」と叫んだ。まことに文武両道に優れた傑出した人物。>

 以上のように記されていますが、手元の中日辞典でこの『莫須有』を引くと、「でっち上げの」
という訳があり、語源として、「宋代の奸臣秦檜(しんかい)が愛国者で有名な将軍岳飛が謀反を
たくらんでいるとして罪に陥れようとした。その時、韓世忠が納得せず、証拠があるかと秦檜に詰
問したところ、秦檜は“其事体莫須有”(そういう事柄があるかもしれない)と答えた。それがの
ちに、“莫須有”がでっち上げの罪名を意味するようになった」とあります。

◆門田隆将氏の想い

 門田隆将氏はこの台北・台南の両講演会で多くの事を語られましたが、強く印象に残った事柄を
いくつか列挙してみたいと思います。

・若い、有為な青年の犠牲の上に現在の平和な時代のあることを知るべきである。

・湯徳章氏の「最期」の立派さは日本人・台湾人の誇りである。氏は銃殺される最後の瞬間に台湾
 語で「わたしには大和魂の血が流れているからだ」と、そして最後に日本語で、大音声で「台湾
 人万歳」と叫んだ。

・今の台湾はどういう状況に置かれているか、南・東シナ海の状況を見るに、人権・民主・自由・
 正義を維持することができるか否か。

・日本・台湾・米国が一層の絆を深め、スクラムを組み、中国に手を出させることなく、普遍的価
 値を守ろうではないか。

・湯徳章氏が最後に叫んだ言葉の最後の意味は何か。

・228事件の70周年の意義をしっかりかみしめることが、東アジアの平和のために不可欠である。

◆湯徳章紀念公園の今昔

 湯徳章氏が銃殺された場所は、当時「民生?園」と称され、国立台湾文学館の前のロータリーの
中にありました。私が初めてこの公園を見たのは2006年頃かと思いますが、この公園の中央には大
きな孫文の銅像がありました。公園の隅にどなたかの胸像がありましたが、私は誰の胸像かは知り
ませんでした。その当時、この公園は湯徳章紀念公園という名前になっていましたが、私は湯徳章
氏がいかなる人物か知りませんでした。

 2014年2月23日、その孫文の銅像は公投護台湾聯盟と台湾独立建國大旗隊の人々によって、首に
ナイロンロープを掛けられて、引き倒されました(自由時報2014.2.23)。その後しばらくの間、
高さ3〜4メートルはあろうかと思われる孫文銅像の台座だけが取り残されていましたが、今回の講
演会の後、その公園を見に参りましたら、その台座もなくなっていました。

 現在、隅っこにおかれている湯徳章氏の胸像が、近い将来、湯徳章紀念公園の中央に移されるこ
とを願います。

◆「カエルの楽園」

 私は、昨年(2016年)10月に見つかった肺がん治療で約半年間入退院を繰り返しまして、台湾通
信を書く事ができませんでしたが、その間に門田氏の本の他に、百田尚樹氏の『カエルの楽園』
(新潮社)、石平氏・百田尚樹氏の『カエルの楽園地獄と化す日』(飛鳥新社)などを読む機会を
得ました。

 門田氏の本の中で、湯徳章氏が決起する台南の若者たちを思い止まらせようとする際の言葉に、
「ここで国民党軍の介入を許すようなことになれば大変なことになることを、諄々と説いた。彼等
の残虐性についても『ここだけの話だが・・・・・』と断った上で、具体的に語った」とあります。台
湾の人々はその恐ろしい結果(228事件並びのその後の白色テロ)を体験することになりました。

 一方『カエルの楽園』並びに『カエルの楽園地獄と化す』においては、自らの生存空間を失いつ
つある彼の国がどのようにして日本を侵略し、日本人を駆逐して、日本を自らの生存空間にするか
のシミュレーションを行い、イザヤ・ベンダサンの「日本人は水と安全はタダだと思っている」と
いう名言を引き、最後に、「何より大切なことは日本人全体が危機感を持つことです」と締め括っ
ておられます。

 台湾で生活させていただき始めて、約10年経ちましたが、当初、多くの台湾の方々が子供たちを
米国など海外に住まわせている様子を見聞きし、正直言って違和感を持っておりました。228事
件、白色テロ、史上最長の戒厳令などの話を聞き、資料を読んで参りましたが、このたびの『汝、
ふたつの故国に殉ず』、『カエルの楽園』、『カエルの楽園地獄と化す』を読ませて頂いて、改め
て台湾の人々のお気持ちが理解できるように思います。

◆おわりに

 湯徳章氏が日本人と台湾人の血を引き、いわゆる学歴もなくして高等文官試験の司法科と行政科
の二つに合格するという凄まじい努力ぶり、不正に対して決然と立ち向かう正義感の持ち主である
こと、処刑の場に臨んでの毅然たる、堂々とした態度など、お伝えしたいことは山ほどあります
が、それらについては門田氏の本『汝、ふたつの故国に殉ず』を直接お読みいただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』 *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第15号は4月半ばに入荷予定です。【2017年3月30日】
*欠号:第1号 在庫僅少:第2号、第10号、第12号【2017年3月30日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    1454人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事