トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄:第2884号】 【祝】 岡山弁護士会と新竹弁護士会が2014年9月4日に友好協定を締結していた!

発行日:3/14

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)3月14日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2884]
1>> 【祝】 岡山弁護士会と新竹弁護士会が2014年9月4日に友好協定を締結していた!
2>> 岡山弁護士会と新竹弁護士会が日本の労働審判法をテーマに法学交流
3>> 3月31日〜4月3日、台湾文化センターがトウ雨賢特別展示会及び音楽会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第27回李登輝学校研修団のお申し込み【4月28日〜5月2日】
  http://goo.gl/KKnEAO

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 岡山弁護士会と新竹弁護士会が2014年9月4日に友好協定を締結していた!

 岡山市が新竹市と友好交流都市協定を締結したのは、2003年(平成15年)4月21日のことだっ
た。それまで、日本と台湾の自治体同士の姉妹都市などの都市間提携は、青森県大間町と雲林県虎
尾鎮や福島県玉川村と南投県鹿谷郷などで、市クラスは石垣市が宜蘭県蘇澳鎮、沖縄県与那国町と
花蓮市の2つのみで、市クラス同士の提携はなかった。

 当時、岡山市は中国の洛陽市と姉妹都市提携していて、洛陽市から新竹市との提携「日中共同声
明」に違反し、提携するなら姉妹都市を凍結するという強い警告が発せられていたにもかかわら
ず、当時の萩原誠司(はぎわら・せいじ)市長は、米国の都市が中国の都市と同時に台湾の年とも
姉妹提携していることなどを精査、外務省の意向も確認して新竹市と友好交流都市協定を締結した
のだった。

 この提携に伴い、岡山弁護士会と新竹市の新竹律師公会(弁護士会)が友好協定を締結していた
ことが判明した。締結は2014年9月4日のことだった。

 日台間では近年、さまざまな分野で協定が結ばれている。日台初の協定や覚書も少なくない。例
えば、東京都水道局と台北市水道事業部門の水道提携(2013年4月)、富士山と玉山の友好山提携
(2014年2月)、広島県教育委員会と桃園県教育局の教育協定(2014年5月)、東京ガスと台湾中油
の液化天然ガス分野における相互協力協定(2015年8月)、成田国際空港と桃園国際空港の姉妹空
港覚書締結(2016年9月)などである。

 恐らく、この岡山弁護士会と新竹弁護士会の弁護士会同士の友好協定も日台初のことだろう。心
から祝意を表しつつ、下記に締結当時の模様を伝える「山陽新聞」記事をご紹介したい。

 なぜこの友好協定締結が判明したかというと、3月11日付の山陽新聞が「岡山弁護士会と友好協
定を結んでいる台湾・新竹市の弁護士会の12人が11日、岡山市での法学交流会に臨み、訴訟と調停
の中間的な制度として定められた日本の労働審判法について学んだ」と報じていたからだ。

 別掲でこの記事をご紹介するが、記事に「2009年ごろから人材交流などで交流を深めてきた」と
あるので、少し調べてみると、2009年3月末に新竹弁護士会が岡山弁護士会を訪問、翌年8月下旬に
は岡山弁護士会が新竹弁護士会を訪問するなどして交流を深めていた。

 岡山からの表敬訪問団の一員として参加した作花知志(さっか・ともし)弁護士は協定締結当
時、ブログで「実は台湾は,日本の国内法の影響を強く受けている国でもあります。例えば台湾の
民法は日本の民法を継受し,さらには日本の民法は元々ドイツの民法を継受しているため,台湾で
民法の大学教授になることを希望される方は,必ず日本かドイツに留学をされるのだそうです」
(2014年9月7日)と、日台弁護士界の共通点などをつづっている。

 なお、岡山弁護士会と新竹弁護士会との友好協定を導いた萩原市長は現在、岡山県美作(みまさ
か)市長をつとめ、本会理事でもある。

◆岡山弁護士会
 http://www.okaben.or.jp/

◆新竹律師公会
 http://www.hcbara.org.tw/image_show.php?sn=1

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の弁護士会が本社表敬 岡山弁護士会と友好協定締結
【山陽新聞:2014年9月4日】
http://www.sanyonews.jp/article/64453/1/?rct=okayama

 岡山弁護士会(佐々木浩史会長)と友好協定を結ぶため来岡した台湾・新竹弁護士会(許美麗理
事長)の一行が4日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を表敬訪問した。

 13人が岡山側の佐々木会長ら4人に付き添われて訪問。許理事長は、岡山、新竹市が姉妹縁組を
結んでいる縁で、2009年ごろから人材交流などで交流を深めてきた経緯に触れ、「今後も両弁護士
会を温かく見守ってほしい」と話した。

 松田正己社長は「法曹界の発展は岡山の街にとっても大きな助けになる」と応じた。

 一行はこの日、岡山市の大森雅夫市長にも面会した後、市内のホテルで協定書に調印。積極的な
情報交換を通じ、日本、台湾双方の司法制度や法律問題について共同研究を進めることを申し合わ
せた。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 岡山弁護士会と新竹弁護士会が日本の労働審判法をテーマに法学交流

 上でご紹介した岡山弁護士会と新竹弁護士会の法学交流は現在も続いていて、3月11日には新竹
弁護士会から12人が来日し、岡山弁護士会の法学交流会に臨んだ。山陽新聞の記事をご紹介した
い。

               ◇    ◇    ◇

岡山、台湾の弁護士会が交流 日本の労働審判法テーマ
【山陽新聞:2017年3月11日】
http://www.sanyonews.jp/article/500304/1/

 岡山弁護士会と友好協定を結んでいる台湾・新竹市の弁護士会の12人が11日、岡山市での法学交
流会に臨み、訴訟と調停の中間的な制度として定められた日本の労働審判法について学んだ。

 労働審判は労働紛争に関して労働者、使用者の代表と裁判官で構成する委員会で迅速、柔軟に解
決を図ろうと2006年にスタートした。交流会では岡山弁護士会の則武透弁護士が仕組みについて説
明。新竹市の弁護士からは「審判結果への異議申し立ての比率は」「専門の裁判官が担当するの
か」といった質問があった。

 新竹市の弁護士会によると、台湾には同種の制度を定めた法律が整備されていない。楊明勲理事
長は「労使双方の主張を聞き、実効性のある解決法だと思った。台湾でも紹介したい」と話した。

 岡山と新竹市の弁護士会は会員の交流をきっかけに、14年に友好協定を締結した。一行は12日、
倉敷・児島地区などを視察して離日する。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 3月31日〜4月3日、台湾文化センターがトウ雨賢特別展示会及び音楽会

 日本でも『雨夜花』や『望春風』の作曲で知られる台湾の●雨賢(とう・うけん)は1906年7月
21日に生まれていて、今年で111年目を迎える。『雨夜花』『望春風』『月夜愁』『四季紅』の4曲
は「四月望雨」と呼ばれている。

 台湾文化センターは来る3月31日から4月3日まで「●雨賢特別展示会及び音楽会」を開催する。

●=登の右がおおざと(郎の左が登)

-----------------------------------------------------------------------------------------
【音樂】●雨賢特別展示会及び音楽会 (2017/3/31〜4/3) 
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_60259.html

 2017年はちょうど台灣歌謠の父である●雨賢111歳冥誕記念ということで、このたび『四月望
雨・桜吹雪-台湾歌謡の春に降る雨』●雨賢特別展示会及び音楽会を2017年3月31日(金)〜4月3日
(月)、台北駐日経済文化代表処 台湾文化センターにて開催する運びとなりました。今回は、●
雨賢にまつわる貴重な写真などを多数展示し、音楽会や講座を開催するなど、皆様方に存分に楽し
んでいただける趣向となっております。

◆日 程:2017年3月31日(金)〜4月3日(月)

『四月望雨・桜吹雪』シリーズイベントスケジュール

・3月31日(金)〜4月3日(月)
 『四月望雨・桜吹雪』●雨賢特別展示会

・3月31日(金)14:00-16:00
 【講座】音楽と媒体(講演者:華[女風]/フランスでフルート修士号をダブル取得)

・4月1日(土)と4月2日(日)14:00-15:00
 【講座】:台湾歌謡の父-●雨賢について勉強しましょう(講演者:●雨賢の孫 / ●泰超)

・4月1日(土)と4月2日(日)15:15-16:45
 『四月望雨』台灣歌謠音楽会
 
◆会 場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
     〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2階
     TEL:03-6206-6180

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 台湾と日本の弁護士のつながりがわかったのは嬉しいですね。

     2017/3/14

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    1454人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事