国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2841号】 『門田隆将先生2・28台湾講演ツアー』のご案内 【申込締切:2月3日】

2017/01/17

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)1月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2841]
1>> 『門田隆将先生2・28台湾講演ツアー』のご案内 【申込締切:2月3日】
2>> 門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』のご案内
3>> 頼清徳・台南市長が日本記者クラブで講演 「日本は特別な存在」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 門田隆将先生2・28台湾講演ツアー【2月26日〜3月1日】お申し込み *new
  https://goo.gl/ILtbMa

● 門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 北國新聞出版局編『回想の八田與一』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 藤井厳喜氏講師の「台湾セミナー」お申し込み【2017年1月28日開催】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *第13期の署名は近日中に金田勝年法務大臣に渡辺会長の改正要望書とともに届けます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 『門田隆将先生2・28台湾講演ツアー』のご案内 【申込締切:2月3日】

 本ツアーは『汝、ふたつの故国に殉ず』を出版された門田隆将先生の台湾講演に参加し、70年目
を迎えた2・28事件を深く知るツアーです。台湾の大きな転機となる2・28事件。実際に殉難者と
なった方々から、貴重なお話を実際の現場を訪れながらお話を伺います。また書籍の主人公である
湯徳章(日本名:坂井徳章)の故郷である台南へゆき、湯徳章が台湾に残した想いを探訪するツ
アーです。

*殉難者の方々はご高齢ですのでご体調面からお話を伺えない場合もございますのでご了承ください。

*会員の皆さまには本ツアーの案内を郵送させていただきました。裏面の「申込書」に必要事項を
 ご記入のうえお申し込みください。

*本会ホームページからもお申し込みできます。
  http://www.ritouki.jp/

                ◇    ◇    ◇

◆日 程:
 2月26日(日) 15時までに宿泊ホテルに集合。景美人権博物館にて白色テロ殉難者による解説と夕食会。
 2月27日(月) 門田隆将先生講演会に参加、その後門田先生と昼食会。午後は2・28事件殉難者による講演・事件解説。
 2月28日(火) 台南に移動し湯徳章記念公園訪問。門田隆将先生講演会に参加。
 3月01日(水) 午前:自由時間、昼食後、夕方便で各地へ帰国。

◆参 加 費:
 会員価格[諸税・サーチャージ込み、ツイン]現時点での目安です。【シングルは2.5万円追加】
 羽田発=16.3万円 関空・福岡発=14.1万円 中部発=16.6万円 現地合流=10.5万円

◆定 員:40名

◆締 切:2月3日(金) *定員になり次第、締め切らせていただきます。

◆一般参加:
 一般の方も参加できますが、参加費は上記会員価格プラス1万円となります(但し、申込時にご
 入会の方は会員価格とさせていただきます)。

◆その他:
 その他のエアチケットの手配や松山空港・桃園空港などからの現地合流についても、対応いたし
 ますのでご相談ください。またご自身でエアチケットを手配される方は桃園空港に13時までの便
 をお勧め致します。

 航空会社:
 羽田10:35発→松山13:30着 & 松山16:00発→羽田19:55着(エバー航空)
 関空10:00発→桃園12:20着 & 桃園17:25発→関空20:50着(中華航空)
 福岡10:55発→桃園12:35着 & 桃園16:30発→福岡19:35着(中華航空)
 中部09:50発→桃園12:20着 & 桃園17:15発→中部20:50着(中華航空)

 ※基本はエコノミーです。2/26 中部09:50発→桃園12:20着便のみビジネスとなります。

◆手配会社:ダイナスティホリデー(観光庁長官登録旅行業第574号)

◆申込方法:
 申し込みフォーム、または裏面の申込書に必要事項を記入し、FAX、メールにてお願いしま
 す。お申し込みいただきましたら、追って所定の書類を送付いたします。

 ・申し込みフォーム:https://goo.gl/ILtbMa
 ・FAX:03-3868-2101
 ・E-mail:info@ritouki.jp

 *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限2017年(平成29年)6月2日以降]が必要ですの
  で、必ずご確認願います。また催行日1ヵ月以内のキャンセルの場合、キャンセル料が発生し
  ます。エアチケットはキャンセル料の発生がお申込時より発生する場合がございますのでご注
  意ください。

◆お申し込み・お問い合わせ:
 日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』のご案内

 日本人の父と台湾人の母との間に生を享け、後に超難関の高等文官司法科試験(司法試験)と高
等文官行政科試験(国家公務員総合職試験)の両方に合格する湯徳章(日本名:酒井徳章)が、台
南へ帰り、弁護士として台湾人の人権確立のために活動する中、国民党政府による2・28事件弾圧
から台南市民を救うために奔走するも、無実の罪により処刑されるまでを描いた渾身の作品。

 1947年3月13日、台南中心部の公園に設けられた処刑場で、湯徳章は台湾語で「私には大和魂の
血が流れている」と叫び、最後に日本語で「台湾人、万歳!」と発し、従容として死に就いた。

 台南市は1998年2月、この公園を「湯徳章紀念公園」と命名して銅像を建立、2014年3月にはその
命日を「正義と勇気の日」に制定して遺徳を顕彰した。

 日本と台湾の絆を生まれながらに体現した英雄、湯徳章の生涯をとおし、日台の絆の根源を解き
明かした感動の歴史ノンフィクション。日台同時発売!

【KADOKAWA 発売:2016年12月 定価:1,944円(税込) 四六判・上製・368頁】

*お詫びとお願い
 現在、出版社の在庫が切れているため、本会に届くまで10日から2週間ほどかかる予定です。お
 申込者には届き次第お送り申し上げます。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願い申し上げ
 ます。

               ◇    ◇    ◇

◆頒 価:会員:1,750円(税込)  一般:1,850円(税込)
     *送料:1冊=293円 *2冊以上実費(日本国内のみ) 
     *入会希望の方も会員価格

◆お申込:申し込みフォーム、またはメール・FAXにて
     https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

◆申込先:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 HP:http://www.ritouki.jp/

◆支払い:代金後払い *本と一緒に請求書を送付します。

-----------------------------------------------------------------------------------------

門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語』お申し込み書

・注文数:   冊
・振込先:郵便振替・ゆうちょ銀行・銀行
・会 籍:会員・一般・入会希望
・ご氏名:
・ご住所: 〒
・電 話:
・E-mail :

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 頼清徳・台南市長が日本記者クラブで講演 「日本は特別な存在」

 昨年2月に襲った台湾南部地震で台南市では117人の犠牲者を出し、日本からも多くの義捐金など
が届けられたことに対し、頼清徳・台南市長が感謝の念をつたえるために1月15日から来日、昨日
(16日)、日本記者クラブで講演した。

 頼市長が「台湾にとって日本は特別な存在だということを理解した」などと述べたことを伝える
産経新聞の記事をご紹介したい。

 本日は小池百合子・東京都知事とも懇談するという。

 なお、熊本県と熊本市が本年1月11日に高雄市と「友好交流協定」を締結したことは本誌でも紹
介したが、前日の10日、蒲島郁夫知事や熊本県議会の吉永和世議長らは台南市に頼市長を訪ねてい
る。

 4月の熊本地震に対し、その6月に頼市長が陳菊・高雄市長、謝長廷・台北駐日経済文化代表処代
表とともに熊本を訪問して約2億3640億円の義援金を熊本県と熊本市に寄付していただいたこと感
謝の念を表するためだ。

 双方の首長がお互い感謝の気持ちを表すために訪問しあう麗しい関係が日本と台湾だ。まさに
「特別な関係」以外のなにものでもない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
「日本は特別な存在」 地震被害の台南市長が会見で感謝
【産経新聞:2016年1月16日】

 昨年2月の台湾南部地震で被害を受けた台南市の頼清徳市長は16日、東京・内幸町の日本記者ク
ラブで記者会見し、地震発生後に日本から義援金などの支援を受けたことに対し、「台湾にとって
日本は特別な存在だということを理解した」と感謝の言葉を述べた。

 頼氏は、昨年6月に陳菊・高雄市長とともに熊本地震の被災地を訪れ、市民から寄せられた義援
金を届けたことについて触れ、「日本から寄せられた心遣いと支援のお返し」と発言。その上で
「互いに温かな気持ちで協力しあう姿こそが、台湾と日本の最も素晴らしいところだ。台湾と日本
は家族のような隣人だ」と日台の親密さを強調した。

 また、卓球女子の福原愛選手が、リオデジャネイロ五輪台湾代表の江宏傑選手と結婚したことに
ついて「道ばたで福原さんに会えるかもと、台南の人はどきどきしている」と話した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
   https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』 *new
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版) 
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。