国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2887号】 【祝】 銚子電鉄と蘇澳線が4月1日に「姉妹鉄道」を締結

2017/03/18

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)3月18日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2887]
1>> 【祝】 銚子電鉄と蘇澳線が4月1日に「姉妹鉄道」を締結
2>> 銚子電鉄と蘇澳線の姉妹提携のきっかけ  嶋田 敦子(本会理事・千葉県支部長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第27回李登輝学校研修団のお申し込み【4月28日〜5月2日】
  http://goo.gl/KKnEAO

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 銚子電鉄と蘇澳線が4月1日に「姉妹鉄道」を締結

 嬉しいニュースが飛び込んできた。4月1日、千葉県の銚子(ちょうし)駅と外川(とかわ)駅の
10駅、6.4 キロメートルを結ぶ銚子電気鉄道線を運営する銚子電気鉄道が台湾鉄路管理局の蘇澳
(すおう)線と「姉妹鉄道」を締結することになった。

 実は、この「姉妹鉄道」締結には本会の千葉県支部が深くかかわっている。本会理事で千葉県支
部長の嶋田敦子(しまだ・あつこ)さんからどうも鉄道提携しそうだとお聞きしていたが、昨日、
嶋田支部長から4月1日に正式締結する旨のご連絡をいただいた。

 嶋田支部長からのお便りは別途ご紹介したいが、これで日台間の鉄道提携は25件目。この鉄道提
携の特徴は、2013年以降に急速に提携数が増えたことにある。2013年:3件、2014年:4件、2015
年:8件、2016年:8件で、この4年間で23件にも及ぶ。

 銚子電鉄と蘇澳線の姉妹鉄道提携は今年初。心から祝意を表しつつ、下記に、本日付けで銚子電
気鉄道ホームページに掲載されたプレスリリースをご紹介したい。

 台湾鉄路管理局も同時にこの提携について発表していて、4月1日の午前11時から銚子電鉄「犬吠
駅(いぬぼうえき)」の駅前広場にて行われる調印式には「台鉄側から宜蘭段(区間)の謝清田・
副段長(副区間長)、蕭サイテイ蘇澳駅長、銚子電鉄側から竹本勝紀社長が出席する予定。立会人
として越川信一銚子市長も招く。(サイ=うかんむりに采、テイ=女へんに亭)」(3月17日付
「中央通信社」)という。

 2006年から銚子市長をつとめた岡野俊昭(おかの・としあき)氏は台湾への造詣が深い。現在の
越川信一(こしかわ・しんいち)市長が台湾へどの程度の関心を持っているか不明ではあるもの
の、調印式に立ち会うという。この姉妹鉄道をきっかけに、銚子市と蘇澳鎮との交流に発展してゆ
くことを心から期待したい。

             ◇    ◇    ◇

◆日台「姉妹鉄道」一覧

1)1986年01月25日 大井川鐵道と阿里山森林鉄道が姉妹鉄道を締結。
2)2013年04月20日 黒部峡谷鉄道と阿里山森林鉄道が姉妹鉄道を締結。
3)2013年04月23日 江ノ電と平渓線が観光連携協定を締結。
4)2013年10月13日 JR四国の松山駅と台湾鉄道の松山駅が姉妹駅を締結。
5)2014年04月30日 秋田の鳥海山ろく線と平渓線が姉妹鉄道協定を締結。
6)2014年10月28日 千葉のいすみ線と集集線が姉妹鉄道協定を締結。
7)2014年12月22日 山陽電鉄と宜蘭線が姉妹鉄道協定を締結。
8)2014年12月22日 山陽電鉄の亀山駅と宜蘭線の亀山駅が姉妹駅を締結。
9)2015年02月12日 東京駅と新竹駅が姉妹駅を締結。
10)2015年02月26日 京浜急行電鉄と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定を締結。
11)2015年03月14日 西武ホールディングスと台湾鉄路管理局が友好協定を締結。
12)2015年03月14日 西武鉄道と台湾鉄路管理局が姉妹鉄道協定を締結。
13)2015年09月04日 長良川鉄道と内湾線が姉妹鉄道協定を締結。
14)2015年12月04日 大阪駅と台北駅が姉妹駅を締結。
15)2015年12月18日 東武鉄道と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定を締結。
16)2015年12月21日 山陽電鉄と台湾鉄路管理局が観光連携協定を締結。
17)2016年01月21日 鉄道総合技術研究所と台湾鉄路管理局が技術協力協定を締結。
18)2016年02月25日 JR四国と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定を締結。
19)2016年03月15日 江ノ島電鉄と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定を締結。
20)2016年06月01日 いわて銀河鉄道と台中線(山線)が姉妹鉄道協定を締結。
21)2016年06月01日 三陸鉄道と海岸線(海線)が姉妹鉄道協定を締結。
22)2016年07月04日 江ノ電と高雄メトロが観光連携協定を締結。
23)2016年08月27日 天竜浜名湖鉄道と集集線が姉妹鉄道協定を締結。
24)2016年10月22日 帯広市の幸福駅と新竹県の合興駅が姉妹駅協定を締結。
25)2017年04月01日 銚子電鉄と蘇澳線が姉妹鉄道を締結(予定)

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾鉄路管理局蘇澳線との姉妹提携について 
【銚子電気鉄道ホームページ:2017年3月18日】
http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/news/116

 銚子電気鉄道では、来たる4月1日、台湾鉄路管理局蘇澳(すおう)線との姉妹鉄道締結式を執り
行う運びとなりましたので、お知らせいたします。 

 当社路線と台湾鉄路管理局蘇澳線は、ともに首都から2時間程の距離に位置し、太平洋に面する
漁港に通じる路線であり、更に蘇澳には冷泉、銚子には温泉があり、それぞれ観光資源として重要
な存在であることなど、多くの共通点があります。

 そこで相互の協力と信頼を礎として、両鉄道の友好関係を推進するため、姉妹鉄道の契りを結ぶ
こととなりました。

 本締結を契機として、鉄道を通じた相互誘客を通じて地域間の国際交流を促進し、以て地域経済
の活性化に寄与したいと考えております。

 つきましては、下記のとおり姉妹鉄道締結式を開催いたしますので、ご多忙とは存じますが、報
道関係者の皆様にはぜひ取材をお願い致します。
 
                     記
 
平成29年4月1日(土)  銚子電気鉄道 犬吠駅広場にて午前11時より開催
 
式次第 
1. 当社代表取締役、台湾鉄路宜蘭運務段副段長、銚子市長による挨拶
2. 提携文書への署名及び記念品交換
3. アトラクション:銚子伝統芸能「はね太鼓」実演ほか (終了予定時刻 11:45)

【参考データ】
蘇澳駅(宜蘭県蘇澳鎮蘇南里太平路1号) (上記写真は蘇澳駅)
1919年(大正8年)3月24日 - 蘇澚駅として開業。
1920年(大正9年)10月1日 - 蘇澳駅に改称。
 
蘇澳鎮 人口 40,698 人(2016年1月)
宜蘭県東部沿岸部に位置し、東側は太平洋に面している。沿岸部には蘇澳港、南部に南方澳漁港が
あり、近海のみならず遠洋漁業の基地として重要な地位を占めている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 銚子電鉄と蘇澳線の姉妹提携のきっかけ  嶋田 敦子(本会理事・千葉県支部長)

 今般、千葉県の銚子電鉄と、台湾鉄路局の蘇澳線(正確には宜蘭線の蘇澳〜蘇澳新駅間)が姉妹
提携することになりました。

 姉妹提携にあたり、4月1日(土)午前11時より、銚子電鉄犬吠駅の駅前広場にて提携記念式典が
開催されます。

 銚子電鉄側より、記念式典には地元の方々や鉄道マニア、台湾ファンの方々へのお礼ということ
で、参加費等は不要ですのでどなた様でもお越しください、とのことです。

 この提携構想は、一昨年の12月ある忘年会の席で、銚子電鉄の竹本勝紀社長と鉄道マニアの本支
部会員が隣り合わせになり、その場で「台湾の蘇澳線と姉妹提携」に向けて頑張ろうと意気投合し
たことが発端だそうです。

 銚子電鉄の竹本社長は、恐らくその時には「まさか本当に」とお考えだったと思われますが、そ
れから半年後、昨年7月の千葉県支部台湾研修旅行で蘇澳の冷泉祭りに行くこととなり、催行には
銚子電鉄関係者も同行、途中、関係者は台鉄本部を訪問し、その場で基本的に合意し、一気に提携
の話が具体化したそうです。 

 鉄道マニアの行動力、恐るべしです! 

 千葉県支部は、この話の推進に僅かながらも寄与することが出来ました

 つきましては、4月1日(土)は、是非皆様で銚子電鉄の記念式典への参加をお待ちしております。

 なお、銚子電鉄の有る犬吠駅へのアクセスは、

千葉駅発8:39の銚子行き普通電車に乗車 → 終点の銚子10:15到着。
(JR銚子駅の先端に銚子電鉄の駅が有ります)
銚子電鉄銚子駅発10:23発に乗車 → 犬吠駅に10:41到着。

 式典は11時開始、11:45頃に終了予定です。その後は、犬吠埼灯台や君ヶ浜海岸、外川の資料館
など銚子の観光をお楽しみください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2017/03/19





    靖国神社遊就館特別展「遊就館所蔵甲冑武具展−戦国時代、江戸時代」……12月10日迄

      (遊就館の御宝物には、戦没者の遺品の他、明治15年の設立以来蒐集されてきた幕末以前の武具もあります。今回の特別展では、普段は余り公開されることのない収蔵品も多く拝観出来るものと思います。「靖国」3月号によると、井伊直弼の先祖の井伊直政の具足(複製品)も展示されるとのことです。)





    靖国神社春の行事……春季例大祭(4月21日、22日、23日)

              軍馬・軍犬・軍鳩合同慰霊祭(4月2日)、奉納演芸(4月2日)、奉納夜桜能(4月3日、4日、5日、雨天の場合は会場変更)、奉納大相撲(4月17日)など

         (詳細はホームページなどで御確認下さい。)



    靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会……4月1日(土)午後2時45分から靖国神社境内にて

    千代田のさくらまつり……3月28日から4月6日迄(開花状況により日程変更の場合あり)

      (靖国神社では外苑の整備工事が行われており、今年は露店の出店はありません。酒宴も出来ません。)



    神田祭……5月13日、14日を中心に五月中旬に行われます。

      (祭りこそ江戸の華。江戸っ子達が晴れ舞台に繰り出します。)



    香林寺五重塔祭り(川崎市)……3月20日(祝)午後3時迄

      (五重塔内部の拝観、守護札散華、屋台出店、その他、催し等)(香林寺の近くには、「お伊勢の森」と呼ばれる丘の上にある高石神社、聖徳太子が建立した寿福寺、源義経に関係のある指月橋、大東亜戦争末期の探照灯の跡地、災害の多かった天明年間に地主と村民が協力し合った物語のある「みさきの土塁」等々、多くの名所や史跡があります。自然豊かで、懐かしい農村の面影が残っています。唯、残念ながら郷土資料館は休館になってしまったようです。)



    武具繚乱……3月26日迄、板橋区立郷土資料館にて

    「醤油、味噌、酒」(に関する収蔵品展)……3月26日迄、石神井ふるさと文化館にて



    「浪花の大ひな祭り−浪花の豪商の雛道具」……4月2日迄、大阪暮らしの今昔館にて

    「近代大阪と名望家」……4月24日迄、大阪歴史博物館にて



    「郵政博物館秘蔵コレクション 日本郵趣切手展」……4月9日迄、郵政博物館にて

    浮世絵の愉しみ……6月18日迄、北区飛鳥山資料館にて(東京)

      (4回に分けて行われます。)



    小田原城址の150年……3月25日から5月28日迄、小田原城にて



    南極観測船・宗谷……4月1日から公開が再開されます。(船の科学館)

       (4月1日から27日迄は「宗谷のあゆみ展」があります。)



    〔通常公開〕パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館(京阪電車、西三荘駅下車)……各日午後5時迄(休館日は日曜日、祝日など)

      (我が国家電業界の中心に位置し続けてきた松下電器の歴史を辿ることの出来る記念館です。懐かしい製品、マニア注目の製品も展示されています。)



    〔通常公開〕江崎記念館……自由入館は毎月第1土曜日、第3土曜日の午後4時迄、他の日は要予約(東海道本線・塚本駅、東西線・御幣島駅下車)

       (子供達にお菓子とおもちゃを提供してきた江崎グリコの記念館です。)





    東京都電7000系車両……3月末で引退します。

      (60年に亘り活躍してきた7000系車両が引退します。寂しくなりますね。)





     

     

     (「同期の桜を歌う会」は、桜の季節に花見に興ずるだけでなく、軍歌を歌って英霊を偲び、感謝の誠を捧げようと、昭和60年から、英霊にこたえる会や、のらくろを読んで育った世代の諸名士でつくる「のらくろ会」が中心となって、開催されるようになりました。嘗ては東京での「歌う会」と大阪での「歌う会」は同時開催でしたが、現在は、直接の関係はなくなっているようです。30年前は未だ未だ、若々しかった戦中世代の人も、もう90代に達してしまいました。残念ながら、戦友会の人達が「同期の桜を歌う会」で壇上に登場することも少なくなってしまいました。不況の影響で会の継続が危ぶまれたこともありました。然し、毎年多くの人が開催日を心待ちにして靖国神社に駆けつけ、いつも盛会となっています。平成生まれの、10代、20代の参加者の中にも全く歌集を見ずに歌っている人達がいるようです。軍歌は、我が国が歩んできた激動の時代を振り返り、そして戦地と銃後の労苦を偲ぶよすがとなるものです。英霊も毎年の会を楽しんで下さっていると思います。これからも軍歌が歌い継がれることを願っています。)