国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2835号】 「海の長城」で「中国の夢」阻め  浅野 和生(平成国際大学教授)

2017/01/08

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成29年(2017年)1月8日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2835]
1>> 「海の長城」で「中国の夢」阻め  浅野 和生(平成国際大学教授)
2>> 台湾の二二八記念館  上田 真弓(千葉県成田市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 北國新聞出版局編『回想の八田與一』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 藤井厳喜氏講師の「台湾セミナー」お申し込み【2017年1月28日開催】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 青森県「サンふじ」(台湾向け) のお申し込み 【締切:1月10日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *「金星とサンふじの詰合せ」は、金星を確保するのが難しくなったためお申し込みを中止しま
  す。悪しからずご了承のほどお願いします。(平成28年12月27日)

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
    https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。
 *映画「湾生回家」公式HP(劇場情報):http://www.wansei.com/

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第14期:1月1日〜6月30日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *第13期の署名は近日中に金田勝年法務大臣に渡辺会長の改正要望書とともに届けます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 「海の長城」で「中国の夢」阻め  浅野 和生(平成国際大学教授)

浅野和生 平成国際大学教授
「海の長城」で「中国の夢」阻め 西太平洋進出狙う中国 日台を結ぶ島嶼線が要害に
【世界日報「Viewpoint」:2017年1月1日】

 本年秋、中国共産党第19回全国代表大会が開催される。「中華民族の偉大な復興」を掲げた習近
平が総書記に再選されれば、あと5年でその「中国の夢」を完成させようとするだろう。そして、
「中国の夢」は、西太平洋の悪夢となるかもしれない。

 1936年3月7日、ドイツ軍がベルサイユ条約を破ってラインラントに進駐を開始したとき、フラン
スもイギリスも国際連盟も、ドイツの条約違反を批判したが、具体的な対抗措置をとらなかった。

 ドイツ軍の電撃作戦の生みの親、装甲軍団長ハインツ・グデリアンは後年、「もし、36年にフラ
ンス軍がラインラントに進軍すれば、我々は敗北し、ヒトラーは失脚していただろう」と述べた。
ヒトラー自身「ラインラントへ兵を進めた後の48時間は私の人生で最も不安なときであった。も
し、フランス軍がラインラントに進軍してきたら、貧弱な軍備のドイツ軍部隊は、反撃できずに、
尻尾を巻いて逃げ出さなければならなかった」と述懐している。

 次いで38年9月29日、チェコスロバキアのズデーテン地方の帰属問題を解決するため、英、仏、
伊とドイツの首脳がミュンヘン会談を持った。当時、対独宥和政策を掲げた英仏首脳は、これ以上
の領土要求を行わないことを条件に、ヒトラーの要求を受け入れ、9月30日、ズデーテン地方は
「平和裏」にドイツに併合されることになった。しかし、ドイツはこれに満足せず、翌年3月には
チェコスロバキアを解体、さらに9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻して、第2次世界大戦の火
蓋が切って落とされた。ドイツとの戦争回避を優先した英チェンバレン首相の宥和外交の結末は、
平和ではなく史上最悪の世界大戦となった。

 ところで2017年の世界では、南シナ海に中国が進出、サンゴ礁を埋め立て、西沙(英語名パラセ
ル)諸島の永興(同ウッディー)島に3000メートル滑走路を建設するなど、島々の中国軍事基地化
が進んでいる。さらに、中国は尖閣諸島の日本の領有権を脅かし、海軍艦艇を沖縄、宮古島を越え
て遊弋(ゆうよく)させている。その中国の意図は、南シナ海、東シナ海の聖域化であり、米海軍
艦艇の接近阻止、領域拒否戦略の実践である。

 つまり、「中国の夢」は、アメリカと太平洋を二分して、アメリカと並ぶ大国となることであ
り、さらにはアメリカを凌駕することである。中国は、そのために台湾の併呑を進め、西太平洋へ
の進出を図ろうとしているのだが、来る共産党大会で総書記再選を目指す習近平は、今年さらに実
績を積もうとするかもしれない。

 これに対して、日本はもとより欧米各国は、世界第2の経済大国との関係を重視し、経済への影
響を懸念して衝突を避けようとし、中国の南シナ海での行動を容認している。つまり、日米その他
良識派は、対中宥和外交を採っているのである。80年前のドイツのラインラント進駐、ミュンヘン
会談は歴史の鑑にならないか。

 トランプ米新政権のアメリカが、いかなる外交、防衛政策をとるかは予断を許さないが、明らか
なことは、トランプ大統領がどうであれ、中国の意図は変わらないということである。そして、日
米そして台湾と、東アジアの自由主義、民主主義国家の足並みの乱れは、「中国の夢」実現を早め
る。

 1年前、1月16日の総統選で、台湾の民意は、「台湾は中国ではなく台湾である」と主張する民進
党の蔡英文候補を圧倒的多数で選出した。中国は、台湾は「中国」に属すという「一つの中国」原
則を認めるよう、蔡英文総統に再三圧力をかけているが、彼女はこれを認めていない。

 一方、日本では、安倍首相が蔡英文総統の誕生に祝意を表した。安倍首相と蔡英文総統は旧知の
間柄であり、自由と民主主義、基本的人権と法の支配を尊重する日本と台湾を、価値観を共有する
パートナーとして認め合っている。しかし日本政府は、日中共同声明の「一つの中国」原則を理由
に、台湾が「中国」の一部ではないと認めない。日本は、台湾の民意を尊重して、台湾は中国に属
さないと認めるべきである。このままでは、「中国の夢」を阻止することができない。

 中国の太平洋進出を拒む天然の要害が、日本から沖縄、台湾を結ぶ島嶼線である。中国から見れ
ば、ともに目の前の障害物となる日本と台湾は、価値観も共有する運命共同体である。しかし、こ
の「海の万里の長城」は、アメリカの支援を受けなければ保つことができない。長城の出城とし
て、韓国が加わればなお良いが…。

 今や日本にとって、米国の戦争に巻き込まれることより、モンロー主義の影がちらつくアメリカ
が、東アジアの同盟国を見放すことが危険なのである。だから、アメリカと対峙しようとする中国
の太平洋進出を阻むため、東アジアに米軍をとどめるよう、日台はトランプ大統領に説かなければ
ならない。

 日米台が協力すれば、習近平の「中国の夢」を押しとどめ、東アジアに十年の平和と繁栄をもた
らすことができるだろう。

                ◇    ◇    ◇

浅野和生(あさの・かずお)平成国際大学教授
昭和34年、東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。同大学院法学研究科博士課程修了(法学博
士)。中部女子短期大学専任講師、関東学園大学助教授などを歴任し、現職。日本法政学会理事、
日台関係研究会事務局長、日本李登輝友の会常務理事なども務める。主な著書に『大正デモクラ
シーと陸軍』『君は台湾のたくましさを知っているか』『台湾の歴史と日台関係』など。編著に
『日台関係と日中関係』『台湾民主化のかたち』『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』『1895-
1945日本統治下の台湾』『中華民国の台湾化と中国』『民進党三十年と蔡英文政権』など。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の二二八記念館  上田 真弓(千葉県成田市)

【稲毛新聞(244号):2017年1月6日「読者論壇」】

 台湾の台北の二二八和平公園の中に、二二八事件について展示してある二二八記念館がある。

 日本が戦争に負けて台湾を引き揚げた後、大陸からやってきた国民党の中国人によって台湾人が
虐殺される事件が起きた。その発端が1947年2月28日だったので、二二八事件と呼ばれている。

 この二二八事件によって苦労されてきた女性の話を紹介したい。昭和3年生まれの阮みすさん。
「げんみす」の「み」は美、「す」は女へんに朱という漢字で日本語にはないので、「みす」と平
仮名で書かせていただく。

 阮みすさんは昭和22年の二二八事件で、父親を殺された。阮さんの父親は新聞社の社長をしてい
たが、ある日突然国民党によって連れ去られ、その後帰って来なかった。日本が去った後の台湾を
支配した国民党の中国人は、ジャーナリストや学者や作家や評論家など、影響力のある台湾人を徹
底的に弾圧し、その関係者も処刑したのだ。

 阮さんは父親がどこに連れていかれ、どうやって殺されたのかを調べ、二二八事件の全貌と父親
への思い、その後の家族の苦労を本にして台湾で出版し、日本でも2冊の日本語版を出版した。

 私は産経新聞の台北支局長に紹介されて阮さんと知り合った。私が台湾に行く時は連絡し、阮さ
んが日本に来る時には連絡があり何度もお会いした。「台湾の家庭料理をごちそうしてあげるわ」
と言われて、台北のご自宅で手料理をごちそうになったこともある。

 二二八記念館の設立には阮みすさんも尽力し、亡くなった阮さんのお父さんの写真や、阮さんが
調べて入手した資料なども展示されている。阮さんは「日本時代の台湾は本当によかった。幸せな
時代でした。終戦後、国民党の中国人がやってきて、私たち台湾人は本当にひどい目にあわされま
した」といつも言っていた。阮みすさんの嘆きは昔の苦労だけではない。彼女の思いが今の人たち
に伝わらないことが、悔しくて悲しいのだ。

 国民党の中国人が台湾人にどんなひどいことをしたか、自分で調査して証拠を集め、証言を聞
き、新聞や雑誌に文章を書き、記念館を設立し、本を出版し、講演を行なってきたが、今の台湾人
は無関心で阮さんの思いが伝わらない。ましてや、かつては同じ日本人であった台湾人の戦後の悲
劇を、日本人はまったく知らない。精力的に活動してきた阮さんだが、最近は「もう疲れました。
むなしくなります」と溜め息をつくことが多かった。

 体調が悪いようで心配していたが、奇しくも平成28年11月28日、阮さんはその波瀾に満ちた生涯
に幕を閉じた。阮みすさん、お疲れさまでした。ありがとうございました。  

               ◇    ◇    ◇

*故阮美[女朱]さんが日本で出版された著書

 『台湾二二八の真実─消えた父を探して』(まどか出版、2006年2月)
  http://www.madokabooks.com/isbn978-4-944235-28-5.html

 『漫画 台湾二二八事件』(まどか出版、2006年2月)
  http://www.madokabooks.com/isbn978-4-944235-29-2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版) 
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。