国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2867号】 完成間近の米国在台協会台北事務所に海兵隊を配備 米国の台湾重視の「具体的な象徴」

2017/02/17

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)2月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2867]
1>> 完成間近の米国在台協会台北事務所に海兵隊を配備 米国の台湾重視の「具体的な象徴」
2>> 【祝】日本切花輸出入協会と台湾区花卉輸出同業公会が2月13日に姉妹会を締結
3>> 明日2月18日、王明理さんを講師に台湾セミナー「伯父王育霖と2・28事件」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 王明理さん講師の「台湾セミナー」お申し込み 【明日(2月18日)開催】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 北國新聞出版局編『回想の八田與一』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 完成間近の米国在台協会台北事務所に海兵隊を配備 米国の台湾重視の「具体的な象徴」

 アメリカ軍の海兵隊は台湾軍の海軍陸戦隊に相当する。議会の承認を必要とせず、大統領の命令
だけで出撃できる海兵隊が米国の在外公館の警備を担当している。

 台北市内湖区に建設中の米国在台協会(AIT)台北事務所は今年中に完成すると言われるが、
この警備を海兵隊が担うことが明らかとなった。

 これは、米国のシンクタンク「Global Taiwan Institute」が15日(米国時間)に開催したトラ
ンプ大統領の対台湾政策に関するシンポジウムの席上、挨拶に立ったスティーブン・ヤング元米国
在台協会台北事務所長がAITのビルには海兵隊が配備され、これは米国による台湾重視の「具体
的な象徴だ」と述べ、明らかにした。

 米国は昨年7月、下院で可決された「『台湾関係法』と台湾に対する『6つの保証』を米台関係の
基礎とすることを再確認する両院一致決議案」を上院でも可決し、「台湾への武器供与の終了期日
を定めない」など「6つの保証」を台湾関係法とともに米台関係の基礎とした。

 また12月には、米軍の高官や国防関係幹部職員が台湾軍の高官や国防関係幹部職員との交流を盛
り込んだ「2017国防授権法案」(NDAA: National Defense Authorization Act)という画期的
な法案を上下両院で可決し、12月23日、オバマ大統領が署名して法案が成立している。

 その上で、米国在台協会台北事務所に在外公館と同じく海兵隊を配備するというのだ。トランプ
政権になってますます米国の台湾重視姿勢が鮮明となってきた。

 それにしても、ジョン・ボルトン元米国連大使が在沖縄米軍の台湾への一部移転案を1月17日付
の「ウォールストリート・ジャーナル」紙に発表したが、海兵隊は沖縄から移転させるつもりなの
だろうか。また、何人くらい配備されるのか。気になるところだ。その規模からも米国の台湾重視
の程度が推し量れるからだ。

 なお、下記に紹介する中央通信社の記事に「AIT台北事務所では、2005年から軍人外交官が勤
務」とある。軍人外交官とは、在外公館に派遣されている「防衛駐在官」に相当する役割を担う外
交官のことだろう。日本も、日本台湾交流協会台北事務所には2003年から「防衛担当主任」が勤務
している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
米対台湾窓口機関の台北事務所、海兵隊が警備へ=元所長
【政治】 2017/02/16 17:18

 (ワシントン 16日 中央社)米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)台北事務所(大使
館に相当)で過去に所長を務めたことのあるスティーブン・ヤング氏は15日、台北市内湖区に建設
中の新事務所について、警備は海兵隊が担当するとの認識を示した。 

 米国の在外公館は通常、海兵隊が警備を担当しているが、米国はこれまで、台米関係を「非公式
の関係」とし、AITを民間機関だとしていたことから、海兵隊による警備が実現すれば、台米関
係の大きな変化になるとみられる。 

 ヤング氏は、「台湾の友人らに対する約束の表れだ」と強調。新事務所に海兵隊の関連施設を設
置する可能性があることにも触れた。同施設は世界各地の米国在外公館にもあるとし、現地職員の
社交の場になるとしている。 

 AIT台北事務所では、2005年から軍人外交官が勤務しているものの、軍服は着用していない。 

                               (鄭崇生/編集:齊藤啓介)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】日本切花輸出入協会と台湾区花卉輸出同業公会が2月13日に姉妹会を締結

 かつて台湾を訪問したとき、ビニールハウスで育てている菊などの輸出先は主に日本だと聞き、
いささか驚くとともにとても台湾に親しみを感じた。昨年、台湾のオンシジュームの輸出量は3000
万本を超え、このうち日本向けが90%を占めたという。切り花や苗木の輸出入を通じた日台交流も
深い。

 2月13日、日本切花輸出入協会と台湾区花卉輸出同業公会が姉妹会を締結したという。日本切花
輸出入協会は海外とは初めての提携だという。心から祝意を表し、下記に「台湾週報」の記事をご
紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾区花卉輸出同業公会と日本切花輸出入協会が姉妹会締結
【台湾週報:2017年2月14日】
http://www.taiwanembassy.org/jp_ja/post/44073.html

 台湾区花卉(かき)輸出同業公会は2月13日、日本の一般社団法人日本切花輸出入協会との姉妹
会を締結した。東京都内で行われた姉妹会締結式では、台北駐日経済文化代表処経済組(部)の張
厚純・部長および台湾貿易センター東京事務所の呉俊澤・所長が立ち会う中、台湾区花卉輸出同業
公会の林欽勝・理事長と日本切花輸出入協会の西尾義彦会長が協定書に調印した。

 林・理事長は、「台湾と日本の花卉産業の発展のために、両会が協力し合い発展できるようにし
たい」と挨拶し、今後は定期的な交流、花展開催などの活動を通して情報を共有し、日本における
台湾花卉のブランド知名度を向上させ、多様な販路開拓などの分野で協力を深めていくことを期待
した。

 西尾会長は、同協会が外国と提携するのは台湾が初であり、台湾側に日本側のニーズを知っても
らい、冬でも暖かい台湾との協力を通して、日本市場における台湾花卉の取引を拡大していく考え
を示した。

 張厚純・経済部長は、「姉妹会締結を第一歩として、まずは日本市場におけるシェアを回復し、
さらに開拓していきたい。協力を通して、共に努力すれば必ず成果が得られると信じている」と述
べ、台日花卉産業の連携を歓迎した。

 台湾からは現在、主にコチョウラン(胡蝶蘭)、オンシジューム(文心蘭)、アンスリウム(火
鶴)、トルコキキョウ(洋桔梗)などの花卉が盛んに日本へ輸出されている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 明日2月18日、王明理さんを講師に台湾セミナー「伯父王育霖と2・28事件」

 1995年2月28日、台湾の李登輝総統は国家元首として2・28事件の犠牲者と遺族に対して「政府が
犯した罪」を認め、初めて謝罪の意を表しました。2006年には、張炎憲・國史館館長たちの地道な
実証研究により、最大の責任は国民党政権最高権力者の蔣介石にあったことが判明しています。

 1947年2月28日、闇タバコ取締事件が民衆のデモを引き起こし、台北から台湾全土に広がって
いった2・28事件では、実に多くの優れたエリートや前途有為の若者たちを中心に約3万人が無実の
罪で虐殺されました。

 王明理さんの伯父の王育霖氏もその犠牲者の一人でした。王育霖氏は、王明理さんの父で台湾語
研究者だった王育徳・明治大学教授の実兄。東大法学部在学中、高等文官司法科試験に合格。台湾
人初の検事として京都地検につとめていたとき、京大在学中の李登輝氏とも親交を結んでいまし
た。戦後、帰台して新竹地方検察局の検察官となるも1947年3月半ば、国民党に逮捕され、そのま
ま行方が分からなくなってしまいます。27歳の若さでした。

 今年は2・28事件から70年の節目の年。王明理さんが伯父王育霖氏を通し、2・28事件の核心に迫
ります。

 セミナー終了後は、王明理さんを囲んで懇親会を開きます。ご参加の方は、申し込みフォーム、
メール、FAXにてお申し込み下さい。                   【当日受付可】

 平成29年(2017年)2月吉日

                                    日本李登輝友の会

                     記

◆日 時:平成29年(2017年)2月18日(土) 午後2時30分〜4時30分(2時開場)

◆会 場:文京シビックセンター 4階 会議室B

     *低層階用のエレベーターに乗り、4階「シルバーセンター」で降りてください。
      東京都文京区春日1-16-21  TEL:03-5803-1100
      【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園 徒歩2分 
              都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分

◆演 題:伯父王育霖と2・28事件

◆講 師:王明理氏(台湾独立建国聯盟日本本部委員長、詩人、本会理事)

     [おう・めいり]  東京都生まれ。慶應義塾大学文学部英文科卒。台湾独立運動の先駆者
     で台湾語研究者だった王育徳・明治大学教授次女。2011年に台湾独立建国聯盟日本本部
     委員長に就任。著書に詩集『ひきだしが一杯』『故郷のひまわり』。訳書にジョン・
     J・タシク編『本当に「中国は一つ」なのか』。編集担当書に『王育徳全集』、王育徳
     著『「昭和」を生きた台湾青年』。王育徳著“Taiwan: A History of Agonies”(英訳
     『台湾─苦悶するその歴史』)。王育徳著『王育徳の台湾語講座』解説担当。

◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生) 
     *当日ご入会の方は会員扱い

◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 

     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて[参加費=3,000円 学生:2,000円]

◆主 催:日本李登輝友の会
     〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
     TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
     E-mail:info@ritouki.jp
     HP:http://www.ritouki.jp/
     Facebook:http://goo.gl/qQUX1
     Twitter:https://twitter.com/jritouki

-----------------------------------------------------------------------------------------
2017年2月18日「第25回台湾セミナー」申込書

・ご氏名:
・お電話:
・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望
・懇親会: 参加 ・ 不参加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』 *new
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』*new
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版) *new
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。