トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄:第2903号】 米軍のシリア攻撃に習近平主席が「異例の理解」 民主・共和もトランプ決断を支持

発行日:4/9

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)4月9日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2903]
1>> 米軍のシリア攻撃に習近平主席が「異例の理解」 民主・共和もトランプ決断を支持
2>> 米中首脳会談直前にドゥテルテ比大統領が南シナ海で領有権主張の全島占領を表明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 川村純彦氏と多田恵氏を講師の「台湾セミナー」お申し込み 【4月29日開催】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
 *セミナーの詳細は本会ホームページから↓
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170320/

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
 *第15号は4月半ばに入荷予定です。
 *欠号:第1号 在庫僅少:第2号、第10号、第12号

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所の記載を要請する請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 米軍のシリア攻撃に習近平主席が「異例の理解」 民主・共和もトランプ決断を支持

 米国のトランプ大統領は、シリアが「罪もない市民に化学兵器攻撃を行った」として、化学兵器
空爆の拠点としたシャイラト空軍基地へ59発の巡航ミサイル「トマホーク」を撃ち込んで空軍基地
をほぼ壊滅させ、世界を驚かせた。

 フロリダ州パームビーチの別荘「マール・ア・ラーゴ」での夕食会の席で、トランプ大統領から
この米軍によるシリアへの初の直接軍事行動となったミサイル攻撃を知らされた中国の習近平・国
家主席は、「『子供が殺害されている時にそうした対応は必要だ』と述べ、『理解』を示した」と
いう。

 時事通信が「中国首脳が他国への軍事力行使を容認する発言を行うのは極めて異例だ」と報じて
いるので下記に紹介するが、そもそも中国は、シリア問題は「政治的手段で解決するべき」とし
て、国連ではロシアとともにアサド政権への制裁決議で拒否権を発動してきたのだから、これこそ
前言を翻す180度の転換で、まさしく「異例」と言ってよい。

 このシリア攻撃に対する米国内の評価について、産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久
氏は9日付の「JBpress」において、共和党上院議員のマルコ・ルビオ、ジョン・マケイン、リンゼ
イ・グラハムといった実力者が「オバマ前政権とは異なり、アサド政権の無法に対して断固たる軍
事行動をとったことは賞賛されるべき」と表明し、ポール・ライアン下院議長も「適切であり、正
統な行動だ」と評価していると伝えている。

 また、民主党側も、ヒラリー・クリントンでさえ「アサド大統領の長年の残虐行為に対して、
もっと早くこの種の軍事行動をとるべきだった」と述べ、暗にオバマ政権を非難して賛意を表明し
たという。上院の民主党院内総務のチャック・シューマー議員や下院の民主党院内総務のナンシー・
ペロシ議員も、それぞれ「今回の攻撃は正しい」「順当な対応だ」という声明を発表したと伝えて
いる。

 古森氏は「全体としては、民主、共和両党からの圧倒的な支持が目立つ。就任以来、トランプ大
統領が実施したさまざまな政策や措置の中で、今回のシリア空軍基地攻撃は最も多くの支持を集め
る結果となったようだ」と総括している。

 なお、米中首脳会談でトランプ大統領は東シナ海・南シナ海問題がテーマになったとき「国際規
範を順守することの重要性を指摘」したと報じられている。このシリア攻撃によってトランプ大統
領はアメリカ単独でも行うという「決断」を見せつける結果となり、習近平政権への最大の牽制と
なったことは言うまでもない。

 トランプ大統領はすでに台湾へ過去を上回る武器売却を表明している。習近平政権が東シナ海・
南シナ海で「国際規範を順守する」かどうかの次のポイントは、台湾への武器売却となりそうだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
中国主席、異例の軍事力行使容認=シリア攻撃に「理解」
【時事通信:2017年4月8日】

 【パームビーチ時事】ティラーソン米国務長官は7日、中国の習近平国家主席がトランプ大統領
との首脳会談の席でシリア・アサド政権への軍事攻撃について知らされた際、「子供が殺害されて
いる時にそうした対応は必要だ」と述べ、「理解」を示したと明らかにした。中国首脳が他国への
軍事力行使を容認する発言を行うのは極めて異例だ。

 トランプ氏は6日夜に行われた夕食会の終盤で習氏に対し、シリアへの攻撃を実施したことを伝
達。アサド政権が化学兵器で女性や子供を殺害したことへの対抗措置であるとの理由を説明し、発
射した巡航ミサイルの数も伝えた。習氏はトランプ氏が情報を提供したことに感謝の意を述べたと
いう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 米中首脳会談直前にドゥテルテ比大統領が南シナ海で領有権主張の全島占領を表明

 昨年7月12日、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は、中国が南シナ海の島々に対する領有権を
主張する根拠としてきた九段線は国際法上の根拠がなく、スプラトリー諸島(南沙諸島)について
も、島ではなく「岩」、あるいは「低潮高地(暗礁)」として、領海やEEZ(排他的経済水域)
を形成できないとの判決を下し、中国の全面敗訴となったことは未だ記憶に新しい。

 勝訴したフィリピンは「歴史的な裁決」と高く評価していたが、昨年10月に中国を訪問したフィ
リピンのドゥテルテ大統領はこの仲裁裁判所の判決には触れず、南シナ海問題を棚上げするとして
経済支援を引き出した。

 12月には、南シナ海問題で中国と戦争はしたくないと改めて表明し、その数日後には「本当に懸
念なら、米国が主導し止めるべきだ」「米国はなぜ中国に『ここは公海だ』と言わないのか」と述
べたと報じられていた。

 ところが、4月6日、米中首脳会談がはじまる直前、「軍に命じて領有権を主張する島をすべて占
領し、駐在施設を建設する」と表明し、また「独立記念日の6月12日に、実効支配中のパグアサ島
(中国名:中業島)に現職の大統領として初めて上陸し国旗を掲揚する」とも示唆したという。

 口だけでなにもしないオバマ政権に腹を立てていたドゥテルテ大統領だったが、トランプ政権が
着実に南シナ海問題に取り組み、中国の覇権的行動を阻むようになりつつあることを踏まえ、この
ような積極的な発言となったようだ。トランプ効果はここにも現れている。

 ちなみに本会は、2016年度の「政策提言」として、中国の南シナ海へのこれ以上の覇権的拡張を
喰い止めるべく、日米台やフィリピンやベトナムなどの沿岸国による共同パトロール(合同哨戒)
実施を提案している。

◆2016政策提言「中国の覇権的な拡張に対し南シナ海の合同哨戒を直ちに実施せよ」
 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160404/

-----------------------------------------------------------------------------------------
南シナ海領有権問題 比大統領が強硬発言
【大紀元:2017年4月8日】

 フィリピンのドゥテルテ大統領は6日、中国と領有権紛争中の南シナ海に関する強硬発言をした。
軍に命じて領有権を主張する島をすべて占領するという。

 南シナ海に面するパラワン島の軍基地を視察する際に記者団に述べた。対象となるのは9〜10の
島、駐在施設も建設されるという。また大統領は比独立記念日の6月12日に、実効支配中のパグア
サ島(中国名:中業島)に現職の大統領として初めて上陸し国旗を掲揚するとも示唆している。

 海上交通の要所であるうえ、豊富な石油や天然ガス資源が眠っているとされる南シナ海は、中国
が最も広い範囲の領有権を主張し、その他にもフィリピン、ベトナム、ブルネイ、マレーシア、台
湾の国々が特定の海域や島、岩礁、環礁の一部の領有権を主張し合い、緊張関係が続いている。

 ドゥテルテ大統領はこれまで、南シナ海の問題において中国との対立を緩和させることを優先
し、強硬な姿勢を示すことはなかった。米中首脳会談がはじまる数時間前にあった今回の動きに、
その意図が問われている。

                                   (翻訳編集・叶清)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』 *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第15号は4月半ばに入荷予定です。【2017年3月30日】
*欠号:第1号 在庫僅少:第2号、第10号、第12号【2017年3月30日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。


  1.  (お詫び)
     
     先程、特急「なは」を、誤って「はな」と打ってしまいました。お詫びして訂正します。
     
     
     特急「なは」が登場したのは、確か昭和43年頃だったと思います。当時、佐藤総理の熱意により沖縄返還交渉が進展をみせていましたが、交渉の行方に関して、未だ見通しに不透明なところがありました。沖縄祖国復帰が早期に実現するよう願って、この特急列車に「なは」の名が冠せられました。

     沖縄復帰後も長く、大阪から西鹿児島へ向かう旅行者に親しまれていました。国土分断の悲痛が刻まれた列車名であり、また、南国へ向かう列車に相応しい名称でした。夜行列車の利用者減少により、残念ながら数年前に運行終了となりました。
     

    下津井よいとこ 2017/4/10


  2. 特急型寝台電車583系車両展示会……4月9日午前中、秋田駅にて

    583系引退記念入場券……4月30日迄、秋田駅、弘前駅にて販売
           (既に売り切れの場合もあります。)

    583系記念写真展……5月7日迄、秋田駅にて



    (昭和40年代初期に、寝台電車であり昼夜両用の電車でもあると云う、当時としては画期的な車両として登場した583系車両が4月8日を以って運用を離脱します。
     581系、583系は、寝台特急としては「はな」や「月光」「明星」「金星」等、そして「はくつる」や「ゆうづる」等に、昼間の特急としては、(西に移動してからの)「つばめ」、「しおじ」「はと」「みどり」「有明」「にちりん」等、そして「はつかり」や「みちのく」等の運用に供せられました。
     昼夜両用の車両が必要とされた背景には、車両基地の収容力の問題があったと云うことです(ネット情報による)。昭和39年の新幹線開業に続いて、昭和40年代に入ると在来線でも特急列車の運用が多くなります。世の中が豊かになり、旅行などでの長距離の移動が増大して、それに対応して、或いは相前後して特急列車が増発されるようになりました。昭和47年には、L特急が設定されます。九州では、本州からの寝台列車を別として、九州地方内での昼間の長距離列車(博多−西鹿児島など)が少なかったのですが、昭和40年代後半になると、鹿児島本線や日豊本線の電化進展などもあって運用態勢が向上し、「有明」「にちりん」などの本数が増大していきました。
     昭和40年代、50年代は在来線特急列車の全盛期でした。481系などの昼間専用車両に比べると、製造数は少なかったものの、581系や583系も、それを支える上で、重要な役割を担っていたのです。
     昭和47年、昭和50年の新幹線岡山開業、博多開業により、新幹線に連絡する形で四国や九州の特急運用が強化されることになりますが、一方で、山陽本線での特急運用が順次狭まっていきました。また、昭和57年の、東北新幹線と上越新幹線の開業以降、東日本でも在来線の特急が減少していきます。新幹線網の拡大により、581系、583系は昼間の活躍の場を狭めていきました。また、寝台列車も運行が少なくなっていきました。
     近年では583系は、急行「きたぐに」や甲子園応援団の貸し切り列車、その他の臨時列車用として運用されていました。平成23年の東日本大震災では東北新幹線の不通区間で、在来線での代行運転列車として運用されました。
     確か、以前、大阪・弁天町の交通科学館に、583系の模型が展示してあり、遠足の小学生がよく、その前で記念写真を撮影していたように思います。デザイン性の良さから、鉄道ファンに人気のある車両でした。
     583系が運用を離脱するのは大変残念に思います。在来線特急全盛期を支えるに大いに与って、八面六臂の活躍をみせた581系、583系が永く記憶に留められることを願っています。





     
     国鉄型、国鉄色の車両が少なくなってしまいました。どの形式に関しても、仮に運用離脱させる場合、全てを廃車にしてしまうのではなく、各一編成づつぐらいは保存することは出来ないものだろうかと思います。出来れば現状通り、それが叶わなければ、編成を短くしてでも、出来れば動態保存、或いは、動態保存でなくても、将来の復活を想定しての保存は出来ないものだろうかと思います。)
     
     

    下津井よいとこ 2017/4/9

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/06/22
    読者数:
    1458人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事