トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄:第2845号】 看過できない中国の「台湾=中国領」宣伝の浸透  小島 新一(大阪正論室長)

発行日:1/21

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)1月21日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2845]
1>> 看過できない中国の「台湾=中国領」宣伝の浸透  小島 新一(大阪正論室長)
2>> トランプ新大統領に日本や台湾が祝辞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 藤井厳喜氏講師の「台湾セミナー」お申し込み【2017年1月28日開催】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 門田隆将先生2・28台湾講演ツアー【2月26日〜3月1日】お申し込み *new
  https://goo.gl/ILtbMa
 *ツアー詳細は本会HPに掲載:http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170117/

● 門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *予定通り昨日(1月19日)入荷し、発送いたしました。

● 北國新聞出版局編『回想の八田與一』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *第13期の署名は近日中に金田勝年法務大臣に渡辺会長の改正要望書とともに届けます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 看過できない中国の「台湾=中国領」宣伝の浸透  小島 新一(大阪正論室長)

 月刊「正論」前編集長で、現在、大阪本社の正論室長をつとめる小島新一記者の「台湾の地位」
をテーマにした記事が1月19日付産経新聞の電子版に掲載された。そのときの大見出しは「日本人
洗脳 最大の先兵は教科書業界」。サブタイトルは「看過できぬ台湾=中国領の浸透」だった。

 昨日、この記事が産経新聞のインターネット版に「看過できない中国の『台湾=中国領』宣伝の
浸透」と題して転載された。

 電子版のタイトルから分かるように、台湾が中国の領土の一部だという誤解を与えている最大の
原因は教科書にあると指摘した読み応えのある記事だ。下記にその全文をご紹介したい。

 それにしても、集会参加者の100人のうち8割近い人々が「『台湾は中華人民共和国(以下・中
国)の領土の一部』という選択肢に手を挙げた」という現状には驚かされた。まさに惨状と言って
いいほどの台湾への認識不足だ。

 小島記者はそこでこの記事を書くことになったわけだが、原因の背景として、中国がことあるご
とに「台湾は中国の領土の一部」と言っている宣伝工作を挙げ、NHKが使う「中国本土」という
表現も影響が大きいと指摘する。そして、もっとも大きな原因は「検定済み地図帳が、台湾は『中
国の領土の一部』だと、読み取れる表記をしている」ことにあると指摘している。同感だ。

 本会も、活動の大きな柱の一つに「台湾正名」を挙げ、「戸籍や調理師免許証などの中国表記問
題の解決」に取り組むとともに「台湾併呑を正当化する中国の宣伝を打破するため、台湾を中国領
とする国内の出版物や教科書などを是正する台湾正名運動を引き続き推進」することを挙げ、解決
に向けて取り組んでいる。

 中学校地図帳では、中国の面積に台湾の面積を含ませ(帝国書院)、「世界の大都市の人口」で
は中華人民共和国の都市名として「タイペイ(台北)(台湾)」と表記(東京書籍)するなど、誤
記としか言いようのない表記があり、文部科学大臣宛に何度も訂正を求めている。しかし、毎回
「検定基準に照らし、教科用図書検定調査審議会の専門的な審議により教科書として適切であると
判断されたもの」という回答だ。

 そもそも、台湾の地位に対する日本人の認識を妨げているのは、台湾併呑を正当化しようとして
「一つの中国」を掲げて「台湾は中国の領土の一部」と言いふらしている中国の宣伝工にあるのは
もちろんだが、実は台湾自身にもその一因があると言っていい。

 小島記者はNHKが使う「中国本土」という表現も影響が大きいと指摘したが、台湾でも中国を
「中国大陸」という表現を使う。さすがに「自由時報」は「中国」と表記しているものの、中央通
信社や台湾国際放送などのメディアは、例えば「中国大陸の空母『遼寧』が台湾の周辺海域を航
行」(1月18日付「中央通信社」)とか「台湾の対中国大陸窓口機関・海峡交流基金会の田弘茂・
董事長」(1月19日付「台湾国際放送」)など「中国大陸」と表記している。

 メディアばかりか、台湾政府もまた「中国大陸」という表記を使っている。例えば交通部観光局
が出している統計は「中国大陸」と表記し、英語でご丁寧に「Mainland China」と付している。単
に「大陸(Mainland China)」という表記も使っている。

 確かに「Mainland China」には「中国大陸」という訳もあり、Chinaや中国の同義語という解釈
もあるようだ。しかし、「中国本土」と訳されるのが通常であろう。

 小島記者が書いているように「『本土』といわれると、台湾は中国の『離島』だと錯覚してしま
う」可能性を排除できない。本土は「本国」を意味することもある。日本でも「本土決戦」という
言葉があったように、北海道・本州・四国・九州の4島を「本土」、本土に付属する島を「離島」
としていたのだから、中国を「本土」(Mainland)と表記すれば台湾はその離島の意味となる。

 現在の蔡英文政権にして、台湾を「中国の一部」と誤解させかねない「中国大陸(Mainland 
China)」という表記を使っている。どうして日本やアメリカのように「中国」や「China」を使わ
ないのか不思議なことこの上ない。

 台湾に対する誤解を避け、世界の台湾認識を深めるため、台湾政府や中央通信社などのメディア
は「中国大陸」や「中国本土」「Mainland China」という表記を取りやめ、「中国」や「China」
という表記に改めることを提案したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
看過できない中国の「台湾=中国領」宣伝の浸透
【産経新聞:2017年1月20日「ベテラン記者コラム」】

 昨年末、ある集会に参加して、台湾の地位について誤解が広まっていることに驚かされた。中学
生くらいの子供たちから70歳前後の人たちまで、男女約100人の参加者に筆者が尋ねてみたとこ
ろ、8割近い人たちが「台湾は中華人民共和国(以下・中国)の領土の一部」という選択肢に手を
挙げたのだ。

 こんな質問をしたのも、20日(日本時間21日未明)に米国大統領に就任するトランプ氏が、
「『一つの中国』原則」の見直しに言及しているからである。なぜ誤解、いや「台湾は中国の領
土」という中国の一方的宣伝が浸透しているのか考えてみたい。

 確かに、日本や米国の台中関係政策自体、曖昧で分かりにくい。中国との関係修復、国交回復当
時の合意文書にそれが表れている。1972年2月の上海コミュニケで米国は、「台湾海峡の両側のす
べての中国人が、中国はただ一つであり、台湾は中国の一部分であると主張していることを認識し
ている」としている。

 日中国交回復時の「日中共同声明」(1972年9月)は、「日本国政府は、中華人民共和国政府が
中国の唯一の合法政府であることを承認する」「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の
領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場
を十分理解し、尊重し(以下略)」とする。

 「認識する」「十分理解し、尊重する」という言葉で、「台湾は中国の領土の一部」とは認めな
いという一線は守ってはいるが、その微妙さを理解できる人がどれほどいるだろう。

 この分かりにくさが、「一つの中国」問題を報じるメディアの曖昧な表現になり、誤解を生む一
因になっているように思える。トランプ氏が昨年12月、「(一つの中国に)なぜわれわれが縛られ
なければならないのか」と発言して以降、新聞各紙は「『一つの中国』原則」に、「台湾は中国の
一部とする」「(中国が)台湾を自国の一部とみなす」といった説明を付けるなどしているが、検
討の余地はありそうだ。

 メディアでいえば、NHKがしばしば放送で使う「中国本土」という表現は影響が大きい。例え
ば昨年9月14日夜の天気ニュースは、「台風14号は、台湾南部を暴風域に巻き込みながら中国本土
に近づいて…」とした。「本土」といわれると、台湾は中国の「離島」だと錯覚してしまう。

 「中国本土」を意図的に用いているとすれば悪質だし、意図的でないなら、中国の宣伝工作に日
本の公共放送が洗脳されている証左である。

 日本人を洗脳している最大の「先兵」は、教科書業界だろう。中学校や高校で使われている国の
検定済み地図帳が、台湾は「中国の領土の一部」だと、読み取れる表記をしているのだ。平成28年
発行の高校用「新詳高等地図」(帝国書院)や「新高等地図」(東京書籍)を見ると、世界地図で
は中国と台湾が同じ色で示され、中国の国境線は台湾の東側(台湾から見て中国大陸と反対側)に
引かれている。

 教科書業界の「地金」が見える表記はまだある。上記地図帳の詳細地図では、国名は赤字で表記
されている。「日本国」「中華人民共和国」は赤字表記だ。これに対して、「台湾」の名称は黒字
表記である。この違いは、日本政府が台湾を、国交がなく国家として承認していない「地域」とし
て位置付けているからだと理解できる。

 しかし、同じく「地域」であるはずの北朝鮮が、なぜか赤字で「国名表記」されているのだ。し
かもご丁寧に、最近は耳目に触れることがなくなった「朝鮮民主主義人民共和国」の文字が躍って
いる。

 「さすが教育界。いまだに媚中・媚朝の容共リベラル臭がぷんぷんする」と笑っている場合では
ない。トランプ新政権の出方によっては、台湾情勢の急変もあり得る。中国の洗脳にやられていて
大丈夫なのか。読者の方々も、周囲に台湾の地位について尋ねてみていただきたい。

                             (大阪正論調査室長 小島新一)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> トランプ新大統領に日本や台湾が祝辞

 1月20日正午(アメリカ東部時間、日本の1月21日午前2時)、共和党のドナルド・トランプ氏は
首都ワシントンの連邦議会議事堂における就任式で宣誓と演説を行い、第45代米大統領に就任し
た。

 安倍晋三総理は早速、「11月に、ニューヨークの御自宅で、胸襟を開いて意見交換を行えたこと
を大変嬉しく思います。今後、貴大統領と共に手を携え、アジア太平洋の平和と繁栄を確保し、世
界が直面する様々な課題に共に取り組んで行くことを楽しみにしています」「出来るだけ早く、再
び貴大統領にお目にかかり、地域や世界の様々な課題について幅広く意見交換を行い、日米同盟の
重要性を世界に向けて発信したいと思います」とする祝辞を送った。その全文を下記に紹介したい。

 また、台湾の蔡英文総統はツイッターに英語で「友好と連携の発展に期待する」と投稿し、総統
府はトランプ米大統領とペンス副大統領へ祝意を表す蔡英文総統の声明を発表したという。

 その全文を中央通信社の記事とともに下記に紹介したい。

◆安倍晋三内閣総理大臣によるドナルド・トランプ米国大統領宛祝辞【1月21日】
 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20170121message.html

◆總統向美國新任總統川普及副總統彭思正式就職表達祝賀【1月21日】
 http://www.president.gov.tw/Default.aspx?tabid=131&itemid=38680&rmid=514

-----------------------------------------------------------------------------------------
蔡総統、トランプ新大統領に祝辞 友好関係の深化に期待
【中央通信社:2017年1月21日】

 (台北 21日 中央社)蔡英文総統は21日、ツイッターで米国のトランプ新大統領に祝意を表する
メッセージを送った。その中で蔡総統は、民主主義が台湾と米国を結びつけていると強調し、双方
の友好関係とパートナーシップの深化に期米国は国際上、台湾の最も重要な盟友待を示した。 

 総統府が同日発表した声明によると、蔡総統は「で、自由と民主主義、人権という価値を共有し
ている」と指摘。政治、経済、安全保障、文化などの領域における双方の緊密な協力が、アジア太
平洋地域の平和と安定、繁栄に積極的に貢献してきたと述べた。 

 蔡総統は先月上旬、就任前のトランプ氏と電話で会談。次期米大統領と現職の中華民国(台湾)
総統の電話会談が公になるのは1979年の断交以来初めてで、各方面で議論を呼んだ。トランプ氏は
「一つの中国」の原則について、中国大陸側の出方に応じて従来の政策を転換する可能性を示唆し
ており、就任による情勢の変化に注目が集まっている。 

                           (唐佩君、葉素萍/編集:杉野浩司)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』 *new
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版) 
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. ショックです、台湾が中国を「Mainland China」と呼んでいるとは。これでは自ら「どうぞ併呑してください」「一つの中国とは中華人民共和国のことです」と言っているのと同じではないですか。しっかりしてよ、蔡英文!

     2017/1/21

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    1454人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事