国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2818号】 今、なぜ「台湾」なのか─感動の映画「湾生回家」  門田 隆将(ノンフィクション作家)

2016/12/17

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)12月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2818]
1>> 今、なぜ「台湾」なのか─感動の映画「湾生回家」  門田 隆将(ノンフィクション作家)
2>> 台湾総統との電話会談、中国との対決も辞さないトランプ次期大統領  石 平(評論家)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 門田隆将氏講演の2016年「日台共栄の夕べ」(12月23日開催) お申し込み 【締切:12月20日】
  http://goo.gl/4LDSbD

● 藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 藤井厳喜氏を講師に台湾セミナーお申し込み【2017年1月28日開催】 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

●『台湾史小事典』(第三版)お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 青森県「サンふじ」(台湾向け) のお申し込み 【締切:1月10日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 *新紹介の「金星とサンふじの詰合せ」は申し込みフォームからお申し込み下さい。
 *12月下旬配送分は予定通り12月13日に締め切りました。

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
    https://goo.gl/pfgzB4
 *岩波ホール上映は12月16日で終了しました。
 *映画「湾生回家」公式HP:http://www.wansei.com/
 *全国各地での上映日程は本誌下欄をご覧ください。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:9月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 今、なぜ「台湾」なのか─感動の映画「湾生回家」  門田 隆将(ノンフィクション作家)

 12月15日、日華議員懇談会と台北駐日経済文化代表処の共催により、台湾映画「湾生回家」の上
映会が行われた会場は衆議院第一議員会館の多目的ホール。

 本誌で「国会内の施設において台湾映画が上映されるのは恐らく初めてのこと」と伝えたが、台
湾の中央通信社は「初めて上映された」と報じている。

 会場には日華議員懇談会会長の平沼赳夫・衆院議員や謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表をは
じめ、衛藤征四郎・元衆院副議長や参院議員の衛藤晟一・総理補佐官など多くの国会議員ととも
に、ノンフィクション作家の門田隆将氏や平野久美子さんの姿も見え、200人入る会場はほぼ満席
だった。

 初めてこの映画を観た門田氏は、感慨深そうに「いやー、良かった」と漏らして会場を去って
いったが、早速その夜、ブログ「夏炉冬扇」に映画を観た感想をつづっている。

 門田氏は12月10日に、2・28事件で犠牲となった日本人と台湾人の間に生まれた弁護士の湯徳章
氏(日本名:坂井徳章)を描く『汝、ふたつの故国に殉ず― 台湾で「英雄」となったある日本人の
物語』を日台同時発売(日本はKADOKAWA、台湾は玉山出版)されたばかり。

 ブログで「映画に登場する湾生たちを観ながら、“ふたつの故国”に殉じた坂井弁護士の心情を
思わずにはいられなかった」と述べ、またトランプ米国次期大統領の言動を振り返りながら「『今
なぜ台湾なのか』という思いで、今日、『湾生回家』を観ていたように思う。世界が『台湾』の存
在を注視し、さらに覇権国家・中国の動向に目を光らせる『時』が、ついに来た」とも述べてい
る。下記にその全文をご紹介したい。サブタイトルは編集部で付したことをお断りします。

 ちなみに、門田隆将氏を講師にお招きして12月23日に開く今年の「日台共栄の夕べ」では、もち
ろん新著『汝、ふたつの故国に殉ず』を取扱い、サイン会も行う。

 すでに沖縄に住んでいた方々数人が2・28事件の犠牲になったことを台湾政府も認めている。本
書を通じ、改めて日本が台湾の2・28事件と無関係ではないことを知っていただければと思ってい
る。今年の掉尾を飾る「日台共栄の夕べ」で、門田隆将氏が心魂を傾けた日本と台湾の切っても切
れない“絆”について話します。ぜひ聴きにいらしてください。

-----------------------------------------------------------------------------------------
今、なぜ「台湾」なのか
【門田隆将ブログ「夏炉冬扇」:2016年12月15日】

 本日、衆議院第一議員会館の1階多目的ホールで『湾生回家』が上映された。国会議員を対象に
した上映会だったが、私も案内をいただいたので、観させてもらった。

 湾生とは、戦前の台湾で生まれ育った約20万人の日本人を表す言葉である。日清戦争に勝利した
日本は、1895年、下関条約によって、清国が“化外(けがい)の地”と称していた台湾を割譲され
た。

 以降、太平洋戦争に敗れる1945年までの50年間、日本は台湾を統治し、多くの日本人が台湾に
渡った。台湾の人々と共に日本人は台湾の発展のために力を尽くした。その日本人の台湾で生まれ
た子供や孫は、いうまでもなく台湾を「故郷」とする日本人である。彼らが、「湾生」だ。

 日本の敗戦で台湾を離れることを余儀なくされた齢八十を超えた湾生たちに密着し、台湾への郷
愁、父や母への思いを丹念に描き出したドキュメンタリー映画が『湾生回家』である。また、芸妓
をしていた母親と2歳の時に別れた日本女性が台湾人の妻となり、老齢を迎えて病に倒れたもの
の、その娘と孫娘が執念で、日本での墓参を叶えるシーンは涙なしでは観ることのできないもの
だった。

 私の耳には、会場のあちこちからすすり泣きが聞こえてきた。感動のこの映画を観ながら、私
は、台湾がこれほど「クローズアップされている」ことに対しても、心を動かされた。

 というのも、先週、私もまた、日本と台湾の切っても切れない“絆”を表わすノンフィクション
を日台同時発売で刊行したばかりだからだ。拙著『汝、ふたつの故国に殉ず』(角川書店)は、日
本人の父と台湾人の母を持つ坂井徳章(台湾名・湯徳章)弁護士が、1947年の「二二八事件」で、
自分の身を犠牲にして、多くの台南市民を救った姿を描いたものである。

 「私の身体の中には、大和魂の血が流れている」「台湾人、万歳!」と叫んで永遠の眠りについ
たこの英雄の命日は、2014年、台南市で「正義と勇気の日」に制定された。私は、この映画に登場
する湾生たちを観ながら、“ふたつの故国”に殉じた坂井弁護士の心情を思わずにはいられなかっ
た。

 日本と台湾の人々がお互いを尊重し、真心と真心が通じ合った「歴史」を共有し合っていること
に、私は感動する。台湾で「あなたの一番好きな国はどこ?」という単一回答のアンケートをおこ
なうと、2位(中国)と3位(アメリカ)に、ほぼ「10倍」の差をつけて、日本がダントツの「1
位」という結果が出て来る。友情と思いやりを基礎に、これほど深い信頼を築いた二国間の関係と
いうのは、他には例を見ないだろう。

 12月2日のトランプ米次期大統領と蔡英文・台湾総統との電撃的な「電話会談」から2週間。トラ
ンプ氏は、この電話会談の前に、中国が南シナ海で進めている軍事施設の建設について情報当局か
ら3時間に及ぶ説明を受け、その際に「元に戻せないのか」と激怒していたことが報じられてい
る。

 また、FOXテレビのインタビューで、従来の“ひとつの中国”政策を維持するかどうかは、
「中国の貿易、外交政策次第だ」と、踏み込んだ発言をおこなった。まさに、“ひとつの中国”、
つまり「台湾併呑」と「南シナ海の完全支配」を目指す中国に、「ノー」の姿勢を打ち出したので
ある。

 一方、中国共産党系の「環球時報」は12月12日、「トランプ氏は、ビジネスしかわかっていな
い。外交を虚心に学ぶ必要がある」と批判し、「中国は断固として戦わなくてはならない」と、猛
反発した。

 激動を予感させるそんな時代を前にして、私は、「今なぜ台湾なのか」という思いで、今日、
『湾生回家』を観ていたように思う。世界が「台湾」の存在を注視し、さらに覇権国家・中国の動
向に目を光らせる「時」が、ついに来たのである。

 日本では、政治家もマスコミも、「中国」と聞けば、ただ「ひれ伏す」だけの時代が長くつづい
た。しかし、今日、『湾生回家』を一緒に観た政治家たちには、よもやそんな人はいまい。

 互いを尊重し、真心と真心が通じる台湾の人々の思いに応えてくれる政治家やマスコミが、少し
でも増えていくことを心から願いたい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾総統との電話会談、中国との対決も辞さないトランプ次期大統領  石 平(評論家)

 中国問題の分析では定評のある石平(せき・へい)氏が、トランプ次期大統領が大統領選挙への
出馬表明したときにさかのぼり、当選後の蔡英文総統との電話会談や中国に関する言動を詳細に分
析し、「当選以来、アジアの同盟国や周辺国との関係強化を図り、習政権の外堀を一つずつ埋めた
上で、今度は一気に、中国が対米外交と国際戦略において死守してきた『台湾問題』という本丸に
攻め込んでいった」との見方を提示している。

 そして「実質的に対中包囲網を構築した上で、中国の『核心的利益』となる台湾問題を強力な戦
略的な外交カードとして使う」ことによって、「習近平政権に圧力をかけ、南シナ海における中国
の戦略的後退と対米貿易の不均衡に関する中国の大幅な譲歩を迫っていくのであろう」との予測を
立てている。

 もちろん、アメリカの外交戦略がトランプ大統領ひとりで決まるものでないことは当然のことで
はあるものの、その骨格は大統領が描く。その点で、石平氏の分析は説得力に富む、正鵠を射た論
考であろう。

 かなりの長文だが、全文を下記にご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾総統との電話会談、中国との対決も辞さないトランプ次期大統領  石 平
【WEDGE Infinity:2016年12月15日】

◆長年のタブーを破った電話会談の意味

 ドナルド・トランプ氏が次期米大統領に当選して以来、彼のとった最も衝撃的な行動の一つはす
なわち、12月2日に台湾の蔡英文総統と電話会談したことである。

 周知のように、1979年に米中両国が国交を結んで以来、中国の主張する「一つの中国の原則」の
下で、アメリカの大統領あるいは次期大統領は公式・非公式を問わず、台湾の指導者との接触を避
けてきた。アメリカ政府のトップが台湾総統と直接にやりとりするようなことは長年タブーとされ
てきたのである。

 しかしトランプ次期大統領はこの30数年来のタブーをいとも簡単に破ってしまったことから、米
国国内でも大きな反響と反発を呼ぶこととなった。

 どうしてこのような破天荒な行動をとったのかについて、トランプ氏自身は「台湾総統から祝福
の電話をもらい、それに応じた」と釈明しているが、それを額面通り受け取る人はほとんどいない
だろう。第一、トランプ氏が当選したのは11月9日のことであり、台湾総統がそれから数週間経っ
て当選を「祝福」する電話をかけるようなことは常識的にはあり得ない。

 しかも前述のように、台湾政府はアメリカの大統領や次期大統領と「音信不通」となってから久
しく、台湾総統がアメリカの次期大統領に「祝福」の電話をかける前例や慣例はない。したがって
蔡英文総統が自発的にトランプ氏に電話をかけたとはとても考えられない。

 しかし実際、蔡総統が電話をかけてくるような形で会談が実現したということは、要するにトラ
ンプ氏サイドから、台湾総統に「祝福」の電話をかけてくるよう働きかけ、驚喜した蔡総統がそれ
に従って電話をかけたのだろう。

 つまり、トランプ次期大統領と台湾総統との電話会談は、トランプサイドが計画して仕掛けた一
つの外交事件なのである。

 計画して仕掛けた会談なら、トランプ氏は当然、長年のタブーを破って中国が自らの「核心的利
益」と称する台湾問題に関わるこの行動は、虎の尾を踏むが如く中国を激怒させるリスクがあるこ
とを十分に承知しているはずである。少なくとも習近平政権からすれば、トランプ氏のこの行動は
中国に対する「敵対行為」以外の何ものでもない。トランプ氏があえてこのような行動に打って出
たことは要するに、彼は中国との対決も辞さない覚悟をすでに決めていることを意味するのであろ
う。

 実際、2015年6月16日、トランプ氏は米大統領選への出馬表明の際、中国のことを「敵」だと明
確に位置づけた。その時彼は、「私が中国を敵として扱うことが面白くない人間もいるが、やはり
中国は敵以外の何者でもない。アメリカは深刻な危機に直面しており、かつて勝ち組だったのは昔
話である。最後にアメリカが誰かを打ち負かしたのはいつだった? 中国に貿易でアメリカが勝っ
たことがあるのか」と、「中国は敵だ」と言い切ったことから自らの選挙戦を始めた。これこそが
トランプ氏の中国に対する基本認識であり、12月2日の台湾総統との電話会談という大胆不敵な行
動につながったのだろう。彼はやはり「確信犯」だったのである。

◆外堀を一つずつ埋めていく用意周到なトランプ氏

 大統領に当選してから12月2日の電話会談まで数週間かかったことから、トランプ氏は次期米大
統領の行動の重みを自覚した上で、この一歩を踏み出すために周到な準備を進めてきたと思われ
る。このような視点からトランプ氏が当選後にとった一連の外交行動を眺めてみれば、バラバラに
見えるそれらの行動は、一本の太い線で貫かれていることが分かる。その線とはすなわち「中国と
の対決」、トランプ氏はまさにこの世紀の対決に備えるために、当選以来次から次へと外交上の布
石を一つずつ打っていった、と見てよいだろう。

 トランプ氏が打った布石の一つひとつを、順を追って見てみよう。

 次期米大統領に当選した翌日の11月10日、トランプ氏はまず、日本の安倍晋三首相と電話会談を
行い、17日にニューヨークで会談を実現させる方向で調整を進めるとした。

 同日、トランプ氏は弾劾される前の韓国の朴槿恵大統領とも電話会談を行い、強固な韓米同盟と
米国の防衛公約を改めて確認した。

 当選翌日に行ったこの2つの電話会談の相手は、いずれもアジアにおけるアメリカの同盟国、米
軍基地のある国の指導者である点に注目すべきであろう。選挙中の米軍基地負担問題に関する発言
や同盟関係見直し論とも言われるような発言をうけ、日韓両国ともトランプ政権下での同盟関係の
行方に不安を感じていたことは周知の通りであるが、当選翌日に行った上述の2つの電話会談に
よって、トランプ氏はこうした同盟国の不安を払拭したと同時に、アジアの同盟国を重視する姿勢
を鮮明にした。来るべき「中国との対決」に備えて、トランプ氏はまず、アジアにおける同盟関係
を固めておこうとしたのだろう。

 11月14日、トランプ氏はプーチン露大統領と電話会談を行い、両国関係の正常化に向けて努力す
る、と合意した。クリミアの一件以来、米ロ関係は悪化の一途をたどってきたが、選挙中からプー
チン大統領との「相思相愛」を表明してきたトランプ氏が、次期大統領としてロシアとの関係改善
に乗り出すのは自然の流れである。

 そして「中国対策」という視点からも、ロシアとの関係改善には大きな意味がある。米国との関
係が悪化していく中で、プーチン大統領はオバマ政権との対抗のためにそれまで以上に中国の習近
平政権と連携する姿勢を強めたが、それが逆に、中国のアメリカに対する立場を強くした。しかし
トランプ氏による米ロ関係の改善は、このような中国に有利な状況を変えていく可能性が十分にあ
るのだ。

 11月17日、日本側との約束通り、トランプ氏は次期大統領として安倍首相との直接会談に臨ん
だ。この原稿を執筆した12月14日時点で、安倍首相はトランプ氏が対面して会談した最初にして唯
一の外国首脳である。会談は1時間半にも及び、安倍首相が大満足している様子からも、実りの多
い会談であったことが推測できよう。

 そして12月2日、トランプ氏は、フィリピンのドゥテルテ大統領とも電話会談し、来年にもホワ
イトハウスを訪れるよう求めた。周知のように、以前のアキノ政権時代、フィリピンはアメリカと
の軍事的な連携関係を回復し、オバマ政権と手を組んで南シナ海における中国の膨張を封じ込める
戦略の一端を担っていた。

 しかし今のドゥテルテ大統領の政権になると、度の過ぎたフィリピン国内の麻薬撲滅措置に対し
てオバマ政権が批判的な立場をとったことから、ドゥテルテ大統領はオバマ大政権と文字通りに
「喧嘩別れ」し、中国に寄り添う姿勢を示した。このままではアジアにおけるアメリカの「中国封
じ込め戦略」の一角が崩れてしまうところだったが、トランプ氏がフィリピンの国内問題を不問に
してドゥテルテ政権との劇的な関係改善に乗り出したことで、その一角を守ることができそうな兆
しが見えてきた。

 このように当選から1カ月足らずで、トランプ氏は実によく練り上げた計画とスケジュールで、
日韓両国との同盟関係を固め、ロシアやフィリピンとの関係改善に乗り出した。これらの行動は、
中国に対するアメリカの外交的立場の強化につながるだろう。習近平政権の外堀を一つずつ埋めて
いく作業を続けていたのである。

◆「台湾問題」という本丸に攻め込む

 この一連の用意周到な準備の上、フィリピン大統領と電話会談した12月2日、満を持して前述の
台湾の蔡英文総統との電話会談を敢行した。

 トランプ氏はこの日のツイッターで、蔡氏を「台湾総統(The President of Taiwan)」と呼
び、「私の当選祝いのために電話をくれた。ありがとう」とも書き込んだ。

 そしてトランプサイドの発表によると、両者は「経済、政治、安全保障での緊密な関係が台湾と
米国の間にある」と確認し合ったという。

 中国が決して国として認めない台湾の総統をまさしく「総統」と呼んで、「経済、政治、安全保
障での緊密関係」を確認し合ったとは、それはもはや国家間首脳同士の会談以外の何ものでもな
い。中国が米中関係の「基本原則」としている「一つの中国」は、このように骨抜きにされたので
ある。

 言ってみればトランプ氏は当選以来、アジアの同盟国や周辺国との関係強化を図り、習政権の外
堀を一つずつ埋めた上で、今度は一気に、中国が対米外交と国際戦略において死守してきた「台湾
問題」という本丸に攻め込んでいった、ということである。

◆対決姿勢を強めるトランプ氏

 そしてその日以来、トランプ氏は中国との対決姿勢をよりいっそう鮮明なものにしていく。

 12月4日、ツイッターに「中国は南シナ海の真ん中に巨大な軍事施設を建設していいかと尋ねた
か。私はそうは思わない!」と記し、南シナ海で中国が進める軍事拠点化の動きを批判した。

 中国の通商政策に関しても、「米企業の競争を困難にする通貨の切り下げや、中国向けの米国製
品に重い課税をしていいかと尋ねたか」と書き込んだ。

 12月7日、トランプ氏は、真珠湾攻撃75周年に当たって談話を発表した。その中で彼は「米国の
敵は75年間で変わったが、平和の追求には、勝利に代わるものはない」と訴えた。このタイミング
でのこの発言は実に興味深いものであった。

 真珠湾から75年、米国にとっての敵は当時の大日本帝国から別の国に変わったと彼が言っている
が、その別の国はどこの国なのか。現実的に、今の世界でアメリカの敵国となり得る国力、軍事力
を持つのはロシアと中国であろうが、プーチン大統領との関係改善を急ぐトランプ氏にとってロシ
アは当然敵ではない。ならば、彼の意識の中にある「新しい敵」はまさに中国のことではないか。
こうして見れば、「平和の追求には勝利に変わるものはない」という言葉は、中国に対する「宣戦
布告」の意味合いを帯びてくるのである。

 そしてトランプ氏は12月11日放送のFOXテレビの番組で、中国大陸と台湾がともに「中国」に属
するという「一つの中国」原則について「なぜ我々が縛られなければならないのか」と疑問を呈し
た。37年間、米中関係の基礎となってきた同原則の見直しの可能性を示唆した。

 その中で彼はさらに、中国は為替操作などで米国に不利益を与えていると批判し、南シナ海に大
規模な軍事施設を建設すべきではなく、北朝鮮への対応も不十分だと指摘した。

 ここまでくると、今後のトランプ政権の対中戦略の基本的輪郭がはっきりと浮かんできたように
思われる。要するに、アジアの同盟国との関係強化と中国の周辺国との関係改善を図り、実質的に
対中包囲網を構築した上で、中国の「核心的利益」となる台湾問題を強力な戦略的な外交カードと
して使うということだ。そうすることによって習近平政権に圧力をかけ、南シナ海における中国の
戦略的後退と対米貿易の不均衡に関する中国の大幅な譲歩を迫っていくのであろう。

 それこそがトランプ次期大統領の考える「敵」の中国に対する「勝利」であろうが、中国は当
然、そう簡単に引き下がるようなこともできない。特に、「台湾問題」という中国にとって最も敏
感な「核心的利益」が脅かされるような事態となれば、共産党政権には妥協する余地はほとんどな
いであろうから、トランプ政権成立以降、中国側の激しい反発と米中対立の先鋭化も予測できよ
う。2017年という年は、アジア太平洋地域にとっての波乱の1年となることはほぼ確実であろう。

              ◇    ◇    ◇

石 平(せき・へい) 中国問題・日中問題評論家
1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒業。1988年に来日。神戸大学文化学研究科博士課程
修了。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を著して以来、評論活動へ。近
著に『私はなぜ「中国」を捨てたのか』(ワック)、『日中をダメにした9人の政治家』(ベスト
セラーズ)などがある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み【1,400円+送料】
    https://goo.gl/pfgzB4

*チケットは、理由の如何を問わず、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほ
 どお願いします。

● 映画「湾生回家」劇場情報【2016年12月16日現在】 http://www.wansei.com/theater/

・東 京:11月12日〜 岩波ホール(03-3262-5252) *終了
・福 井:11月22日〜 メトロ劇場(0776-22-1772) *終了
・大 阪:11月26日〜 シネ・リーブル梅田(06-6440-5930)
・奈 良:11月26日〜 ユナイテッド・シネマ橿原(0744-26-2501)
・徳 島:11月26日〜 ufotable CINEMA(088-678-9113)
・福 岡:12月10日〜 KBCシネマ(092-751-4268)
・青 森:12月10日〜 シネマ・ディクト(017-722-2068)
・京 都:12月17日〜 京都シネマ(075-353-4723)
・宮 城:12月24日〜 フォーラム仙台(022-728-7866)
・愛 知:12月25日〜 名古屋シネマテーク(052-733-3959)
・静 岡:01月07日〜 静岡シネ・ギャラリー(054-273-7450)
・鹿児島:01月14日〜 ガーデンズシネマ(099-222-8746)
・兵 庫:01月21日〜 元町映画館(078-366-2636)
・岡 山:01月28日〜 シネマ・クレール丸の内(086-231-0019)
・岩 手:02月04日〜 盛岡ルミエール(019-625-7117)
・岐 阜:02月04日〜 CINEX(058-264-7151)
・北海道:02月04日〜 シアターキノ(011-231-9355)

*近日公開予定館
 静岡:CINEMA e_ra、新潟:新潟シネ・ウインド、高田世界館、富山:ほとり座、長野:長野松
 竹相生座ロキシー、広島:サロンシネマ、シネマ尾道、香川:ホール・ソレイユ、愛媛:シネマ
 ルナティック、宮崎:宮崎キネマ館、沖縄:桜坂劇場

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』 *new
・『台湾史小事典』(第三版)  *new
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。