トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄:第2885号】 台湾独立の基本  アンディ・チャン

発行日:3/15

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)3月15日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2885]
1>> 台湾独立の基本  アンディ・チャン
2>> 台北地検が馬英九・前台湾総統を機密漏洩の罪で起訴
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第27回李登輝学校研修団のお申し込み【4月28日〜5月2日】
  http://goo.gl/KKnEAO

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾独立の基本  アンディ・チャン

【Andy ChangのAC通信(No.634):2017年3月13日】

 アジアはキナ臭くなった。北朝鮮のミサイル発射、金正男暗殺、アメリカの先制攻撃、韓国の朴
槿恵大統領罷免とTHAADミサイルの設置など、現状は刻々と変わっている。戦争になれば日本も台
湾も巻き込まれる。台湾の蔡英文総統は情勢変化に対応できていない。

 1964年に「台湾人民自救宣言」を発表して逮捕されたあと国民党の監視をかいくぐって台湾を脱
出した彭明敏教授が『台湾に与える備忘録』と言う新書を発表し、11日の新書発表会には多くの政
治家が参加し、台湾の将来について活発な討論が行われた。

 発表会で新憲法を制定するか、現憲法を修正するかと聞かれた彭教授は、「制憲も修憲も似たよ
うな問題を抱えているが、大切なことは台湾の領土は台湾澎湖のみと確定すること。領土範囲を確
定しなければいくら討論しても一切無駄だ」と述べた。「中華民国憲法では、中華民国の領土を台
湾、中国大陸のほかにチベットも外蒙古も入れている。こんな憲法は世界では通用しない。領土を
確定しなければ民主国家として世界が認めるはずがない」とも述べた。いろいろな正名制憲論があ
る台湾で、彭教授の意見は核心をついたと言える。

 台湾の領土は中国大陸やチベットを含まない。更に、蔡英文は尖閣諸島と南沙群島の太平島
(Itu Abn Island)を台湾(中華民国)の領土と主張するのをやめるべきだ。

●国の基本は領土と国民

 中華民国憲法は統治していない領土まで自国の領土としているが、こんな憲法は通用しない。領
土の範囲と同時に、台湾国民は台湾をわが国と認識すべきである。私は「国家の基本」は領土の外
に国民も入れるべきと思う。国民とは祖国を認め、他国の国民ではないと認識する事である。

 台湾には自分が台湾人だと言う者が85%、台湾人だが中国人でもあると言う者が12%、自分は中
国人だと言う者が3%いる。おのれは中国人と認めれば台湾独立を認めるはずがない。台湾人であ
り中国人でもあると言うのは蝙蝠のようなものだ。台湾の憲法は領土の範囲を台湾澎湖とする。国
民投票は台湾を祖国と認めるものが投票する。当然のことながら今の台湾では曖昧になっている。

 政党も国民と同じである。台湾國の政党なら台湾と中国は違う国だから中台統一を主張すべきで
はない。現在の台湾は領土も国民も曖昧になっている。台湾国民党なら中台統一を主張すべきでは
ない、中国国民党なら追放すべきだ。蔡英文は「台湾=中華民国」を主張すべきではない。国民党
も民進党も国の立場が曖昧だから独立できないのだ。

●中国の恫喝

 中国は台湾が独立を主張すれば武力で統一すると恫す。台湾は武力では勝てないが、中国も勝て
ない。米国の態度は曖昧で台湾問題に介入するか、台湾を放棄するか、態度を明らかにしない。確
かなのは中国が武力行使すれば台湾も中国も大損害を受けることだ。

 中国は経済断交で台湾を脅すかもしれない。台湾の経済は40%ぐらい中国に頼っている。しかし
経済断交も双方が損害を受けるだけでなく、アメリカや日本、欧州が介入すれば中国の受ける打撃
の方が大きくなる。つまり、経済断交も武力行使も台湾側が一方的に不利で中国側に有利というこ
とではない。台湾が独立主張をしても中国は何もできないのだ。

●被動的対応から主動的対応へ

 彭明敏が述べたように台湾独立は最初に領土範囲と国民資格を明確にすべきである。蔡英文政権
は現状維持にこだわりすぎる。中国や国民党の圧力に対応できない。正名制憲は論外、92共識は沈
黙、中国の恫喝に怯え、メディアにも対処できない。アメリカは台湾の現状維持を望んでいるが、
北朝鮮や韓国の情勢が大きく変わっているのに、台湾が被動的な現状を維持できるのか。台湾はア
ジア諸国の情勢に主導的に対応すべきである。

 領土を台湾澎湖に限定すれば中華民国憲法に固執する国民党が反対する。反対できないようにす
る方法はある。

 第一に、228事件の真相発表で蒋介石の責任を明らかにし、中国人と台湾人の民族の違いを明ら
かにすることだ。中国人は台湾人ではないとわかれば中国人の影響はなくなる。第二に、国民党が
違法に取得した日本時代の資産を取り返して国民党を破産させ消滅する。

 そのあとで新憲法の制定に入る。台湾独立を認めない中国国民党や外省人は国外追放する。一つ
ずつやれば中国人は反対できないはずだ。

 蔡英文・民進党は情勢変化に主導的対応ができない。台湾人民は蔡英文・民進党に失望したので
次の選挙は独立系政党に期待している。

 国外の評論家は台湾の情勢に詳しくないので国民党が政権を取り返すと言う論文が多く、中国の
情勢判断もあてにならない。だがだが台湾人のアイデンティティが明らかになれば国民党が再び政
権を取ることはないだろう。民主主義は後退せず徐々に前進するものである。台湾が再び中国人に
統治されることはないだろう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台北地検が馬英九・前台湾総統を機密漏洩の罪で起訴

 台北地方法院検察署は3月14日、王金平・立法院長の司法介入疑惑が浮上した2013年、総統在任
中だった馬英九氏が捜査機密を江宜樺・行政院長に漏らしたという民進党関係者による告発を受
け、通信保障および監察法違反など機密漏洩の罪で起訴した。

 台湾で総統経験者が起訴されるのは、李登輝氏(公金横領罪など=無罪確定)、陳水扁氏(収賄
罪など=有罪確定)に続いて3人目となる。

 台湾メディアの台湾国際放送によれば、台北地検の張介欽・主任検察官は、捜査機密を知った馬
氏が「資料を閲読すると共に、報告書の重点に赤で線などを引き、その後、その概要を当時の行政
院長だった江宜樺氏、総統府副秘書長だった羅智強氏に伝えており、機密漏えいの事実は十分に明
らかだ」と指摘するとともに「馬英九・前総統は、司法と政治の枠を越えて罪を犯した」と述べて
いるという。

 一方、起訴された馬英九氏は「当時、憲法で定められた元首の職権を執行したのであり、根本的
に犯罪に当たらない。裁判に口利きした人が罰せられず、口利きを処理した人が起訴されるという
のは、不合理だ」と述べているという。

 馬氏は当時、政敵だった王金平氏の党籍を奪い、立法院長ポストも奪って失脚させ、政界から追
放しようと考え、検事総長から受けた捜査情報を漏らしたとされる。因果応報というか、悪事身に
返るの感をぬぐえない。下記に産経新聞の記事をご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾・馬英九前総統を秘密漏洩で在宅起訴 馬氏「法廷で争う」
【産経新聞:2017年3月14日】

 【台北=田中靖人】台湾の台北地方法院検察署(地検)は14日、馬英九前総統が在任中の2013年
夏、検事総長から報告を受けた捜査情報を漏らしたとして、通信保障監察法違反(秘密漏洩)など
の疑いで在宅起訴した。総統経験者の起訴は3人目。

 情報漏洩は当時の与党、中国国民党内で対立関係にあった王金平立法院長(国会議長に相当)の
失脚を狙ったもので、その後の政争は馬政権の低支持率が回復しない原因ともされた。

 起訴状によると、馬氏は別の立法委員(国会議員)の捜査中、電話傍受で把握した王氏の司法干
渉疑惑に関する通話内容を検事総長から報告され、行政院長(首相)らに漏洩。検事総長を通じ通
話内容を公表させるなどした疑い。

 国民党主席を兼任していた馬氏は公表を受けて王氏を批判、党籍を剥奪して比例区選出の王氏の
立法委員資格を失わせようと試みた。だが、王氏が地位確認訴訟を起こし失敗した。

 当時の検事総長は15年2月に有罪判決が確定。地検は馬氏の総統退任後、捜査していた。馬氏は
14日、記者団に「一般的な公務の範囲内で犯罪ではない。最後まで法廷で争う」と述べた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 毎回明快で的を得た内容に感謝しております。
    台湾の仲間は我が家族と思っている私にとって貴会の存在はとても嬉しい存在です。感謝

     2017/3/15

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    1454人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事