トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄:第2856号】 新時代の日台交流─震災援助で繋がる日本と台湾(上)  頼 清徳(台南市長)

発行日:2/6

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)2月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2856]
1>> 新時代の日台交流─震災援助で繋がる日本と台湾(上)  頼 清徳(台南市長)
2>> 2月22日、林建良氏が時局心話會・アジア会議で「蔡英文政権下の台湾」講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 北國新聞出版局編『回想の八田與一』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 新時代の日台交流─震災援助で繋がる日本と台湾(上)  頼 清徳(台南市長)

 去る1月16日、来日中の頼清徳・台南市長は日本記者クラブにおいて「新時代の日台交流─震災
援助で繋がる日本と台湾」と題して講演しました。講演の翌日、本誌でも「台湾にとって日本は特
別な存在だということを理解した」などと述べたことを伝える産経新聞の記事をご紹介しました。

 講演は「まさかの友は真の友」「日台新時代」「生命共同体」「共同誓言」の4つから成ってい
ます。「まさかの友は真の友」では台湾南部地震、東日本大震災、熊本地震に言及し、台湾南部地
震の折に義援金を直接台南に届けたとして、石川県日華親善協会、日本青年交流会、日本地方議員
連盟、東京都議会、読売巨人軍などとともに「日本李登輝友の会」の名前も挙げていただいていま
す。

 本会は昨年4月7日、折しも頼市長も尊敬する鄭南榕烈士ご命日の日、台南市政府に頼市長を訪
ね、皆さまからの義捐金534万4,200円を直接手渡してまいりました。講演で名前を挙げていただく
とは光栄かつ有難いことで、義捐金を寄せていただいた方々も喜ばれるものと拝察しております。

 頼市長はまたこの講演で、李登輝元総統と同じく、日本と台湾は「生命共同体」となるべきと述
べ、「台南市長として、私の政治生命において『日台間に真心のこもった繋がりを育てること』、
そして『日台関係を守ること』を私の重要な任務の一つとし、最後まで貫く」と述べるなど、決意
表明とも言うべき格調高い内容です。

 かなり長い講演原稿ですので、2回に分けてご紹介します。

 なお、日本記者クラブのホームページでは、司会を務めた毎日新聞社専門編集委員の坂東賢治・
日本記者クラブ企画委員による「会見リポート」を掲載し、YouTubeで講演の模様も掲載していま
すので、下記にご紹介します。

◆会見リポート:台南市長「日台は新時代の交流を」
 https://www.jnpc.or.jp/archive/conferences/34728/report

◆頼清徳 台南市長 2017.1.16
 https://youtu.be/L0aq93k0PVs

-----------------------------------------------------------------------------------------
新時代の日台交流─震災援助で繋がる日本と台湾(上)  頼 清徳(台南市長)
【日本記者クラブ:2017年1月16日】

◆まさかの友は真の友

 坂東賢治様、メディア関係者の皆様、ご来賓の皆様、本日はご来席、ありがとうございます。台
南市長の頼清徳でございます。今回の訪日に際し、皆様にお目にかかる機会をいただいたこと、ま
た、歴史があり権威ある日本記者クラブにおいて講演をすることができたことを非常に光栄に思っ
ております。皆様の報道を通じ、日本の皆様に台南市民の心からの感謝の意が、そして、台湾と日
本との関係についての考えが伝わることを願っております。どうぞよろしくお願い致します。

 また、本日は、ジャーナリストの野嶋剛様、台南親善大使であり作家の一青妙様、そして台南市
都市外交顧問の野崎孝男様にもご列席をいただいております。ありがとうございます。

 本日、お話するテーマは「新時代の日台交流〜震災の援助が台湾と日本を結ぶ」です。講演は、
まさかの友は真の友、日台新時代、生命共同体、そして共同誓言、という4部分に分かれます。

 まず、最初は「まさかの友は真の友」についてお話します。台南市では、昨年の2月6日、マグニ
チュード6.6の大地震が発生しました。117名の市民が被災し、1000戸以上の家屋が損壊し、台南市
に大きな影響をもたらしました。本日は、講演の貴重な機会をお借りし、台南に非常に多くの援助
と支援の手を差し伸べてくださった日本政府、並びに日本の各界の方々に対し、台南の全市民を代
表してお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 地震発生当日、安倍首相は直ちに台湾に対し、必要な援助を送る用意があるというメッセージを
送ってくださいました。そして、もっと驚かされたことには、地震発生の14時間後には、日本から
予備調査隊が現地に入り、台南が何を必要としているかの調査を行ったということです。

 当時、多くの国々が支援物資を送ろうとしているとき、日本は、まず台南が何を必要としている
かの確認に現地入りしてくださったのです。これは、実に台南現地のことを考えてくださった上で
の行動だと思います。

 この地震ではビルが倒懐し、多くの市民の家が失われましたが、被害が広範囲に及んだわけでは
なく、台湾各地からの救援で充分でしたので、各国からの救援隊の派遣はお断りすることにいたし
ました。

 日本からは、予備調査隊の報告にもとづき、120万ドルの支援と救援物資をいただいたほか、台
南市内における給水の支援もしていただきました。日本政府が積極的に、そして細かな心遣いで、
台南の立場に立ち考え、必要としている支援を行ってくださったことに、非常に感動しています。

 こうした日本政府からの援助のほか、私たちが感動したのは、日本の各地の団体や個人からの義
援金が、次から次へと台南に送られてきたことです。当時、多くの日本の人たちが、自発的に募金
活動をおこなってくださいました。仙台、名古屋、東京の街角や、石垣島の野球場、石川県金沢市
などでも、台南地震への募金活動が行われました。日本のヤフーのサイトでは、「寄付と同額を
Yahoo!JAPANが拠出し、募金額を2倍にする」という募金活動が行われました。

 義援金を直接台南にお持ち下さった方々もいらっしゃいました。時間の関係で一部だけになりま
すが、ご紹介します。石川県日華親善協会の長井賢誓会長、日本青年交流会の加藤秀彦会長とタイ
ワンダー、日本李登輝友の会、網屋株式会社、日本地方議員連盟及び東京都議会、平戸市の黒田成
彦市長、仙台市障害者福祉協会、雅楽師東儀秀樹氏、そして、読売巨人軍及び巨人軍OB会からも義
援金をいただきました。また、お見舞の手紙もたくさんいただきました。台湾を案じ、温かく気遣
う言葉でいっぱいでした。

 このとき、私は実際に震災を経験した一人の台湾人として、日本は台湾にとって特別な存在なの
だということを理解しました。心から日本の方々に感謝しています。本当にありがとうございまし
た。

 今、申し述べたように、昨年2月6日の台南地震では、日本から多くの支援をいただきましたが、
実は、もっと前の1999年の921台湾大地震の時に、まっさきに地震の現場に救援に駆けつけてくだ
さったのも日本からの救援隊でした。特に申し上げたいのは、当時、国会議員だった小池百合子氏
が、李登輝総統とともに、台湾の被災地に足を運び、救援の第一線に立ち、実際の行動をもって日
本の台湾に対する気遣いを示してくださったことです。小池氏は、昨年の夏に圧倒的多数の票を獲
得して東京都知事になられました。

 一方で、台湾もまた日本に非常に関心を寄せています。2011年に発生した311東日本大震災のと
きには、台湾全土が日本を案じ、誰もが募金を行い、誰もが日本を助けたいという思いに駆られま
した。台南にいた我々にも、多くの台南市民から電話が入り、台南市として具体的な行動を起こす
よう求められました。

 そこで、直ちにチャリティー募金活動を行ったのです。地震発生の1ヶ月後、私と頼美恵議長
は、台南市民から寄せられた義援金を携え、仙台市に向かいました。地震発生後、それほど月日が
経っていないときに、私たちが台南からお一見舞いに駆けつけたということに、仙台の方々は感動
してくださったと聞いております。

 実は台湾では、親しい友人に何かあったときには、直接出向いて手助けをするのはあたりまえの
ことなのです。台南市と仙台市は姉妹都市として友好な関係を築いてきました。ですので、台南市
民の気持ちを、直接仙台にお届けしたというわけです。

 仙台から台南に戻り、それほど経たない頃、やはり台南市の姉妹都市である日光市の齋藤文夫市
長が台南を訪問され、日光へ観光に来てほしいとの要請を受けました。当時、日光市は放射能に汚
染されているのではないかという風評被害のため、観光が大打撃を受けていたのです。そこで、私
たちは、6月11日にチャーター便で、305名の観光親善団を日光に送り、台南からの気持ちを日光市
に届けました。

 昨年の台南地震から2ヶ月後、今度は熊本で大地震が発生しました。高雄市長の陳菊、台中市長
の林佳龍、桃園市長の鄭文燦と私の4名は、それぞれ市長報酬の1ヶ月分にあたる義援金を送りまし
た。また、6月には、高雄市長の陳菊とともに、高雄と台南の市民から寄せられた義援金を熊本に
届け、2月の台南地震の際に日本から寄せられた心遣いと支援のお返しをいたしました。こうした
台湾からの支援を、日本の方々は、喜んで受け取ってくださいました。台南にとって、これは、日
本が台南地震のときに示してくださった援助に対しての感謝の気持ちのお返しでした。

 昨年の9月、熊本の蒲島知事との約束を果たすべく、台南からの観光親善団の220名を率いて熊本
観光をし、行動することで熊本の復興を願いました。台湾と日本が、互いに温かな気持ちで協力し
あうという姿こそが、台湾と日本の関係の核心であり、最も貴重なところなのではないかと思って
おります。台湾と日本は、家族のような隣人なのです。

◆日台新時代

 次に、二番目の「日台新時代」についてお話します。

 日本と台湾との間にある友好な結びつきは、三段階に分けて説明することができます。第一段階
は、第二次大戦後の「以徳報怨」時代です。「以徳報怨」は、1945年から80年代の終わり頃までの
日台関係を語る上での主流な観点であり、日台間の友好関係の第一段階とすることができます。

 続いては、1996年以降です。この年、台湾は総統の直接選挙が行われ、台湾社会は民主化が実現
し、李登輝前総統が象徴する「日本語世代」が、このときから始まりました。戦後の日台友好の第
二段階の始まりと言えるでしょう。

 そして第三段階は、2011年の311大地震後です。台湾と日本は、震災の援助をきっかけとした友
好関係という、日台の新時代に入ったと考えます。1999年の台湾921大地震と2016年の台南地震の
際、日本は台湾に最大の関心を寄せてくださいました。

 一方、日本で、311東日本大地震、熊本地震が起こった時は、台湾もまた日本に大きな関心を寄
せました。このように、日本と台湾は、互いに助け合い、関心を寄せ合っています。

 新時代の日台関係は、「友好な結びつき」が鍵となると考えます。「友好な結びつき」という関
係は、日本と台湾の民間相互の善良な気持ちに依るものだからです。日本と心と心が繋がっている
台湾にとり、日本は家族のように親しい隣人です。血のつながりが無くても、隣人は家族より親し
く信頼できる関係です。これは、常日頃の生活でもよく見られることです。

 このように非常に親しい隣人である私たちは、地震のような苦難に遭遇した時、ともに涙を流
し、ともに悩みます。日本が2020年のオリンピック開催権を得たとき、台湾もその喜びをともに祝
いました。

 もちろん、台湾も日本も、それぞれの利益を顧みなければなりませんが、国の利益を超えて人々
の心と心を結びつけることは、政治の重要な任務の一つでもあります。台湾と日本の心の結びつき
は深く、両者の関係は新たな段階へと入ることとなりました。それは、台湾における日本の代表機
関が、今年の1月1日より「日本交流協会」から正式に「日本台湾交流協会」へと名称を改めたこと
に表れています。これは、日台関係が新たな時代に入り、プラス方向へ安定して発展していること
の象徴です。

 こうした友好な結びつきに依り新たな関係を築く中で、日本と台湾の関係は、より緊密なものと
なっています。観光、経済や貿易面での実質的な交流や協力も密になっています。このほか、「亜
東関係協会」と「日本台湾交流協会」の枠組みの下、日本と台湾は、漁業、交通、経済貿易等の各
分野に関する47項目の協定を締結しています。

 こうしたさまざまな分野や、多方面に関する覚書により、日台の地方産業が連携し、双方が交
流、協力を行っています。長い目で見れば、こうした関係は、日台両者にとって、最も大きな利益
や効果をもたらすものと考えます。国レベルでの交流のほか、都市レベルでの日台交流も非常に頻
繁に行われています。

 台南と日本の交流をご紹介します。

 台南市は台湾でもっとも早くから開けた町で、文化都市です。シラヤ国家風景区、台江国家風景
区、雲霧南国家風景区の3つの国家風景区を有します。また、CNN、ウォール・ストリート・ジャー
ナル、NHKでは「美食の都」として賞賛されました。

 また、台南は、台湾の22地方自治体のなかで、もっとも日本と縁の深い町でもあります。日本統
治時代から残る、日本と関係が深い、建設、建築、文化が台南にはあります。建設で、もっとも有
名なのは、八田與一技師が建設した「烏山頭ダム」及び「嘉南大[土川]」で、不毛の地だった嘉南
平原が台湾の米倉となり、台湾の人々は、八田與一技師に非常に感謝しています。この方は、俳優
の大沢たかおさんで、映画「KANO」では、八田與一技師を演じた方です。

 また、濱野弥四郎技師も忘れてはなりません。濱野技師が建設した「台南水道」は、当時では、
最も近代的な浄水場で、伝染病の問題を解決してくれました。

 建築面でいえば、「台南州庁」が挙げられます。今は「台湾文学館」となっています。昭和天皇
が皇太子時代にお泊りになった旧「台南州知事官邸」です。これは皇太子殿下お手植えのガジュマ
ルの樹で、今は台湾の国泰グループの企業ロゴになっています。

 「ハヤシ百貨店」は、当時の台湾で2番目に古い百貨店でした。今は、新興クリエイティブ百貨
「林百貨」となり、「DFA Design for Asia Award─アジアデザイン賞2016」を受賞しました。ほ
かには、日本統治時代に高級料亭だった「鶯料理」の建物も現存しています。

 台南の文化に影響を与えたものとして、特にご紹介したいのは、茨城県水戸市出身で第二次大戦
時の零戦パイロット杉浦茂峰少尉のことです。杉浦少尉は米軍に撃墜された際、すぐに脱出せず、
集落を避けて零戦を墜落させたために逃げ遅れ、命を落としてしまいました。当時、杉浦少尉が台
南の人々のことを自分のことのように思っていたことがうかがえる話です。

 台南の人たちは、杉浦少尉の犠牲を弔うために、少尉を祀る「飛虎将軍廟」を建立しました。
「飛虎将軍廟」を参拝に訪れた日本の方々は、台湾の人々が日本人パイロットを祀る廟を建てお参
りしていることに非常に感動し、寄付を募り神輿を製作、奉納してくださいました。一昨年の4月
には、日本から200名の団体ツアーが台南を訪れ、飛虎将軍を乗せた神輿を担ぎ練り歩きました。
昨年の9月には、杉浦少尉の神像が、日本へ里帰りしました。

 こうした歴史に基づく繋がりのほか、台南市は、日本の多くの都市とも様々な交流を行っていま
す。例えば、2012年、経済部工業局は「台南テクノロジー工業区」に「日台産業イノベーション
パーク(TJPark)」を新設。台南と日本企業との連携強化を目指しています。

 このほか、台南と日本の間には、産業、経済、観光、文化、そして教育方面での協力や交流が常
に行われています。

 台南にルーツを持つ蓮舫参議院議員は、昨年、日本の民進党の代表となりました。2013年には、
縁戚にあたる陳唐山元台南県長とともに父の故郷である白河を訪ねています。蓮舫氏は、台湾に、
そして台南に非常に関心を寄せてくださっています。2014年には、台南市が東京で開催した「陳澄
波画展の開幕式」に出席してくださいました。

 蓮舫氏以外にも、衆議院議員であり自民党青年局局長の小泉進次郎氏も2013年に33名の国会議員
と地方幹部一行97名を率い、「八田與一紀念園区」を訪れています。2015年には、岸信夫氏等、10
名の国会議員が奇美博物館をご訪問になりました。

 台南にいらっしゃったときには、ぜひアジアで最も美しい西洋芸術博物館の奇美博物館においで
くださいますよう、ご案内いたします。

                                       (つづく)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 2月22日、林建良氏が時局心話會・アジア会議で「蔡英文政権下の台湾」講演

2月時局心話會「アジア会議」の御案内
「蔡英文政権下の台湾」
 講師/林 建良 「台湾の声」編集長
 
 米国のトランプ大統領が台湾の蔡英文総統と電話で会談した。中国は「一つの中国」を「中国の
核心的利益」と言った。

 かの蔡英文政権は発足後半年も経たないうちに支持率が30パーセント台に落ちた。しかしなが
ら、株価や経済成長率は蔡英文政権になってから、明らかに上向き始め、蔡政権の「脱中国依存」
の経済政策が景気に好影響を与えている。

 米国のトランプは台湾に大量の武器を供給すると言う。台湾のイスラエル化が着々と進んでいく
との声が広がりを見せている。

 今回は蔡英文政権の内情に詳しい林建良「台湾の声」編集長がそのなぞを解き明かす。

                     記

・日 時:平成29年2月22日(水)PM4:00〜PM5:30

・会 場:衆議院第1議員会館  B1「第1会議室」
     東京都千代田区永田町2-2-1

・参加費:4,000円

・連絡先:時局心話會
     TEL:03-5832-7231 FAX:03-5832-7232
     E-mail:shinwakai@shirt.ocn.ne.jp
 
【講師経歴】
1958年9月7日、台湾台中市生まれ。1987年、日本交流協会奨学生として来日。東京大学医学部博士
課程修了。医学博士。台湾団結聯盟日本代表、メールマガジン「台湾の声」編集長、台湾独立建国
聯盟日本本部中央委員兼広報部長、日本李登輝友の会常務理事、在日台湾同郷会顧問。「正名運
動」の名付け親。
 
※講演当日、出席から欠席へ変更された場合は会費を請求させていただきます。予めご了承願います。
※つきましては、ご出欠のお返事を賜りますればと存じます。宜しく御願い申し上げます。
※ご出席の場合は、お名前と連絡先をお知らせ下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』 *new
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』*new
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版) *new
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    1454人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事