国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2896号】 安倍総理が鈴木青年局長に「台湾との関係をしっかりと強化してほしい」と激励

2017/03/30

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)3月30日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2896]
1>> 安倍総理が鈴木青年局長に「台湾との関係をしっかりと強化してほしい」と激励
2>> 沖縄に「大東亜戦争」を評価する記念碑を建てた台湾。台湾政策が劇的に変わる  江崎 道朗(評論家)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第27回李登輝学校研修団のお申し込みは締め切りました!
 *今回も定員40人を超え50人ほどの参加者となりました。ご応募に感謝いたします。

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
 *第15号は4月半ばに入荷予定です。(2017年3月30日)
 *欠号:第1号 在庫僅少:第2号、第10号、第12号

● 川村純彦氏と多田恵氏を講師の「台湾セミナー」お申し込み 【4月29日開催】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *本会署名は、氏名及び住所を記載しなければならない請願法に基づいた正式署名です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 安倍総理が鈴木青年局長に「台湾との関係をしっかりと強化してほしい」と激励

 自民党青年局は45歳以下の党員で構成され、国会議員は衆議院議員が当選3回以下、参議院議員
が当選2回以下に資格があるという。

 青年局長は総理大臣への登竜門とも言われ、これまで竹下登、宇野宗佑、海部俊樹、安倍晋三、
麻生太郎の各氏が総理に就いている。中川昭一、額賀福志郎、古屋圭司、岸田文雄、下村博文、水
野賢一、萩生田光一、小泉進次郎などの各氏も青年局長をつとめ、現在は鈴木馨祐(すずき・けい
すけ)衆議院議員が青年局長をつとめている。

 青年局の海外研修先としては必ず台湾を訪問し、安倍総理や重鎮の多くは青年局長のときの訪台
が台湾認識を深め、親台派になるとも言われている。

 鈴木馨祐・青年局長を団長として3月18日から20日まで訪台し、蔡英文・総統、陳建仁・副総
統、蘇嘉全・立法院長らを表敬訪問し、また李登輝元総統にもお目にかかったという。桃園市では
鄭文燦市長、台南市では頼清徳とそれぞれ食事をともにしながら懇親を深めたともいう。

 蔡総統のツイッターはほとんど英語でツイートしているが、3月21日は鈴木局長らと会った感想
を、なんと日本語で「台湾と日本の若手政治家が手を繋ぎ、交流をさらに深めていただきたい」と
つづり、写真とともに下記のようにツイートしている。

<鈴木けいすけ衆議員が率いる日本自民党青年局の皆さまと総統府で会合を行いました。彼らがい
つも台日交流を積極的に図り、台湾訪問を国際交流の「起点」にすること、大変感銘しています。
台湾と日本の若手政治家が手を繋ぎ、交流をさらに深めていただきたいと願います。>(3月21
日:https://twitter.com/iingwen/status/844175735862444033

 ちなみに、蔡総統の日本語によるツイートは3月11日、「東日本大震災で犠牲された方々のご冥
福をお祈り、被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます」とツイートして以来だった。

 一方、鈴木局長もまた訪台の感想を自らのブログで「日米の東アジアにおけるもっとも価値と利
害を共有するパートナーの一つとして、今後さらなる関係強化に向けて努力していきたい」とつ
づっている。

 3月29日、鈴木局長らは首相官邸に安倍晋三総理を訪ねて台湾訪問を報告、安倍総理は「台湾は
価値と利害を共有している大事なパートナーだ。青年局を中心に関係をしっかりと強化してほし
い」と話したそうで、日本経済新聞が伝えている。下記にその記事をご紹介したい。

 自民党青年局のホームページでも、写真とともに安倍総理に報告する様子や訪台時のこともレ
ポートしているので併せてご紹介したい。

 安倍総理が鈴木局長に「(台湾との関係を)しっかりと強化してほしい」と激励の言葉を贈った
ことは、この前日の3月28日に菅義偉・内閣官房長官が記者会見で表明したことと寸分もちがわな
い。中国の抗議に動じる様子はさらさらなく、日台関係を維持するのではなく「強化」してゆくと
表明した。

 安倍総理の発言は短いが、中国政府による赤間二郎総務副大臣の公務訪台に対する抗議を一蹴
し、日台関係を強化する姿勢を鮮明にしたと言える。アメリカのトランプ政権、台湾の蔡英文政権
とも符節の合う、なんとも頼もしい政権だ。

◆ブログ「政治家 鈴木けいすけの国政日々雑感」(3月22日:青年局長として台湾に公式訪問)
  http://blog.livedoor.jp/suzuki_keisuke/archives/51835385.html

◆自民党青年局:安倍総理に台湾訪問を報告[3月29日]
  http://youth.jimin.jp/news/134582.html

◆自民党青年局:青年局幹部役員が台湾を訪問[3月21日]
  http://youth.jimin.jp/news/134506.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
首相「台湾は大事なパートナー」 党青年局長の訪台報告に
【日本経済新聞:2017年3月29日】

 安倍晋三首相は29日、今月中旬に台湾を訪れた自民党の鈴木馨祐青年局長と首相官邸で会談し
た。鈴木氏は蔡英文総統との会談内容を報告。首相は「台湾は価値と利害を共有している大事な
パートナーだ。青年局を中心に関係をしっかりと強化してほしい」と語った。鈴木氏が会談後、記
者団に明らかにした。

 日台関係を巡っては、赤間二郎総務副大臣が今月下旬に台湾を訪れ、日本の地域の魅力を発信す
るイベントに出席した。蔡氏は21日、鈴木氏との会談について「台湾と日本の若手政治家が手をつ
なぎ、交流をさらに深めていただきたいと願います」と日本語でツイッターに書き込み、日台友好
をアピールしていた。

 一方、中国は中国大陸と台湾が一つの国に属するという「一つの中国」原則を掲げており、日台
の接近に神経をとがらせている。中国外務省は赤間氏の訪台について日本側に抗議した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 沖縄に「大東亜戦争」を評価する記念碑を建てた台湾。台湾政策が劇的に変わる  江崎 道朗(評論家)

【日刊SPA!:2017年3月29日「江崎道朗のネットブリーフィング(第8回)】
https://nikkan-spa.jp/1308901(取材・文・写真/江崎道朗)

◆台湾から届いた熱烈な親日メッセージ

 昨年8月15日、台湾の方々の手によって大東亜戦争を「評価する」記念碑が建てられている。場
所は、沖縄南部の糸満市にある沖縄平和祈念公園の、各県の慰霊塔が立ち並ぶ摩文仁の丘の一角
だ。沖縄戦で亡くなった人々を慰霊・追悼する聖地である。

 「台湾之塔」という文字は、台湾総統の蔡英文氏による揮毫だ。昨年台湾に誕生した蔡英文政権
は中国共産党と距離を置き、日米との関係を重視している。日本台湾平和基金会などによる「碑
文」には、こう書かれている。

《台湾之塔は、先の大戦に台湾から参戦し散華された軍人軍属などの御霊を慰霊・顕彰する碑であ
ります》

 慰霊は霊を慰めるという意味。顕彰とは「隠れた功績・善行などをたたえて広く世間に知らせる
こと」という意味だ。

 大東亜戦争において日本軍とともに戦った台湾人の功績・善行をたたえて、広く世間に知らせよ
うと碑文は呼びかけているわけだ。

 お隣の韓国・北朝鮮は、戦前・戦中に日本軍に協力した人たちを批判し、あるいは「日本軍の犠
牲者」だと決めつけ、「反日宣伝」の道具として使っているが、台湾は、日本軍とともに戦ったこ
とを「功績・善行」と捉えているのだ。

 実は先の大東亜戦争は、日本民族だけの戦いではなかった。当時、日本国民であった朝鮮、台湾
の人々もまた大東亜戦争を戦ってくれたのだ。「台湾之塔」の碑文には、こう書かれている。

《当時台湾から勇んで参戦した20万余の軍人軍属の内、約3万柱の戦没者と1万5千余人の行方不明
者は、共に我々の同胞でした。時代が変わろうと、人が自らの命を犠牲にして他者を救わんとした
行為は、民族や国家の如何を問わず、人道の範として称され語り継がなければなりません》

 台湾の青年たちは積極的に日本軍への参加を希望した。『台湾と日本・交流秘話』(展転社)によ
ると、台湾に対しては1942年から陸軍特別志願兵制度が実施され、その年の募集人員は1020人だっ
たが、志願者は42万5961人で、競争率は418倍。1943年には、1008人の応募に対して60万1147人が
志願した(競争率は約600倍)。

 1944年には海軍志願兵の募集も始まり、陸軍は従来の倍以上の2497人を募集したのに対して40万
人以上が志願した。なかには是非とも合格したいと、血書嘆願する青年が相次いだ。台湾の人々は
それほど熱心に大東亜戦争をともに戦おうとしてくれたのだ。

 その後、戦争の激化により1944年9月には台湾人にも兵役義務が課せら、終戦までに20万人余り
の台湾の人々が軍人・軍属としてともに戦ってくれ、3万人余が亡くなり、1万5千人余が行方不明
者となっている。

 今回建立された「台湾之碑」では、日本軍とともに戦った台湾の「戦没者」と「行方不明者」た
ちは「自らの命を犠牲にして他者を救わんとした」人たちだと規定し、「民族や国家の如何を問わ
ず、人道の範として称され語り継」ごうと呼びかけているのだ。

 マスコミはとかく戦前の日本に対して批判的な声ばかりを報道するので、日本人の多くは、「ア
ジアの人々から嫌われている」と勘違いをさせられている。しかし実際は、台湾のように、日本と
大東亜戦争を評価する人や国は多い。我々が、日本を正当に評価するアジアの人々の声を知らない
のは、日本のマスコミが「報道しない自由」を行使しているためなのだ。

◆東日本大震災の追悼式典をボイコットし続けている中国

 こうした反日の声ばかりを報道するマスコミ報道を鵜呑みにしているのが、民進党だ。

 2011年、東日本大震災の際、世界各国が義援金を送ってくれた。

 世界の中で最も多くの義援金を送ってくれたのが、台湾であった。その額は実に200億円にのぼ
る。ところが、時の民主党(現在の民進党)政権は、翌2012年3月、東日本大震災1周年追悼式典に
参列した台湾代表を、各国代表が座る一階の来賓席ではなく、二階の企業・団体関係者の席に座ら
せ、一般参列者として献花させた。

 このように、外国の大事な友人に対して平気で無礼なことをするから民進党は国民から支持され
ないのだ。

 当時、野党であった自民党は直ちに政府に抗議した。幸いなことにその年の12月の衆院選挙で自
民党が勝利し、第2次安倍政権が誕生した。

 安倍政権は2013年の式典で台湾代表を他国の代表と同待遇で招待した。すると、中国共産党政府
は、東日本大震災の追悼式典に欠席した。「台湾代表を他国の代表と同じように扱うのはけしから
ん」というのだ。

 中国共産党政府は「一つの中国」政策と言って、台湾は中国共産党政府のものだと勝手に宣言
し、台湾を独立国家として認めないよう外国に対して要求している。このため台湾代表を他国の代
表と同じ待遇で扱う安倍政権に対して抗議の意味もあって中国共産党政府は、東日本大震災の追悼
式典をボイコットしているのだ。

 このように中国共産党政府は一貫して台湾を「国家」として認めず、いずれ台湾を併合する意向
であることを隠そうとしない。

 しかも、こうした中国共産党政府による、台湾「否定」政策を容認してきたのが、歴代のアメリ
カ政府だ。

 いまから45年前の1972年2月、リチャード・ニクソン大統領が中国を訪問し、対中政策を劇的に
転換した。

 それまでアメリカ政府は、台湾を正統な政権と認め、中国共産党政府を承認していなかった。だ
が、米ソ冷戦といって当時、アメリカは、ソ連という軍事大国と、ベトナムを始めとして世界各地
で対立していた。ニクソン大統領としては、中国共産党政府を抱き込むことでソ連との冷戦を有利
に進めようとしたのだ。

 1972年2月28日に上海で、米中共同コミュニケを公表し、米中両国はそれまでの敵対関係に終止
符をうち、国交正常化に向けて関係の緊密化に務めることになった。このときニクソン大統領は周
恩来に「台湾に関しての5原則」を提示して、「中華人民共和国を唯一正当の政府として認め台湾
の地位は未定であることは今後表明しない」「台湾独立を支持しない」「日本が台湾へ進出するこ
とがないようにする」「台湾問題を平和的に解決して台湾の大陸への武力奪還を支持しない」「中
華人民共和国との関係正常化を求める」として台湾から「段階的に」撤退することを約束してし
まった。

 ニクソン政権は、ソ連との冷戦に勝つために、中国共産党政府の言い分を飲んでしまったわけだ
(とはいえ、アメリカ政府は台湾関係法を制定し、台湾防衛については責任を取ろうとしている)。

 以後、台湾は国連から脱退し、国際社会の一員として十分な活動をすることができないまま、不
安定な状態に置かれている。

◆蔡英文政権、トランプ政権の出現で、日米中3か国の関係は劇的に変わり始めた

 ところが昨年11月、大統領に当選したドナルド・トランプ大統領の登場で、事態は大きく変わろ
うとしている。

 「ロシアよりも中国のほうが脅威である」との認識を持つトランプ政権は、台湾との関係改善を
進めようとしているのだ。例えば、これまでの歴代大統領は中国共産党政府に遠慮して台湾の政府
幹部と話をするのを避けてきたが、トランプ大統領はいきなり台湾の蔡英文総統と電話会談を行っ
た。中国共産党政府は「ニクソン政権以来の米中合意を破るつもりなのか」と激怒したが、トラン
プ政権はどこ吹く風だ。

 トランプ政権の「台湾」重視政策に呼応するかのごとく、安倍政権も3月25日、赤間二郎総務副
大臣を台湾に派遣した。赤間副大臣は台北市内で開かれた日本台湾交流協会が主催する催しに出席
し、「日台は緊密な関係を持ったパートナー」だと挨拶した。

 訪問は公務で、1972年の日中国交正常化に伴う日台の断交以降、日本の副大臣が公務で台湾を訪
問したのは初めてのことだ。中国共産党政府は激怒したが、安倍政権は、中国の批判にまったく動
じる気配がない。

 そもそも安倍政権は、アメリカ、台湾、ASEAN諸国、インド、オーストラリアなどの海洋国家と
の関係を強化することで、東シナ海と南シナ海への強引な進出を図る中国共産党を牽制しようとす
る戦略を描いてきた。

 昨年の蔡英文政権とトランプ政権の登場で、ようやくこの戦略を実現できるチャンスが巡ってき
た。そう判断した安倍政権は、トランプ政権の対中政策見直し、台湾重視政策に呼応して直ちに閣
僚を台湾に遣したわけだ。実に見事な外交だ。

 マスコミや野党は、森友問題にばかりに注目しているが、安倍政権はトランプ政権、蔡英文政権
と連動して、1972年以来の「対中配慮外交」を劇的に変えようとしている。「中国共産党政府によ
る侵略を容認するアジア」から、「自由と平和を重視し、中国による侵略を容認しないアジア」へ
と、変わろうとしているのだ。

【江崎道朗(えざき・みちお)】
1962年、東京都生まれ。評論家。九州大学文学部哲学科を卒業後、月刊誌編集長、団体職員、国会
議員政策スタッフを務め、外交・安全保障の政策提案に取り組む。著書に『アメリカ側から見た東
京裁判史観の虚妄』(祥伝社)、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(青林堂)、『コミ
ンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾』(展転社)など。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/
 *3月31日でチケットの取扱いを終了します。

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』 *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第15号は4月半ばに入荷予定です。【2017年3月30日】
*欠号:第1号 在庫僅少:第2号、第10号、第12号【2017年3月30日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/03/30

    安倍総理はやはり本気で中国封じ込めを考えている。メディアではぼんやりとしか分からない日台関係について、貴誌は埋もれた情報も探り出し、連続性の中に解説しているのでとても分かりやすい。

    江崎道朗氏は月刊「正論」の常連執筆者だが、米国、日本、台湾の関係についてうまく紹介していて読み応えがあった。

  • 名無しさん2017/03/30

    台湾「日本の統治は偉大だった」 日本統治時代の台湾を映した貴重映像に感動の声

    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2238.html