トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄:第2837号】 【祝】 金沢市議会と台南市議会が「友好交流協定」を締結

発行日:1/10

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)1月10日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2837]
1>> 【祝】 金沢市議会と台南市議会が「友好交流協定」を締結
2>> 恫喝に怯えない国となれ  アンディ・チャン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 北國新聞出版局編『回想の八田與一』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 藤井厳喜氏講師の「台湾セミナー」お申し込み【2017年1月28日開催】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 青森県「サンふじ」(台湾向け) のお申し込み 【締切:本日1月10日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *「金星とサンふじの詰合せ」は、金星を確保するのが難しくなったためお申し込みを中止しま
  す。悪しからずご了承のほどお願いします。(平成28年12月27日)

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
    https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *第13期の署名は近日中に金田勝年法務大臣に渡辺会長の改正要望書とともに届けます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 金沢市議会と台南市議会が「友好交流協定」を締結

 またまた嬉しいニュースだ。1月8日、八田與一技師のふるさと金沢市の市議会と八田技師が造っ
た嘉南大[土川]が広がる台南市の市議会が「友好交流協定」を締結した。

 調印式は両市議会の議員ら約50人が出席して金沢市のANAホリデイ・イン金沢スカイにおいて
行われ、福田太郎(ふくだ・たろう)議長と頼美恵(らい・みえ)議長が調印した。

 地元紙の北國新聞によれば、金沢市議会が台湾の市議会と協定を結ぶのは初めてだそうで、今後
は教育や文化、スポーツ、産業などの分野で相互交流をさらに推進していくという。また、台湾の
中央通信社は「台南市議会によると、協定締結は2年余り前に当時の金沢市議会議長、田中展郎氏
から提案されたのがきっかけだという。両市は今後、毎年交互にイベントを開き、相互訪問や交流
を促進していく」と報じている。

 心から祝意を表するとともに、台湾の「台湾国際放送」が伝える記事を下記にご紹介したい。

 ちなみに、2011年9月20日、金沢市の金沢市観光協会と台南市旅行商業同業公会の間で友好交流
協定を締結していて、金沢市観光協会が海外の観光協会と交流協定を結ぶのは初めてだった。

 また日台間の議会提携は、石川県議会と台南県議会が2006年12月19日に結んだ友好交流協定が初
めてで、台南市と台南県が合併して台南市となった後は、2011年10月5日に改めて石川県議会と台
南市議会は協定を結びなおしている。

 続いて、2008年4月16日には神奈川県議会と台北県議会(現、新北市議会)が友好交流協定を結
んでいて、金沢市議会と台南市議会は3件目となる(日本李登輝友の会調査)。

◆「八田交流」さらに推進 金沢・台南市議会が友好協定【1月9日付「北國新聞」】
  http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20170109104.htm

◆台湾と姉妹提携する日本の自治体・議会【本会HP「日台姉妹交流」】
 http://www.ritouki.jp/index.php/activity/sister-city/

-----------------------------------------------------------------------------------------
台南市と日本・金沢市の議会が協定
【台湾国際放送:2017年1月9日】
http://japanese.rti.org.tw/news/?recordId=61015

 台湾南部・台南市と日本の金沢市の議会が友好協定を結んだ。台南市議会の頼美恵・議長はこの
ほど、代表団を率いて日本を訪問、8日には石川県金沢市で金沢市議会と友好交流協定に調印し
た。

 頼・議長は、台南市と金沢との間の深い縁は、台湾で日本占領時代に嘉南大●と呼ばれる大規模
なダム及び灌漑システムを作った八田与一氏からのもので、近年は双方の交流も大変頻繁になって
いると説明した。八田与一氏は現在の金沢市出身。こうした交流には双方の小学校の姉妹関係締結
や、台南市が毎年八田与一氏の慰霊祭を行っていることなどがある。
●=土川(しゅう)

 また、昨年2月6日に台湾南部で地震が発生、台南市内の大型マンションが倒壊し、100人以上が
死亡した際には、石川県と金沢市から多くの義援金と関心が寄せられており、頼・議長は、こうし
た思いやりを台南市民は心に刻み込んでいると話した。

 頼・議長は、今回の金沢市訪問は、台南市民の感謝の気持ちを伝えると共に、金沢市議会との友
好交流協定を締結するためだと説明、協定は二つの都市の固い友情を象徴し、同時に両市による相
乗効果で互いがさらに繁栄し、進歩するよう願うと強調した。

 金沢市議会の福田太郎議長は、長い間楽しみにしてきた友好協定をようやく結ぶことができたと
喜び、この交流協定が双方の末永い友情の基礎となり、文化、経済貿易、観光旅行などでの交流に
つながっていくよう期待した。台南市議会によると、台南市と金沢市は今後も毎年、交互に金沢
ウィーク、台南ウィークなどのイベントを行って、都市間交流と相互訪問を促進していくという。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 恫喝に怯えない国となれ  アンディ・チャン

【AC通信(No.625):2017年1月7日】

 今年は日本と台湾にとって二人の無法者(ランボー)との戦いとなりそうだ。トランプと習近平
である。中国は覇権進出を目指して勝手な領土拡張を続ける油断ならない大敵である。アメリカは
友好国であり同盟国にも拘らず、「アメリカ第一」を実現するトランプが同盟国に対して恫喝すれ
ば毅然とした対応が必要だ。

 毅然とした対応とは恫喝に屈服しない事である。たいていの恫喝は双方に不利であることが多
い。恫喝が実現したらどんな結果を招くか詳しく検討し、恫喝の原因となる弱みは早急に改善すべ
きである。

 ルーズベルト大統領のThe only thing we have to fear is fear itself、無用な心配をするよ
り心配を除く処置を急ぐべきだ。

●不合理に疑問を呈したトランプ

 トランプは「なぜアメリカが一つの中国の主張を守る必要があるのか」とツイートしたので中国
では大恐慌を起こした。アメリカはキシンジャーの時代から今日まで中国の主張するOne Chinaを
「理解する」としてきた。トランプがこれに疑問を呈し、理解する必要があるのかと言っただけで
これまでアメリカの対中外交に存在した「束縛」が解けたのである。

 中国は直ちに「領土問題は交渉の条件ではない」と答えた。つまり「一つの中国」は領土主権の
問題であることを認めろと言うのだ。

 だが、その答えも同様に「アメリカは中国の領土主張を認める必要がない」のである。アメリカ
は台湾、南シナ海の諸群島、尖閣諸島などの主権について中国の主張を認めないのである。

 認めないと言ったから中国と戦争、または経済戦争になるか。武力戦争、経済戦争ではどちらが
大きな打撃をこうむるか。中国はそこまで計算しなくてはならないし、アメリカもそこまで計算し
ている。

 毅然と対応すれば中国は無法な覇権拡張ができなくなる。

●恫喝を怖れるな

 ルーズベルト大統領が言ったように、本当の怖れは国民の理由なき怖れである。日本憲法を改正
すれば戦争になると言った日本の主婦がいたそうだが、憲法を改正したら中国が攻めてくる理由は
ない。憲法を改正しなかったら戦争にならないと言う保証もない。

 理由のない怖れはメディアの責任、社会教育の責任である。平和憲法でノーベル平和賞を申請す
るなどたわごとである。

 中国は台湾が独立すれば攻撃すると恫喝する。だが、現状維持でも台湾併呑を進めている。中国
の恫喝を怖れるのは台湾のメディアと国民党の統一派である。台湾の自衛力は有限で士気は低く、
軍隊が中国側に寝返る可能性もある。早急に改善しなければならない。

●なぜ恫喝に対処できないのか

 ここに述べたように、恫喝に対処できないのは、日本では自衛隊があっても憲法を改正しなけれ
ば自衛力を発揮できないからで、台湾にあっては自衛力を信用できないからである。つまり、恫喝
される弱みがあるならそれを改善し、いつまでもアメリカに頼ってはならない。

 尖閣諸島の近海に中国の漁船や公船が侵入しても海自が出動することはないし、台湾の領海を中
国の艦隊が通過しても遠くから監視するだけである。

 日本と台湾が頼りにしているのは日米安保条約と台湾関係法である。アメリカが守ってくれるか
ら現状維持が出来る、だがアメリカは本当に守ってくれるのか、それが心配である。トランプが当
選したあとニューヨークで「アメリカは日本を守る必要があるのか」という討論会があったと言
う。トランプは日米安保や台湾関係法をバーゲンチップにするような言動もある。

 頼りになるのは自分だけ、自衛力である。アメリカはアジアにおける覇権を維持するため、そし
て中国の進出を防ぐために日米安保や台湾関係法を維持しているに過ぎない。

●トランプの恫喝を怖れるな

 トランプの考えとは別の考え方もできる。アメリカにとって日本と台湾は中国の覇権進出を抑え
るために必要な同盟国なのだ。トランプが無理な要求をすれば断固として断るべきである。

 トヨタ自動車がメキシコで建設中の自動車工場についてトランプは、Not going to happen、実
現しないと言った。トヨタの工場は既に建設中で、しかもこの工場はアメリカの工場をメキシコに
移したのではない。こんな無法な要求を呑むわけにはいかない。

 トランプの切り札はメキシコから輸入する自動車に45%の関税をかけることで、つまり目標はト
ヨタでなくメキシコとの争いなのだ。

 トヨタだけでなくホンダもメキシコに工場を建設中だから、日本の自動車工業が巻き添えを食っ
たことになる。それならアメリカでなく中南米やアフリカ、アジアへ輸出すればよい。何もトラン
プの恫喝を怖れることはない。

 アメリカは北米自由貿易協定(NAFTA)の署名国だから、勝手に45%の関税をかけるわけにいか
ない。NAFTAを解消すればメキシコもカナダもアメリカからの輸入品に関税をかける。物価が上昇
すれば人民、ひいては世界の経済に影響が出る。トランプはNAFTAを再交渉すると言うが再交渉に
何年もかかるだろう。

●恫喝に毅然と対応すべき

 日本と台湾は中国の覇権拡張のためアメリカに頼る必要があり、アメリカはアジアの覇権を維持
するため日本と台湾を同盟する必要がある。お互いに必要としているのに同盟国に恫喝するのはバ
カだ。

 同盟は双方の利益のためで、一方の無理な要求に降参すべきではない。同盟国は対等であり上下
の関係ではない。つまりトランプと習近平は二人ともランボーだが、中国の覇権を抑えるためにト
ランプのランボーは歓迎すべきだが、トランプが同盟国にランボーするときは毅然と対応すべきで
ある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版) 
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    1454人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事